FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 松岡疑惑

松岡疑惑
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 疑惑を提示されて、自らが潔白であるならば、証拠となるものを如何なる手段を用いてでも提示し、持たれている疑惑を払拭しようとするが普通の人間というものであり、そういった行動を取ろうとしないという事は、イコール、その疑惑が疑惑では無く真実であると暗に語っているに等しいと言えるものです。

 誰の事を言っているかなど、言わずもがな分かりそうなものですが、一応、言及しておくと、この腐敗閣僚のことです。

松岡農相の対応、与党からも批判相次ぐ

 松岡農相の資金管理団体が高額な光熱水費を計上している問題について、与党内から松岡氏の対応を批判する声が相次いだ。

 公明党の北側幹事長は14日の記者会見で「(松岡氏は)もう少し誠実に説明されてしかるべきではないか」と述べた。自民党津島派の幹部会では、夏の参院選への悪影響を懸念する声が出た。幹部会後、同派副会長の笹川尭党紀委員長は記者団に「(松岡氏は)自分で転んだのだから、自分で起きればいい」と述べ、松岡氏自ら疑惑をはらす努力をすべきだとの考えを示した。

 これに対し、松岡農相は14日の参院予算委員会で「法律で定められたことはすべて報告している」などとして、内訳は明らかにしない考えを重ねて示した。民主党の蓮舫氏らの質問に対し、松岡氏が「一方的に疑惑と決めつけている。何を根拠に言っているのか」と気色ばむ場面もあった。

(2007年03月14日 読売新聞)


 しかしながら、これだけ追求の矢面に立たされながら、辞任の素振りを見せないどころか、言い訳らしい言い訳もろくにせず、やっと出てきた言い訳が「ナントカ還元水」であるとは、余りにも巫山戯た人間性であると、逆に関心せねばならない程だと言えます。

 ここまで酷ければ、与党内、ようするに身内、味方からも批判が続出するのは当然であり、この男を未だに辞職させる事が出来ない、安倍晋三という我が国の最高責任者が、如何に強いリーダーシップを発揮しているのか、実に良く分かると言えます。

 本来、我が国としては、こんな守銭奴の腐れた汚職を追及しているよりも、朝鮮総連という敵国の出先機関から金を受け取っていた角田義一のような売国奴の追求をせねばならないのに、ここまで明らかになっても、まだ、閣僚の地位にしがみつこうとするこの腐れと、その腐れを処分する事も出来ない立派な首相閣下のおかげで、マスコミに角田の疑惑の話題が少しも持ち上がってこない。

 疑惑のエンパイアステートビルこと小沢一郎くんが適当な証拠を提示し、その上で、この疑惑のペトロナスタワーこと松岡利勝農水相が引っ張れるだけ引っ張って、朝鮮総連問題を有耶無耶にしようとしている。

 この一連の騒動は、どうにもそのように受け取れてならないものです。

 大体、普通に考えるならば、如何に松岡農水相が安倍氏を総理に持ち上げた功労者の一人であるにしても、ここまで問題が出てくれば、首相自らが直接的に懲罰を与えるような真似はしないにしても、何処ぞの料亭で本人と首相、或いは党の長老などで話をつけ、本人からの辞任願いという形で話をつけようとするものだと言えます。

 長期政権を目指すが故に、余り閣僚の出入りを激しくしたくないという論にも一理ありますが、このような腐敗の塊のような男をかばい続けるような真似をすれば、却って政権の信用度を落とし、政権の寿命が短くなると考えるのが常識です。

 にも関わらず、未だにこの男を政権が庇い続けるのには、何か別の、もっと大きな意図があるとしか考えられません。

 そして、この松岡農水相の一連の騒動によって、見事なまでに打ち消され、世間から忘れ去られようとしているのが、角田義一元参院副議長の朝鮮総連からの献金疑惑であると言えます。

 首謀者としては、角田の疑惑を曖昧にして、これ以上、民主党の評判を下げたくない小沢一郎くんと、同じく疑惑を曖昧にして、これ以上、朝鮮総連への風当たりを強くしたくない公明党あたりだと考えられます。

 ごく普通の首相ならば、如何に連立与党のパートナーから懇願されようとも、こんなもの蹴飛ばして終わりなのでしょうが、現首相閣下の大スポンサーである統一協会、文鮮明からも首相に対して圧力があったとすれば、祝電を打つ程の仲である首相閣下が、渋々ながらも引き受けるのは当然かと言えるでしょう。

 私の考え過ぎなのかも知れませんが、如何に安倍センセーがリーダーシップに欠けるとは言えども、ここまで問題視される人間を、辞任させる事はおろか、咎めの一つも無いなどという事は、長い自民党史の中でも流石に異例であり、私の想像するものでは無くとも、何らかの別の大きな意図が働いている事だけは間違いないと思えます。

 我々日本国民は、「美しい国」などという胡散臭いスローガンの下、シティバンクの為に大掛かりなインサイダーを慣行したり、腐敗を腐敗で覆い隠そうとしたりしている胡散臭い「美しい国作り内閣」とやらに、いい加減にNOを突き付けなければならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

自民党総裁選 暗闘の歴史
大下 英治
徳間書店 (2006/09)
売り上げランキング: 46269

創価学会とは何か
創価学会とは何か
posted with amazlet on 07.03.15
山田 直樹
新潮社 (2004/04/15)
売り上げランキング: 116716
おすすめ度の平均: 4.0
4 恐るべき創価学会の正体
5 創価学会についてよく知らない人へ
5 一度は読んでおくべき本


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
チカッパ!レンタルサーバーは大容量500MB!月額525円からご利用いただけます。
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんの不正に対するお怒りは尤もである。松岡農相事務所の光熱費支出は、マスコミ報道を見る限り、相当いい加減だろうとは思う。だから、擁護しようという積りはないが、政治家のこうした支出の実態が相当でたらめであろうことは、関わっている方々はとっくにご存知だろう。

たまたま、悪役顔した叩かれ役が、光熱費という使途が想定し易い費目でのチョンボで槍玉に挙げられているが、殆んどの政治家がすべての費目で正しく記載していると胸を張れるというなら、お互いの不正を指摘しあって延々と続ければいい。しかし、表に現れた部分の、記載の仕方が問題と言うのであれば、正直に記載できない政治の実態を改めるか、実態に合わせて記入しやすし制度にするか、ばれない様に上手に隠蔽する技術を指導するしかないだろう。

例え、買収などなくても、そもそも選挙で選ばれる時の、選挙費用の使途の実態がいい加減である事を知っているだろうか。最初から順法精神に違背した形で選ばれ、選ばれれば、奇麗事では済まされない支出の実態があり、その実態に即さない形で報告を求められる。正義感のある人間なら耐えられないのが普通だろう。

自民党以外の党だって、内心忸怩たる思いの人も多いと思う。500万だから駄目、200万だから許されるなどとの貶め合いはいい加減にして、実態を認める部分は認め、政治の、本当に金銭によって歪められる部分を是正する方向に行って欲しい。もっと大事な問題が山積しているのだから。
2007/03/15(木) | URL | 田舎のダンディ #-[ 編集]
いや、もう掛ける言葉が無いというのは、こういう事を言うのですかね、御自分の仰っている事が、朝鮮人のウリナラマンセーと何ら変わりがない事に分かりませんかね?

大体、そこまで許容出来るならば、マスコミの売国も社民党のお花畑も、何でも許容出来そうなもんですがね。

それとも、安倍自民党の売国行為は綺麗な売国行為だとでも?

まあ、もう、流石に聞くのも面倒臭いので、答えて貰わなくても結構ですけどね。
2007/03/15(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
誰でも、反対意見を続けられれば不愉快とは思うが、賛同しろ、意見を変えろというのではない。そうした見方もあることを念頭に置いて欲しいのだ。

内閣に、許しがたい施策や対応があれば、批判すべきだろう。しかし、曲がりなりにも、民主的的手続きで選ばれた日本国行政の最高責任者である。総理の一事をもってすべてを否定し非難し続けるのは、左翼メディアや特定国の姿勢と同じで、わが国自身のありようを否定し、弱体化させることになる。良かれと思った対応が仇となり、民意が離れれば、黙っていても自ら身を引くのだから。

近年の内閣で最も反売国的姿勢の総理だとの見方も多く、歴代の内閣と比較すれば、むしろ浪人さんの主張に沿っており、一歩前進と見るのは最大の誤解か。いつのことかは分からないが、願わくは、新たな為政者を見て「安倍総理の方がまだ増しだった」と語ることの無いよう望みたい。
2007/03/16(金) | URL | 田舎のダンディ #-[ 編集]
失礼とは思うが、連続投稿したい。

浪人さんのブログにコメントするのは、非難のためではない。為政者の姿勢に義憤を覚える浪人さんの主張に、秀でたものを感じるからだ。一方的言い方だが、憂国の思い、世論を変えたいとの真情からのブログ発信と思う。

つまり理解者や賛同者を増やし、反日的潮流を断ち切りたいということなのだから、賛同者の賛意を得ることも大事だが、非賛同者を立ち止まらせ、賛同者に転化していくよう心がけることも必要ではないのか。

純粋な人ほど、表現が激しくなるのはやむを得ないが、実社会でも、敵対思想や敵対勢力を言葉汚く罵っても(これはブログ本文に見られること)賛同者は増やせない。説得力を増すためには、時には激情も大切だが、相手の心に染み入らなければならない。

私の見るところ、浪人さんの本領は、敵対者罵倒の表現ではなく、むしろ個別のコメントに現れる、抜きん出た見識と誠意ある対応力のような気がする。
2007/03/16(金) | URL | 田舎のダンディ #-[ 編集]
相手を見下して「答えて貰わなくても結構です」と切り捨てるのは楽でいいですね。

まあ、所詮その程度の思考、その程度の人間なんだろうけどさ。

それと自己紹介に使ってる龍馬の画像外してもらえます?
あんたみたいな人のイメージとして使われるのは龍馬もさぞかし迷惑だろうよ。
2007/03/16(金) | URL | 相模 #-[ 編集]
私は別に、自分と意見が違うからといって、頭にきた訳ではありません。

勿論、私は所詮凡俗の人間ですから、反対意見にカッとなる事だってありますが、脊髄反射的に、その感情をぶつけたりした事は、少なくとも、これまで一度も無いつもりです。

私が頭にきた理由が、本当にお分かりでないようなので、一応書いておきますが、あなたが最初に書き込んだコメントは、事勿れ主義者の言い訳そのものでしかありません。

聞くのも面倒くさいと書いたのも、事勿れ主義者の言い訳など、どれだけ言葉を換えて書こうが、結局、同じ事の繰り返しで、無駄以外の何者でも無いからです。

そういう意見がある事も分かって欲しいと仰るが、例えどんなに小さな事であろうと、事勿れ主義者の言い訳などを一々気にしていたならば、何一つ前になど進みはしないでしょう。

もう一度、御自分の書いたコメントを、冷静にお読みになっては如何か。

ここにあるのは、ただ、「リスク」を恐れるが故の「言い訳」のみであり、傾聴に値する「意見」が何処にあるのか、私にはさっぱり分からない。

無論、そういう考えの人間が多数居る事は十分承知の上ですが、その事勿れ主義的な考えを、わざわざ、人に教えに来る意味も理由もさっぱりと分からない。

あなたがウリナラマンセーと何ら変わらないと書いたのは、結局、そういう無意味な事をわざわざ時間を割いてしているという事は、自分が気分良くなれるもの以外は、受け付けたくはないのだろうと感じたからです。

異論、反論に対して答える事は、非常に建設的だと感じるが、言い訳に対して真面目に答えるなど、時間の無駄以外の何ものでも無い。

以上が、私の感じた事です。
2007/03/16(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
他人が真面目な話をしている時に、無意味に茶茶を入れるのはやめましょうね。

邪魔ですから。
2007/03/16(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
本エントリーは、松岡農水相への義憤から安倍批判へと続く、浪人さんのいつもの怒りのスタイルだと理解します(同調はしません。これもいつものごとく私と浪人さんの怒りのベクトルは違いますので)。ただ、冒頭の田舎のダンディさんのコメントに対する浪人さんのコメントはいかがなものかと。

>いや、もう掛ける言葉が無いというのは、こういう事を言うのですかね、御自分の仰っている事が、朝鮮人のウリナラマンセーと何ら変わりがない事に分かりませんかね?
>大体、そこまで許容出来るならば、マスコミの売国も社民党のお花畑も、何でも許容出来そうなもんですがね。
>それとも、安倍自民党の売国行為は綺麗な売国行為だとでも?
>まあ、もう、流石に聞くのも面倒臭いので、答えて貰わなくても結構ですけどね。

これはどう言い繕っても、自分と違う意見にカッとなって、脊髄反射的に、その感情をぶつけているとしか思えません。
田舎のダンディさんのコメントは松岡農水相の問題に対する一見解であって、「言い訳」ではありません。「言い訳」は批判された側(本件では農水相やその他の議員)がするものでしょう?
仮に、浪人さんが、田舎のダンディさんのコメントを「異論、反論」ではなく、「言い訳」として、「真面目に答えるなど、時間の無駄以外の何ものでも無い」と考え、「脊髄反射的に、その感情をぶつけ」ても構わないとしているのなら、相模さんのコメント(最初の1行には同意)に対し、「他人が真面目な話をしている時に、無意味に茶茶を入れるのはやめましょうね。邪魔ですから。」とするのは矛盾しているのではありませんか?

もう一度、御自分の書かれた(上記の)コメントを、冷静にお読みになってはいかがですか。
どうみても感情のみの、礼を失したコメントであるとしか思えませんが。
2007/03/17(土) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
礼を失したものであるという事は否定出来ないところですね。

そこは反省する事とします。

ただ、この程度の事で、カッとなって脊髄反射的に批判したと受け取るのは、如何なものですかね。

こういう、何かのアクションを起こした時のリスクを恐れる余り、とりあえず現状の問題には目を瞑りましょう的な意見は、はっきり言って、反日売国的な意見と同じくらい嫌いですから、脊髄反射的に書こうと思えば、それこそ、一エントリーでは収まらないくらいの量の罵詈雑言は書ける自信がありますけどね。

それと、「言い訳」という部分ですが、これは、私を含めた批判者への「言い訳」という意味では無く、問題から目を反らし続ける自分への「言い訳」という意味で使ってます。

「行間を読め」などと、無茶苦茶な事を要求するつもりはありませんが、せめて、文脈から、その単語を使っている意味くらいは読み取って貰えれば幸いかと思います。

あと、これも上と同じように流れ的なものを踏まえれば説明不要なものの類ですが、相模さんのコメントに対してのコメントは、相模さんのコメントの前に、田舎のダンディさんが私に対してレスを下さっている事を踏まえてのコメントです。

自分で言うのも何ですが、私の非礼なコメントに対して、わざわざ、きちんと考えを、この茶茶の前に書かれている事を踏まえれば、わざわざこんな事を書かなくても、話の流れで意味は理解出来るでしょう。

こんな事は余り言いたくはないのですが、私だって暇で暇でしょうがないから、ブログで政治的な意見を書き散らしている訳ではないんですよ。

安倍氏を正当化したいならしたいで、「安倍首相は就任してから、こういう事をやった、こういう事を発言した、だから、あんたの言う事は間違いではないのか」というように反論して貰えれば、きちんと考えて答えようとも思いますが、「今までに比べればマシな気がする」だの「安倍首相が退陣した後のリスクを考えると、このままの方がまだマシ」だのとの「事勿れ主義者の言い訳(自分への)」に対して、わざわざ、「こういう方向性ではどうか」などと示したりして、説得しようなどとは思っていない訳です。

大体、事勿れ主義者という人種は、どんな方向性を示されようと、リスクばかりを考えて、言い訳(自分への)を始めるというのがセオリーですからね。

そして、そういう話の流れも読み取らずに、この単語の使い方はおかしいだなどという批判に対して、「ここではこういう意味合いで、こういう単語を使ってます」などという、至極本質とは何の関係も無い事を、一々書きたくは無いんですよ。

書かなきゃ良いと仰るならば、そういう類のコメントを書き込む前に、全体の話の流れを冷静に見返して頂きたい。

私の文章は、確かに拙いものだとは思いますが、それでも、義務教育課程を修了した程度の学力があれば、わざわざ、こんな説明を入れなくとも、何となく言わんとしている事くらいは理解して頂けるかと思います。
2007/03/18(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
お忙しいところ、いつも丁寧にご回答・ご説明頂きありがとうございます。

最初に申し上げたとおり、私は浪人さんの怒りのスタイルを充分理解しています(少なくともそのつもり)。
だから、最初に田舎のダンディさんのコメントに対する浪人さんの「感情」表現を見たときに、「ああ、やっぱり浪人さんだ」と思いました。
次に、田舎のダンディさんの連投を見て、「まじめな人だな」と思いました。
その次に相模さんのコメントを見て、「1行目は同意だけど、後は感情的だよな」と思いました。
ここまでだったら、他のエントリーに行こうと考えていたのですが、

>反対意見にカッとなる事だってありますが、脊髄反射的に、その感情をぶつけたりした事は、少なくとも、これまで一度も無いつもりです。

じゃあ、最初のコメントは何だったんだ?いやいや、田舎のダンディさんのコメントは「反対意見」などではなく、「事勿れ主義者の言い訳」だから「真面目に答える」必要はなく、カッとなって感情をぶつけたって構わないんだな、と思っていたら、相模さんのコメントに対して、

>他人が真面目な話をしている時に、無意味に茶茶を入れるのはやめましょうね。

でしょ?確かに田舎のダンディさんは真面目な話をしているけれど、浪人さんはどうなんだろう(相模さんコメントの1行目以外も同様、どっちもどっち、感情をぶちかましているだけではないか。)、と考え、あえてコメントさせて頂きました。「言い訳」についても、あえて「『言い訳』は批判された側がするもの」と言及したのは、「言い訳」しているのは、むしろ浪人さんの方ではないか、ということを(暗に)指摘したかっただけで、この単語の使い方がおかしいなどと思ったわけではありません。

浪人さんがおっしゃるとおり、私も「至極本質とは何の関係も無い事を、一々書きたくは無いんです」が(だからこそ、茶々なんですが)、浪人さんの、あの「感情」表現は、単なる罵詈雑言であって、「批判」でもなければ、「真面目な話」でもない。そう思っただけです。

あと、私の文章読解力が中学生レベル以下だとご指摘いただくことは、そのとおりでもあり、全然構わないのですが、

>それでも、義務教育課程を修了した程度の学力があれば、わざわざ、こんな説明を入れなくとも、何となく言わんとしている事くらいは理解して頂けるかと思います。

こういった表現ぶりが、人によっては「相手を見下している」ととられかねない事くらいはご理解頂けるかと存じます。
2007/03/18(日) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
これは、ご指摘の通り、余計な一言でしたね。

そのようなつもりは全く無かったのですが、確かに、そういう風に受け取れる表現だったと思います。

ご指摘に感謝するとともに、謝罪させて頂きます。
2007/03/19(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/685-535ee8e7