FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 紅の傭兵の腐れた戯言

紅の傭兵の腐れた戯言
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 毎日、毎日、同じ事ばかり繰り返してきて、流石に疲れてきましたが、所謂「河野談話」なるものは、何らの事実にも基づかない嘘八百の出鱈目三昧、嘘吐き朝鮮人の虚構と妄想に基づく与太話以外の何ものでもありません。

 そのような事は至極当然の事であり、この問題を解決し、我が国の名誉、そして我らの先人の名誉を回復する為には、如何なる艱難に見舞われようとも、断固として、この腐れた談話をきっぱりと否定し、歴史の真実を国際社会の目前に示す必要があると言えるものです。

 さて、その不名誉極まりない腐れた談話を、嘘吐き韓国人に騙くらかされて此の世に生み出した当の本人、クニウリセブンの代表格である河野洋平こと紅の傭兵なる基地外ですが、またぞろ、巫山戯た事を言い出した模様です。

慰安婦問題:河野衆院議長「談話は信念をもって発表」

 河野洋平衆院議長は15日、従軍慰安婦問題に関する自らの官房長官談話(93年)の見直し論が自民党内に出ていることについて、国会内で記者団に「談話は信念をもって発表した。あれはあの通り受け止めてほしい」と述べ、不快感を示した。同談話は従軍慰安婦問題について旧日本軍の関与を認めて謝罪する内容。

(2007年03月15日 毎日新聞)


 小動物に草木や花、虫や微生物に至るまで、この世の中に生を受けたものには全て意味がある、もっと言えば、生命無き物質の一つ一つに至るまで、全ては宇宙を構成する重要な要素であり、無意味な物など何一つ無いと言えますが、この男だけは本当にこの宇宙から消滅した方が良い、いや、消滅すべき忌むべき存在以外の何者でも無い。

 言うに事欠いて、あの、我が国、そして、先の大戦において我が国を守る為に勇敢に戦い、戦場に散っていった先人たちを、何の根拠も無く不当に咎める為だけに生まれた腐れた談話を、信念に基づいて発表したなどと抜かし、その腐れ外道が発表した腐れた談話を否定し、我が国と我らが先人の名誉を回復させようとする動きに対して、不快感を示したなどと、巫山戯過ぎていて乾いた笑いが出てきそうな事を抜かしているのです。

 手前のちっぽけなプライドの為か、或いは、支那朝鮮の工作員から薄汚い金を受け取っての言動かは知りませんが、あのような腐れた国辱以外の何ものでも無い談話を世に出した第一級の国賊が、名目上の立法機関の最高責任者である衆議院議長職を担っているだけでも、臓腑という臓腑が煮え繰り返りそうな事であると言うのに、この腐れ外道は、その腐れた談話を信念に基づいて発表したもので、そのまま受け取り続けろなどと抜かす。

 この世の中には腐れた人間、汚い人間も数多く存在している事は否めない現実ですが、ここまで、徹頭徹尾、髪の先から爪の先まで薄汚く穢れきった真性の屑野郎は、日本の永田町に只一匹、この紅の傭兵だけであろうと思われるものです。

 手前の勝手な判断で、国家国民の全てを侮蔑し否定する国辱的談話を出し、我が国の名誉をコキューストの果てまで堕としておきながら、それに対して何の反省の色も見せず衆議院議長という名誉職に就き、その上、その談話を見直し、我が国の名誉を回復させようとする動きに対して、不快感を表して邪魔しようとまでする。

 我々日本国民は、この巫山戯た基地外売国奴、紅の傭兵なる汚物を、何が何でも絶対に、国政の場より引き摺り下ろす事は勿論、日本国、そして日本国民に対する侮辱罪、外国勢力に対して、我が国の国益を売り渡した罪を糺すべく、司法の場に引き摺り出さねばならないと言えます。

 この腐れ外道は、あの腐れた「河野談話」なるものを、嘘吐き韓国人に騙されてでは無く、自らの信念に基づき発表したと断言したのですから、最早、罪を糺すだけの理由、証拠は十分以上だと言えるでしょう。

 腐れた売国奴である紅の傭兵を法に照らして裁き、然るべき処分を与える事により、この外道がその口から吐いた腐れた談話を否定し、国家国民の名誉を回復する。

 これこそが、祖国の為に、そして、祖国を守る為、勇敢に戦い、そして散っていった我らが先人の為に、今、我らが為すべき事であると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)
売り上げランキング: 112526
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ

「反日」日本人の正体
井沢 元彦
小学館 (2003/12)
売り上げランキング: 187678
おすすめ度の平均: 4.5
5 読んでみたら・・・
5 日本を蝕む獅子身中の虫たち
5 この本の内容を「常識」にしましょう


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
  安倍首相を引き立てるためのマッチポンプなのかなと思いましたが、それなら山崎や加藤がやってくれるわけですよね。
  考えられるのは、彼は総裁経験者ですから、何か自民党そのものが空中分解するほどの「爆弾」を抱えているということです。たとえば、小泉訪朝は某学会と某教会の合同プロデュースだったとか、それ以前のもっとひどい汚職とか。
  妄想なのかもしれませんが、なんとか、その「爆弾」の中身を知る方法はないですかね。
2007/03/17(土) | URL | ろろ #-[ 編集]
河野談話を否定する人間は多数居ても、紅の傭兵そのものを批判する人間が異常な程に見られない事を考えると、十分以上にあり得そうな話ですね。

同じ自民党だから批判しないと考えられなくもないですが、エロ拓さんやバ加藤さんを批判する人間は、少数ながらも自民党内にも見受けられますし。

ただ、間抜けそうに見えて狡猾な男ですから、なかなか尻尾は表さないでしょうね。

本当に、何とか尻尾を掴みたいものです。
2007/03/17(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
紅の傭兵はおそらく町村派(旧森派)のスキャンダルを知っているのでしょう。
おそらく自民党ではこいつを叩き潰せない。
しかし我々の世代が中心になったら、真っ先にこの非国民を名誉剥奪の刑にしてやる。 
日本以外の国の場合、生死を問わず売国奴の名誉を剥奪することはごくあたりまえのことですから。 フランスだろうがドイツだろうがロシアだろうが。
2007/03/18(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>おそらく自民党ではこいつを叩き潰せない。

全くの同意です。

恐らく、何らかのスキャンダルを握っているという、おしゃかさんやろろさんの考えは正しいかと思いますが、仮に、そんなものが無かったとしても、今の、完全に自浄能力を無くしてしまった自民党には、河野談話を過去の過ちと認め、それを発した紅の傭兵を裁くなどという芸当は、到底無理だと思います。

>しかし我々の世代が中心になったら、真っ先にこの非国民を名誉剥奪の刑にしてやる。

何とか、先の大戦において勇敢に戦い、散っていった英霊の方々に報いる為にも、この男の息の根がある内に、その過ちを認めさせ、その名誉を剥奪したいものです。
2007/03/19(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/686-db797554
今日はちょっと時事ネタを…“慰安婦決議案”を提出した米民主党下院議員マイケルホンダ氏が、 2月25日放送の『報道2001』で、“従軍慰安婦”の根拠として、  ・被害者の証言  ・助成基金が起こっていること  ・談話という形で声明が出てること
慰安婦問題:河野衆院議長 「談話は信念をもって発表」 河野洋平衆院議長は15日、従軍慰安婦問題に関する自らの官房長官談話(93年)の見直し論が自民党内に出ていることについて、国会内で記者団に 「談話は信念をもって発表した。あれはあの通り受け止めてほしい」
河野洋平、この男の愚かさは、拙ブログでも言い続けてきたことであるが、その愚かな過去の「官房長官談話」について、「信念」で発表したから「あのとおり」だと開き直って不快感を示したという。 何の証拠もなく(事実無根だからあるわけはないのだが)、単に韓国側から五
2007/03/17(土) | 加賀もんのブログ
 今だに従軍慰安婦で騒ぐ反日精力。そのうち自分で自分の頸を絞める事になるぞ。 なにしろ検証すればするほど、反日精力に不利な証拠が出てきますから(笑)日本政府として「慰安婦、強制連行の証拠なし」  政府は16日の閣議で、いわゆる慰安婦問題で謝罪と反...
2007/03/17(土) | 雑記ワイルド
慰安婦問題:河野衆院議長「談話は信念をもって発表」(毎日新聞) 河野洋平衆院議長は15日、従軍慰安婦問題に関する自らの官房長官談話(93年)の見直し論が自民党内に出ていることについて、国会内で記者団に「談話は信念をもって発表した。あれはあの通り受け止めて
2007/03/19(月) | ぱっとんな日々