FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 六者協議の現状分析

六者協議の現状分析
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 凍結されていたマカオの銀行の資金への制裁の解除、そして実質、韓国からのみとは言えエネルギー支援の再開と、まさに狙い通りに事を進めている北朝鮮ですが、ここへ来て、更に、我が国に対する風当たりを更に強めてきた模様です。

北朝鮮が「日本外し」?・米中韓と相次ぎ会談

 【北京=島田学】北朝鮮は20日、米中韓と相次ぎ2国間協議を開きながら日本とは協議せず、再び「日本外し」ともとれる行動をとった。拉致問題で対立する日本を孤立させる狙いがあるとみられるが、日本政府は北朝鮮の首席代表会合「出席拒否」とあわせて強く批判している。

 会場からホテルに戻った佐々江局長は記者団に「今日は全く進展がありません」とぶぜんとした表情。安倍晋三首相も同日、首相官邸で記者団に「こうした態度を取っている限り、彼らの置かれている状況は変わらない」と批判した。

 ただ、日朝協議を避けているともとれる北朝鮮の姿勢は日本政府の「予想の範囲内」(代表団筋)。引き続き米国などと連携して北朝鮮に前向きな態度を促す方針だ。

(2007年03月21日 日経新聞)


 多少の嘔こそあるものの、記事中で代表団筋とやらが語っているように、北朝鮮がこのような行動に出てくる事は十分に「予想の範囲内」と言えるものであり、殊更に驚いたり、騒ぎ立てたりする必要性は無いと言えるでしょう。

 大体からして、前回の六者協議において、日朝平壌宣言の履行というものをカシコイ安倍晋三首相が他の4カ国の前で約束してしまった以上、北朝鮮が駄々を捏ねようが、露骨な日本外しを行おうが、孰れは日本政府が北朝鮮に対して復興支援を行うという事は、北朝鮮を含む六者協議参加国全ての共通認識であり、ここに気付かず未だにアベチャンマンセーをしているのは、目出度い目出度い日本のネット右翼くらいのものだと言えます。

 はっきりと言ってしまえば、現在の北朝鮮にとって、六者協議における日本政府などは、現実的な話を進める中で、一人関係の無い話を喚き立てている「煩い蠅」くらいの認識であり、結局、この話がどのように纏まろうと、北朝鮮の復興の為に最大限の資金を提供する事に変わりは無いのだから、限りなくどうでも良いのだと思われます。

 実に忌々しい事ではありますが、現実は現実として認めないと、前には進めません。

 そして、前回の六者協議以降、今回の六者協議も含めて、北朝鮮が駄々を捏ね、基地外ばりに喚き倒しているのは、決して我が国に対してなどでは無く、その他の六者協議参加国、つまるところ、米露中韓の四カ国に対してである事は、人気急降下中のホシュ期待の星、安倍晋三首相閣下を必死に支える「安倍センセーを守り隊」の方々でさえも、認めざるを得ないところだと言えるでしょう。

 つまり、六者協議において、今、北朝鮮が行っている事は、アタマがポッポちゃんの日本マスコミが言うような日本外しなどという幼稚な苛めのようなものでは無く、最早、北朝鮮に対して莫大な金額を提供する事が決定付けられた日本以外の国から、更に、エネルギーや食料、更には金を引き出そうとする事だと言えます。

 そして、米国を始めとする他の六者協議参加国が、口先だけとは言え、我が国の拉致問題に理解を示すような事を口にしたり、北朝鮮に我が国との対話を進めるよう懇願したりしているのは、我が国が「日朝平壌宣言」に則り、さっさと北朝鮮に対して支援を開始する事によって、自国が使わねばならない金を、一銭でも少なくしようとしているに過ぎないものだと言えます。

 このような手前勝手以外の何ものでも無い、米露中朝韓の五カ国も腹立たしくは思いますが、それ以上に腹立たしく、問題が大きいと言えるのは、このような状況を理解出来ていないのか、或いは理解してはいるものの、どう動いて良いか分からないのか、「拉致、拉致」と何かの呪いのように繰り返すだけで、右往左往する事しか出来ない我が国の政府だと言えるでしょう。

 言うまでも無く、拉致問題は、我が国にとって解決すべき第一義的な問題である事には変わりありませんが、北朝鮮にとって最大の困難と言えるものであった米国の金融制裁も事実上解除され、少なくとも韓国が北朝鮮に対する支援の準備を始めている以上、ただでさえ中途半端な我が国の経済制裁などは、北朝鮮にとって屁の突っ張りにもならなくなり、更に、何の進展も無いのに簡単に「日朝平壌宣言」の履行を確約してしまった為、金で釣るという手段すら失ってしまった今、「拉致、拉致」と喚き立てたところで、北朝鮮がまともな対話に応じる可能性など、ほぼ100%あり得ないと言えます。

 拉致問題の解決が無ければ、日朝国交正常化はあり得ない、と、政府や自民党、そして「安倍センセーを愛し隊」の方々は言われるが、以前のエントリーにも記したように、「再調査の結果、全員が死亡」というものであったとしても、それを、日本政府が受け入れた瞬間、それは立派な「解決」として成立してしまい、そして、それは、他の六者協議参加国から、北朝鮮が吸い取れるだけ吸い取った後でも、別段何の問題も無い事だと言えるものです。

 仮に、米国政府にほんの少しの義理と人情があり、現在のところは、そういう「解決」で手を打つつもりは無いと仮定しても、北朝鮮の止まる事の無い要求に嫌気が徹底的にさしたところに、北朝鮮から「これで手を打つならば、これ以上の要求はしない」という申し出があったとすれば、米国が、この申し出に対してどのような反応を示すかなど、想像するまでも無い事だと言えるでしょう。

 そして、言うまでも無い事ですが、残る三カ国、露中韓が、この申し出を断わる理由などは、今現在も、そして、これから先においても、この地球上に一つも存在はしません。

 そして、ここまで、徹底的に徹底的に、そして徹底的に馬鹿にされ尽くしても、椅子を蹴飛ばして六者協議を後にする事はおろか、六者協議からの日本の離脱を匂わせるコメントを出す事すらも出来ず、「今日は全く進展がありません」だの「こうした態度を取っている限り、彼らの置かれている状況は変わらない」だのと、暢気にも程がある事しか言えないような政府・外務省が、米露中韓から一気に「この条件でケリを付けろ」という圧力があった時、それを毅然と叩き返せる可能性などは、残念ながら、あって0.00000000000000000000000000000001%程度だと言えるでしょう。

 最早、我が国が拉致問題を解決すると共に、国富、そして国家の信用、そして国家の威厳を守る為の唯一の手段は、北朝鮮を徹底的に、ありとあらゆる手段を使って挑発し、北朝鮮の暴発を誘発して、北朝鮮から「日朝平壌宣言」を破棄、或いは、明らかな宣言違反をさせる以外にはあり得ないものですが、「対話と圧力」どころか、「圧力」の時期さえ、とうに過ぎ去っている事も認識出来ず、パチンコ屋の取り潰しや、総連への破防法の適用もしていない、出来ない、中途半端極まりない経済制裁で、「対話と圧力」などという脳天気な事を言っている政府では、その可能性を匂わせる、或いは模索するという事すら不可能だと思われます。

 非常に無念な事ながら、事態は、最悪の方向へと急速に進んでいると言わざるを得ません。

 最早、手遅れである可能性が高いと言える状況ではありますが、政府・外務省が、案山子以下の役立たずの木偶の坊である以上、我々国民の一人一人が、この最悪の状況を何とか回避出来るよう、知恵を絞り、動いていかなければならないと言えます。

 安倍首相の能力如何は置いておくにしても、誰かに期待し、何とかしてくれる事を願うだけでは、状況が良くなる可能性は何も無いという事を、全ての日本国民は、気付き、理解し、行動し始める必要があると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

核と女を愛した将軍様―金正日の料理人「最後の極秘メモ」
藤本 建二
小学館 (2006/06)
売り上げランキング: 11753
おすすめ度の平均: 5.0
5 金正日の私生活を語れる世界で唯一の証言者

金正日にひれ伏す韓国―このままでは統一国家は北朝鮮になる
金 成〓@51A4@ 趙 甲済 金 英彦
徳間書店 (2006/12)
売り上げランキング: 112873
おすすめ度の平均: 4.0
4 共産国家、朝鮮共和国への統一が進みつつある現実


PR情報
□□情報誌★フリペ★web★モバイル★4つの"an"でシゴト探し自由自在□□
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
まさしく浪人さんの仰るとおりです。
日本は言葉の攻撃兵器も使えず、拉致、拉致と繰り返すばかりで、次の一手を出せない。
アメリカは厄介ごとの終息を図りたいだけで、21世紀の最大監獄国家、300万人を餓死させた独裁者に正義の鉄拳を下さない。
最早、アメリカに日本の怖さを味合わせるために、政府保有の米国債を1兆円ほど緊急放出させて、アメリカの債権、株式市場をすこしパニックにさせたらどうでしょう。
アメリカも日本のことを少しは考え直すのではないでしょうか。
そしてその1兆円ぶんの売買代金でF22を何十機か輸入、購買すればいいのです。
腰抜けの安米心臓(アベシンゾー)くんにはできないか?!
2007/03/21(水) | URL | 1156 #-[ 編集]
>アメリカは厄介ごとの終息を図りたいだけで、21世紀の最大監獄国家、300万人を餓死させた独裁者に正義の鉄拳を下さない。

恐らく、これから先も、北朝鮮が核の照準を米国にでも合わせない限り、下すつもりは無いでしょうね。

正義だの人権だのと言っていますが、結局のところ、米国の眼中にあるものは、自国の国益だけでしょうから。

尤も、国際社会においては、それが普通であり、無垢に米国の言う綺麗事を信じている人間など、日本の自称「親米派」のポチの皆さんだけなんでしょうけど。

>最早、アメリカに日本の怖さを味合わせるために、政府保有の米国債を1兆円ほど緊急放出させて、アメリカの債権、株式市場をすこしパニックにさせたらどうでしょう。

同意です。

少なくとも、遠回しに脅しくらいは掛けるべきでしょうね。

無論、何の根回しも無く、そのような行動に出ても、橋本元総理のようになるだけなのは目に見えていますから、周到に準備した上で実行すべきですが、ある意味では核兵器なみの破壊力を持つ、このような武器を持ちながら、何らの活用をしようともしないのは、愚かにも程があるかと思います。
2007/03/22(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
地震対策も大事ですが戦争対策を取るときだと思いませんか。




http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/3cd446ca61ebc901448757475d276ffb
珍しく北野、TORA、連山、ネットゲリラの4つが同じ意見になったね。

イラン空爆について


ロシア政治経済ジャーナル No.448
★追いつめられるイラン
http://blog.mag2.com/m/log/0000012950/108385070.html

イラン攻撃は4月6日に決定か!? "ロシア・マスコミが報道"と中国紙
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/e1233808d1ae58a1cf15828c5d190e8a

【号外】六ヶ国協議が事実上の決裂

4/6にイラン爆撃 野次馬 03/26 16:06


イラン攻撃がないと言っているのは岡本君(江田島孔明)だけ。
もし外れたら髪の毛を切ってハゲになるらしいからそれも楽しみ(^^)
http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-176.html#more

2007/03/26(月) | URL | 石丸 #JalddpaA[ 編集]
まあ、本来なら、戦争対策、というか安全保障なるものは、国家の第一義的な仕事であり、我が国の政府が、絶望的なまでにど阿呆であるが故に、まともにしていないだけの事で、急を要する要さないに関わらず、常にしておくべき事なんですけどね。

米国のイラン攻撃に関しては、恐らく、避ける事は出来ないでしょうね。

この流れを止められる可能性が一番高いのは、我が国である事は間違いありませんが、上記したように、我が国の政府は絶望的なまでに能無しですから、そのような、極めてまともな仕事など、残念ながら出来はしないでしょう。

米搗き飛蝗総理大臣は、ペコペコと頭を下げて回るのに、非常に忙しいご様子で、そのような事は気にしている暇が無いようですしね。
2007/03/27(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/691-35606a2d