FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 捏造のTBS

捏造のTBS
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 現在、信用をもの凄い勢いで無くし続けているマスコミの中でも、更にもの凄いスピードで、他社に影も踏ませない勢いで無い信用を更に無くし続けている、屑のマスコミの中でもトップの屑と言えばTBSですが、そのTBSが、またぞろやらかしてくれた模様です。

みの「廃業」発言で 不二家TBS提訴の可能性

TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」で、不二家の不祥事として報じた内容に対して、不二家が社外に設置した信頼回復対策会議が「事実と異なる」と指摘していたことが明らかになった。しかし、そんな、なまやさしい話ではなさそうだ。同会議長は、放送内容そのものに「捏造の疑いがある」と指摘した。さらに、みのもんた氏が「(不二家に)廃業してほしい」と発言したことについて「営業上の損害とイメージの悪化を招いた」として、TBSを提訴する可能性があることを明かした。

ニュース自体に「捏造」である可能性

 「もうはっきり言って廃業してもらい。こんなバカなことをやってる不二家がね、そのまま社長が交代したからといってね、メーカーとして存続できること自体がおかしい。消費者をナメるんじゃない!」

 「こういうメーカーがのうのうとしていること自体がおかしいんですよ。みなさん」

みのもんた氏は2007年1月23日の放送でこのように発言した。しかし、この発言の根拠になったのは、前日の「朝ズバッ!」で放送された「新証言…不二家の”チョコ再利用”疑惑」と題されたニュース。しかし、このニュース自体「捏造」である可能性が指摘されている。

この「新証言~」では、不二家平塚工場の従業員とされる人物が、賞味期限切れのチョコを溶かして再利用していると「証言」。さらに、パッケージしなおすために、期限切れのチョコを裸にする作業を行ったなどとした。「朝ズバッ!」では、アナウンサーが「信じられない新たな疑惑が浮上しました」と紹介し、みのもんた氏も「もう信じられません。生クリームを使ったショートケーキに端を発して、すべての製品にこういうことがあった」などと言い放った。誰もが「ひどい」と思ってしまうようなこの証言、実は「捏造」の可能性があるのだという。

信頼回復対策会議の郷原信郎議長はJ-CASTニュースの取材に対し、次のように述べる。

 「TBSは、(不二家の製品)『カントリーマアム』について、賞味期限切れを捨てようとしたら怒られ、パッケージし直したとする証言があるがどうなのかと、確かに不二家に確認してきている。しかし、そもそも『カントリーマーム』は平塚工場で作っていないし、そのことを伝えている。これは不二家に間違いのないメモが残っています。その段階で、VTRの証言がウソだとTBSは気づくはず。にもかかわらず、『カントリーマアム』の部分が削られていて、チョコの話として映像が流れていた。これが捏造の疑いがある点です」

『カントリーマアム』というのはクッキーの中にチョコが入ったもの。チョコそのものとは違う。

「『あるある』なんてレベルじゃない誹謗中傷」

また、番組中ではチョコの再利用について、不二家のコメントとして「確認が取れていない」と紹介されていたが、不二家は「再使用するなんてありえない」と答えたと郷原議長は指摘する。

さらに、翌日の放送でみの氏が「廃業してもらいたい」「メーカーとして存続できること自体がおかしい」などと発言したことについて次のように怒りを露にする。

「『あるある』なんてレベルじゃないですよ。(「朝ズバッ!」は)生きてる会社の従業員に対して誹謗中傷した。営業上の損害を生み出した上に、イメージを悪化した。『廃業してほしい』発言にTBSは『廃業しないように頑張ってほしいという意味では』なんてことを言ったようだが、ほんとTBSってどんな会社なんだと思う。何言ってもいいと思ってるんじゃないですか。信じられませんよ」

J-CASTニュースはTBSに事実確認しようとしたが、同社広報は「そちら(J-CASTニュース)の取材には今後お答えしない」とまたしても取材を拒否した。

不二家広報によれば、この放送直後にTBSにたいして「事実と異なる箇所があるので、訂正してほしい」と要請し、現在でもTBSと「協議中」だとしている。

さらに、郷原議長は、2007年3月30日に行われる信頼回復対策会議のなかで、「TBSに法的責任を追及すべき」と提言すると、J-CASTニュースに明かした。そのための合意を現在取りまとめているという。

(2007年03月29日 J-CASTニュース)


 流石はTBSというか何と言うか、他者を貶める為ならば、捏造だろうが何だろうが気にもしない。

 問題の発端となっている不二家の事件は、確かに、不二家を庇いようも無い程に一方的に不二家に非があり、これを責め立てる事自体は、如何に頭の腐れたゴミ屑以下に成り下がっているとしても、マスコミとしての当然の仕事ではあると言えます。

 しかし、してもいない事を捏ち上げ、視聴者を必要以上に煽り立て、その上、徹底的に容赦無く、罵詈雑言を浴びせて悦に入るなどというのは、零落れても一応はマスメディアを名乗る存在のする事とは、とても言えないものです。

 本来、マスコミの一義的な役割とは、事実を事実として曲げる事無く、出来うる限り正確に、そして早く、視聴者、国民に対して届ける事であり、それに対して何らかの批評を入れる事は、あくまで二義的な仕事の一つに過ぎないと言えるものです。

 この二義的な仕事において、面白可笑しく他者を罵倒し、視聴者を煽り立てる為に、存在もしまかった事を捏造までするとは、マスコミとして失格であるとしか言えないものです。

 記事中において、JーCASTニュースも引き合いに出している「あるある」を放送した関西テレビが、民放連を除名されるのであれば、このTBSなる「悪意」以外の何者でも無い放送社は、即刻、放送権を取り消し、社そのものを解体すべき存在だと言えるでしょう。

 それにしても、今更ながら恐ろしく思うのは、今現在のようにインターネットが普及するまでは、こういう連中、頭も精神も徹底的に腐った連中が、世論を誘導し、作り上げてきたという部分が少なからずあるという事です。

 事実、所謂「従軍慰安婦問題」なるものは、朝日新聞なる反日基地外新聞が拾い上げて来て、日本全国に広め、アジア全域に広め、そして、全世界に広めたと言っても過言ではありません。

 ここ最近においては、今回のこの事件のように、腐れマスコミの連中が巫山戯た事をやらかしても、即座に、誰かがその不正を暴くという図式が成り立ちつつありますが、一昔前においては、この連中のこの巫山戯た行動が、限りなく野放しになってきており、今回のものと類似したような事があったとしても、それが事実として広まっている可能性は限りなく大だと言えます。

 我々一般の国民は、我々自身の為にも、そして、未来の日本の為にも、この腐れたマスコミという不廃物に対して、裁きを下すべき時がきたのではないかと思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 1044
おすすめ度の平均: 5.0
5 内容はいいと思う
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 2985
おすすめ度の平均: 5.0
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている
5 マスコミの暗部を暴く暴露本


PR情報
【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
聞いてわかる身につく「英語だいじょうぶ」
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
素敵なブログですね。
思わず見入ってしまいました。

こちらもブログをやってます。
もしよろしければ息抜きを兼ねて
遊びに来て頂ければ嬉しいです。

http://youtubeyourtube.blog95.fc2.com/

2007/03/30(金) | URL | YouTube 動画 #-[ 編集]
従軍慰安婦って言葉は捏造語です。NW23で筑紫氏が従軍慰安婦って言ってたので抗議しておきました。月曜日以降もこの言葉を使うようならBPOに通報します。
2007/03/31(土) | URL | K8 #-[ 編集]
あれは、支那朝鮮のプロパガンダ放送ですからね。

抗議しても無視、スポンサーの不買運動を起こしても、次から次へと支那朝鮮系の外資が湧いてきる、通報したところで、支那朝鮮からの圧力が掛かり揉み消される。

こういう事になるのは目に見えています。

無論、そういう一つ一つの事を叩いていく事も必要ですが、同時に、このプロパガンダ放送、そして、それを流しているTBSという毒電波放送局を支えている構造自体を見つけ出し、攻撃していく必要があるかと思います。
2007/03/31(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/700-e5af1b83
「またTBS…」というフレーズを使うのは何度目だろうか? もはや、捏造だけで成り立っているのではないかと思わせるTBSの報道である。 こんどは、「水に落ちた犬を叩く」が如く、不祥事を起こして平身低頭している不二家なら、何を言っても反論してこないとタカを括
2007/03/30(金) | 加賀もんのブログ