FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 逆ギレのTBS

逆ギレのTBS
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 先頃、不二家の事件に関する報道において、見事なまでの捏造をしている可能性が指摘され、本来、僅かでもまともな人間としての神経や心が残っていれば、きちんと調査した上で、誤ったところがあれば謝罪する、という流れになりそうなものですが、流石は、未だに某老害による中共のプロパガンダ放送を報道番組と偽って放送している、天下の基地外毒電波放送局TBSというか、何と、逆ギレして開き直った模様です。

朝ズバッ!捏造疑惑深まる みのもんたよ「テレビの画面上で謝罪すべきだ」

TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」で「捏造の可能性」が指摘されている問題で、不二家が社外に設置した信頼回復対策会議が正式に「TBSに対する損害賠償請求など法的措置をとることを検討すべきだ」と不二家に提言した。さらに、同会議は「捏造の可能性」の裏づけとなるメモやテープを公開した。不二家も本格的に提訴を検討する方針だ。

意図的に不二家の信用を毀損しようとした?

2007年3月30日、不二家と信頼回復対策会議は東京都内で記者会見を開き、不二家の不祥事について同会議が「最終報告書」を同社に提出したことを発表した。さらに、「最終報告書」は、「朝ズバッ!」について、「同番組の不二家バッシング報道は、単純な誤解、無理解の域を超え、意図的に不二家の信用を毀損しようとする意図すらうかがわれる」などとした上で、

 「今後も、TBS側に公正で客観的な調査を徹底して求めた上で、その対応如何では、同番組が不二家の営業に与えた損害を把握した上で、同社に対する損害賠償請求など法的措置をとることも検討すべきである」 とTBSの対応によっては、同社を提訴することを検討するよう提言した。

信頼回復対策会議の郷原信郎議長はこの日の会見で、「(TBSに)全く誠実に対応してもらえなかった」としたうえで、

「TBSは第3者による委員会を設けて、報道の真実性を明らかにすべきだ。TBS側でこれが行われないということであれば、一方的にこうした措置をとるべきではないかと会議は判断した」 と語った。不二家も「これからの検討になる」としており、これらの提言を受け、訴訟を検討する方針であることを明かした。

07年3月29日にJ-CASTニュースで既報の通り、同会議は07年1月22日の「朝ズバッ!」で放送された「新証言…不二家の”チョコ再利用”疑惑」と題されたニュースについて「事実と異なる」「捏造の疑いがある」などとして、TBS側に抗議していた。このニュースでは、不二家平塚工場の従業員とされる人物が、賞味期限切れのチョコを溶かして再利用している、パッケージしなおすために、期限切れのチョコを裸にする作業を行ったなどと証言していると報じたが、同会議は『カントリーマアム』について、「賞味期限切れを捨てようとしたら怒られ、パッケージし直したとする証言があるがどうなのか」との確認がTBSから不二家側にあったが、不二家側は『カントリーマーム』は平塚工場で作っていないし、そのことを伝えている、としていた。

「不二家側のメモが間違っている」

この日の会見で同会議は、不二家側の対応メモを公開。これによれば、TBSは2007年1月20日16時30分に不二家に、平塚工場で働いていたという女性からの証言について「(1)返却されたチョコレートを再び溶かして使用していた。(2)カントリーマアムについて、賞味期限が切れていたので捨てようとしたら上司に怒られ、それを再度新しいパッケージに入れて製品としていた」の2点についてたずねている。不二家側は(1)「返品は使っていない」(2)は「平塚でカントリーマアムは生産していない」と回答した旨の記述がメモに残っている。

さらに、同会議は2007年3月25日に行われた不二家側とTBSの協議の際に録音された音声を公開した。そのなかには、TBS側のプロデューサーとされる人物が「心外なんですよ、正直言ってウソとかどうか、捏造だったっていわれることが、そもそも」と厳しく不二家側に詰問するものや、「カントリーマアムと言っている?」「そうですね」などと、事実上「カントリーマアム」について取材したことを認めた音声も公開された。これが、本物であれば、「捏造」の証拠になる可能性が高いのは明らかだ。

しかし、同会議によれば、「不二家側のメモが間違っている」などと相変わらず否定しているのだという。

郷原議長は、TBSについて「捏造の疑いがある以上に、それを正すコンプライアンス体制に重要な問題があるのではないか」と指摘する。さらに今回の「朝ズバッ!」で、みのもんた氏の度重なる不二家への非難について、

 「謝罪をして、そういう発言をしたみの氏自身が、不二家に対して『大変失礼なことをしました』という謝罪をテレビの画面上ですべき。それがない限り(不二家の)名誉回復はないと思う」 と述べた。

(2007年03月30日 J-CASTニュース)


 当たり前の事ではありますが、こういった事が起こる、そもそもの原因を作り出してしまったのは、他ならぬ不二家であり、彼らを一方的に被害者として擁護しようなどと言うつもりは、最初から毛頭ありません。

 しかしながら、如何に悪事を働いたからと言って、してもいない悪まで捏ち上げて、その作り上げた罪を一方的に断罪し、社会の正義を気取るような真似をする事など、まともな人間の倫理観からは、到底容認されるものでは無いと言えるでしょう。

 そして、今回のこの件は、不二家側の抗議に対してのTBSの態度を見る限り、まず間違いなく、最初にJ-CASTニュースが伝えた通り、意図的な、悪意に満ちた捏造劇である可能性は限りなく高いと言えます。

 ここから見え隠れする事は、このTBSに代表されるサヨク勢力のやり方というものは、戦後、旧日本軍、そして旧日本政府をある事無い事捏ち上げて完璧な悪党に仕立て上げ、それを糾弾する自分達という構図を作り上げ、薄っぺらい偽善と満足感に浸っていたものから、僅かにも進歩をしていないという事です。

 そして、問題が発覚した後、素直に非を認めて謝罪するような事は決してせず、逆ギレして相手を威圧するような態度を取り、相手の主張を退けようとする腐った根性も、何らの進歩もしていない様子です。

 この後の連中のデフォルトの行動としては、適当な言い訳にもならない言い訳を並べ立て、問題を無理矢理に有耶無耶にする事により、正式な謝罪らしい謝罪を何とか避け、お茶を濁す形で逃れようとするといったものだと推測されます。

 最早、言うまでも無い事ではありますが、今回の件における一連の行動を見れば、この連中の良心に期待し、立ち直らせようなどとする事は、果てしなく無意味、銀河系の彼方まで到達する程の無意味だと言えるものです。

 また、今回のこの件は、TBSが起こした事件ですが、他の放送局、そして新聞社などの他媒体のマスコミも、50歩100歩である事は間違いなく、我が国のマスコミは、完全に機能不全を起こしていると考えて、まず間違いないでしょう。

 本来ならば、ここまでの事態に至るその前に、政府、総務省が中心となり、放送法などを根本から見直し、マスコミの大編制を行うべきだと言えるものですが、NHKというたった一つの放送局の改革でさえ、まともに進める事が出来ない無能政治家と馬鹿官僚では、そのような事を期待したところで、無駄に終わる事は確実と思われるものです。

 しかし、このような巫山戯た捏造体質を持ったマスコミを名乗る毒電波を、これ以上に放置しておく事は、単純に精神衛生上宜しくないだけに止まらず、メディアリテラシーの未熟な人間が多い我が国においては、非常に重大な問題であると言えます。

 このようにして、連中の悪事を一つ一つ論う事も、全く無意味では無いものの、このやり方では、やはり、限界は見えて来ており、根本から問題を解決するというところまでは、到達する事は難しいと言わざるを得ません。

 馬鹿でも無能でも役立たずでも、やはり、連中に最後の止めをさせる権限を持っているのは、政府、総務省であり、連中を動かさない限りは、この問題に終止符が打たれる事は無いと言えるでしょう。

 以前、有志の会によって、TBSの放送免許剥奪を求める署名活動が行われていましたが、今のところ、予測通り、政府は完全に無反応の状態のままだと言えます。

 今後、何度も、政府がアクションを起こすまで、こういった署名活動を続けるにしても、或いは、全く別の手段を考え出し、政府に訴える方法を取るにしても、何らかの行動を取り続ける事を、我々は祖国より求められていると言えます。

 最早、国民の知る権利を阻害する存在にまで成り下がったと言えるマスコミを糾弾して叩き潰す事は、我々、日本国民に与えられた義務の一つに変容しているのではないかと考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 1044
おすすめ度の平均: 5.0
5 内容はいいと思う
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 2985
おすすめ度の平均: 5.0
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている
5 マスコミの暗部を暴く暴露本


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!


人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する
スポンサーサイト



南京の真実

ブックマークに追加する
「人の振り見て我が振り直せ」

この部分がスッポリ抜けて、自分達の悪行を棚にあげ、意にそぐわぬ者は捏造、歪曲してでも陥れようとする体質。改善される見込みは限りなくゼロに近い以上、放送免許を剥奪するしかないと私も思います。

朝日やTBS等、捏造、歪曲等をし、謝罪すらしない(又は軽すぎる責任の取り方)マスコミに鉄槌を下し、真実を中立の視点で報道をする新たな報道機関が出来るようになればと思います。
2007/04/02(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
どうやら不二家の不祥事は、外資系ハゲタカファンド発のようです。
きっと外資系ハゲタカファンドは、ペコちゃんブランドが欲しくて欲しくてたまらないのでしょう。
しかしだ、なぜTBSはあんな捏造報道をしたのだろうか?
外資系ハゲタカファンドからカネをもらったのでしょうか?
まあTBSならカネさえもらえれば平気でやりかねないけど。
そのくらい今のTBSには信用がないですから。
明日、不二家に励ましの電話でもしてこよう。

2007/04/02(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
「中立」「公正」という概念を、人間が何処まで実現出来るかという問題は兎も角、それを追い求めもしていないくせに、自らを「中立」「公正」であると謳い、ポジショントークを続ける既存のマスコミは、問題が多すぎると言わざるを得ませんね。

また、そもそも、捏造や歪曲に満ち溢れた報道などは、それ以前の問題ですしね。

この連中には、何としてでも、鉄槌を下す必要があるでしょうね。
2007/04/04(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
不二家を狙っているのは、ゴールドマンサックスのようですね。

そういう部分には全く触れようともせず、追い詰められた不二家を更に追い詰め、国益を害そうとするこの連中は、本当に許す事が出来ないものです。

TBSの捏造報道の裏側としては、外資から金を貰っていた可能性も十分あると思いますが、外資と創価学会の関係あたりが怪しいのではないかと思います。

毎日が創価・在日に乗っ取られているとすれば、同系列であるTBSも、その強い影響下にあるというのは、極めて自然な事ですしね。

自民を通じて外資と利害関係を持った創価が、自身の影響下にある報道局を使って、世論が外資の望む方向に流れるよう情報操作を行った、というのが、可能性としては高いのではないかと思います。
2007/04/04(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/702-e53e853d