FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 逆ギレのTBS2

逆ギレのTBS2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 自らが悪意に満ちた捏造を放送しておきながら、それがバレてしまい、不二家、そして視聴者からの非難の声が上がっても、自らの行動を省みて謝意を表すどころか、悪質な恫喝を以て不二家側の抗議を退けようとした、基地外反日毒電波放送局にして報道ヤクザそのものであるTBSですが、またぞろ、奇妙な逆ギレを展開し、その責任を有耶無耶にしようと試みている様子です。

郷原議長が公開質問状送付 「TBSは捏造疑惑に向き合え!」

不二家の信頼回復対策会議の議長を務めた郷原信郎・桐蔭横浜大コンプライアンス研究センター長(同大法科大学院教授)がTBSに対し公開質問状を送った。TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の放送内容に「捏造疑惑」が持たれている問題で、信頼回復対策会議が「捏造疑惑」の証拠となるテープなどを公開した。しかし、TBS側がこれについて「道義にもとる」などとコメントしたことが、郷原議長の怒りにに火をつけたようだ。

事の発端は2007年3月30日に、不二家が社外に設置した信頼回復対策会議が「最終報告書」を同社に提出したことを発表した記者会見。同会議は「最終報告書」のなかで、消費期限切れ原料の使用が明らかになって以降のマスコミ報道について、「メディア・スクラム」状態になった要因は「マスコミの理解不足、誤解」と「それに対する不二家側の対応」にあったと指摘している。

不二家の営業上、相当深刻な影響を与えた

しかし、07年1月22日放送の「朝ズバッ!」での報道だけは、 「無理解による間違った報道というレベルを超え、きわめて意図的な事実に反する報道を行って、しかも、それを根拠にして不二家を徹底的に批難するということを続けた。『朝ズバッ!』の報道は不二家の営業上、相当深刻な影響を与えた。社会問題だ」(郷原議長) として、TBSに対し法的措置を取る事を検討すべきだと不二家に提言している。そして、「朝ズバッ!」の内容に訂正を求め、両社が協議した際に録音された音声がこの日の会見で公開された。だが、それに対し、TBS側は「音声公開は道義にもとる」などとマスコミにコメントした。

これに対し、郷原議長は、TBSこそ「モラルが問われている」として07年4月2日にTBS井上弘社長宛に個人名で公開質問状を提出した。

質問状を提出した理由について郷原議長はJ-CASTニュースに対し、 「私をはじめとした信頼回復対策会議のやり方に対するTBSの『言いがかり』によって、コンプライアンス研究センターの所長として、また表舞台に立たざるを得なかった」
と語る。

「TBSのコンプライアンスは最低最悪」

信頼回復対策会議は3月30日の「最終報告書」の提出でその役割を終えたことになっているが、同会議の「やり方」にまでTBS側が批判のコメントをしたため、コンプライアンスを専門とする立場から、こうした主張に反論しないわけにはいかない、と考えたようだ。さらに、郷原議長は「道義にもとる」とするTBS側の主張に対しては次のように反論する。

 「双方での同意の下で録音して保管することになった。その後、TBSは録音内容に反する主張をし始めた。我々としては間違っているところを正す必要があると考え、(会見での)公表に至ったのであり、当然の判断だった。それに対し、TBSは何の理由を示さずに批判してきたので、訂正と謝罪を求めた」

さらに、郷原議長はTBS側のこれまでの対応を踏まえて、次のように述べる。

 「報道機関・テレビ局としての使命を考えて、TBSは『捏造問題』に向き合うべき。ウソがあったその後の対応からすれば、TBSのコンプライアンスは最低最悪」

  郷原議長にTBS側から未だに回答は寄せられておらず、2~3日経って回答が寄せられない場合は再度回答を求めるとしている。

(2007年04月03日 J-CASTニュース)


 自らが、真実に基づかない捏造された内容を放送し、不二家側に深刻な社会的ダメージを与えておきながら、不二家が、そのあらぬ疑いを晴らし、自らの潔白を証明する為に証拠となるテープを公開した事に対して、「道義にもとる」などとは、このTBSという連中は、一体、どのような頭の構造をしているのでしょうか。

 常識的に考えるならば、道義にもとっているのは明らかにTBSの方であり、不二家としては、自己防衛の為の最小限度の行いを試みたに過ぎないと言えるものです。

 そして、このTBSの不条理な言葉に、郷原議長が怒りを感じ、TBS側に訂正と謝罪を求めても、TBSは今のところ、何の回答も返す事無く、黙りを決め込んでいます。

 これは、一般的によく見られる、こういった問題における、何方側に理がある、分がある、といったレベルでは無く、何処をどう切り取り、どのような角度から見詰めたとしても、悪意のTBSと被害者としての不二家という構図しか見えてこない、電波という武器を使ったTBSという連中による弱者苛めに他ならないと言えるでしょう。

 事実、この問題を熱心に追い続けているのは、放送局や新聞社との柵の無いJ-CASTニュースくらいのものであり、既存のマスコミ連中は、これ程の社会的に大きな問題でありながら、関西テレビの「あるある」の時のように、大問題であるとして報じてはいないという構図があります。

 この程度の捏造による弱者苛めは、既存のマスコミとしては日常茶飯事の事であり、出来れば触れたくないのか、或いは、この問題を大きく報じないようにと、TBS、或いは某創価学会あたりから懇願でもされているのかは私の知り得るところではありませんが、何れにしても、「あるある」よりも遙かに悪質であり、社会的影響も大きいと思われるこの事件を、当事者であるTBSは兎も角、マスコミが殆ど報じようともしないのは、明らかに異常だと言えるものです。

 ここから垣間見えるものは、表沙汰となり、大きな問題にこそならなかったものの、過去において、こういった類の事件は何件もあり、苦汁を飲まされてきた被害者がいたであろうという事、そして、今、このTBSによる電波を使った弱者苛めを叩き、腐れたマスコミ連中の根性を叩き直しておかなければ、今後も、類似の事件が起こる事は防げないであろという事です。

 そして、このような状況下であるにも関わらず、総務省の連中は、法改正されたその後も、放送局に対して処罰をする事を見送るなどと寝惚けた事を言っている以上、我々、国民の手によって、この大事をやらざるを得ないと言えます。

 これは、単純にTBSの捏造体質を叩き、不二家を救済するという事に止まらず、こういった悪意に満ちた体質をしているマスコミという連中から、我々自身を守るという事にも繋がる、自衛の為の闘争であると言えるものです。

 この事件を傍観者として放置する事をしてしまえば、貴方の勤める企業が、明日の不二家にならないとも限らないのです。

 既存のマスコミ連中による情報支配という構図を打ち破る事は、今、我々に求められている急務だと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 1797
おすすめ度の平均: 5.0
5 内容はいいと思う
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 8442
おすすめ度の平均: 5.0
5 国旗、国歌問題
5 悪質な多事争論
5 慰安婦問題が今すごいことになっている


PR情報
ここでしか買えない新潮文庫の復刻版。ウェブの書斎のオンデマンド本!
中古車探すならカーセンサーnet
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
日本人を拉致しておきながら、「拉致は解決済み」とぬかす北朝鮮。
捏造報道をしておきながら、「音声公開は道義にもとる」とぬかすTBS。

北朝鮮とTBSはとてもよく似ている。

TBSには在日枠がありますから、そうなったのでしょう。
2007/04/04(水) | URL | おしゃか #-[ 編集]
そう言えば、限りなく類似していますね。

仰るように、在日枠というものを設けた事により、連中の思考が局中に蔓延し、小朝鮮のようになってしまったのだと思います。
2007/04/05(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
日本人の多くが
こういったTBSのような
屑マスコミが存在することを
自覚して欲しい・・・
2007/04/12(木) | URL | TBSを撲滅しよう #-[ 編集]
「あるある」を見て、納豆を買いに走る人間が多数居る現状を考えると、未だ、メディアを盲信している人間は多いのでしょうね。

まあ、「千里の道も一歩から」の言葉通り、地道に、メディアという連中の正体を少しずつでも、世に知らしめていくしか無いのだと思います。
2007/04/12(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/704-b91b1c92
TBSの捏造報道がひどい。既に多くのブロガー諸氏が扱っておられるが、拙エントリでも取り上げる。まず、TBS捏造報道問題を取り扱われているブロガーエントリを紹介する。博士の独り言   「 TBS「ロッテとコラボ商品」小考」この国は少し変だ!よーめんのブログ
2007/04/04(水) | 東洋の魔笛