FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → TBS問題と報道の娯楽化

TBS問題と報道の娯楽化
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 不二家問題において、その異常性がどんどんとクローズアップされている最中にあっても、その問題に対して真摯に向き合おうとしない事は勿論、それどころか、次々と、異なる不祥事を白日の下に曝し続け、狂ったマスコミの中でも一番に狂い、腐っている様を我々に見せつけ続けるTBS。

不二家信頼回復対策議長を務めた郷原氏が、その腐れ毒電波放送局TBSの問題点を分析し、深く追求していく姿勢を示された模様です。

「朝ズバッ!」捏造疑惑 郷原議長「報道の娯楽化が問題だ」


不二家が外部に設置した信頼回復対策会議の議長を務めた郷原信郎桐蔭横浜大学コンプライアンス研究センター長は2007年4月6日、都内で記者会見を開き、TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の捏造疑惑について「不二家とTBSだけの紛争でなく、メディアと企業社会全体に関わる問題だ」と述べ、あらためてTBS側の対応の問題性などを指摘した。さらには今回の疑惑の背景に「報道の娯楽化がある」と分析した。

J-CASTニュース「郷原議長が公開質問状送付 『TBSは捏造疑惑に向き合え!』」で報じたとおり、信頼回復会議の会見でTBS・不二家の協議の際の音声公開を批判するコメントをTBSがしたことについて、郷原議長はTBS側に公開質問状を送付していた。この日の会見では、現時点で公開質問状に対する回答が寄せられなかったとし、「お答えがなければ(メディアなどを通じて)表に出して発言していく、それを繰り返していくしかない」と語った。

さらに、「朝ズバッ!」の捏造疑惑について、「報道の娯楽化に(問題が)あるのではないか」と指摘。

 「報道が娯楽化してしまうことで、社会的に見ても大きな害悪をもたらすと言わざるを得ない」と、「朝ズバッ!」の報道が不二家にあたえた損害などを踏まえたうえで、今回の問題について語った。

「いま一番の被害者はTBSの報道局ではないか」


また、記者の「TBSと『朝ズバッ!』のどちらに『捏造問題』についての根本的な問題があるのか」という質問に対しては、「TBSすべての番組すべて認識しているわけではないので正確なことはいえないが、報道と娯楽が結びついている端的な例が『朝ズバッ!』ではないだろうか。報道局で作っている番組には大きな問題があるとは思ってないが、制作局で作っているニュースに問題があるのではないか。そのような印象を持っている」とし、「いま一番の被害者はTBSの報道局ではないか。会社として一体と見られるわけだから、TBSがやっていることがデタラメだと見られるとすると、報道局の大きな迷惑になっているのではないか」と述べた。

郷原議長は、信頼回復会議の「最終報告」において「TBSの対応次第で不二家はTBSにたいし法的措置をとることを検討すべき」としていたが、この日の会見では、「(不二家から)相談があったら、精一杯アドバイスをする」と話した。

(2007年04月06日 J-CASTニュース)


 郷原氏と言えども、某創価や在日に完全にコントロール権を奪われたTBSという構図は完全に把握しきれないでいる様子で、報道局が被害者ではないか、と考えるなど、甘いと思える部分は見られるものの、たったあれだけの遣り取りで、「報道の娯楽化」という、TBSを含めた全ての放送局が抱えている問題を的確に把握し、指摘しているのは、そこいらの自称ジャーナリストの凡俗どもとは違い、流石だと言えるものではないかと思います。

 ちなみに、この郷原氏が代表を務めた「信頼回復対策会議」の「最終報告書」が、不二家のホームページにて、PDF形式で公開されており、誰でも閲覧する事が可能となっている模様です。

http://www.fujiya-peko.co.jp/company/ir/pdf/20070403_1.pdf

 これが、不二家を一方的に擁護し、その問題点を覆い隠すようなものであったならば、報告書の信頼性、延いては、議長を務めた郷原氏の信頼性も疑わしいものと言えますが、この最終報告書を見る限り、きちんと不二家が抱える問題点を整理、指摘しながら、間違った報道による誤解は誤解であると弁護する極めて信頼性が高いものであり、これを見るだけでも、現在の、TBSと不二家、郷原氏との争いにおいて、どちらに理があるかというのは、一目瞭然だと言えるでしょう。

 無論、不二家にも問題点はあったし、郷原氏の言い分を一方的に全て正しいと盲信する訳ではありませんが、少なくとも、これに対して、そして、「朝ズバッ!」での捏造報道に対して、論理的で納得のいく回答を何一つしていないTBSに理の欠片も無い事だけは、明々白々だと言えるものです。



 さて、話を本題に戻して、「報道の娯楽化」という問題ですが、最近は殆どテレビも見ていないので、直近における事までは完全に把握しきれてはいないものの、私がまだテレビを人並み位には見ていた頃から、TBSのみでなく、他の放送局においても、この傾向はかなり強かったのではないかと記憶しています。

 無論、この傾向とは関係無く、捏造や歪曲報道は報道全体に満ち溢れており、放送局全体が腐敗しているだけとも言えるかも知れませんが、その捏造やら歪曲にしても、数字さえ取れれば真実は至極どうでも良いというバラエティ特有の体質が放送局全体を覆い、ジャーナリストとして、報道に携わるものとしての最低限のモラルさえ壊していった事は、否定の出来ない現実ではないかと思えます。

 恐らく、TBSだろうが朝日だろうが、一部には、ジャーナリストとしてのモラル、矜恃を堅持し、まともな仕事をしている、したいと思っている人間は居るだろうとは思いますが、悪貨が良貨を駆逐するのは世の常であり、避け難い事である以上、そういう空気の中で職務に就き、日々を過ごしていれば、それらの人間ですらも、何処までが守るべきラインなのかを見失ってしまう事は、想像に難くは無い事だと言えるでしょう。

 また、作る側のみでは無く、見る側にしても、日々、報道なのかゴシップなのかバラエティなのか、非常に線引きの曖昧なものを日々垂れ流され続ければ、それを識別する感覚そのものが破壊され、何を信頼に足るニュースとし、何を笑って流すべきものなのかを見失い、情報の取得選択というものが出来なくなっている可能性も否定出来ないと言えるものです。

 情報というものが、この現代国際社会においては、ある意味では大量破壊兵器なみの重要な武器であるという現実を踏まえれば、この現状は、日本国の存亡に関わる、非常に憂慮すべき事態であると言えるでしょう。

 そのように考えていくと、「報道バラエティ」なる訳の分からない分野を創出し、この方向性を押し進めようとしているマスメディアの連中は、何者かの意図を受け、もっとはっきりと言うならば、創価や在日といった連中の意図を受け、日本国を、我々日本人全体を、情報不感症とでもいうべき状態に追い込もうとしているとも取れます。

 我々日本人は、今回の、この不二家問題におけるTBSの捏造問題という一件を、単なる基地外毒電波放送局による狂った捏造報道としてだけでは無く、もっと深い、メディア、報道というものが抱える病理として捉え、考えていく必要があるかと思います。

 この部分をきちんと考え、何らかの対策を考えていかない事には、将来、メディアの主体がテレビからインターネット、或いは別の何かに移り変わっていったとしても、同じような事を繰り返してしまう可能性は、残念ながら高いと言わざるを得ないでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 689
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 1101
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論


PR情報
今なら無料体験版30日使い放題!No.1会計ソフト「弥生会計」
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>報道の娯楽化

  私もテレビを見ていないのでわかりませんが、見ていたころの記憶を辿ると、どうも「ニュースステーション」や「ブロードキャスター」あたりがその嚆矢になっている気がしますね。
  報道の構成要素には「事実の伝達」のみならず「解釈」が存在するわけですが、上の二つの番組に置いては、後者に重点が置かれていました。そして、特段教養があるわけでも、国際事情に通暁してもいないキャスターという人物(たとえば久米宏)が、その解釈を担っていました。
  この、キャスター(や、その背後のプロデューサー)による解釈というところに、娯楽化の鍵があるように思います。彼らの役目は、一般的にニュースや事実をわかりやすくしていると言われますが、実際にやっているのは、「自分たちに分からないこと」を切って捨てているだけです。久米宏のゲストに対する質問のレベルの低さからも、そのへんは十分に伺い知ることができます。
  三輪さんがあるブログでコメントしていたのですが、小泉がなんでもかんでも改革改革とわめいて制度や人的関係を破壊しまくった背後には、現代の日本が「自分に分からないものはダメなもの」という烙印を押しがちな風潮があるからだとおっしゃっていました。
  キャスター達というのは、そういう風潮の代表者なのではないでしょうか。彼らや、編集担当者にとって分からないもの、分かろうとしないものは、「ない」ことにされてしまうわけです。そして、彼らにとって分かることだけを、兎にも角にも面白おかしく、オーバーに伝えるわけです。
  ある事実と向き合うことで、この世の中の様々な顔を知ろうとか、社会に有益な情報を投下しようとか、そういう謙虚な気持ちはそこにはありません。
  それがちょうど、「勉強なんてしなくてもいいんだ」「自分らしく生きればいいんだ」というメッセージがメディアで吹聴されるようになってきた時期とよく重なっています。ニュースステーションは1985年に開始していますが、その頃流行っていたのは尾崎豊の歌であり、「ぼくらの七日間戦争」という学校に反抗する中学生の映画でした。
  戦前の世の中を無条件に肯定するつもりはありませんし、いろいろと不自由なことはあったのでしょう。しかし、少なくとも戦前は、難しいもの、高尚なものに対する畏敬の念はあったし、頭の程度が低いなら低いで、その対象は避けて通ったと思うのです。
  しかし、戦後になってから時代が降りるにつて、どうも「自分なりの理解」というものが優先され、どんどん低劣化していった結果、嫌なものや困難なものにレッテルを貼って貶めることが当然になっています。卑近な例ですが、飯島愛が社会について意見している姿とか、もう目も当てられません。あれが、現代なんでしょう。
  TBSがやっていることも、そういう背景に思いを致す必要があると思います。

  真正保守、アンチ安倍の方々は、彼への意趣返しからか、教育基本法に全てを還元するのは間違っているといいますが、自分にはやはり「個人の尊厳」という名の下に行われた集団主義や克己心の尊重といった文化的態度の破壊は、今になって効いてきていると思います。
2007/04/07(土) | URL | ろろ #-[ 編集]
 自分の部屋にテレビがないので、最近のテレビ番組のことについてはよくわかりません。 内容を知りたければはネットで調べれば問題ないので、別にテレビがなくても全く困りません。 反日番組のスポンサーになっている企業を2ちゃんねるで調べれば、不買の対象となる企業を見つけることができます。 
 
 しょせんテレビ局も商売なので、広告費を出してくれるスポンサー様と電通様には逆らえません。 ですからTBSをつぶしたければ、スポンサー様と電通様が嫌がることをすればいいのです。 ちなみに企業が最も嫌がることは自社の商品・サービスが不買の対象となることです。 ですからTBSのニュース23がなくなってほしいのなら、キリンビールの製品を買わなければいいのです。 あとはスポンサー企業にメールや電話で「貴社の製品はもう買わない」と突撃したり、総務省に苦情の電話をしたりすればいいだけです。 

 スポンサー企業は自社の商品・サービスが売れないとわかれば、すぐに広告を打ち切ります。 実際に日清食品と資生堂はK-1のぬるぬる秋山(帰化鮮人)のスポンサーをやめましたから。 トヨタ自動車(この会社は基本的にマスコミを信用していません)のように広告費を口止め料がわりに支払っている企業もありますがね。
2007/04/08(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
こんにちは。
遅ればせながら私もこの「TBS問題」や「あるある大事典問題」に注目しているのですが、明らかに度を越した【TBS固有の問題点】は別として、その背景にある現象はもはや一般人の日常レベルにも浸透して来てしまっていると思います。
最近あちこちで見受けられる現象として、企業が製品やサービスを世に送り出す際、「何か問題があればクレームを出してくれる消費者がいるだろう!・・・」といった安易な発想で【消費者=自社の検査機関】と捉えている風潮があり、コスト削減の為に検査・検証の工程を省略するといったものです!
恐らく、番組作りも同様で、よい番組を作成するには多額のコストや手間隙がかかる事から、手っ取り早い適当な番組が氾濫してしまうものと思われます。が、それを繰り返しているうちに感覚が麻痺してしまったのか、最近では視聴者や社会からの批判が上がってきても誠意をもって対処していないようですね!
又、この「TBS捏造問題」が、現実には視聴者の方では【単なる笑い話】で済んでしまっている事も重大な問題だと思います!我々の日常そのものが、TBS捏造問題を生み出した背景に染まりつつあるからです!・・・「この国民にしてこの政治家あり!」という言葉と同様に、「この視聴者にしてこの放送局あり!」でしょうか!?・・・
2007/04/08(日) | URL | ITS下田 #YPumrCao[ 編集]
解釈というのは、確かに一つの大きな問題ですね。

それなりに勉強した人間や、専門家の学者、当事者クラスの人間なら兎も角、表層だけをさらっとなぞったキャスターあたりの解釈など、毒になっても薬にはなり得ません。

まあ、それをあくまで一個人の解釈だとして発表するならば、それなりに意味があるものとは言えますが、連中は、それが社会の総意であるかのように語りますからね。

まあ、この問題も、結局は、三輪さんの仰る「現代の日本が『自分に分からないものはダメなもの』という烙印を押しがちな風潮」というところに帰着する訳ですが、この問題は、かなり根深そうです。

戦前の日本、教育基本法に関しては、概ね同意です。

目に見えぬモノへの畏敬、自己に繋がる祖への崇拝といったものを廃し、ひたすらに現世的な事を語るに終始したものを中心にした教育では、このような事態に至るのも理の当然であるように思います。

そういった意味では、教育基本法の改正には多少は期待したのですが、やはりというべきか、そこまで踏み込んだ箇所は見つける事は出来ませんでした。

まあ、変えただけでもマシという、米搗き飛蝗保護協会の言い分も分からなくはありませんが、それでも、国を愛する「態度」とか言っているようなものでは、期待は出来ないでしょうね。
2007/04/08(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
スポンサー企業への不買運動は、確かに有効だと思うのですが、最後の砦として、創価企業や在日企業、その中でも特に、パチンコ系やサラ金系の企業というものがあり、ここを、どう打ち崩すかが問題と言えそうです。

連中にとっては、不買運動を起こすような、判断力のあるまともな日本人は、そもそも、ターゲットではありませんし、仮に、その余波で多少売り上げが落ちても、自分達の意図通りの報道をする番組を持っているというメリットに比べれば、大した問題では無いと考えている可能性は大です。

また、こういう問題が持ち上がっても、相も変わらず、みのもんたの番組あたりを馬鹿面下げて見ている人間が多いのも事実です。

こういう、主体性を持った判断が出来ない層というのは、もっともパチンコやサラ金に嵌りやすい典型であり、この層が中心となって見ている番組のスポンサーというのは、寧ろ、連中にとっては、願ったり叶ったりと言えるかも知れません。

総務省が、これらの業界のCMに対する規制でも掛けてくれれば、話は早いと思えるのですが、我らが総理大臣閣下は、これらの業界との黒い噂に絶えない御仁ですから、期待は出来なさそうです。

何れにしても、スポンサー不買運動で、一応はまともなスポンサーをTBSから切り離すと同時に、この連中、パチンコ業界やサラ金業界などに代表される、創価系や在日系の企業の取り締まりも考えていく必要があるようです。
2007/04/08(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>企業が製品やサービスを世に送り出す際、「何か問題があればクレームを出してくれる消費者がいるだろう!・・・」といった安易な発想で【消費者=自社の検査機関】と捉えている風潮があり、コスト削減の為に検査・検証の工程を省略するといったものです

成る程、このような巫山戯た発想で仕事をしているのは、某マイクロソフトくらいのものかと思っていましたが、ソニーや三洋、東芝などの昨今の事件を思い起こしてみると、これが更に広がっていても、何らの不思議はありません。

>恐らく、番組作りも同様で、よい番組を作成するには多額のコストや手間隙がかかる事から、手っ取り早い適当な番組が氾濫してしまうものと思われます。

前者の事を考えると、確かに、自然な流れであると思えます。

最近の番組に関しては、殆ど目にしていませんので、何とも言えないところですが、当時、私がまだ、テレビをそれなりに見ていた頃を思い返すと、その頃から、明らかにそういう番組、手っ取り早く片手間で出来る番組というのは、溢れていたように思います。

>この「TBS捏造問題」が、現実には視聴者の方では【単なる笑い話】で済んでしまっている事も重大な問題だと思います

一番根深く、そして大きな病理は、まさしく「ここ」でしょうね。

問題を問題として認識出来ず、現実とバーチャルとの識別がつかない。

ここを何とかしなければ、TBSが潰れようとも、朝日新聞が潰れようとも、NHKが潰れようとも、根本的な解決には繋がらないように思います。
2007/04/08(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/708-39a7eb6f
熊本市の慈恵病院が今月中にも運用を始める「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)に関して6日、関係閣僚から懸念を表明する声が相次いだ。 高市早苗少子化担当相は同日の記者会見で、「ほかの場所で(ポストが
2007/04/07(土) | 新・平成徒然草
TBSは一体どうしたのだろう?不二家の捏造報道に引き続き、「サンデージャポン」の街角でのインタビューにまで「しこみ」を使っていた事が判明した。TBS側は「「サンデージャポン」はバラエティ番組なので、何をやっても演出」ですますつもりのようだが、明らかに、報道の色
2007/04/07(土) | Think Ahead