FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 温家宝の来日と土下座屈従謝罪外交

温家宝の来日と土下座屈従謝罪外交
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 明日、11日、20・21世紀通じて最大のジェノサイド集団「中国共産党」の温家宝が、我々一般の日本国民の意に背き来日する訳ですが、その際に作成される「日中共同文書」の内容の骨格が、明らかになった模様です。

中国が「拉致」解決に協力、日中共同文書に初の明記へ

 11日に来日する中国の温家宝首相と安倍首相との首脳会談で、作成する予定の共同文書の骨格が明らかになった。

 昨年10月の日中首脳会談で合意した両国の「戦略的互恵関係」をさらに発展させることを明記。閣僚級の「ハイレベル経済対話」を開始することや、日本産米の中国への輸出解禁、中国からの「トキ」提供などを盛り込む。北朝鮮による拉致問題に関しては、中国が「必要な協力を提供する」との文言を盛り込む方向だ。日中の共同文書で拉致問題について触れるのは初めてとなる。

 ハイレベル経済対話については、日本の麻生外相と中国の曽培炎副首相が議長を務め、資源・エネルギーや環境、知的財産権保護など、幅広い協力を話し合う場とする。歴史問題に関しては、「過去の不幸な教訓に学ぶ」などとして、日中の有識者による歴史共同研究、旧日本軍の遺棄化学兵器の処理などを進めることを表明する。

 日中の環境・省エネルギー分野の協力については、共同文書とは別の文書を作成する。

 中国首脳の来日時に共同文書を作成するのは、1998年の江沢民国家主席(当時)来日以来。

(2007年04月10日 読売新聞)


 阿呆な解釈で国民をミスリードする事にかけては右に出るものの居ないマスコミ連中は、支那のジェノサイド集団が拉致問題に協力する事を明確にしたとして、無理矢理に日中友好ムードを作り出す事に躍起になっている模様ですが、言うまでも無く、このようなものは芝居であり、連中が積極的に、何の見返りも無く、拉致問題を支援する事などはあり得ません。

 まあ、言質を引き出した以上、我が国に積極的な協力はしないにしても、北朝鮮を積極的に擁護はしないだろうという、極めて楽観的な意見もありますが、表だって堂々と擁護などせずとも、裏から北朝鮮を支援する方法などは、腐る程に存在すると言えるものです。

 また、仮に、本当に支那が、北朝鮮への擁護的な態度を完全に捨て去り、我が国に積極的では無いまでも協力的な行動を取ったにしても、今現在における、この状況下で、支那に対して無用の借りを作る事など、百害あって一利も無いと言えるものに他なりません。

 大体、そもそもが、「協力を提供」などと言ったところで、拉致問題の根本的な解決に必要な事は、北朝鮮における金正日体制の崩壊、ただそれだけと考えられるものであり、これに直結するもの以外は、何をして貰おうとも大した足しにはならないと言えます。

 結局、ここから見え隠れするものは、協力と言っても大した協力もしようの無い拉致問題に協力すると口から出任せを吐く事により、我が国に無用の借りを押し付け、連中の言うところの「道義的に」有利な立場を完全に確立し、北京オリンピックへの我が国の支持・協力を確約させ、更には、東シナ海問題やその他諸々の問題において、我が国よりも有利な立場に立とうとする邪な意図だけだと言えるでしょう。

 我が国、特に、拉致問題をうりにしている安倍政権が、「拉致問題に協力」と言われては、そうそうは邪険に出来ない事をきっちり計算し、考慮に入れての、実に狡猾な手口だと言えるものです。

 まあ、尤も、土下座謝罪外交を得意中の得意とされておられる米搗き飛蝗首相閣下は、これまでの支那に対する態度を見ても分かるように、特定アジア人にはとても優しい方ですので、こんな手の込んだ事をするまでも無く、支那の思うがままに動くであろう事は間違いありません。

 寧ろ、この一連の動きは、支那に土下座したくてしたくて堪らない首相閣下が、支那と共謀し、支那に土下座し易い環境を作るという、一大茶番劇である可能性も否定出来ないところです。

 何れにしても、今年度においても、我が国の無能政府による支那への土下座屈従謝罪外交は伝統の儀式として受け継がれ、我が国の国益は、湯水のように支那へと流れ込んでいく事となるのでしょう。

 と言うよりは、この記事を注意深く読むと、既に、土下座屈従謝罪外交は始まっていると言えます。

 記事中においては、支那が「拉致」解決に協力すると言っている事を前面に出している為、見落としがちになりますが、この「日中共同文書」に書かれるという「歴史問題」に対するものがそれだと言えます。

 まず、日中の有識者による「共同歴史研究」とやらにおいては、我が国としての言い分も主張すると、最初の方で確か謳っていた筈なのですが、細かいところは兎も角、今回の共同文書においては、「過去の不幸な教訓に学ぶ」と記す心積もりである模様です。

 非常に抽象的で曖昧模糊とした表現故に、互いにとって不幸だったとか、我が国にとっても不幸だったとか、前向きな受け取りようはあるにはありますが、言うまでも無く、この「過去の不幸な教訓に学ぶ」というものは支那、北京の共産党の連中の口癖そのものであり、ここまら垣間見えるものは、この、「共同歴史研究」においてイニシアティブを握っているのは、我々日本側では無く、連中の方である可能性が高いという事です。

 これらは、政府が完全に主導する訳では無く、歴史研究学者次第な部分も大きい為、絶望的だとまではいきませんが、少なくとも、政治的な部分で優位な立場に立っているのは、我が国政府では無く、北京のジェノサイド集団の方だと言えるでしょう。

 そして、次に、旧日本軍のものとされる「遺棄化学兵器」についてですが、これらの処分に、我が国には一切の責任が無いという当たり前の姿勢を政府が示す兆候は、少なくとも、この記事中からは、見受けられる事が出来ません。

 大体、米搗き飛蝗首相閣下は、直ぐにペコペコと頭を下げる割には、最初はやたらとデカイ事を口にしがちな性癖が見受けられますが、この「遺棄化学兵器」に関するものも含めて、我が国が経済的な負担をする事に対して見直そうとした事は、就任以来一度も無かったと記憶しています。

 財政が苦しいだの何だのと言って、国民に過剰な負担を求めるくらいならば、これらに関する余分な金をカットするのが、ごく普通の人間の思考だと思うのですが、どうやら、飛蝗人間の世界では、常識の在り方が違う様子です。

 何れにしても、今年度も、保守清流を謳う隠れクソサヨク政権による、土下座屈従謝罪外交、売国外交は、何らの進路変更もする事無く、ホシュの皆々様の多大なご支援を基盤として、快調に進むと考えて間違いは無さそうな気配だと言えるでしょう。

 書いてて頭が痛くなってきたので、筆を置きます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日」解剖 歪んだ中国の「愛国」
水谷 尚子
文藝春秋 (2005/09/27)
売り上げランキング: 75033
おすすめ度の平均: 5.0
4 まさに体を張った命がけのリポート
5 本書を中国人に推薦する??中国人にとって、「愛国」とは何なのか?
5 中国の庶民、とりわけ若い世代の「反日」の真実

中国こそ逆に日本に謝罪すべき9つの理由―誰も言わない「反日」利権の真相
黄 文雄
青春出版社 (2004/03)
売り上げランキング: 194880
おすすめ度の平均: 4.5
4 過激であるが、一読の価値あり
5 全ての日本人が読んでおくべき本
5 すべての日本人において必読の書!


PR情報
大人なのに、まだ証券口座がないの?マネックス証券で笑える経済を
中古車探すならカーセンサーnet
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね

2007/04/10(火) | URL | 株で稼ぐ野郎 #-[ 編集]
安倍政権は支持率が低くても長続きするんじゃないかと思うようになってきた。
まあ長期政権になればなるほど、格差が拡がる社会(本当は貧困化社会なんだけど)になってきて、親米ポチ保守の馬鹿どもも少しは目が覚めるだろうと。

安倍政権の最大の弱点は経済面なので、新風が国民の生活の質をよくする具体的な政策をうちだせば、次の参議院選挙以降は議席が確保できるでしょう。

米国にコメツキバッタするだけでなく、支那にも「三跪九叩頭の礼]してるようじゃ、いずれ土井たか子と同じレベルで扱われるのが目に見えてくる。

温家宝は今(10日)米韓FTAがらみで韓国にいるみたいだけど、
日本に来ないでそのままUターンで支那に帰っていいよ。
大多数の日本国民は熱烈不歓迎だから。



2007/04/10(火) | URL | おしゃか #-[ 編集]
果たして、安倍支持者の方々はこういう外交を期待していたんでしょうかね。

ガス田の共同開発もこちらから提案したそうですね。いやはや、正直ここまで惨いとは思っていませんでした。三つのノーを拒否した小渕首相や、米国債売りで破廉恥大統領を脅迫した橋本首相の方がよほどよかったですね。

しかし、これでも安倍信者の連中は「関係国と連携して北に圧力をかけて拉致問題を好転させようと努力している」ご本尊様の「現実路線を高く評価」したり、多少不満はあっても、ご本尊様が実力を発揮できないのは、憲法9条や外務省のせいだと言ったり、言うに事欠いて支那を罵りながら「安倍さん頑張れ!」などとのたまったりするのでしょうね。いやあ、ものは言い様です。左翼も真っ青のレトリックです(笑)

日本と日本人のことを考えれば、たとえ左翼と結論が近かろうと「安部やめろ」「弱者から収奪するな」と主張すべきなのです。安倍信者がそうしないのは、偶像崇拝を続けることで己の否から目を逸らしたいからなのでしょう。彼らは初めて自分が信じられる為政者を見つけられて(自分が体制寄りの人間になれて)嬉しかったんでしょうね。
2007/04/10(火) | URL | ろろ #-[ 編集]
>まあ長期政権になればなるほど、格差が拡がる社会(本当は貧困化社会なんだけど)になってきて、親米ポチ保守の馬鹿どもも少しは目が覚めるだろうと。

規制緩和、三角合併の解禁など、ここ最近の急速な動きを考慮に入れると、目が覚めるその前に、我が国の基盤の殆どが破壊され、食い尽くされる可能性は大です。

また、日本がアルゼンチンタンゴを本格的に踊り始めるその時が、世界の秩序の崩壊のトリガーになる可能性も否定出来ません。

やはり、現状の方向性を改めない限りは、せめて、安倍政権の退陣だけでも、早急に実現させるべきかと思います。

>新風が国民の生活の質をよくする具体的な政策をうちだせば、次の参議院選挙以降は議席が確保できるでしょう。

恐らく、新風が単なる泡沫政党で終わるか否かは、ここに懸っていると思います。

残念ながら、現状では、お世辞にも経済の部分に強いとは言えませんが、まだ、成長過程にある政党だけに、可能性は十分あるかと思います。

愛民を伴わない愛国は、単なる活動家の自慰行為に過ぎないという事さえ忘れなければ、政党として為すべき事は、必ず見えてくる筈ですから。
2007/04/11(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
冷静に考えれば、これだけそこいら彼処に頭を下げ、金を散蒔き散らした総理大臣は、村山富市以来だという事は、分かりそうなものなのですけどね。

ろろさんが仰るように、初めて、自分が熱烈に支持した政治家が総理大臣となり、自らが体制派になれた事が、嬉しくて仕様がないのでしょう。

馬鹿保守故に、伝統や歴史を見失い、体制保守となったのか、或いは、体制保守体質であるが故に、歴史や文化など最初からどうでも良く、馬鹿保守の才能を開花させたのかは分かりませんが、何れにしても、安倍政権を庇う事そのものが、貧困化の原因を強く大きくし、日本人としてのエートスの崩壊を加速させ、共産主義的なものにエナジーを注ぎ、保守思想の崩壊を促進させている事に気付きもしていないのは、痛過ぎるとしか言えません。

「過ちて改めない、是を過ちと謂う」

今の日本は、まさしく、この「過ち」の最中に居るのでしょうね。
2007/04/11(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>日本の麻生外相と中国の曽培炎副首相が議長を務め、資源・エネルギーや環境、知的財産権保護など、幅広い協力を話し合う場とする。

これらの問題点について、「協力」という言葉を使っているのが、どうにも我慢がならない。

日本は「被害者」だろ!

特に「環境技術」などは「高く売れる」はずだし、「知的財産権保護」は損害賠償の対象だ。

これ等を交渉カードに使って、反日教育・南京問題・慰安婦問題を封じ込め、化学兵器遺棄費用を相殺する様に交渉するのが政治家の仕事だろうに。

自分はとりあえず、政府・自民党・国会議員などに抗議メールを送った。

2007/04/11(水) | URL | いろは #jhHw6g8s[ 編集]
この部分においても、イニシアティブを握っているのは、我が国の側では無く、支那のジェノサイド集団だという事なのでしょうね。

連中に対して、一歩道を譲る事をすれば、立て続けざまに次々と要求が飛んでくるという、歴代の内閣が身を以て示した事例を、何の反省も無く繰り返していますね、安倍内閣は。
2007/04/11(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/711-f1357752
一部売国の輩にとっていよいよ待ちに待った温家宝の来日です。 あろう事か、今回の来日で天皇陛下に拝謁すると同時に、カルト宗教の元締め池田太作とも会談予定があるようです。まさに大鳳会!面目躍如!といったところですね! 今回は戦略的互恵関係について構築する訪
 「日本がアジアのソ連化を防いだ」――昨日の産経新聞に、第二次大戦中、日本のスパイだったロシア人の取材記事が掲載されていました。 1930年代当時、ソ連共産主義と断固として戦ったのはアジアでは、日本だけでした
2007/04/11(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
3月13日に「南京事件の真実を検証する会」(加瀬英明会長)が創立されました。この会は、南京事件の真実をあくまで客観的な史料にもとづいて検証し、正確な知識を普及することを目的としたもので、13人の委員からなります
2007/04/11(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
中国の温家宝(オンカホウ)(asahi.com では ウェン・チアパオ と書いてあった。そんなエセ中国音で読まなくて良いでしょう、中国の側だって日本人の漢字の名前を、全然ことなる音の全く中国式に発音してるのであるから。とくに訓読みの部分などは変わるので、別人そのもの