FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 朝鮮総連の捜査より特別永住許可取り消しを

朝鮮総連の捜査より特別永住許可取り消しを
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 北朝鮮の日本における出先機関である朝鮮総連が拉致に加担していた事は明白であり、解決に結びつくかどうかは疑問であるにしても、事件の真相を究明し、再発を防ぐ為、このテロ機関を徹底して捜査するのは至極当然だと言えるものです。

 にも関わらず、我が国の政府は、拉致が北朝鮮によるものだと金正日が認めてから以降も、この作業を怠り、この非人道的テロ組織をほぼ野放しにしていたのが現実だと言えます。

 しかし、ようやく昨今になり、この拉致に加担したテロ組織に対する捜査が活発になり、このテロ組織が拉致に加担していた事実に対する証拠を集め始めましたが、どうやら、そのテロ組織に対する捜査も、ようやく、大詰めを迎えてきた模様です。

2児拉致、総連議長らに出頭求める…警視庁が4か所捜索

 埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)の渡辺秀子さん(当時32歳)の2児が拉致された事件で、警視庁公安部は25日午前、国外移送目的拐取容疑で、事件に関与した疑いの強い工作員らが一時期、活動に参加していた「在日本朝鮮留学生同盟中央本部」(留学同)など、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の団体や関連先など4か所を捜索した。

 公安部は、事件の舞台になった東京都内の貿易会社に、多数の工作員が入社した経緯などを知る立場にあった可能性があるとして、朝鮮総連の徐萬述(ソ・マンスル)議長ら最高幹部3人からも参考人として事情を聞く方針で、同日、書面で出頭を求めた。

 徐議長のほかに出頭を求めるのは、総連ナンバー2の許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長とナンバー3の南昇祐(ナム・スンウ)副議長。拉致事件に絡み、警察当局が、総連トップに出頭を求めるのは初めて。公安部は、2児の「世話役」として工作船に同乗して北朝鮮に送り届けたとされる女(55)についても、荒川区内の自宅を捜索する一方、事件当時の状況を改めて聴取する。

 調べによると、渡辺さんの長女・敬美ちゃん(当時6歳)と長男・剛ちゃん(同3歳)は1974年6月、品川区の貿易会社「ユニバース・トレイディング」の社員だった工作員らに福井県小浜市の海岸から拉致されたとみられている。

 2児の拉致にかかわったのは少なくとも4人で、公安部は、このうち北朝鮮で暮らしているとみられる同社役員の女(59)が、配下の工作員の男(59)や世話役の女に拉致を命じたとして、国外移送目的拐取容疑で逮捕状を取る準備を進めている。

 これまでの調べで、〈1〉同社役員の女や世話役の女は、留学同の活動を経て同社に就職した〈2〉朝鮮総連に同社を就職先として指定され、工作員になった学生が複数いた――ことが判明。さらに、同社役員の女が「本国からの指示で2児を北朝鮮に送る」と周囲に話していたことや、同社の複数の工作員が自衛隊幹部らと密会していたことなども明らかになっている。

 当時の朝鮮総連は、人事全般を統括する「組織局」の局長に現在の徐議長が就いていたほか、許責任副議長も本国からの指令を受ける「国際局」の部長などを務め、南副議長も、ユニバース・トレイディングと接点があったとみられる総連傘下の「朝日輸出入商社」(当時)に在籍していた。

 公安部は、当時の朝鮮総連が、同社に工作員となる人材を送り込む役割を果たしていた可能性が高いとみている。

(2007年04月25日 読売新聞)


 当然の事ながら、拉致を含めた日本国内におけるテロ行為を生業としてる総連は、この捜査に対して激しい抵抗、意味の分からない抗議を活発に行っており、明日あたりの朝鮮新報の社説では、倒錯しまくった意味不明の漫談が誇らしげに「社説」を名乗り掲載される事となるのでしょう。

 また、朝日や毎日あたりに、「日本の右傾化」だの「在日へのいきすぎた差別が憂慮」だのと、オモシロフレーズ満載のコラムが記載される事も、当然の事として予測されるものと言えます。

 まあ、そんな事はどうでも良いとして、この、昨今からの朝鮮総連への捜査のメスが入り始めた背景には、政権与党の意向というものが深く入り込んでいる事は疑いようが無いと言えますが、ここで疑問に思う事は、この連中に対しての捜査を進める事は当然であるにしても、同時に、この連中に与えられている「特別永住許可」の取り消しを進めようとしている形跡、考えた形跡というものが全く見られない事だと言えます。

 一連の捜査が功を奏し、朝鮮総連の幹部クラスを軒並み逮捕して有罪で刑務所送りにする事に成功したとしても、その母体である朝鮮総連という組織そのもの、そして、それを形成している歪んだ「反日感」に支配されている在日朝鮮人という問題を解決しない限り、同種の事件が繰り返される可能性は無くならないと言えます。

 白蟻の巣を駆除する事無く、目に付いた白蟻を一匹一匹退治したところで、ほぼ永久に白蟻に悩まされ続ける事が確実であるように、このような事件の再発を本当に考えるのであれば、白蟻の巣、即ち朝鮮総連、そしてそれを構成している在日朝鮮人を駆除する必要性がある事など、幾ら飛蝗の脳味噌でも理解出来ない筈が無いと言えるものです。

 まあ、朝鮮総連の方は、近年、加入する朝鮮人の数自体が減少傾向にあるらしく、ひょっとすれば、自然消滅する可能性も無いと言えませんが、少なくとも、歪んだ「反日感」に精神を支配された在日朝鮮人という存在を何とかしない限り、再び、同種で異名の組織を形成し、我が国に対して害を為す活動を始める可能性は限りなく高いと言えます。

 また、南北が既に一体という現状を踏まえれば、民譚の中に、総連の構成員による特別組織を作り出し、その中で活動し始める可能性も十分以上にあると言えるでしょう。

 また、更には、何故かこの時期、このタイミングにおいて、毎度おなじみの「チマチョゴリ切り裂き事件」や、「自称右翼」による親北朝鮮的な政治家や言論人に対する「テロ」が発生し、それを腐れマスコミが連日報道し続ける事により、却って、この捜査が切っ掛けとなり、「朝鮮を悪く言うのは良くない事」といった空気が形成される事も憂慮されます。

 結局、この手の事件の再発を防ごうと本気で取り組むのであれば、捜査と同時進行とまでは難しいにしても、「在日朝鮮人」の帰国、そして、その為の「特別永住許可」の取り消しは、政府として、絶対に避けては通れない道である筈だと言えます。

 世間では、この一連の総連への捜査を見て、安倍政権はやっぱり仕事はしているという空気が形成されている模様ですが、上記のような事柄を考慮に入れれば、どう足掻いても世間から悪名を受ける事を避けられない、古ぼけた崩壊寸前の「朝鮮総連」という組織をスケープゴートにする事により、衆目を物事の本質から反らさせ、却って「在日朝鮮人」という「地位」を固めているようにも見る事が出来ます。

 違うと言うのであれば、政府は、例え今からでも、「在日朝鮮人」に対する「特別永住許可」の取り消しを考え始めるべきだと言えます。

 この「特別永住許可」が与えられている理由である「朝鮮戦争」にしても、形式上は終戦していないにしても、現状をまともに見る事が出来るならば、再発する可能性が限りなく低い事は、飛蝗でもバカボンでもナントカ還元水でも容易に理解出来る事だと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

在日の地図 ~大韓棄民国物語
山野 車輪
海王社 (2006/10/24)
売り上げランキング: 10907
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』
野村 旗守 宮島 理 李策 呉 智英 浅川 晃広
宝島社 (2006/05/23)
売り上げランキング: 11266
おすすめ度の平均: 4.0
5 ザ・でぶタレ特権
4 マンガ「嫌韓流」の次のステップに
1 単なる差別意識と自己満足と商業主義の塊


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
中古車探すならカーセンサーnet
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
安倍はその出自から、南朝鮮資本との結び付きがあることは間違いありません。竹島に一度足りとも言及しないこと、補佐官などブレーンが見事にパチンコ?国際勝共連合議員で固められていることがその証拠です。

考えてみれば、北や朝鮮総連をスケープゴートにして叩くというのは、安倍らにとってノーリスクの選択なのです。どうせ彼を支持している人々は、表層的にしか物事を見ようとしないで、保守の美名に酔い痴れている連中です。首相任期が終わるまで拉致と北叩きでウヨク的ポーズを見せ続けようとでも考えているのでしょう。

考えてみれば、安倍は人権擁護法案に反対した理由も、「総連が私を拉致問題で糾弾できるから」といい、外国人による日本乗っとりや表現の自由が侵害される危険に付いて何も触れていませんでした。今思えば、「朝鮮人に嫌われる度合いを最小限にしながら、頭の悪い保守気取りの人々の期待の星になる」という、巧妙な布石だったのです。昨今の謝罪発言にも通じるものがありますね。

邪推ですが、安倍サイドと在日エリート層とは、すでに総連をスケープゴートにすることで合意が形成されているのでしょう。総連がなくなっても、その利権は韓国民団が後を襲うだけ。人権擁護法案(実はまだ廃案になっていない!)が流れても、共謀罪やネットの匿名性規制が通ればチャラです。

分かっていないのは、共食いをさせられている所謂ウヨク連中と下層朝鮮人、そして何も考えずに人権だの共生だの叫ぶ馬鹿左翼だけなのかもしれません。ある意味、郵政解散直前並みにやばくなってきている気がします。
2007/04/25(水) | URL | ろろ #-[ 編集]
安倍晋三の下関事務所は「東洋エンタープライズ」(本社・下関)の所有地。
「東洋エンタープライズ」は、巨大パチンコチェーン(売上げ350億)七洋物産(本社・福岡)の子会社。
七洋の代表取締役は、元在日朝鮮人(当時名・薫応石。現在は帰化している。吉本章治という名前である)。
安倍晋三の2000平方mの豪邸は地元でパチンコ御殿と呼ばれている。

これが白蟻の巣を壊さない最大の理由です。


2007/04/26(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>首相任期が終わるまで拉致と北叩きでウヨク的ポーズを見せ続けようとでも考えているのでしょう。

その通りでしょうね。

>安倍は人権擁護法案に反対した理由も、「総連が私を拉致問題で糾弾できるから」といい、外国人による日本乗っとりや表現の自由が侵害される危険に付いて何も触れていませんでした。

言われてみれば、確かにその通りではありますね。

そんな事考えるつもりも無かったのか、或いは、そんな事考えも及ばなかったのかは分かりませんが。

>安倍サイドと在日エリート層とは、すでに総連をスケープゴートにすることで合意が形成されているのでしょう。

私も、その可能性は高いと思います。

>総連がなくなっても、その利権は韓国民団が後を襲うだけ。人権擁護法案(実はまだ廃案になっていない!)が流れても、共謀罪やネットの匿名性規制が通ればチャラです。

プラス、総連が反対している外国人参政権が通れば、完全にリーチです。

>分かっていないのは、共食いをさせられている所謂ウヨク連中と下層朝鮮人、そして何も考えずに人権だの共生だの叫ぶ馬鹿左翼だけなのかもしれません。

これまた、その通りでしょうね。

まあ、大体からして、晋三くんが本当にネットウヨクやポチホシュの言うような人物であるならば、いの一番に、腐れカルトの総大将、自称「庶民の王者」が潰しに掛かっている筈ですからね。

>ある意味、郵政解散直前並みにやばくなってきている気がします。

いえ、多分それ以上です。

郵政民営化は、あくまで富を奪い取る為の「カイカク」でしたが、今、安倍政権が進めている事は即ち、自立心、アイデンテティ、エートス、誇りなどの、人間の根本にあるものを奪い、壊す「カイカク」です。

金は、取られてもまた取り戻せば良いだけですが、これらのものは、奪われ、壊されたが最後、立ち上がる気力さえも皆無にしてしまうものです。

所謂「ネットウヨク」や「ポチホシュ」の言動の移り行きを見ていると、その意味が非常に良く分かります。

あの時、彼らは曲りなりにも、首相が靖国神社に参拝する事は当然と言っていたにも関わらず、晋三くんが「行くか行かないか明言しない」と言い始めてから、それが国益に適うならばだの何だのと小理屈を付け、アイデンテティであった筈の「靖国」の「や」の字も言わなくなって来ています。

小泉氏の参拝方法に文句を付けていた人間でさえも、「中国様に怒られるから、靖国に行くか行かないか明言しません」なんていう戯言に文句を言っていない訳です。

あれだけ拘っていた筈の「従軍慰安婦問題」も、「米国様に見捨てられないように、とりあえず謝っといたアベチャンは正しい」と言っている訳です。

しかも、それを、ダブスタだとか転向だとかとも思っていない訳です。

これは郵政の時の一過性の熱病の類では無く、じわじわと進行し、精神の根幹部分を蝕み壊してしまう最悪の病だと感じています。
2007/04/26(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>安倍晋三の下関事務所は「東洋エンタープライズ」(本社・下関)の所有地。
「東洋エンタープライズ」は、巨大パチンコチェーン(売上げ350億)七洋物産(本社・福岡)の子会社。
七洋の代表取締役は、元在日朝鮮人(当時名・薫応石。現在は帰化している。吉本章治という名前である)。
安倍晋三の2000平方mの豪邸は地元でパチンコ御殿と呼ばれている。

ポチホシュとネットウヨク以外の日本人の間では、結構有名な話ですね。

パチンコ御殿に住む「保守清流」の飛蝗。

ある意味、風流ではありますけどね。
2007/04/26(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>アイデンテティであった筈の「靖国」の「や」の字も
>言わなくなって来ています。

  結局、そういう人たちにとって靖国神社も英霊も、どうでもよかったんじゃないですかね。

  要するに、テレビでよく出てくるから、特攻隊とか格好いいから、小泉さんが言ってるからと、アイドルの握手会にでも並ぶつもりで参拝した連中が結構いたのでしょう。
  私は、はっきり言ってあの神社のバックボーンになっている「国家神道」というものに違和感を感じます。しかし、ここのところ参拝を続けています。理由は簡単で、英霊の方々はあそこにしかいないからです。それだけで、十分に理由になると私は思っています。

  靖国神社をもてはやしている連中の中のどれだけが、橿原神宮や伊勢神宮の成り立ちを知り、参拝しているというのでしょうか。大和三山に思いを馳せたことがあるのでしょうか。連中にとって興味があるのは、日本が帝国主義陣営に加わった明治以降の大日本帝国だけなのでしょう。
  本当の日本というのは、もっと奥が深く、穏やかで、山河の恵みの匂いがする、そういうものなのだと思うのですが、小泉氏からはどうもそういう匂いが感じられなかった。おそらく、彼も日本そのものではなく、カイゼル髭を生やして虚勢を張っていた頃の日本しか知らないし、知るつもりもないのでしょう。

  そういう似非日本主義者が、安倍親衛隊を気取っているように思えてならないのです。
2007/04/27(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>要するに、テレビでよく出てくるから、特攻隊とか格好いいから、小泉さんが言ってるからと、アイドルの握手会にでも並ぶつもりで参拝した連中が結構いたのでしょう。

これは、確かにその通りなのかも知れません。

そういう人間も多数いたでしょう。

ただ、

>理由は簡単で、英霊の方々はあそこにしかいないからです。それだけで、十分に理由になると私は思っています。

ここなんです。

彼らの大半は、仰るように、そんな理由で「靖国、靖国」と言っていたのかも知れません。

しかし、彼らの中にいた、小泉氏の参拝の仕方には問題があると唱えていた人間。

そういう人間には、本人が自覚していたかはどうかは不明にしても、ろろさんと同じような「英霊を思う気持ち」が少なからず芽生えていた筈だと考えられます。

大多数の「とりあえず小泉マンセー馬鹿」は兎も角として、そういう気持ちが芽生えていた人間まで、ただ日中間の仲の妨げになるという理由のみで、「参拝するかしないか言明しましぇーん」とか言ってる馬鹿宰相を、現実的だの何だのと屁理屈を付けて誤魔化しマンセーしている。

ここに、ただ無自覚なだけの阿呆な「小泉マンセー病」とは違う、ある意味ではもっと性質の悪い、深い病理を感じるのです。

>本当の日本というのは、もっと奥が深く、穏やかで、山河の恵みの匂いがする、そういうものなのだと思うのです

これに関しては、異論があります。

確かに、ろろさんが仰るようなものも、「本当の日本」である事は間違いないと思うのですが、同時に、明治の富国強兵に向かっていった日本も、戦前・戦中の所謂「軍国主義」の日本も、戦後の日本も、そして、今の深い病理に冒された日本でさえも、全てが紛うこと無き「本当の日本」だと私は考えます。

そういう中の良い部分も悪い部分も、光も闇も包括した大きな流れを受け継ぎ、背負っているのが、我々であると思っています。

>おそらく、彼も日本そのものではなく、カイゼル髭を生やして虚勢を張っていた頃の日本しか知らないし、知るつもりもないのでしょう。

ここも、私は多少認識が違います。

彼は、恐らく、そのカイゼル髭の日本すらも意識していないと思います。

もっと言うと、「日本」である事すら意識していないと思います。

靖国神社に関しては、ホシュへの人気取りという部分と、後、理由があるとすれば、祖父に連れられて行った記憶が何となくあったという程度の事でしょう。

三輪さんも仰ってましたが、彼の本質は破壊者です。

破壊者が何故に純粋に破壊者でいられるかは、極端に言えば、意図的にしろ否にしろ、伝統とか歴史を一切意識せず、また、背負わないからです。

そういう意味では、彼は、カイゼル髭の歴史すら背負っていなかったし、背負うつもりも無かった。

これが、今のところの私の彼への認識です。
2007/04/27(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
確かに…安倍喜び組の心理について、非常に良く問題点が分かりました。まだまだ私の認識が甘かったです。

しかし、民が国を思うほど国の行く末を狂わせるとは、完全にあの十五年戦争前夜と同じではありませんか。地方の貧しい人達を差し置いて、「満蒙は日本の生命線」というスローガンに狂奔した満州事変前夜と何にも変わらない!!

これだけ「進歩」したはずの現代においても、また大アジア主義の猩獗と権力者の暴走によって敗戦を味わうとは…何としても勝たなくてはいけませんね。この戦いには。

小泉ですが、祖父が鹿児島の朝鮮人集落出身というのは本当なんでしょうか。「皇室は最後の抵抗勢力」と称する国体破壊論者ですから、何があっても驚きませんが。

ピョンヤン宣言の時点で気付けなかった私は甘すぎました…。
2007/04/27(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>これだけ「進歩」したはずの現代においても、また大アジア主義の猩獗と権力者の暴走によって敗戦を味わうとは…何としても勝たなくてはいけませんね。この戦いには。

テクノロジーは進歩しても、それを扱う人間は進歩出来なかった、という事なのでしょうね。

しかし、だからと言って、このまま滅び行くのをただ見ているという訳には、無論、いきませんからね。

仰るとおり、絶対に勝たなくてはなりません。

>小泉ですが、祖父が鹿児島の朝鮮人集落出身というのは本当なんでしょうか。「皇室は最後の抵抗勢力」と称する国体破壊論者ですから、何があっても驚きませんが。

これは、良く聞かれる噂ですが、真相の程は分かりません。

ただまあ、帰化人であるにしても、本当に日本国を好いて帰化したのならば、それはそれで問題無いと考えてますので、別にどっちでも良いと考えてはいますが。

問題としては、あの半島からの帰化人には、そうでは無く、邪な目的の為に帰化する人間が少なからず居るという事ですかね。
2007/04/28(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
小泉は単なる売国奴であり本格保守政権下では、遡及して粛清されるでしょう。
しかし、その前に、日本は周辺国より貧しくそして治安が悪くなり売国さんの隷属国家となり日本人であることを公表出来なくなって、国を追われ流浪の民となり、はじめて国家の価値に覚醒する。
それから、苦節500年後にアジアのどこかに国家を再生できてから現在の情けない歴史が語られる。
当然戦後の国民が選んだ歴代内閣と共に教育の低劣不在は晒される。
敗戦により国家の魂を抜き盗られてしまい、迷走三昧の哀れな日本よ、蘇れ、、、。
浪人さまのご健筆に感謝しております。
2007/04/28(土) | URL | みのやん #-[ 編集]
そうなる前に何とかしたいものですが、状況はかなり厳しいと言わざるを得ないでしょうね。

無論、最後の最後まで諦めるつもりはありませんけどね。
2007/04/29(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/727-67496b83