FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 不二家、TBSの「馬鹿社長発言」に抗議

不二家、TBSの「馬鹿社長発言」に抗議
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 数多の偏向・捏造報道に「反省」の「は」の字も見せる事も無く、更に急ピッチで不祥事に不祥事を繰り返しているゴミクズ放送局の分際で、「TBSをバッシング風に取り上げるのは、おかしいのではないか」という世紀の名台詞を吐き捨てた本家反日毒電波放送局、腐れTBSですが、このTBSによる巫山戯た台詞を受け、一度は謝罪を受け入れた不二家も、流石に怒り心頭に発し、事態は再び急変してきた模様です。

不二家「社長発言」に抗議 TBS「捏造問題」重大局面

TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の放送内容について、「捏造」が指摘されていた問題が再び波紋を呼んでいる。TBSが同番組で「謝罪放送」を行い、不二家がこれを受け入れたため、事態は一見沈静化したように思われていた。しかし、その後TBSの井上弘社長が会見で「朝ズバッ!」について問題発言をして、不二家から抗議された。さらに、総務省からは「事実に基づかない報道が行われた」と指弾され、TBSは重大な局面にさしかかった。

井上社長発言で騒動が「蒸し返された」

さらに井上社長からは「TBSをバッシング風に取り上げるのは、おかしいのではないか」とマスコミを批判するトンチンカンな発言も飛び出した。

不二家は2007年4月26日、TBS井上社長の発言についての報道を受け、TBSに抗議をした。不二家によれば、井上社長が07年4月25日の定例記者会見で、 「お詫びをしなければならないところは、放送(「朝ズバッ!」の謝罪放送)でお詫びした。ただ、賞味期限切れのチョコレートを再利用したという根幹部分は信用性が高いと考えている」「証言者に弁護士が面談し、発言にぶれが無いなど信用性が高い」などと発言したとする一部報道を受け、井上社長宛てに発言の訂正と今後も同様の発言を控えるよう求める抗議文書を送付した。

不二家は、07年1月22日に同番組で報じられた「賞味期限切れのチョコレートの再使用」について、明らかに事実に反するとして、TBSに訂正放送と謝罪を求めたほか、不二家が社外に設置した「信頼回復対策会議」も、放送内容は事実無根で「捏造」の疑いがあるとして、不二家に法的処置をとることも提言していた。

しかし、チョコレートの再使用の事実性について触れられなかったものの、07年4月18日に放送された「朝ズバッ!」内の「謝罪放送」を受け、不二家は、要求に応える謝罪だったとして、この「謝罪放送」を受け入れると発表。事態は一見して収束したかのように見えた。しかし、井上社長のこの発言で再び騒動が「蒸し返された」かたちだ。

不二家広報室はJ-CASTニュースに対し、 「TBSの謝罪を受け入れるとの発表を撤回するとまではいかないが、(TBSの)今後の対応によっては様子が変わらないとは言い切れない。こうした発言がなされれば、そのつど事実と異なるという主張をしていきたい」と話す。現在までのところにTBS側からの回答は不二家に寄せられていないという。

「捏造」巡る事態は「ひっくり返ったも同然」

不二家の信頼回復対策会議の議長を務めた郷原信郎・桐蔭横浜大学コンプライアンス研究センター長も4月27日に記者団に対し、「(事態が)一からひっくり返ったも同然」と述べた。

さらに、総務省は2007年4月27日、「厳重注意」処分をTBSに通告した。その内容は、07年2月3日放送の「人間!これでいいのだ」で、科学的論拠が十分でないのにも関わらず断定的に表現したことを過剰な演出とし、07年2月11日放送の「サンデージャポン」についても不適切な編集や事実に基づかない表現があるとし、それぞれ放送法に抵触することが認められる、としている。さらに問題になっている07年1月22日放送の「朝ズバッ!」については、「事実に基づかない報道が行われたことは、放送法第3条の3第1項に抵触するものと認められる」と厳しく指摘されている。

 これらを踏まえ、同省は「貴社の放送が言論報道機関である放送事業者に対する国民の信頼を著しく損なったことは、誠に遺憾であり、放送の公共性と言論報道機関としての社会的責任にかんがみ、今後このようなことがないよう厳重に注意するとともに、再発防止に向けた取組について強く要請する」と通告文書を締めくくっている。

TBSは「厳重注意」についてどう考えているのだろうか。TBSはJ-CASTニュースに対し、「大変申し訳ありませんが、御社の取材にはお答えできないことになっております」とまたしても取材を拒否している。

(2007年04月27日 J-CASTニュース)


 渋々且つ嫌々であるとは言え、一応は謝罪の言葉を述べたという事は、多少なりとも自らの非を認めたという事であるにも関わらず、舌の根の乾かぬうちに「TBSをバッシング風に取り上げるのは、おかしいのではないか」などと巫山戯た事を口にすれば、不二家で無くとも怒りと不信感を強く感じるのは当然であり、こうなる事は、極めて当たり前だと言えます。

 しかしながら、一端は少なくとも大筋には沈静化の方向に向かった事案を、自らの下らない見栄とプライドの為に糞くだらない事を口にして、全てを御破算、台無しにする姿が何かに似ていると思えば、我が国のすぐ隣にある某半島の人間の行動そのものであり、TBSが在日に乗っ取られているという事態は、我々が想像している以上に進行していると見て間違いないと思われるものです。

 何しろ、在日関連の犯罪に対する無駄に分厚いフィルターや、朝鮮学校に対する過剰な味方姿勢という表面上の事のみならず、行動様式まで彼らの「それ」をほぼ完全にトレース、それも無意識的に出来るという事は、精神の内部の隅々に至るまで、完全に支配されているという事であり、TBSなる放送局は、既に、小朝鮮と言っても過言では無いと言えるでしょう。

 筑紫哲也なる極左ならぬ極斜め上の基地外反日老害キャスターの八面六臂の大活躍により、TBSの報道は支那朝鮮のプロパガンダ放送という事が広く知られて来ているとは言え、未だ、テレビのニュースを考え無しに鵜呑みする情報リテラシーの欠片も無い人間が多く居る我が国において、このような腐った放送局が社会的な制裁を受ける事も無く、大きな顔してマスメディアを気取っている現状は、やはり、大きな問題であると言わざるを得ません。

 流石の阿呆の総務省も、問題が大きくなり過ぎる事を懸念してか、「厳重注意」をTBSに通告した模様ですが、各紙の報道内容をチェックする限りにおいては、社会面のトップでは無く、カルチャー・エンターテイメント面での報道となっている様子であり、TBSなる基地外放送局の病理を、社会的な問題として捉えている感は見受ける事が出来ません。

・読売 番組で事実に基づかない表現、TBSとテレ東に行政指導
・朝日 総務省が放送法違反のTBSに厳重注意
・産経 TBSとテレビ東京に注意 不二家報道などで総務省

 これでは、厳重であろうが軽いものであろうが、「注意」が「注意」として機能する事すら期待出来ない事は勿論、あれだけの捏造報道や不祥事を起し、今尚、反省する事無く繰り返しているTBSという基地外に対する社会的制裁にすらなり得ないと言えるものです。

 大体からして、他局や他紙が大きく取り上げないが故、あたかも小さな出来事であるかのような印象操作が行われているこの問題ですが、今回の、不二家に対する捏造報道ただ一つだけでも、「事実に基づかない事をあたかも事実のように報じ、その上で徹底的に司会者に不二家を罵倒させ、不二家に多大なる損害を与えた」と事実を羅列すれば、本来、「厳重注意」などで許される事では無いと言えます。

 少し前の出来事になりますが、某巨大掲示板において、某化粧品メーカーが発売している食品に枯葉剤が混入されているという書き込みがあった際、某巨大掲示板の管理人氏は、名誉毀損とされて賠償金の支払いを命じられています。

 ここから考えれば、某巨大掲示板などよりも「公的」であると社会的に認知されているTBSによる不二家に対する捏造報道、それに基づく攻撃が、如何程に重大な問題であるか、容易に理解出来ようと言うものです。

 更に、その前から積み上げられている数多の不祥事、その後も反省する事無く繰り返されている数多の不祥事を加えれば、「厳重注意」なるものでは到底納得出来るものでは無く、即時の放送免許の取り消し、最低でも、期限を区切っての電波の停止くらいの処分を下さなければ、到底、妥当であるとは言えないでしょう。

 今回の、腐れ反日毒電波放送局の馬鹿社長による巫山戯た言は、非常に腹立たしいものではありますが、この言により、不二家、そして郷原氏がこのTBS問題に更に本格的に取り組み始めるとすれば、これは、我々、メディアの横暴が許せない人間にとっては、非常に大きなチャンスに化ける可能性もあると言えます。

 TBS一社を潰したところで、大勢はそうは変わらないかも知れません。

 しかし、この巫山戯た腐れ毒電波放送局に相応の裁きを、我々国民自身の手によって下す事により、何かが動き出す大きな切っ掛けにはなるのではないか。

 そのように考える次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 2096
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 1190
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
中古車探すならカーセンサーnet
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
TBSに反省を求めてもムダだから、法廷でケリをつけなければダメ。
このままだと不二家のほうが、一方的にやられ損。
不二家はTBSから慰謝料をふんだくって、フランチャイズ店の損失補償をすればいい。
TBSがどうなろうと、国民は不二家の味方。 誰もTBSに同情しません。
2007/04/29(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>不二家はTBSから慰謝料をふんだくって、フランチャイズ店の損失補償をすればいい。


同感です、近くにあった不二家レストランも潰れてしまいました。
店員さんもお店も感じ良く、手ごろな値段で大人から子供まで気軽に入ることが出来、人気がありました。本当に残念ですし、店員さん達が気の毒でなりません。

売国、反日の塊TBSこそ消えるべきですよ!
2007/04/29(日) | URL | A #-[ 編集]
こんにちは。
何故かいつも、北朝鮮の内部にTVカメラを持ち込めるTBS。何故かいつも、北朝鮮がらみのスクープが突出しているTBS。ここまで来ると、TBS-政界ー北朝鮮の強いパイプを感じますね。恐らく、拉致被害者で北朝鮮の中枢機関で働いている人達が帰って来れないのも、この辺が暴露されるのがネックになっているのかも知れませんね!?もしかしたら北朝鮮よりも日本の方が恐れているかも・・・
TVは同じ報道機関ではあっても新聞と異なり「免許事業」だと言う事をすっかり忘れているようです!本来はCMで利益をだすのが筋ですが、最近は番組そのもが商売性を考慮したものとなっており、しかも、TVショッピングの販売の番組も激増しています。こんなものが免許事業の対象になるのは明らかな筋違いだと思います。
ネット・ケーブルTV・レコーダーの自動CMスキップ機能・デジタルTVの普及による一般の家電メーカー等の放送局事業への参入等によって、徐々に力は衰退していくと思いますが、そうであればこそ「下手な悪あがき」がありそうですので、油断は禁物です!
2007/04/29(日) | URL | ITS下田 #YPumrCao[ 編集]
>TBSに反省を求めてもムダだから、法廷でケリをつけなければダメ。

その通りでしょうね。

まあ、不二家としても、一連の騒ぎを作り出した原因は自分達にあるという思いから、そこまでは出来ずにいるのでしょう。

日本的な美徳感覚の表れとも言えますが、こういう場合は、徹底的にやり合った方が良いように、個人的には思います。
2007/04/29(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>TBS-政界ー北朝鮮の強いパイプを感じますね。恐らく、拉致被害者で北朝鮮の中枢機関で働いている人達が帰って来れないのも、この辺が暴露されるのがネックになっているのかも知れませんね

可能性は高いかも知れませんね。

全てを繋ぐキーマンとしては、「庶民の王者」でしょう。

>徐々に力は衰退していくと思いますが、そうであればこそ「下手な悪あがき」がありそうですので、油断は禁物です

同感です。
2007/04/29(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/730-e10f79ae
TBSと朝日新聞。 捏造報道、理由無きバッシング、そして批判を屁とも思わぬ舐めきった対応、、、まさに腐れ外道としか言いようのない、しかし自分たちはエリート特権階級だと信じて疑わぬ厚顔無恥、傲岸不遜の四文字熟語の学習の事例にはもってこいの2社であるが、 先般
2007/04/29(日) | 加賀もんのブログ