FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 台湾のWHO加盟を支持しよう

台湾のWHO加盟を支持しよう
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 「一つの中国」なるものなど、成立に何らの正当性も待たない共産テロリスト国家中華人民共和国が、邪な領土良くと前政権である中国国民党との関係で主張しているだけのものであり、このようなものを支持、支援する必要性など、我が国は勿論、世界中の如何なる国にも無いと言えるものです。

 況や、このくだらない戯れ言を根拠として、何処からどう見ても立派な独立した民主主義国家である台湾を独立国として認めず、WHOへの加盟を認めないなど、論理的にも人道的にも破綻した狂気の沙汰であると言えるものです。

 このような中国共産党の異常な野心に、台湾とそこに住まう人々が犠牲になっている現状を打破するべく、昨日、都内にて台湾のWHOへの加盟を求めたデモが行われた模様です。

台湾のWHO加盟訴え、都内で300人デモ

 都内で6日午後、台湾のWHO(=世界保健機関)正式加盟を求めるデモ行進が行われた。

 台湾は「1つの中国」の原則のため、WHOへの加盟が認められず、保健衛生に関する情報や、感染症などの新薬を入手することができない。4年前にアジアでSARS(=重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るった時も、WHOの支援が受けられず、80人以上の犠牲者が出た。

 6日のデモは、WHOの総会が14日から開かれるのを前に行われたもので、約300人の在日台湾人や日本人が参加し、人道的観点から、日本政府が台湾のWHO加盟を支持するよう訴えた。

(2007年05月06日 日テレNEWS24)


 大体からして、普段から人権だの何だのと馬鹿騒ぎをしている自称「人権派」のクソサヨク、バカサヨク諸氏は、何故、これ程までに中国共産党の手前勝手な都合で人権を踏み躙られている台湾について、一切の言及をしないのか。

 まあ、結局は、昨日のエントリーに書いたマイク・ホンダなる腐れ米人と一緒で、「人権派」なるものは所詮、表で聞こえが良いようにするだけの看板に過ぎず、その本質は朝鮮利権団体、支那利権団体に過ぎず、「人権」など犬の餌よりも価値が無いものだと思っているからなのでしょう。

 最早、この手の類は限りなくどうでも良いにしても、普段から別段「台湾」を意識していない一般の日本人は、腐れマスコミの流言に惑わされるのはいい加減終わりにして、我が国にとっての台湾という国の重要性を再考し、積極的な行動とまではいかなくとも、支持・支援の意志を表明していくべきだと言えます。

 特に、このWHO加盟の問題は、台湾という地域で伝染病が流行してしまったら、即座に、我が国にも病原菌が侵入してくる可能性が高い事は明白であり、この問題において台湾を支持・支援するという事は、偽善でも何でも無く、我々日本人一人一人の生命の安全に直結する、非常に重大な問題であると言えるものです。

 鳥インフルエンザの件で十分に理解されている事とは思いますが、この台湾のWHOへの加盟を阻止しようとしている支那、中国共産党という連中は、口だけは大層に偉そうな事を言う癖に、そういった管理の一つもまともに出来ない、病原菌大量増殖大国であり、病原菌発生大国であると言える国です。

 この腐れ大虐殺者集団は、何かの間違いで独立主権国家と認定され、WHOにも当然のように加盟していますが、それらを活用するだけの脳味噌も無く、病原菌を発生させてはそれを放置し、大量に増殖させ大問題になってから騒ぎ出すの常だと言えます。

 ここで発生し、増殖した病原菌が、どのようにして我が国に辿り着くかと言えば、半島か台湾を伝い、我が国に到着する可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 腐れ半島の方は、杜撰な衛生管理という点では支那と五十歩百歩ではあるものの、一応は民主主義という政治形態を取っており、WHOにも加盟している為、何とか我が国に流れてくる分は少なくなっていると言えますが、台湾の方は、その病原菌の発生元である基地外独裁国家の妨害のせいで、WHOに加盟が出来ていないまま。

 ここでまともな情報を得る事が出来なければ、支那にて大量増殖した病原体は、無抵抗に等しい台湾にて更に猛威を振るい、やがては手に負えない程の状態となり、我が国に襲いかかってくる可能性が高いのは理の当然だと言えるでしょう。

 この件に関しては、我が国政府も台湾の支持を表明していますが、それでも、人道的・論理的理由に加えて、我が国国民の生命にも直結する問題にも関わらず、積極性が足り無さ過ぎだと言えるものです。

 日本政府は、「一つの中国」を支持するなどと、阿呆も甚だしい戯言を虐殺者集団との約束をしている暇があるのならば、この件に関して、もっと国民に情報を提供し、その上で、大々的に台湾への支持を表明すべきだと言えます。

 論理破綻の非人道クソサヨクの目も耳も声も、一切気にする必要など無いのです。

 そして、やがては、「一つの中国」なる虐殺者集団の戯言は完全に無視して、台湾と連携し、腐れ大虐殺者集団が基地外染みた蛮行を起こさないよう、連携して連中を封じ込める戦略を取る。

 これこそが、我が国が極東アジアにおいて取るべき唯一にして最善の選択肢であると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

敵は中国なり―日本は台湾と同盟を結べ
深田 祐介 金 美齢
光文社 (2000/11)
売り上げランキング: 506044
おすすめ度の平均: 5.0
5 日台二人の論客が、なぜ中国が敵なのか対論。説得力あり。

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
小林 よしのり
小学館 (2000/10)
売り上げランキング: 25140
おすすめ度の平均: 4.5
5 慰安婦問題が今すごいことになっている
5 台湾って暑いわあ。
5 ペンの力


PR情報
ここでしか買えない新潮文庫の復刻版。ウェブの書斎のオンデマンド本!
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。

台湾のWHO(世界保健機関)加盟支持

台湾のWHO(世界保健機関)加盟が、台湾侵略を目論む中共政府の理不尽な圧力により実現されてゐない。

台湾では新型ウイルスを始め必要な情報や技術を入手することができず、国民の生活と安全に深刻な影響が出てゐる。これは台湾人の人権を蹂躙する問題である。

本来、医療に国境があつてはならないし、わが国と台湾は隣国で交流も多いために、衛生保健上の影響も大きいと考へられる。

維新政党・新風は、台湾のWHO正式加盟に支持を表明するとともに、中共政府の圧力に屈することなく、台湾のWHO正式加盟を支持することを、わが国政府に要請する。

平成19年4月29日

維新政党・新風

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
台湾もWHO加盟しないと、もし得体の知れない伝染病が蔓延した時に困る。

支那が加盟させないと必死だが、「不潔の塊」「伝染病の巣窟」のくせに
何を言ってるんだか。 

もし支那で伝染病が蔓延しても、放置プレイを決め込みたいものです。
2007/05/07(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>支那が加盟させないと必死だが、「不潔の塊」「伝染病の巣窟」のくせに
何を言ってるんだか。

全くですね。

まあ、病原菌がその拡散防止を邪魔立てしているのだと考えると、極めて自然な行動だと受け止める事も出来ますが。

>もし支那で伝染病が蔓延しても、放置プレイを決め込みたいものです。

またぞろ、「先進国たる日本は、後進国である中国を助ける義務があるアル」だの何だの言って、援助を求めてくるのでしょうね、この恥知らずどもは。

そして、紅の傭兵やエロ拓さんあたりが、嬉々として支那に山吹色の贈り物を持って支那に出向くのでしょう。

頭が痛くなってきますね。
2007/05/08(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/739-a2786897
http://star.ap.teacup.com/minaki/「反日反天皇マンガ「はだしのゲン」」  「はだしのゲン」の件、私も大変気になっています。「はだしのゲン」については以前私も書いたことがありますが、今その原稿が出てこな
2007/05/07(月) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
オレは現在欧州に住んでいる。欧州に住んでいるからと言って、アジア系の人間と交流が