FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北京オリンピックは人類破滅の序曲

北京オリンピックは人類破滅の序曲
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 現在における世界の環境破壊の旗手と言えば、誰しもが中華人民共和国、北京の中国共産党を思い浮かべる事と思いますが、その中国共産党がまたぞろ、北京オリンピックに向けて限りなく碌でもない事を計画している様子です。

天にも号令、人工消雨 北京五輪「開会式晴れ」へ威信かけた挑戦

 北京市気象局が2008年北京五輪に向け、大自然に戦いを挑んでいる。年間降水量の75%が夏に集中し、8月には3日に1度雨が降るといわれる北京で、人工降雨技術を用いて雨雲に細工を施し、式典や競技に対する雨の影響を防ごうという計画。冬季アジア大会で人工降雪に乗り出すなど中国は気象に関しては自信をもっており、威信をかけ、特に開会式には「雨は降らせない」と意気込んでいる。(川越一)

 北京市気象局は4月下旬、過去30年の気象統計の分析結果を公表した。中国国営通信新華社などによると、五輪期間中、1日の降水量が25ミリを超える確率は6・5%。ただ開会式が行われる8月8日の降水確率となると50%に跳ね上がる。土砂降りになる可能性は低いもようだが、夏の北京には雨に加え雹(ひょう)も頻繁に降る。英字紙チャイナ・デーリーによると、北京市の王岐山市長は以前「最大の頭痛の種は開会式当日に雨が降ること」と吐露している。

 そこで登場するのが「人工消雨」だ。計画では雨雲が近づいてきた場合、北京から約90キロ離れた地点で人工的に雨を降らせ北京での降水量を減らす。国家体育場(愛称・鳥の巣)上空に雨雲がかかっている場合は、開会式前に雨を降らせてしまう手も想定している。

 詳細な仕組みは明らかになっていないが、中国ではロケット弾や飛行機を使ってヨウ化銀などの化学物質を散布し、雲を刺激して降雨を促す技術が実用化されている。

 今年1、2月に中国東北部の吉林省長春などで冬季アジア大会が行われた際には、雪不足を解消するためロケット弾を使って人工的に雪を降らせたとされている。予定外の場所に降ったり予定よりも大量の雪が降ったりと、自然を完全に操るまでには至っていないものの、中国メディアは4月にもチベットの山岳地帯で人工降雪に成功したと報じている。干魃(かんばつ)や氷河融解の防止策として期待が高まっているようだ。

 この2年、気象情報収集のため新型レーダーの設置や気象衛星の打ち上げも進めてきた。その上で今年は、さらにテストを重ねて実用の可能性を探る。新華社などによると、市気象局の王玉彬・副技師長は「計画の主目的は競技場を中心に防御線を巡らすこと。早めに雨を降らせることで“消雨”の目的を達成する。狭い地域で効果的に降雨を減少させることができると確信している」と自信をみせている。

(2007年05月08日 iZaニュース)


 開催国として開会日を晴れで迎えたいという気持ちは理解出来ないでも無いものですが、だからと言って、このような無茶苦茶、出鱈目の極みを以て自然に挑み、その営みを破壊してまで天候を操作しようとする破廉恥な精神の持ち主は、流石にこの中国共産党くらいのものだと言えるでしょう。

 私は科学者では無い為、余りに細かいところまでは分かりませんが、この中国共産党が「人工消雨」とやらに使用するという「沃化銀」は、微弱ながらも毒性を帯びている化学物質しであり、多少の摂取では人体に影響はまず出ないとされているものの、オリンピック当日の降雨を避ける為、その手前の雨雲に対して大量に散布するとなると、流石に大なり小なりの問題が発生する予感が消せない、というものです。

 仮に、直接的に人体に影響が出る事は避け得たとしても、沃化銀を大量に散布された地域の植物や小動物に影響が及ぶ事はまず間違い無いと考えられるものであり、奇形の動物や新種の植物などが、北京の近辺から発見される事になるのは、恐らく確実であると言えるでしょう。

 更には、そういった目に見える形で現れなかった動物や植物を、二次的や三次的に支那人が摂取してしまう可能性も十分に考えられる事であり、一つ一つは人間に影響が無い程の少量にしても、それが幾年も積り重なり続ければ、本人が奇病を発したり、或いは奇形の子供が誕生する可能性も十分以上に考えられる事だと言えます。

 また、今現在でさえ問題とされている、支那における水、水質に悪影響を及ぼす可能性も懸念されると言えます。

 仮に、この1回で最悪の状況を生み出す事にはならなかったにしても、この計画が仮に成功した場合、それに味を占めた「ミスター後先考えられない」の中国共産党の連中が、何かある度に同じような事を繰り返す可能性は十分にあると推察出来るものであり、繰り返し何度も何度も毒性のある化学物質の大量散布を繰り返せば、洒落にならない結果が待ち受けているのは自明の理だと言えるでしょう。

 更に気に掛かるのは、中国共産党の連中が「この技術に自信を持っている」「詳細な仕組みは明らかにされていない」という二点であると言えます。

 これだけでも、十分に胡散臭い事極まりない、自然を冒涜した行為であると思われますが、「詳細が明らかになっていない」という事は、この明らかになっている部分の他に、他の、支那独自の技術を併用するという事であろうと推測出来ます。

 そして、中国共産党の連中は、その独自技術に絶対の自信を持っている。

 これだけ聞いただけで、背筋が凍り付くような重いをするのは、決して私だけでは無い事でしょう。

 この独自の技術とやらが、沃化銀を使う方法よりも弊害が少ない方法、或いは、沃化銀の毒性を中和する方法である可能性も無いとは言えませんが、そんな事が出来るくらいならば、支那における環境破壊が、ここまで、国際的問題に発展する程に悪化などしている筈が無いと言えるものであり、この方法が計画の成功に役立つものであっても、環境に配慮したものでは無い事は容易に想像が付きます。

 作ったり守ったりする技術よりも、破壊する技術の方が遙かに簡単なのは、科学的知識の乏しい人間にも容易に想像、理解が出来るものだと言えます。

 北京オリンピックは、支那の更なる発展の重要な転換点であるように語られていますが、これまで流れてきた情報を出来るだけ冷静に整理する限りにおいては、支那の更なる発展の為のプロローグと言うよりも、地球環境の破壊の加速、地球環境の絶望的なまでの破壊の為のプロローグであるような気がしてなりません。

 今回のこれは、降雨を避ける為のものですが、ただ単に開催日の降雨を避ける為だけに、ここまで大仰な環境破壊をやらかす事を躊躇しない連中であるだけに、他の部分においても、面子を保つ為ならば後先も考えず、環境にも配慮せず、無茶苦茶な、出鱈目な事を計画している可能性は十二分にあると言えるでしょう。

 IOCは、例え今からでも、この腐れ環境破壊大国でのオリンピック開催を考え直すべきだと言えます。

 こういう手前の面子以外は何一つ考えられない自己中心的で我が儘な頭の弱い政府が収める国で、更に面子に関わるような行事を行う事など、人類全体にとっての自殺行為以外の何ものでも無いと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法
山本 秀也
草思社 (2004/03/30)
売り上げランキング: 127137
おすすめ度の平均: 4.5
4 共産主義の矛盾、都市と農村の格差問題
5 いわゆる「反中本」とは一線を劃す良書
4 読み物としても良い出来

中国の環境政策 生態移民―緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか?
小長谷 有紀 シンジルト 中尾 正義
昭和堂 (2005/07)
売り上げランキング: 186801
おすすめ度の平均: 5.0
5 進行中の中国政府の施策を評価


PR情報
持ち家のことで「どうしよう?!」 住友不動産販売へ
TVショッピング まるごと!得ダネ市
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
中国の言う”独自技術”とやらに興味を覚えた次第です。
恐らくはヨウ化銀の散布パターンのノウハウではないかと思われます。

人工降雨でよく用いられる物質は確かにヨウ化銀ですが、仰るように後々のことを考えれば多様はできません。
日本では環境への負荷を考慮して、別の物質で代用する研究が行われているそうです。

自分が目にした情報ではドライアイスの粉を散布する方法がありました。
2007/05/09(水) | URL | 通行人A #.Wj8dMe.[ 編集]
「我々は新技術にこれ以上はない自信を持っている」
「で、その内容は?」
「詳細は明らかにできない(考えてないものを明らかにできるわけないアルよ)」

…こんなプレスリリースする企業は即日株価ストップ安ですよ。こいつらを生き残らせてる馬鹿は誰ですか?
2007/05/09(水) | URL | ろろ #-[ 編集]
>恐らくはヨウ化銀の散布パターンのノウハウではないかと思われます。

成る程、しかし、散布パターンのノウハウだけで、当日を確実に晴天に出来る程の雨を降らせる事って出来るんですかね?

ドライアイスにしてもそうなのですが、確か、人工降雨にそれ程の効果は無かったように記憶しているのですが。

「まあ御手並拝見」といきたいところですが、ドライアイスなら兎も角、沃化銀散布を中心とした方法で、当日の降雨を絶対に防ぐとなると、余り暢気にも構えておれませんしね。

全く、支那の連中は本当に人類に迷惑しか掛けませんね。
2007/05/11(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
まあ、本来ならこういう技術は、情報を共有して研究していった方が良い成果が得られると思うのですが、基本的に独自技術というものが圧倒的に少ない支那からすれば、こういうのも凄く大事な独自技術という事になり、外部に漏らす訳にはいかない、となるのでしょうね。

そういうものが積もり積もった結果が、今現在の支那の絶望的な程の環境破壊へと繋がっていったのでしょう。

実に迷惑な人達です。
2007/05/11(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
威信のために天候を変えようとは……
何処の国でも無理なんだからそんなことでむきになられたって困るんですがねえ。
だいたい雨が降ったくらいで傷つく威信なんて碌なもんじゃねー
どれっくらい薄っぺらい面の皮だと……

だいたい、雨が降ったら屋根かけた競技場で開催式行うなり、いっそ雨の中で強行してしまうなり、雨が降るものだと考えれば方法はいくらでもあると思うんですがねえ。

むしろ雨季に入っている夏の五輪をどうして誘致したんだか……冬にすればいいものを
2007/05/13(日) | URL | Kronos=Chronos #wJFip.Ek[ 編集]
>だいたい雨が降ったくらいで傷つく威信なんて碌なもんじゃねー

同感ですね。

まあ、天安門で1000万人以上を虐殺して平気な連中の威信が碌なものでは無いのは、当然なのかも知れませんが。

>だいたい、雨が降ったら屋根かけた競技場で開催式行うなり、いっそ雨の中で強行してしまうなり、雨が降るものだと考えれば方法はいくらでもあると思うんですがねえ。

まあ、そんな常識的な考えが出来るくらいなら、中国共産党なんてとっくに脱退し、民主化運動を始めている、てなものなのでしょう。

>むしろ雨季に入っている夏の五輪をどうして誘致したんだか……冬にすればいいものを

北京は、気温こそ低くなるものの、雪の少ない気候なので、冬期の招致は流石に無理なのでしょう。

だからと言って、何処ぞの田舎で開催しては、支那の無間地獄の如き格差社会が国際社会に大々的に流れてしまいますし、また、ナショナリズムの高揚にも結びつき難いというのもあると思います。

また、首都北京以外での開催となると、ただでさえ厄介な地方派閥同士の争いが激化し、共産党の内紛に発展する事を恐れているのかも知れません。
2007/05/14(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/741-7971b1dd
「北京オリンピック開会式で、雨は降らせない」…中国、大自然に戦いを挑む北京市気象局が2008年北京五輪に向け、大自然に戦いを挑んでいる。年間降水量の75%が夏に集中し、8月には3日に1度雨が降るといわれる北京で、人工降雨技術を用いて雨雲に細工を施し、式典
 昨年(2006)9月、パナマで話題になった謎の病気(数百人が死亡)は、無糖咳止め・抗アレルギーシロップ剤に含まれていたジエチレングリコールが原因との情報が、同年11月に米国疾病予防センター(CDC)から発表されていた。死亡患者の多くは、60歳以上の男性で
2007/05/10(木) | 陸奥月旦抄