FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 落日のサヨク

落日のサヨク
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、ようやくにして定まった、憲法改正、新憲法制定の為に必要な手続き、国民投票に関して定める法案ですが、予測通り、気持ちの悪い人達が気持ちの悪い行動を、気持ちが悪い勢いで始められた模様です。

胸張る与党、野党「汚点」 「怒り感じる」と傍聴人

 「審議は尽くした」と胸を張る与党、「憲政史上に重大な汚点を残す」と批判する野党。憲法改正手続きを定める国民投票法案が十四日、野党議員の抗議と与党議員の拍手の中、参院本会議で成立した。傍聴人は「怒りを感じる」と話し、国会周辺では、市民団体のメンバーらが反対する行動を展開した。

 正午前、扇千景議長が投票ボタンでの採決を促し「賛成一二二、反対九九。よって本案は可決されました」と宣言。

 傍聴していた埼玉県新座市の谷森桜子さん(60)は「六十年守ってきた憲法を一気に変えようとするのか。世界に誇る九条がなくなってしまうのではないかと怒りを感じます」と憤った。

 また国会前では、労働組合や市民団体のメンバーら数百人が法案成立に反対。「国民投票法案粉砕」「九条改憲を許さない」などとシュプレヒコールを繰り返した。

 憲法調査特別委員会の委員として議論してきた仁比聡平氏(共産)は「憲法違反の指摘もあるのに、採決に踏み切ったのは問題。重大な汚点」と憤慨。近藤正道氏(社民)も「最重要法案なのに、こんな形で審議を打ち切るのは納得できない。問題点が浮上しており、議論を続けなければいけない」と不満をぶちまけた。

 法整備には基本的に前向きで、法案の修正を求めていた民主党。大久保勉氏は「最初からXデーが決まっていて、与党は強硬だった。形式的要件は整えたが、内容が評価に値するものかは疑問」と与党の対応を批判。

 一方、与党は「審議を尽くした」と胸を張った。山本順三氏(自民)は「与野党間の論点の差はすべて埋められないが、議会制民主主義にのっとった手続きだった」と強調。沢雄二氏(公明)は「問題点も出尽くした。(憲法改正までに)細部を詰めなくてはいけないが、憲法で規定されている権利がようやく国民に戻った」と話した。

(2007年05月14日 中国新聞)


 まあ、正直なところ、今回制定された法案にも問題点は多々あるし、そもそも、国民投票に関して定めた法律でありながら、正式な名前に国民投票の文字が何処にも無いのもどうかと言えるでしょう。

 ただ、勿論、出来るだけ完璧な形での制定を目指すべきではあるものの、本当に何処にも非の打ち所がない形で提出、可決される法案などあり得ない話であり、多少の問題点を孕んでいる事は、残念ながら仕方がない事と言えます。

 本来、例え制定後でも、そういう部分を指摘して是正させていく事も国会議員の重要な職務であり、成立した事に対してブーブー文句を垂れるだけならば、バッジを付けている価値も無いと言えるものです。

 また、この手の馬鹿野党は、行政の悪用を懸念するといった事もよく口にしますが、それを監視し、防ぐ事も野党の重要な職務であり、文句ばっかり言っている暇があるのならば、少しはまともに仕事をしろ、という話です。

 まあ、百歩譲ってこれが、どう考えても不必要な法案であるならば、そもそも制定する必要も無いとは言えますが、憲法について国民投票について言及があるにも関わらず、その肝心の国民投票に関する既定、法律が何も無いという事は、立派な違憲状態であり、立法府としての不作為というものに他なりません。

 主義・思想・イデオロギーに関わらず、この状態を出来るだけ早期に是正するのは立法府としての義務であり、使命に他ならないと言えるものです。

 ならば、せめて、少しでも完璧に近い状態で、少しでも行政府の悪用が出来ない状態での成立を目指し、積極的に意見を述べていくべきであったにも関わらず、始めから成立阻止ありきで思い付くままに文句だけ並べ立て、発展的な議論を何一つしようともしなかった分際で、十分な議論が成されてないも糞もあったものではありません。

 この役立たずの生ゴミ以下の屑どもを見ていると、成る程、自民党があれだけの悪政を重ねているにも関わらず、未だに与党として君臨していられるのも納得出来る、と強く思う次第です。

 そして、毎度お決まりのクソサヨク、バカサヨクの有り難いお言葉ですが、こちらもまた、毎度毎度何の発展も生産性も無い、聞く価値すらも無い戯言の連続だと言えます。

 「六十年守ってきた憲法を一気に変えようとするのか。世界に誇る九条がなくなってしまうのではないかと怒りを感じます

 守ってきたも糞も、60年間もの長きに渡り、改正する為の法律が制定されてなかった、というだけの話です。

 大体、「世界に誇る憲法」などと阿呆な事を言っていますが、それ程に立派な憲法ならば、世界の国々が模倣し、同様の、似たような条項を設けようともしないのは、一体如何なる理由があると言うのでしょう。

 答えは至極簡単で、日本国憲法9条のような、「国家は国民を一切保護しません」などという基地外染みた外道の文言を、嬉々として受け入れる変態、マゾヒストなど、日本のクソサヨク、バカサヨク以外には存在しないというだけです。

 「国民投票法案粉砕」「九条改憲を許さない

 見事なまでの民主主義の否定。

 悪法であろうが何であろうが、正当な手続きを経て承認、制定されたものである以上、これを廃止するにもまた、面倒でも正当な手続きを経るのが筋というものであろうという話です。

 それを、「粉砕」だの「許さない」だのと感情論だけで語る議会制民主主義の基本も理解出来ない馬鹿が、どの口で偉そうに憲法を語るのか、真に以て摩訶不思議だと言えるものです。

 私は、あくまで新憲法制定に賛成の立場ですが、それでも、反対意見の側の大半以上が、このような論理の整合性の欠片も無い、頭に蛆の湧いた基地外ばかりであるというのは、祖国にとって大変な不幸だと思わざるを得ません。

 如何なる懸案であろうとも、お互いの立場の人間が、互いに筋の通った主張を展開してこそ、どちらに転ぼうと互いに納得し合えるのであり、新たな発展を生み出すのだと言えます。

 サヨクでは無く、左翼が存在している国が羨ましい。

 1日も早く、こんな限りなくくだらない悩みが、我が国から消え失せる日を願わんばかりです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

誰が国賊か―今、「エリートの罪」を裁くとき
谷沢 永一 渡部 昇一
文藝春秋 (2000/06)
売り上げランキング: 481769
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人の”思考停止”を打破する

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)
売り上げランキング: 51527
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ


PR情報
今なら無料体験版30日使い放題!No.1会計ソフト「弥生会計」
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
「そんなことしてる暇があったら働け」 「平日のまっ昼間に何やってんだ」
普通の人からすれば、これが本音でしょう。

「世界に誇る九条」
だったら、まず北朝鮮と中国に採用させてこいっつーの。
そういうことばかりやってるから、ますます支持されなくなるだけなのに。
あ、こいつら日本国籍持ってないか。
2007/05/15(火) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>国民投票法案粉砕

ワンパターンな時事問題へのコメントと「チョン死ね」などの罵詈雑言をなぐり書きしている馬鹿ブログと程度が同じですね。

お互い馬鹿同士親和性がありそうなので、近親憎悪が湧くのも無理はないです。
2007/05/15(火) | URL | ろろ #-[ 編集]
>「そんなことしてる暇があったら働け」 「平日のまっ昼間に何やってんだ」
普通の人からすれば、これが本音でしょう。

その通りでしょうね。

まあ、既に定年の世代が中心なのだとは思いますが。

>だったら、まず北朝鮮と中国に採用させてこいっつーの。

何度言っても、その部分は常にスルーですからね。

それどころか、拉致被害者家族の方々をウヨク扱いする基地外さんまで居る始末。

随分と立派な「平和団体」だと感心しますね。

>あ、こいつら日本国籍持ってないか。

逆に、それの方が話は早いんですけどね。

必ずしもそうではない、というところが頭が痛いところです。
2007/05/16(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ウヨクは「チョン氏ね」と連呼するものの、その朝鮮人の増長を許し、連中を調子に乗らせてきた張本人である自民党を何があっても擁護する。

一方のサヨクは、「平和」「人権」を声高に叫ぶものの、極東情勢悪化の最大の要因である支那の軍拡を意図的に無視し、もう一つの主原因である日本が国力相応の武装をしないという選択肢、その根拠である憲法9条を必死に守ろうとする。

確かに、同じ精神構造ではありますね。

まあ尤も、こういう傾向は彼らだけでは無く、日本人という民族が持っている民族性の一種なのかも知れませんが。

それが間違った方向に異常発露するとこうなる、という事なのでしょう。
2007/05/16(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
とりあえず、日本国民のサイレントマジョリティーが九条改正に意欲を示しているということを彼らが理解しているということは良くわかりました。
そうじゃなきゃ「九条がなくなってしまうのではないか」なんていいませんよね。

>だったら、まず北朝鮮と中国に採用させてこい
はっはっは何言ってるんですか。そんな事本国に言えるわけないじゃないですか。こういうのは敵国に採用させてこそ効果を発揮するのであって自国に採用させようなんてしたら銃殺ものですよ?
2007/05/17(木) | URL | Kronos=Chronos #wJFip.Ek[ 編集]
絵空事ですねぇ。
「日本人としてこれだけは知っておきたいこと」(中西輝政著)でも読んでみて欲しい。
>怪しげな市民団体さんたち
2007/05/17(木) | URL | 通行人 #72CKy17.[ 編集]
>とりあえず、日本国民のサイレントマジョリティーが九条改正に意欲を示しているということを彼らが理解しているということは良くわかりました。
そうじゃなきゃ「九条がなくなってしまうのではないか」なんていいませんよね。

御尤もですね。

しかし、不思議な事に連中は、サイレント魔女☆リティは改憲を望んでいないと強弁する。

実に不可解な思考回路をしておられます。
2007/05/17(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
絵空事ですね。

まあ、彼らに何を読ませても、それだけでは何の効果もありません。

カルト信者に、切々とカルトの恐ろしさを説いても、自分自身がそれに嵌っているとはすんなりとは気付かないし気付けない。

それと同じ事です。
2007/05/17(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
こんばんわ。
最近、感心させられた言葉が二つあります。評論家の渡辺昇一氏曰く「日本の左翼はコリア系左翼」という言葉と、TVのワイドショーに見られるジャーナリズムの崩壊に対して、ビデオジャーナリストの神保氏が「インフォテイメント」という言葉を用いられていた点です。
現在のメディアはその殆どが左翼なのでしょうが、その左翼思想が日本の為に有益であればかろうじてメディアは健全性と機能を保持出来ていたと思うのですが、そうでなかった為(韓国の為)に空虚なもの=エンターテイメントに墜落してしまった、というのが現状ではないでしょうか!?・・・
2007/05/17(木) | URL | ITS下田 #YPumrCao[ 編集]
「インフォテイメント」は言い得て妙ですね。

「報道バラエティ」などという極めて意味不明なジャンルを創出している腐れマスコミには、ぴったりな言葉だと思います。
2007/05/18(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
未だに「押しつけ憲法」などという作られたデマゴーグを鵜呑みにしている輩は、ここを読んで、憲法の勉強でもしなさい。↓
http://ch01411.kitaguni.tv/e377371.html
2007/05/19(土) | URL | JanJan #-[ 編集]
「日本の青空」を見て憲法のお勉強ですか。

笑い過ぎてお腹が痛くなっちゃいましたよ。

新種の落語か何かですか?

ついでですが、私は「押し付け憲法」なんて言ってませんよ。

「奴隷憲法」とそれを有り難がる「奴隷人民」だと言ってるんです。

次はもっと笑わせて下さいね、奴隷さん。
2007/05/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/747-1ffa870a
ついにこの日がやってきた。 憲法の前文において国民は「憲法制定者」「主権者」とされ、憲法第96条に改正条項があるにもかかわらず、具体的な憲法 改正手続について定めた法律が無いという異常な状態。 国民が定めた憲法であるならば国民の意思によってそれを改廃しうる
2007/05/15(火) | 加賀もんのブログ
 本題に入る前に…… 今日(5/14)は大きなニュースがありましたね。■国民投票法、与党の賛成多数で成立 実現は早くて23年(産経5/14) 主権者たる国民には憲法を改正する権利があるはずです。なのに60年間...
2007/05/15(火) | ぼやきくっくり
  我が国の政府というのは、「自国民」をあまり愛していないということがはっきりわかる政策が登場しました。以前、このブログでもさんざん議論になったものの続編です。平成19年度「アジア人財資金構想」についてhttp://www.kyushu.meti.go.jp/press/19_4/19_4_16.htm
2007/05/15(火) | 日々是勉強
 昨晩・スーパーで美味しそうな弁当が売っていたので2つも買ってしまった。  こん
憲法改正の手続きを定める「国民投票法案」が、5月14日の参院本会議において賛成多数で可決されましたね。この法律の成立を受けて、次の国会では衆参両院に憲法審査会が設置されることも決まりましたし、改憲を視野に置いた論議がこれからどんどん進んでいくことでしょ
まだまだ我慢できません。さらにここではっきりさせておきたいことがございます。それは他でもありません。「民主主義とは何か」についてです。最近テレビで政府与党である自民党の議員が我が物顔で発言しているシーンをよく目にするようになりました。
NHKで中継されたイラク特別委の質疑はきっと将来記憶にとどめられるものとなるでしょう。時間のある方はぜひ録画でもご覧になってください。しっかり居眠りしている人さえいます。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm今後の選挙でこの特措法延長に賛成した...
日本国憲法が60歳、つまり還暦を迎えました。そこで、5月6日放送分の「サンデープロジェクト」では、「オピニオンリーダーでもある 三大新聞(読売・毎日・朝日)の社説責任者をゲストに迎え、 司会の田原総一朗氏が3紙それぞれのスタンスを問う」という企画が進行
一体、人間の本質とは何なのでしょうか?有史以来、何百何千という戦乱を繰り返し、その度に罪なき一般市民を、それこそ天文学的数字といっても過言ではないほどに死へと追いやってきた暗黒の歴史…。殺し、支配し、搾取し、そしてまた、殺戮する…。アメリカな
まだまだ我慢できません。さらにここではっきりさせておきたいことがございます。それは他でもありません。「民主主義とは何か」についてです。最近テレビで政府与党である自民党の議員が我が物顔で発言しているシーンをよく目にするようになりました。
朝日新聞の参院選世論調査でわかったネットサヨクの発想の異端・異常性。TBhttp://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-747.html
わたくしの祖父の発言の記憶。今(平成)の天皇ごときが、「国民の皆」が、なんて、生意気過ぎる!「国民の皆さん」だろ。と言っていた。俺も、そう思う、今日この頃。カルトだろ、あれ(石原等)も。わたくしは、「国民の総意」(日本国憲法第一条)に総意....
2007/05/21(月) | 【くう特捜部】ログ