FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北京五輪、ボイコットへの道

北京五輪、ボイコットへの道
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 全世界に猛毒入りの食物を散蒔き、紛争の火種を提供し、平和と安定を打ち毀す最も大きな要因となっている連中、それこそが中華人民共和国という国であり、それを支配する中国共産党という歴史上最大規模の大虐殺集団であると言えるでしょう。

 そのような連中の本拠地である北京で、五輪などという大イベントを開催するという事は、確実に、間違いなく、新たな問題の火種を国際社会に散蒔く行為であり、人類に僅かでも良心が残っているのであれば、如何に大きな利害関係が絡んでいようとも、断固として開催を阻止せねばならないと言えます。

 このような当然の論調が、先頃のボストングローブ紙の社説を皮切りとして、ようやくにして、欧米全体に広がりを見せてきた様子です。

ダルフール紛争にからみ、米議会で「北京五輪ボイコット」発言 中国政府は対応に苦慮

2008年の北京オリンピックにからんで、中国政府が対応に苦慮している。

中国政府が最大の投資国であるスーダンのダルフール紛争で、影響力を行使しないことに欧米がいら立ちを見せ始めている。

「1つの世界 1つの夢」のスローガンのもと、2008年8月に開幕を控える北京オリンピック。着々と準備が進む中、「ジェノサイド(大量虐殺)オリンピック」との言葉が飛び交った。

8日、アメリカ下院の本会議で、アラン・ウルフ議員は「中国が今やっていることは、1930年代にナチスがやったことと同じだ」、「オリンピックのボイコットを考えることは正しい」と述べた。

アメリカ下院の本会議で飛び出た「北京オリンピック・ボイコット発言」。

共和党の有力議員であるウルフ氏の一言で、対中国非難が一気に噴出した。108人の下院議員が署名した中国・胡錦涛国家主席あての書簡には、推進役のウルフ議員の署名が最上段にあり、以下108人の署名がずらりと並んでいる。

この火種の原因は、過去4年間で20万人が殺害され、200万人以上が難民となっているアフリカ・スーダンのダルフール紛争で、書簡では「虐殺を支援しているスーダン政府に中国が巨額の援助を与え、虐殺を阻止するための行動をとっていない」と警告している。

ウルフ下院議員は「中国はスーダン政府へに援助し、爆弾やヘリコプターを提供し、アラブ人の民兵組織を招き入れ、殺害やレイプなど悪事を可能にしてきた」と述べた。

2007年2月、胡錦涛国家主席がスーダンを訪問するなど、近年、積極的にアフリカ資源外交を展開している中国。中でも、スーダンには肩入れし、原油の大半を購入、大型油田開発にも携わっている。

こうした背景から、中国は国連が検討する対スーダン制裁措置に一貫して反対の姿勢を示してきた。ダルフール問題は、フランス大統領選でも火花が散っていた。

5月初めに行われたテレビ討論会で、ロワイヤル候補は「オリンピックのボイコットも含めて、中国に対する圧力をかけるべき」と中国のダルフール政策を批判、国連の決議に賛成を求める場面もあった。

一方、サルコジ次期大統領は「わたしの見方は、あなたと異なります。わたしは中国での開催に好意的です」と述べた。

国際社会から非難を浴びる中国だが、15日に行われた定例会見では、「ダルフール問題に対する建設的、積極的な努力をアメリカ議員が正しく理解することを望む」と正当性を主張した。

一方で、先週、ダルフール紛争に対応する担当ポストをつくるなど、批判の矛先をかわそうとする動きも見られる。台湾の聖火リレールート問題や施設整備の遅れなど、課題が山積みの北京オリンピック。

2008年8月、中国は「1つの夢」をかなえることができるのか、注目される。

(2007年05月16日 Fuji News Network)


中国が今やっていることは、1930年代にナチスがやったことと同じだ

 まさしく正鵠を得た言葉であり、全くのその通りであると言えます。

 ベルリン五輪の大成功さえ無ければ、ナチスがあれ程の勢いを得て、国力を増強し、世界中を巻き込む大戦争を起こす事を回避出来た可能性があるというのは、近現代史を研究する学者の中では、既に定説になりつつある説だと言えます。

 もし、ここで、くだらない利益やありもしない友好関係の為に、北京五輪の成功を助け、成し遂げさせてしまえば、これと全く同じ過ちを、全く同じ形で繰り返してしまう事となる可能性は限りなく高いと言えます。

 無論、五輪が開催されようがされまいが、成功しようがしまいが、中国共産党という歴史上最大規模の大虐殺者集団が暴走し、世界に最悪の事態を齎す可能性は十分以上にある事には変化は無いとは言えますが、少なくとも、その動きを必要以上に加速させる北京五輪の成功を実現させる事には、少なくとも百害あって一利も無いと言えるでしょう。

 寧ろ、ここで北京五輪の開催を中止、それが不可能だとしても、せめて、多くの国々がボイコットを起こすなどして失敗せしめ、支那の成長に歯止めを掛ける事こそが、例え綱渡り的なものであるにしても、ぎりぎりのところで平和を維持する為の唯一の方法だと言えます。

 そして、本来ならば、この動きの先陣を切るべきは、欧州でも米国でも無く、この腐れ大虐殺者集団の被害を最も被っている国、即ち我が国・日本である筈だと言えるものです。

 しかしながら、我が国は、この動きの先陣を切る事はおろか、欧米でこのような論調が活発となっている事を伝える事すら躊躇し、ひたすらに支那への讃美を並べ立てているマスコミが殆ど。

 本来、連中を牽制し、例えどのような事になろうとも、少しでも我が国の国益になるよう働き掛けるべき存在である政治家はと言えば、マスコミよりも更に酷く、奴隷の如くに北京五輪の成功を願い、手助けしている有様。

 非常に無念な事ながら、このままでは、先行きは暗いとしか言い様がありません。

 我々は、超巨大国家規模大虐殺者集団・中国共産党が最悪の暴走を始めた時、最も大きな被害を被る可能性が極めて高い国の国民として、その可能性を飛躍的に高める北京五輪という大虐殺開始の為の前振りの儀式を、是が非にでも止める、最低でも失敗させる必要があると言えます。

 我々、日本の立場としては、ロワイヤル氏のように「オリンピックのボイコットも含めて、中国に対する圧力をかけるべき」というものでは無く、更に強行に、「五輪のボイコットを戦略の中心に据え、この動きを国際社会に広げていく事」だと言えます。

 マスコミが伝えるべき事を伝えず、政府が積極的に動きを見せないならば、我々が出来る範囲で伝え続け、盆暗の政府に対して少しでも積極的な動きを見せるよう、求め、訴え続ける以外に道は無いと言えます。

 中国共産党の「1つの夢」を阻止し、打っ壊す事こそが、我が国の安寧の為であり、世界の安定であり、そして、中国共産党の圧政に苦しむ支那の民衆の為でもあると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

中国瓦解―こうして中国は自滅する
宮崎 正弘
阪急コミュニケーションズ (2006/02)
売り上げランキング: 249427
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国経済の悲鳴。
5 国民国家形成の失敗
5 「謎解き」から迫った中国経済の実態

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)
売り上げランキング: 30215
おすすめ度の平均: 4.5
5 次は日本
4 チベット民族の悲劇
5 目をそらすべきではない


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
  アメリカは結局参加するのでしょうけど、その前にこういう前振りを見せておくだけで、「こいつらは油断成らない」と思わせることができるんですよね。
  ひいては我が国の役人、政治家は、一片の曇りもなく媚びへつらうことが「友情の証」だとでも思っているようです。上杉鷹山が藩主になる前の米沢藩の家老たちのように保身一辺倒(国民にはえらい迷惑)ですね。
2007/05/16(水) | URL | ろろ #-[ 編集]
ん~
ボイコットよりも選手を中国内に滞在させるのではなく日本から試合の時のみ派遣するという方法にはならないでしょうかね。
いっその事、日本国内に非公式の選手村を作ってしまうとか。
あそこの水と食料は恐ろしいですよ。ミネラルウォーターで腹下すんですから

しかし実際にボイコットするならもうちょっとはっきりとした理由が欲しいところです。
台湾に攻め込んだとか、尖閣諸島付近で示威行為をしているとかチベットで大虐殺を行うとか……
現実的にはそういう案を出して結局しぶしぶ参加するというものなんでしょうけど。
2007/05/17(木) | URL | Kronos=Chronos #wJFip.Ek[ 編集]
>アメリカは結局参加するのでしょうけど、その前にこういう前振りを見せておくだけで、「こいつらは油断成らない」と思わせることができるんですよね。

真に仰る通りだと思います。

真面目な話、それが切っ掛けで関係が多少悪化したとしても、それはそれで良い筈なんです。

これは、相手が支那だから朝鮮だからと言った問題では無く、殆どの国の政治家は、その程度の軽口は日常茶飯事のように口にしていますし、それで外交関係に多少悪影響が出ても、マスコミも国民も我が国のように過剰に騒いだりはしません。

マッカーサーは奴隷憲法と同時に、奴隷根性まで我が国に植え付けて行った。

まあ、彼は自分自身の役割を果たしただけであり、恨んだりするつもりは毛頭ありませんが、そう思わざるを得ませんね。
2007/05/17(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>あそこの水と食料は恐ろしいですよ。ミネラルウォーターで腹下すんですから

こういう視点からの批判も必要ですね。

>現実的にはそういう案を出して結局しぶしぶ参加するというものなんでしょうけど。

まあ、恐らくはそうなると思いますが、「結果に至る過程の中に、どれだけのタネを仕込めるか」という事こそが、外交交渉の真髄の一つです。

脅して賺して褒めて貶して、ありとあらゆる手段を駆使し、心身ともにガタガタにし、望む望まざるに関わらず、こちらの思う通りに動かざるを得なくなるように仕向ける。

米国や支那の得意技ですね。
2007/05/17(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
こんばんわ。
今度の北京オリンピックは、他国から盗んだ金属製品で造った競技場で競技する訳ですから、オリンピック史上の最大の汚点になるに違いありませんね!
2007/05/17(木) | URL | ITS下田 #YPumrCao[ 編集]
五輪は平和の祭典であり、これを行う事は良い事なのだと多くの日本人は思い込んでいます。

しかし、ナチスドイツによるベルリン五輪を見ても分かるように、状況によっては必ずしもそうなるとは限らない。

まして、ITS下田さんが仰るような、他国の金属を盗んで競技場を造ろうとするような、ナチスよりも遙かにモラルの無い連中の統べる国ならば、尚更だと言えるでしょう。

北京五輪の開催により、超巨大な歪みが発生し、世界に最悪の状態を齎す危険性があるという事だけは、全ての日本人は覚悟しておく必要があると思います。
2007/05/18(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
  ナチスは、他国(というかユダヤ)に迷惑こそかけましたが、現代にも受け継がれる労働者保護政策(例えば労働時間週40時間制)を採用し、国民にとって有用な公共事業(アウトバーンなど)を実行して、オリンピックで初めて選手村という画期的なシステムを導入して素晴らしいホスピタリティを実現した立派な面もあります。はっきり言って、安倍や小泉なんかよりヒトラーの方が数倍政治家としては立派です。
  何一つ人類に資するところのない共産支那と比べるのもおこがましいです。
  やつらがヒトラーと勝負できるのは「ホロコースト」くらいでしょうか。しかも、人数でカウントしたらナチスをはるかに凌駕しているのは確実(笑)。
2007/05/18(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>まさしく正鵠を得た言葉

日本語チェックはいります。正鵠を射た ですね。選手の皆さんは「めざせ北京」で一所懸命でしょうが、HIV、鳥インフル、得体の知れない病原菌などなど、御身大切を思ったら(特に若い皆さんは)見送ったほうがよいように思います。
2007/05/18(金) | URL | なでしこ #-[ 編集]
>ナチスに失礼かも・・・

確かに、そうかも知れませんね。

少なくともナチスは、同胞を徹底弾圧したりはしていませんから。
2007/05/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>日本語チェックはいります。正鵠を射た ですね。

これはどうも、わざわざすみません。

全く気付きませんでした。

>HIV、鳥インフル、得体の知れない病原菌などなど、御身大切を思ったら(特に若い皆さんは)見送ったほうがよいように思います。

同感です。

しかし、そういう情報をきちんと伝えない日本のマスコミは、本当に屑ですね。
2007/05/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/748-8de77802
~国民投票法が成立~ 昨14日、参院本会議において憲法改正手続きを定める国民投票法が可決、現行憲法施行から実に60年間放置されてきた法的不備の状態は曲がりなりにも解消されることとなった。60年間、改正の手続き法がな
2007/05/16(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
国で信じられないような問題が起こるたびに、北京オリンピックは開催できるのか、と再三指摘してきた。毎週観ているたかじんのそこまでいって委員会でも「本当に北京オリンピックは開催できるのか」と正面からこの問題に切り込んだ。中国企業は製造コストを抑えるために、廃
2007/05/27(日) | かきなぐりプレス