FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 朝日、自衛権を騙る

朝日、自衛権を騙る
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 阿呆が阿呆な事を口にしたり書いたりするのは、阿呆が阿呆であるが故に仕方の無い阿呆な行為だと言えますが、そんな阿呆がまたぞろ、同情の念すら湧く程の阿呆を紙面に阿呆のように書き殴って阿呆を晒している模様です。

集団的自衛権―何のために必要なのか

 集団的自衛権について研究する首相の私的懇談会がきょう、初会合を開く。秋には結論を得たいという。憲法の根幹にかかわる解釈の検討が始まる。

 集団的自衛権とは、自国と密接な関係にある外国が攻撃された時、自国が直接攻撃されていなくても自国への攻撃とみなし、実力で阻止する権利のことだ。

 国連憲章に規定があり、どの国も持つ。しかし、日本は憲法9条のもとで必要最小限の自衛権しか行使しない。集団的自衛権はその範囲を超えるから、行使は許されない。これが政府解釈だ。

 軍事力について抑制的に考えてきた戦後平和主義の中核の考え方である。

 自衛隊を普通の軍隊にしたい首相にすれば、この解釈は目の上のたんこぶなのだろう。行使容認に前向きな人をずらりと並べた懇談会のメンバーを見れば、首相の意図は明白だ。

 どんな場合が集団的自衛権の行使にあたるのか、それは容認されるのかという検討の対象として、四つの類型があがっている。公海上で自衛艦の近くにいる米艦船が攻撃を受けた場合の応戦など、どれも一見、なんとかしなければいけないと思わせる具体例だ。

 だが、よく吟味してみると、個別的自衛権で考えるべきものや、そもそも集団的自衛権に該当しそうにないものが含まれている。これで議論を進めようというのは乱暴である。

 米艦船への助太刀だが、実際に起こりそうなのは日本近海で共同行動をとっている場合だ。それは日本有事か日本有事に極めて近い状況だろう。個別的自衛権の延長で考えるべきことである。

 国連平和維持活動(PKO)などで隣り合わせた外国の部隊を守るのも、安全確保のための武器使用という文脈でとらえられる。それに集団的自衛権の対象になるのは同盟国の米国だけだろうが、米国以外の国の部隊とも行動を共にするのがPKOである。

 多国籍軍などへの後方支援としての武器輸送は、武力行使と一体となる場合が多く、そもそも憲法上許されない。

 米国に向けて発射された弾道ミサイルを自衛隊のミサイル防衛システムで迎撃する類型もある。だが、現在の自衛隊のシステムでは、米国向けのミサイルを撃ち落とすことは能力的に不可能だ。

 技術の進展によっては可能になるかもしれないが、ミサイル防衛の将来自体が不明確なうちに、そこまで突っ込んで議論する必要があるのか疑問だ。

 私たちは、集団的自衛権の行使は憲法上認められないし、認める必要もないと考える。自衛隊は日本防衛以外の目的で武力行使をすることはない。その原則から逸脱してはならない。

 首相の懇談会は、むしろ、冷戦後の新しい世界の状況や武器技術の変化を踏まえ、国連の下での集団的安全保障や個別的自衛権の枠で何ができるのか、を詰めるべきだ。

(2007年05月18日 朝日新聞社説)


 まず、そもそもが、本来、自衛権に「個別的」も「集団的」も糞も何も無く、阿呆の朝日新聞が社説にも書き記しているように、国連憲章に記されている権利を、国家が主体的に判断して行使するだけのものと言えます。

 それを、ここまでが「個別的」で、ここからが「集団的」などと、無理矢理に分離させようとするから話がややこしくなるのであり、訳の分からない神学論争染みたものが始まるのだと言えるものです。

 大体が、同盟国、極めて親しい友好国が攻撃を受ければ、被害が自国まで及ぶ可能性が高い事は明白であり、その時点で、これは「集団的自衛権」だから行使出来ないだの何だのと訳の分からない事をほざいているようでは、人道的に悖るという事を傍に置いておいたとしても、救いようの無い阿呆以外の何者でもありません。

 阿呆の朝日の社説子の単純極まりない稚拙な思考回路とは違い、須く現実に起こる出来事というものは複雑に色々な要素が絡まっているし、それに対して為すべき対処法も、阿呆みたいに単純に割り切れるものでは無いと言えます。

 また、仮に、同盟国や友好国を攻撃した国が、我が国に敵意を抱いておらず、攻撃の意図を持っていなかったとしても、それらの国が攻撃を受けた際に積極的に行動に出なかった我が国との仲が疎遠になるのは目に見えており、回り回って我が国は、「同盟による抑止力」というものを失う事に繋がると言えます。

 これは、結局、遠回しでこそあるものの、朝日の社説子が言うところの「個別的自衛権」を侵害している行為だと言えます。

 尤も、朝日新聞を始めとするバカマスコミ、クソサヨクの口車に乗せられて、こんなくだらない事を研究するだの何だのと息巻いている政府も十分に頭の痛い子ではあります。

 まあ、謝罪と賠償が趣味のマゾヒスト、ホシュ期待の星、ヘタレの安倍晋三内閣総理大臣閣下には無理だとは思いますが、政府は、「本来、自衛権に個別的も集団的も無く、自国の安全と平和の為と判断出来るならば、国連憲章に則り、内閣総理大臣の責任の下に行使する」と、はっきりと断言すれば良いだけの事だと言ます。

 それを、「どこまでが『個別的』で、どこからが『集団的』なのか研究する必要がある」などと、中途半端に似非優等生的な態度を示し、御用学者を集めて滑稽な研究会ごっこを始めるから、同類の阿呆である朝日新聞が調子に乗って、このような痛い社説を恥ずかしげも無く発表するという痛い事態になるのだと言えるでしょう。

 最後に、一応、書き加えておくならば、小泉政権下、そして現在にまで至るイラクでの活動のように、米国の手前勝手な都合の為だけに、「集団的自衛権」という名前を悪用して、軍事行動を共にする事には私とて反対です。

 これは、本来、「集団的自衛権」に値するものなどでは無く、単なる「侵略行為」への加担でしかありません。

 本来、サヨクがサヨクでは無く左翼であるならば、「集団的自衛権」の行使は憲法上云々などと一休さんの「この橋渡るべからず」のとんち的な戯れ言をほざいているのでは無く、「自衛権」というものを拡大解釈し、侵略行為を正当化しようとしている米政府、そして、それに異も唱えず追随している我が国政府の筋目の無さを指摘し、糾弾するべきだと言えるものです。

 筋目も糞も無い侵略行為に、最低限の安全確保さえする事無く、我が国の若者を戦地に送り込んでいる政府の冷血極まりない無為無策を指摘し、糾弾すべきだと言えるものです。

 最早、頭が腐り果てて蛆が大量に湧いている朝日新聞などはどうでも良いにしても、それ以外の人間は、多少なりとも考える脳味噌が残っているならば、このような阿呆らしい論争に阿呆の晋三くんに乗せられているという事に気付き、本来見るべき視点から物事を見詰め、糞政府の非人道政策を糾弾していくべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる
高山 正之
テーミス (2007/04)
売り上げランキング: 1504
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

朝日新聞のトンデモ読者投稿
朝南 政昭
晋遊舎 (2007/04)
売り上げランキング: 1391
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論


PR情報
無料サービス満載のお得なレンタルサーバー
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>技術の進展によっては可能になるかもしれないが、ミサイル防衛の将来自体が不明確なうちに、そこまで突っ込んで議論する必要があるのか疑問だ。

朝日新聞が馬鹿なのは今に始まった事ではありませんが、あまりにも酷いですな・・・。日本の専守防衛(キチガイ戦略)を貴様達が声高に叫び、敵基地攻撃論をもっての外とする論調が強い為に、ミサイル防衛という選択肢を取ったのに、「将来自体が不明確」だと・・・。虚けもいい加減にしろ!

あくまで専守防衛路線で行く為に、ABLなどの研究をしている方々に土下座して謝れ!と言いたいですね。無知なクセに知ったかぶりをする。日本のサヨクの特徴ですね。

支那朝鮮の弾道ミサイルより、日本とアメリカの防御ミサイル(PAC-3、SM-3)の方が怖いとほざくキチガイは日本から出て行って頂きましょう。
2007/05/18(金) | URL | スサノオ #-[ 編集]
本で覚えた知識を使ってみたくて仕方がない中高生みたいな論理ですね。

どうせ現政権の防衛政策を批判するなら、支那や朝鮮、ロシアによる主権侵害事例が頻発しているにも関わらず、いまだに悠長に懇談会で茶飲み話などしている阿呆な姿勢を摘示すべきです。このプロパガンダ新聞といい産経読売のような安倍マンセー新聞といい、国防を嘗めきっています。
2007/05/18(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
技術云々以前に、出来るならするのが当たり前ですからね。

本来なら、未だにそんな事を言っている事の方を批判すべきなんですけどね。

まあ、そんな事チョンイル新聞に言っても無駄なんでしょうけど。

>ABLなどの研究をしている方々に土下座して謝れ!と言いたいですね。

チョンイル新聞の事ですから、このABLが、もし本当に実用段階になっても、「発射した国の上空で撃墜するのは、自衛権の拡大解釈になるのではないだろうか」だの何だのと、気持ちの悪い事を言い始めるのでしょうね。
2007/05/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
チョンイル新聞からすれば、「主権など侵害されてなんぼ。支那や露国の邪魔をするな」てなものなのでしょうね。

>このプロパガンダ新聞といい産経読売のような安倍マンセー新聞といい、国防を嘗めきっています。

まあ、60年間以上も、まともに国防について議論してこなかったのですから、仕方がないと言えば仕方がないのかも知れません。

マスコミの連中は、どうせ何の役にも立ちませんから、もっと草の根レベルで議論していき、国防意識を高めていくしかないでしょうね。
2007/05/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/750-9027719b
 5/18~19の朝日川柳から(◇は選者のコメント)。 国民投票法成立ネタが続きます。● このたびは別の憲法押しつける  (渋川市 中村幸生 5/18) ◇占領軍の押しつけ、と。 おやおや、言うに事欠いて「改正憲法は押し付け」だとよ・・・w。民主....