FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 世界に広げよう反中の輪

世界に広げよう反中の輪
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 現代国際社会における最悪最凶の癌、諸悪の根源と言えば、史上最大の大虐殺者集団・中国共産党が収める中華人民共和国、即ち支那だと言えますが、連中がこの世に誕生して八十余年、ようやくにして、この当然の認識が国際社会に広く認知されてきた様子です。

中共から迫害を受けている人々を救え=欧州議会スコット副議長

 【大紀元日本5月18日】EU(欧州連合)と中国当局間の人権対話の前日にあたる5月14日、欧州法輪大法学会はベルリンのブランデンブルク門前のパリ広場で集会を開いた。対話内容の公開を求めたほか、対話で中国の人権状況を取り上げることなどを呼びかけ、また、中国共産党による中国民衆への人権侵害を公に譴責するよう欧州連合に求めた。

 欧州議会のスコット(Edward McMillan-Scott)副議長は集会で講演を行った。同副議長は5月15日-16日にベルリンで開かれる欧州連合対中国当局の人権対話に参加する予定。彼は演説の中で、去年5月に中国で人権迫害の現地調査を行った際、法輪功学習者を狙った臓器狩りを証言する関係者と接触したことを挙げ、カナダ独立調査団の臓器狩り調査報告書は絶対な信憑性を有していると示し、人権を著しく侵害する中国当局は2008年北京五輪を主催する資格がまったくないと再度強調した。

 スコット副議長は、「皆さんに明白に伝えたい。2008年北京五輪は絶対に中国で開催すべきではない。少なくとも国連の人権特別調査官による中国共産党(中共)の拘留センターや、強制労働収容所、監獄および警察局への独立調査が許可されるべきだ。また、私は今週中に開かれる欧州連合対中国当局の人権対話は一時中止すべきである」と述べた。

 また、同副議長は国際社会に対し、法輪功の支援を呼びかけ、中共の崩壊は避けられない現実を見極めるべきであると指摘、「中国は独裁かつ野蛮で、残忍な政権に統治されている。信仰への迫害が中国共産党政権の崩壊を導く可能性が高い。宗教が東ヨーロッパでの共産党体制の解体を誘発したと同様である。我々はいま、欧州分裂の象徴だったベルリンの壁の前に立っている。今こそ千人、万人、いや百万人以上の強制労働収容所に監禁されている中国人を救うために、中国共産党政権の早急の崩壊を願っている。世界の他の国々も、中国共産党から最も深刻な迫害を受けている法輪功学習者を支持すべきである」と呼びかけた。

 スコット副議長は、中国人の自由のために奮闘すると強調、「私が発言している今日でも、高智晟・人権弁護士や、牛平さんの妻(張連英さん)と曹東正さんなどが悲惨な迫害に耐えている。私は彼らのために、国連の最高機関や、欧州連合のブリュッセル当局、および各国政府に対し、引き続き呼びかけを行う」と話した。 張連英さんと曹東都さんは法輪功学習者である。高智晟・人権弁護士は法輪功への集団迫害の中止を懇願するために、中国最高指導者に3回にわたり公開嘆願状を進呈した。そのため、本年8月に秘密逮捕され、12月に「国家転覆罪」の罪で有罪判決を受け、いまも監視下に置かれている。

 欧州法輪大法学会副会長・呉文氏によると、法輪功学習者らは3日間の嘆願活動を行う予定で、活動を通して、欧州連合に対し、中国当局による法輪功への集団迫害の中止を促すことや、公開する人権対話を行うこと、迫害を受けた法輪功学習者の証人喚問などを要請していくという。

 国際人権組織のカール・ハーフェン(Karl Hafen)執行主席は、「中国では死刑や、拷問、強制労働、迫害およびその他の人権侵害は絶えず進行しているため、中国当局と非公開の人権対話を行うべきではない」と述べた。

 世界公民組織の主席で、駐国連代表レネ・ワードロ(Rene Wadlow)氏は法輪功学習者宛の書簡の中、「私は『真・善・忍』の精神理念に基づいて、貴方たちが国内で迫害を受ける法輪功学習者を救出する活動の中で、貴方たちと肩を並べて支援していく…法輪功への集団迫害を制止することは、人権の価値を尊重する必要不可欠な一歩である」と書き記した。

 また、集会には、スイスの国会議員オスカー・フレシンガー(Oskar Freysinger)氏や、中国自由文化運動などの人権組織から激励のあいさつが届けられた。激励文には、1996年から始まり、11年間経過した欧州連合対中国当局の人権対話は、実質的な進展がみられないことを指摘、中国共産党は自分たちが犯した人権侵害の犯罪を認め、陳謝すべきとし、「そうしなければ、このような人権対話を継続すれば、我々の偽善と臆病により、中国当局の共犯者となってしまう。そのため、欧州連合はこのような非公開な人権対話を中止するのが先決」と強調した。

(2007年05月18日 大紀元時報)


 基地外朝日や媚中派の奴隷人民が如何に隠し立てしようとも、連中の本質的な性質に何らの変化も起こる筈が無く、誕生以来、ヒトラーやスターリンですら引くくらいの勢いで虐殺・弾圧を続け、害悪を周辺諸国へ垂れ流し、極東はおろか、世界全体に争いの火種を散蒔き続ける事を止めようともしない地球最大規模の汚物。

 真面目に、如何なる思想的な理由、心情的な理由があるにしても、このような腐れた汚物の肩を持つ人間など、それだけで最低最悪の下劣な心性の持ち主であるか、生命の価値を一切理解出来ない本質的な白痴のどちらかであると言えるでしょう。

 それでも、現在のように瞬時に情報が飛び交うような事は無かった過去においてならば、プロパガンダに踊らされた憐れな犠牲者と呼ぶ事も出来ないと言えますが、現在においても未だに、このような外道の集団に肩入れしているような人間など、正真正銘、本当に救いようの無い屑か白痴かのどちらかにしか分類出来ないものです。

 事実、元々は支那贔屓であった米民主党でさえ、連中の性根が明らかになるにつれ、反中的な言論を口にする議員、連中の非道な人権弾圧を批判する議員は日増しに増加しており、今では寧ろ、支那利権で儲けている共和党、現ブッシュ政権の方が支那に甘いとすら言える程だと言えます。

 次期大統領選挙において、政権が民主党に後退する可能性が高いと見られる中で、先頃のボストングローブの社説を始めとして、米マスコミに反中的な意見が多く聞かれるようになって来たのも単なる偶然では無く、次期政権を奪取する可能性が高くなってきた米民主党による一種の意思表示である可能性もあると言えるものです。

 そして、今回、欧州議会のスコット副議長が、講演においてここまではっきりと、支那の中国共産党という連中の積年の悪事の数々を批判し、同調を求めたという事実は、まだ小さいながらも、欧州においても確実に世界のバランスを、自然を、生命を壊す悪魔の集団・中国共産党に対する反感が高まって来ている事の現れであり、この流れは、最早止まる事は無いものとなってきたと考えられるものです。

 先の仏大統領選で勝利したサルコジ氏、先頃、引退を表明したブレア首相の後継者であるブラウン氏などは、今のところ、対支那において強行的な態度を見せてはいませんが、スコット氏が発言しているような支那の悪行が、仏人や英人の多くが知るところとなれば、両国においても反支那の空気が高まる事は確実であり、避けられないものだと言えます。

 そして、信仰というものに重きを置いている欧州の民衆が、支那国内における宗教弾圧の実態を知る事となれば、この流れは、一気に、更に加速を見せる事となり得ます。

 今回のスコット氏の発言は、それらの事柄が現実となり、欧州において支那への批判が高まる切っ掛けになる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 政府・外務省に少しでもやる気がある人間が居るのならば、これを機と捉え、一気に攻勢を掛け、中国共産党という悪逆の徒の数々の悪行を、世界各国に対して広く宣伝・PRしていくべきだと言えます。

 中国共産党が崩壊したからと言って、支那の民衆が親日になるとは限らない、寧ろ、その可能性は余り無いとは言えますが、少なくとも、大虐殺者のナンバー3、温家宝の演説に拍手を送るなどという間抜け極まりない行為をしているよりは、余程に日中友好、そして世界の安定に役立つ事になると言えるでしょう。



 非常に残念な事ながら、これらの動きが活発となり、中国共産党という連中の異常性・残虐性が白日の下に晒される事となっても、連中にとっての当座の最大の目標である北京五輪には間に合わない可能性は高いと言えます。

 しかしながら、最悪、北京五輪が何かの間違いで成功を収めてしまったとしても、その後、中国共産党の連中の思惑通りに事を進ませるような事だけは避けられるよう、連中の本質、その残虐性と異常性を国際社会全体が知っておき、備えておく必要があると言えます。

 北京五輪の後、支那が更なる大発展を遂げるのか、或いは失墜していく事となるのかは、終わってみなければ分かりません。

 しかし、一つだけ言える事は、どちらになるにしても、国際社会全体、そして我が国としては、災厄としか呼びようの無いものにしか繋がり得ないという事です。

 今のままの残虐性と異常性、そして攻撃性を備えた支那が、これ以上に自由になる財を持てば如何なる事に繋がるのか、また、逆に失敗した時、そのような性質を持った大虐殺者集団が如何なる行動に出る可能性があるのか。

 我々日本は、世界最悪最凶の大虐殺者集団が統べる国の隣国として、真剣に考えねばならない時期に差し掛かっていると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

中国は日本を奪い尽くす
平松 茂雄
PHP研究所 (2007/02/24)
売り上げランキング: 10854
おすすめ度の平均: 5.0
5 平松氏の警鐘に耳を傾けよう

2008世界大動乱の予兆―中国発暴落の足音が聞こえる
宮崎 正弘
並木書房 (2007/05)
売り上げランキング: 6117


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
▽【注目】 モデルルームオープン情報
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本来なら真っ先に日本がやらなければいけないのに、白人どもに先を越されるんだからどうしようもない。
だいたい日本と支那は昔から国交がなかったんです。
聖徳太子が支那に朝貢しないと決めた頃から、日本の国是は「反支那」なんです。
それを今の政治屋がぶち壊しているから、日本国内がおかしくなっているのです。
この状況を打破するためにも、次の選挙で新風に議席を与えましょう。
2007/05/19(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>政府・外務省に少しでもやる気がある人間が居るのならば、
>これを機と捉え、一気に攻勢を掛け、中国共産党という
>悪逆の徒の数々の悪行を、世界各国に対して広く
>宣伝・PRしていくべきだと言えます。

  人権問題、環境問題では、支那はいっさい弁明が出来ません。攻められるだけ攻めまくればいいのです。
  そうすることによって、初めて「この国は油断ならない」と思わせることができるのです。
  しかし、現首相を初めとして、13億の乞食の気に障らぬよう臆病な真似ばかりしています。その嚆矢は、なんといっても向こうが気を悪くするから靖国参拝はやめておこうなどという要らぬ親切を施した「中曽根康弘」です。この男も系譜である岸信介同様、大陸シンパであり媚米売国でした。

  おしゃかさんが言及された厩戸王子は、高句麗が隆盛を極めており隋が追いつめられているというパワーバランスを敏感に感じ取り、有名な「日出づる国の天子」で始まる国書を叩きつけ、隋に返礼の使者を返させました。
  現代にも高句麗はいます。核開発に成功した北朝鮮です。北と陸続きで、キムジョンイルがその気になればトラックに核燃料を積んで突っ込ませることのできる中国が怯えていることを、なぜ日本の政治家はわからないのでしょうか?
  厩戸王子は草場の陰で「地政学のチの字もわからぬ阿呆ばかりじゃ」と嘆いていらっしゃることでしょう。
2007/05/20(日) | URL | ろろ #-[ 編集]
>聖徳太子が支那に朝貢しないと決めた頃から、日本の国是は「反支那」なんです。

全く仰る通りだと思います。

先の戦争にしても、現在の状況にしても、あの大陸と我が国が積極的に交わるという事が大きな主原因の一つであり、連中と縁を切るという事こそが、事態を打開する為の最良の策であるという事に、官僚も政治家もいい加減に気付かねばなりません。

>この状況を打破するためにも、次の選挙で新風に議席を与えましょう。

そうですね。

お互い頑張りましょう。
2007/05/20(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>その嚆矢は、なんといっても向こうが気を悪くするから靖国参拝はやめておこうなどという要らぬ親切を施した「中曽根康弘」です。

まあ、そもそも、総裁選を戦っていた田中角栄元総理に、支援する条件として日中国交正常化の推進を出したのがこの男ですからね。

統一協会との繋がりも、安倍ちゃんなどよりも遙かに深いですし。

>現代にも高句麗はいます。核開発に成功した北朝鮮です。北と陸続きで、キムジョンイルがその気になればトラックに核燃料を積んで突っ込ませることのできる中国が怯えていることを、なぜ日本の政治家はわからないのでしょうか?

国防の全てを米国に依存してきたツケが一気に回ってきている、という事でしょうね。

恐らく、地政学に照らすどころか、情勢を読み解く力さえも無くしている事でしょう。

何しろ、自衛隊がイラクへ赴く際に、自衛隊が携帯する兵器の詳細な能力を、国会において公表していたような糞間抜けの集団ですからね。
2007/05/20(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/751-b9e73824
 自由北朝鮮政府は、篠田昭・新潟市長に”当然のことをしたで賞”とともに、ユニバース・トレーディングから押収した万景峰号で送れなくなった金正日向け黒マグロ1トンを授与する。関連施設の税減免見直し、朝鮮総連側の請求棄却…新潟地裁 新潟市が在日本朝鮮人総連合会
連日、国連通信をお送りしています。今日も、WCF?に関する内容です。今回のWCFでは、安楽死やクローンなど、生命倫理に関する講演もありました。非常に難しい問題です。或るスピーカーの方が、プロ‐ライフ
2007/05/20(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  支離滅裂というのは、こういうことを言うのでしょう。『デスノート』は違法・・・中国当局、規制を本格化http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0526&f=national_0526_001.shtml--------以下引用--------  日本の人気コミック「デスノート」
2007/05/26(土) | 日々是勉強