FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → あくまで「日中友好」に邁進する「ホシュ期待のホシ」

あくまで「日中友好」に邁進する「ホシュ期待のホシ」
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、我等が中川昭一政調会長が、邪悪で残虐な支那の中国共産党に対し、極めて正確な言葉を以て反撃の狼煙を上げた訳ですが、その上、日本の行政の長たる筈のこのお方は、大方の予測通り、見事にヘタレてくれた模様です。

中国の虐殺間接支援で安倍首相「五輪ボイコットせず」

 安倍晋三首相は22日夜、スーダンのダルフールで虐殺を続ける勢力に対し中国が間接的支援をしているとして、欧米諸国内で来年の北京五輪へのボイコット論が噴出している問題で、「スーダンで人権が侵害されているのは事実だ。バランスを考慮に入れながら、援助の仕方を考えていかなければならない」と述べた。ただ、「スポーツと政治は切り離して考えなければならない」とも述べ、ボイコット論にはくみしない考えを強調した。

 ダルフールでは、スーダン政府に支援された民兵組織によって数10万人が虐殺されたとされる。スーダン政府への巨額の援助を続ける中国は、欧米諸国から「虐殺勢力への間接的支援だ」と非難されている。米下院議員108人は今月9日、胡錦濤主席に対し、中国側が十分な対応をしない場合には北京五輪のボイコットにもつながると警告する書簡を送っている。

(2007年05月22日 iZaニュース)


 「スポーツと政治は切り離して考えなければならない」とは、あたかも正論のように聞こえる言説ではありますが、今現在、そのスポーツの祭典である五輪を最も政治的に利用しているのは、開催国の支配者である中国共産党の連中であり、これに対して警告を送る事は、スポーツを愛する者としては寧ろ当たり前の行動だと言えるものです。

 また、それでもこれがスポーツの政治利用にあたるとしても、虐殺・弾圧を繰り返すスーダン政府を支援し、更には自国においても同等の、或いはそれ以上の虐殺や弾圧を続ける凶悪団体が統べる国で五輪を執り行う事の方が、余程にスポーツに対する侮辱であると言えるでしょう。

 また、この連中による無思慮な為政による支那の環境破壊は、世界中のあらゆる同種のものと比べても異常に突出しており、衣食住という人間の基本における全てが、まともに出来る状態では無い事は既に広く知られているところです。

 加えて、かの大陸には、中国共産党による徹底した反日教育を受けて育った層が大量び存在しており、如何に、今現在は共産党政府が押さえ込んでいるにしても、何時、その反日教育を受けた層が暴発しないという保証もありません。

 そのようなところに、国家を代表するスポーツ選手を送り込む行為は、極めて愚かとしか言い表しようの無い行為であり、それはあたかも、税金を投入して人を死地に送り込む行為のようであるとすら言えるでしょう。

 これらの事を考慮に入れると、北京五輪をボイコットする事よりも、寧ろ、積極的に参加する事の方が、「日中友好」などという絵空事の為にスポーツ選手を人身御供にする行為、「スポーツの政治利用」だと言えるものであると言えます。

 以上から、多少なりとも「人の心」があるのであれば、政治的理由からも人道的理由からも、我が国が北京五輪をボイコットするべきであるのは明々白々であり、それを否定する事の方が、余程に人道に欠ける「スポーツの政治利用」を、間違った政治的判断の下に行う自殺行為であると言えるでしょう。



 しかし、ここで更に問題であるのは、水面下でのギリギリの遣り取り、交渉を経る事も無く、極めてあっさりと「ボイコット論には組みしない」と答えた、我等が盆暗宰相の頭の中であると言えます。

 百歩譲って、結局は北京五輪には参加せざるを得ないものであるにしても、中国共産党の連中が極めて政治的な理由から、来る北京五輪を是が非にでも成功させたいと思っている事は明白であり、これを、「スポーツと政治は切り離して考えなければならない」などという綺麗事を根拠として、政治的カードとして使わないのは、間が抜けているにも程があると言えるものです。

 真面目な話、どんなに綺麗事で装飾しようとも、五輪というものがその開催規模から政治利用されてきた、そして、これからもされるであろう事は明白であり、それは、ある意味では仕方のない事だと言えるものです。

 現実的にそうである以上、それを、然るべき時に理に適った方法で利用しない事は、傍目には立派な行為であるかのように映るにしても、これは、政治家としての職務の放棄に等しい行動であり、極めて愚かとしか言い様がありません。

 大体からして、そもそも、この世の人間の営みは須く政治と直結しているのであり、それを、「これは政治利用で、これは政治利用では無い」と分別する事は、極めてナンセンスな、似非人道的綺麗事であると言えるものです。

 政治を生業とする政治家であるならば、そんな何処ぞの「お花畑市民団体」がほざくような似非ヒューマニズムに彩られた綺麗事よりも、まず結果、国益に繋がる結果を追求し、行動していくべきであると言えるでしょう。

 この盆暗宰相の後先を一切考えない阿呆な一言により、我が国は、国際世論がどのように動いていったとしても、決して身動きを取る事は許されず、余程の事が無い限りは、黙って北京五輪に参加せざるを得なくなったと言えます。

 また、この盆暗宰相がその根拠を綺麗事に求めた故、仮に、国際社会全体が北京五輪をボイコットし、我が国と中国共産党が支援する弾圧国家の五輪になったとしても、我が国が連中に貸しを作ったと主張する根拠すらも手放してしまったと言えます。

 「日中友好」の為なら、国益も何もかもいとも簡単に放棄する。

 せめて、この盆暗宰相の何の考慮も無い軽挙な言動が、後の我が国にとんでもない災いを齎さない事を、願わずにはおれない限りです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

日本人が知らない中国人の本性
黄 文雄
徳間書店 (2005/11)
売り上げランキング: 90404
おすすめ度の平均: 4.5
4 中国との関わりが避けられない中で自己防衛のための知識
5 卑しき隣人の正体

2008世界大動乱の予兆―中国発暴落の足音が聞こえる
宮崎 正弘
並木書房 (2007/05)
売り上げランキング: 2934

ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
宴会予約ならアットパーティー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
数十年後、大虐殺五輪に参加した選手が次々に死亡することだけは間違いないですね。
英国の代表団は直前まで北京入りしないで、日本で調整すると公表しちゃいましたよ。
この時点で支那に「つうこんのいちげき」を与える英国のやり方を安倍も少しは見習え。
「北京オリンピックを支援する議員の会」に所属している議員は一人残らず売国奴である。

2007/05/23(水) | URL | おしゃか #-[ 編集]
五輪本番で日本人選手達に様々なトラブルが降り掛かってくるのはほぼ確定事項と言って良いでしょう。
支配者層の思惑とは別に、彼らがこれまで施してきた反日思想教育がそう簡単に押さえつけられるはずもないからです。

その事実を以って中国に対する国際的マイナスイメージを拡大させる策だろう、と楽観的に思いたいところです。
「我が国はオリンピックの理念に従って参加したが、この仕打ちとも取れる結果は何だ!!!」

日韓ワールドカップサッカーでの戦訓を中国が活かせるか否か?
韓国はオリンピックでの失敗を拡大生産しましたがね。
2007/05/23(水) | URL | 通行人A #.Wj8dMe.[ 編集]
最終的に参加せざるを得なくなってもいいんですよ。これを機に、一言、「日本政府はダルフールにおける人権問題について懸念している。この問題に深く関係する国は状況の改善を目指して具体的な努力をすべきだ」と言えばいいだけなんです。その国は中国のことか?と聞かれたら「どこと名指しすることは差し控える」と言って逃げればいい(どうせみんな分かるし)。これだけで、日本に対して警戒心が湧くんです。

初めからオールOKしている姿勢は「友好」ではありません。「隷属」と言います。

仮想的には一方的譲歩する「戦う政治家」ねえ。それで容赦のない労働規制の緩和で、利権が絡まない普通の日本人とは戦いまくってますね(笑)これじゃ「イジメ政治家」「DV政治家」の方が適切かと思いますよ。
2007/05/23(水) | URL | ろろ #-[ 編集]
>数十年後、大虐殺五輪に参加した選手が次々に死亡することだけは間違いないですね。

間違いありませんね。

それも、見た事も無い奇病で。

>英国の代表団は直前まで北京入りしないで、日本で調整すると公表しちゃいましたよ。

流石は英国ですね。

自分達の身の安全を確保すると同時に、きっちりと相手にも攻撃をする。

本当に、少しは見習って欲しいものです。
2007/05/24(木) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
>支配者層の思惑とは別に、彼らがこれまで施してきた反日思想教育がそう簡単に押さえつけられるはずもないからです。

その可能性は高いでしょうね。

>その事実を以って中国に対する国際的マイナスイメージを拡大させる策だろう、と楽観的に思いたいところです。

紅の傭兵や二階俊博に、そんな発想はまず無いでしょう。

下手をすると、何かトラブルが発生しても、隠蔽に走る可能性が大きいとすら言える程だと思います。

NHKの連中も、そういう事には協力を惜しまないでしょうしね。
2007/05/24(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>これだけで、日本に対して警戒心が湧くんです。

寧ろ、警戒されたくないと思っているんでしょうね、あの馬鹿連中は。

それが、友好の道だと思っている。

正真正銘の、救いようの無い馬鹿なんだろうと思います。

>これじゃ「イジメ政治家」「DV政治家」の方が適切かと思いますよ。

強きを助け、弱きを挫き、一部の財界人と政治家、官僚が、優秀な米国様の指導の下、大勢の愚かな人民を奴隷の如くに使い、冨み栄える国。

それが安倍流の「美しい国」という事なんでしょう。
2007/05/24(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/755-991a68b4
「構造主義を学んでいる」と口にすると、すぐに、「今のこの時代に、 そんな古い考え方を勉強して何になるんだ?」という突っ込みを受けることが多々あります。ところが、「構造主義はもう古い」という決め込みは、間違いも間違い大間違い、出川哲郎の恋愛論の
やはり不安でたまりません。このまま突き進んでいざ破綻ということになれば、最も悲惨な貧乏くじを引かされるのは、我々のような、か弱気一般市民であることは明白だからです。もう一度冷静になって、データを整理してみましょう。国と地方を合わせた長期債
2007年5月24日、山口県光市で、会社員本村洋さんの妻と長女が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が1、2審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年だった被告に対する「差し戻し控訴審」が始まりました。広島高裁の楢崎康英裁判長は、弁護側が請
「アムロ…、 地球上に残った人類などは、 地上のノミだということが 何で分からんのだ…!」『劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の中で、ネオ・ジオンの総帥であるシャア・アズナブルはそう叫びました。今、我々人類が生きている地球は、約46億年前
しつこいようですが、何度考えても納得いきませんね。そうです。山口県光市の「本村洋さん妻子殺害事件」です。法律を破って女性と子供を殺害した犯人は現在、我々の税金で三度の飯と風呂が宛がわれている一方で、妻子を虐殺された被害者遺族の本村洋さんは、
宇宙的規模で人間の問題を考察したいと考えているこのアナベル・加藤にも、どうしても軽視することのできない「民族の問題」があります。というより、宇宙という俯瞰的な視野で地球を眺めようとするから、余計に目についてしまうのかもしれません。この視点は、
5月23日に、京都府南部で、今年初めての光化学スモッグ注意報が発令されました。なんでも、京都近郊でこのような注意報を5月中に発令されるのは、1988年以来19年ぶりなのだそうな…。また27日には、北九州市内の全域でも、光化学スモッグ注意報が発令され
またまた「樋口恵子」さんがやってくれました。http://www.sut-tv.com/terakoya/kousi/higuchki_keiko/kousi.htm 5/5放送分の「愛川欽也のパックインジャーナル」というポリティカルトーク番組で、またしても、「私は憲法9条があったおかげで、 戦後の日本は
今、日本という国家の信用性を根幹から瓦解させるほどの恐ろしい大事件が起こっています。そうです。社会保険庁による管理不備が原因の、「不明年金問題」です。社会保険庁が起こした問題は、この「不明年金問題」だけではありません。辻本清美ではあり
参議院議員 桝添要一が気持ち悪い…。…といっても、顔や目つきがというわけではなくて、彼の政治的な姿勢が気持ち悪いのです。4月から「朝日ニュースター」では、桝添要一氏がレギュラーを務める「政治学原論」という番組がスタートしました。http://www.asahi
草野厚という名の慶応義塾大学総合政策学部教授がいます。http://www.kouenirai.com/profile/800.htm サンデープロジェクトなどのコメンテーターとして出演する彼の姿をテレビの画面で見かけた方も多いことでしょう。しかし彼は、いつも話題を遮るような筋違
まだまだ納得がいきません。この国は骨の髄まで腐りきっています。え?「何が?」って…?いやいや…、いろいろあるのですが、今回は薬害C型肝炎の問題を取り上げてみたいと思います。先日放送された「たかじんのそこまで言って委員会」のエンディングで、
緑資源機構による官製談合事件の捜査が進められる中、疑惑の総合商社、松岡利勝農水相が自殺しました。そして今日、官製談合システムの生みの親とされる緑資源機構の陰の首領、森林開発公団(緑資源機構の前身)で理事を務めていた山崎進一氏も自ら命を絶ちました
最近、田原総一朗がやたらと「憲法改正問題をどうするか…?」と騒ぎ立てていますね?「サンデープロジェクト」、「朝まで生テレビ」…、このようなブログを書いている立場上、これらの番組をどうしてもチェックせざるをないのですが、(嫌なら観なければいい
データだけで社会を分析することの危険性は重々承知しているつもりですが、それでもどうしても解せない現実をそこに読み取れることもまた事実です。今、日本には3大国家資格とされている超難関資格試験があります。それは以下のとおり。1.司法試験2.公認会
5月27日放送分のサンデープロジェクトで、「与党のハンドルを握れるか? 公明党 太田代表の覚悟!」と題したコーナーに公明党の太田昭宏代表が出演し、今年夏の参議院選挙に向けての抱負と意気込みを語りました。「サンデープロジェクト」のホームページでは
人類にとっての最大の敵とは、他でもない我々人類自身です。有史以来、地球上のさまざまな地域で、多くの罪なき人々が人間の手によって殺されてきました。なにがブッダなのか…。なにがエホバなのか…。なにがキリストなのか…。なにがアッラーなのか…
小泉純一郎を総理に奉り上げたのも、就任後高い支持率を維持させたのも、すべてマスコミ、特に、テレビというマスメディアです。各局が放送している夕方のニュース番組や、古館の報道ステーションを観て下さい。報道番組とは名ばかりで、視聴者の情動を煽る事
別にオカルト趣味というわけではありませんが、あまりにも気が滅入ってしまったので、今回このブログで取り上げてみようと思い起ちました。これは人間すべてに潜在する本性なのか、それとも、ある特定の人種だけが有する特徴なのか、それを判断することは私にはでき
またまた世界が混迷の闇へと突き進んでいることを教えてくれる衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました。テレビのニュースなどでも広く報じされているので、ご存知の方も多いでしょうが、それは、世界銀行の不祥事にまつわる一連の事件です。アメリカのブッシ
テレビに出演してコメントしている政治家はいつも次のような綺麗事を口にします。「この問題は国民にとって とても大事な問題です。 今後も国民的な議論を きっちりと行っていかねばなりません…」 …って、おい! アホか、あんたら…! 何だよ、「国