FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 歴史認識馬鹿の来日から考える

歴史認識馬鹿の来日から考える
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 韓国と言えば「謝罪と賠償」、「謝罪と賠償」と言えば韓国な訳ですが、その韓国の首相が、またぞろ、新たな謝罪と賠償を求めて、呼んでもいないのに来日されるそうです。

韓明淑前首相が訪日、安倍首相との単独会談も

【ソウル23日聯合】韓明淑(ハン・ミョンスク)前首相が日経フォーラム主催の国際交流会議に参加するため、23日から4日間の日程で日本を訪れる。

 韓前首相は24日に東京で開幕する国際交流会議で、「平和と共同繁栄のアジア共同体建設に向けて」をテーマに基調演説を行う。北東アジアや東南アジアに続きウズベキスタン、カザフスタン、モンゴルなど中央アジアまでを含めたアジア全地域の共同体構築を提案する方針だ。また北東アジアを経由しユーラシアまで「鉄のシルクロード」をつなぐ物流革命構想や、共同の黄砂ファンド設立など環境問題への共同対応案も提示する。また演説では、「アジア共同体の設置と関連し過去の歴史問題が障害となっている」と、日本側に対し誠意ある態度を求めるものと思われる。

 25日には安倍晋三首相と単独会談を行い、歴史問題や6カ国協議問題など、両国の関心事について幅広く話し合う。特に、北朝鮮の核問題解決と日本の拉致問題を別々に対応するよう求める方針だ。

 このほか滞在中には、フィリピンのアロヨ大統領との単独会見、日本に進出した韓国企業や在日韓国人との懇談会も予定されている。

(2007年05月23日 聯合ニュース)


 毎度毎度の事ながら、限りなく鬱陶しいと言うか何と言うか、ほんの少しでも来日する機会がある度に「歴史問題、歴史問題」と、ヴァカの一つ覚えで喚き倒すこの基地外さん達は、日韓基本条約というものを、一体どのように考えているのでしょうか。

 国交正常化に伴う二国間協定において、「完全かつ最終的に解決」されたとある問題を、国内政治の事情から何度も何度も蒸し返す事など、自らの国が条約や協定を一切守らない野蛮な未開国家であると喧伝して回っているようなものであり、これこそ、国辱と呼ぶべきものに他ならないものだと言えます。

 尤も、この問題においては、日本の国辱である紅の傭兵を始めとする粗大ゴミの責任も大きいと言えるものがあり、一方的に連中を責める訳にもいかないとは言えますが、それを考慮に入れたとしても、ここ最近、金大中政権以降の韓国は、完全に狂っているとしか形容のしようが無いものだと言えます。

 こんな馬鹿の馬鹿げた主張を、黙って聞いているだけで、問題が解決する筈が無いという事を、我が国の政府はいい加減に理解し、この物分かりの悪い糞餓鬼どもに対して、きっちりと世の中のルールというものを教え込んでやらねばなりません。

 阿呆の政府は、北朝鮮問題における中韓の協力だの何だのと、国民に対して言い訳を繰り返していますが、真面目な話、この韓国や支那が、例え如何なる理由があっても、北朝鮮問題において我が国の立場に立って物事を考え、積極的に協力をする事などはあり得ないと言えるものです。

 まして、この韓国は、金大中政権以降、完全に親北朝鮮路線を貫いており、我が国に協力するどころか、寧ろ、北朝鮮側の立場にばかり立ち、北朝鮮を無闇矢鱈と擁護する事に終始し、この問題を不必要に複雑化させている諸悪の根源だとすら言えます。

 政府が本当に北朝鮮問題、拉致問題の早期の解決を求めるのであれば、このバ韓国に協力を求めるよりも、寧ろ、この韓国を北朝鮮の協力者であると見做し、直接的・間接的に追い込んでいく事によって、南北朝鮮を丸ごと孤立させていく事によって、活路を見出していく事が必要であると言えるでしょう。

 また、この馬鹿が来日する主目的であるとされている、国際交流会議においての議題である「アジア共同体建設」に関しても、我が国は、この基地外どもの口にする「平和と友好」という言葉に惑わされる事を、いい加減に止めにするべきだと言えます。

 我が国がアジアという地域の一国家である以上、アジアの国々と連携を強化していかねばならない事は確かですが、この連中が口にしている構想は、余りにも現実から乖離した、馬鹿げた理想論の夢物語的なものであり、真面目に付き合う事自体が時間の無駄だと言えるものです。

 こんな、馬鹿の馬鹿話に無駄に割く時間があるのならば、この馬鹿連中に構っている時間を、東南アジアや中央アジア、更には中東の国々との対話の時間へと早々に切り替え、直接的にそれらの国々と話す事によって、具体的かつ現実的な方向で、それらの国々との関係を強化していき、そこから、その共同体的なものへの道筋を見付けていくべきだと言えるでしょう。

 共同体的なものは、この馬鹿どもが主張しているような、理想論的な理念で無理矢理に一つとなり、無理矢理に結束するのでは無く、あくまでそれぞれの国一つずつと地道な対話を繰り返し、そこから共通の利害となるものを見出していき、それを繋ぎ合わせる事によって、自然かつ無難な形で形成していくべきだと言えます。

 それをせずに結果を焦り、破綻してしまったものこそが、戦前・戦中の「大東亜共栄圏」であるという事を、いい加減に悟らねばなりません。

 また、それをせずに理念で無理矢理に一つになった結果が、旧ソ連の無惨な崩壊であり、狂気に満ちた中華人民共和国という国の悲惨な現状であるという事も、いい加減に悟るべきだと言えるでしょう。

 頭の愉快なサヨクは、戦前・戦中と戦後・現在の日本を無理矢理に別物と強弁しようとしますが、この韓国や支那に対する外交の在り方、そして、この「アジア共同体」という構想、全てが戦前・戦中の理念を焼き直したものであり、同じ事を繰り返そうとしているだけとしか思えないものだと言えます。

 本当に、戦前・戦中から少しでも進歩し、同じ過ちを繰り返さないでおこうと思うのであれば、今こそ、「アジア共同体」などという非現実的な理想論を無理矢理に理念で纏めようとする手法から脱却すると同時に、その原因である、支那や韓国との外交の在り方を問い直していくべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル
桜井 誠
晋遊舎 (2005/12)
売り上げランキング: 41158
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

中国人を黙らせる50の方法―ああ言われたらこうやり返せ
宮崎 正弘
徳間書店 (2006/07)
売り上げランキング: 86737
おすすめ度の平均: 5.0
5 絶品!!
5 中国人の代弁者を黙らせる


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>アジア全地域の共同体構築を提案する方針

  こいつらは本気です。

再び活気帯びる「韓日海底トンネル」建設論
http://www.chosunonline.com/article/20070511000034

  昨今、中共による朝鮮への圧力は日増しに強まっており、いったん大義名分が出来ればいつ併合があってもおかしくない状況です。
  北朝鮮も六カ国協議においてアメリカに事実上の核保有を認めさせるなど、抵抗はしていますが、その動きが帰って中国を硬化させているのは間違いありません。拙ブログでも扱った記事を貼っておきます。

中国、白頭山の原生林を伐採し新空港を建設
http://www.chosunonline.com/article/20060816000006

>さらに現在中国は北朝鮮と国境線を成す豆満江と
>鴨緑江の川岸に沿って東辺道鉄道と3つの高速道路
>の建設も進めている。

 
  朝鮮が日本を引きずり込もうとしているのは、中国への対抗のためと考えて間違いありません。第二の日韓合邦をしかけているのです。
  このまま行けば、朝鮮国内に「親日派」が出現し、日本との提携を本気で探るはずです。朝鮮の反日に慣れきっていた日本人(特にネット右翼)は、喜んでこれに手を貸すでしょう。反対する日本人(明治時代なら、伊藤博文)は、テロで暗殺されるかもしれません。

  以下の二つのリンクを参照すれば、安倍政権がこの動きに間違いなく乗るだろうという予測がつきます。

アジア・ゲートウェイ構想
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/asia/gaiyou.pdf

統一教会が推し進める日韓トンネル事業
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/277.html

  何があっても叩きつぶさなければなりません。理性に基づく対朝鮮戦略が必要です。感情で朝鮮を叩けば、一転して親日になったときに簡単に騙されてしまいます。

  要するに、浪人さんが日頃提唱しておられる「日韓断交」こそ、真の国益に結びつく道だということです。朝鮮出身のカルト宗教に汚染された議員、なかんずく安倍内閣は放逐しなくてはなりません。安倍自身が危険すぎます。
2007/05/26(土) | URL | ろろ #-[ 編集]
浪人さんが日々口にしている「日韓断交」をしないかぎり、日本国民の未来は暗いです。
南朝鮮は北朝鮮に併合されるのがベストです。 同じヒトモドキですから。
北朝鮮に併合されれば間違いなく南の人間を飢え死にさせてくれますから。
うざい特亜の国が3から2にへるので、精神衛生上の面でもいいことです。

生きた豚さんを引き裂きの刑にするヒトモドキとの友好なんて考えられません。
よく話し合いで解決をと口にする馬鹿がおりますが、南朝鮮のヒトモドキとの
揉め事を話し合いで解決することは100%無理です。
2007/05/26(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>朝鮮が日本を引きずり込もうとしているのは、中国への対抗のためと考えて間違いありません。第二の日韓合邦をしかけているのです。

成る程、現実の併合は無理にしても、経済などのあらゆる交流で雁字搦めにし、実質上の併合関係にしてしまおうとしている訳ですね。

海底トンネルは、そういう形を完成させる為の重要な要素であると。

>朝鮮の反日に慣れきっていた日本人(特にネット右翼)は、喜んでこれに手を貸すでしょう。

可能性は大でしょうね。

根が単純というか、素直であるが故に、あれだけまっすぐに嫌韓出来る訳ですから。

>反対する日本人(明治時代なら、伊藤博文)は、テロで暗殺されるかもしれません。

その前に、新風のような勢力を、出来るだけ大きくしておく必要がありますね。

簡単には粛正出来ないくらいに。

>朝鮮出身のカルト宗教に汚染された議員、なかんずく安倍内閣は放逐しなくてはなりません。安倍自身が危険すぎます。

同意です。

どれだけ早く、安倍政権を退陣に追い込めるかが肝となってくるでしょうね。
2007/05/26(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>南朝鮮は北朝鮮に併合されるのがベストです。

米国、そして国際金融資本は、完全にその方向でシナリオを組み立て始めていると見て間違いなさそうです。

ゴールドマンサックスは、「BRICs」の次の投資先として、「NEXT11」というのを提唱していますが、その中に「Korea」が入っています。

「NEXT11」には、「国と地域」では無く「国々」とあるのですが、にも関わらず「North Korea」でも「South Korea」でも無く「Korea」とだけある訳です。

そして、朝鮮を統一するにあたって、ゴールドマンサックス等にとって最も都合が良いのは、六者協議上で阿呆の安倍が賠償金を支払いますと約束した、北朝鮮が主体となった併合だと予測出来ます。

南主体である場合は、「日韓基本条約」というものがあり、多少の金は引き出せても、投資リスクを軽減する程は不可能です。

しかし、北を主体とした場合、平壌宣言によって日本からの多額の賠償金を請求でき、投資のリスクが格段に低くなる訳です。

また、北が主体となって南北が統一する事によって、「日韓基本条約」が意味の無い紙切れに変わるというのも重要なポイントなのでしょう。

問題は、阿呆の安倍くんのせいで、朝鮮の復興資金を我が国が殆ど負担しなければならない可能性が大きい事ですが、それ以外では、南北の統一は、おしゃかさんが仰る通り良い事だと思います。

>生きた豚さんを引き裂きの刑にするヒトモドキとの友好なんて考えられません。

あれは、エグかったです。

流石に吐き気がしました。
2007/05/26(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
韓国だけでトンネル掘ればいいじゃん・掘る技術は無かろう。パラオの橋のように、どこかのツウィンタワーも。こんなずさんな建築技術ほってみたら?どうせ日本頼みでしかなかろう。日本海にトンネルなんか絶対必要ない。これ以上朝鮮人に来て欲しくないし、反日をとおりすぎ憎日の朝鮮人が何故日本から離れない。
2007/05/27(日) | URL | さくら #fXR1/82M[ 編集]
>韓国だけでトンネル掘ればいいじゃん

この計画には、かの有名な統一協会が絡んでいます。

である以上、まともな日本人がそう主張したところで、連中の活動を強制的に止めない限り、信者が協力し続けるでしょうし、また、統一教会系のカルトに祝電を送る程に関係の深い首相閣下も、それはそれは好意的な態度を示す事でしょう。

その首相閣下をバックアップしている某大勲位も、その首相閣下に負けず劣らず、統一協会とは強いコネクションを持たれていますしね。

朝鮮原理主義カルトの走狗を政権から追い出さない限り、この流れは変わる事は無いでしょうね。
2007/05/27(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/757-dcc806b6
 いまから10年ぐらい前、在日米軍の将校と話をしていたときのことです。 大東亜戦争をどう見るのかという話題になって、相手の米軍将校が「ミスター江崎は、原爆のことをどう考えているのか」と聞いてきたのです。そのと
2007/05/26(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN