FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 作法としての「反中」

作法としての「反中」
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 支那と言えば言論弾圧、言論弾圧と言えば支那と言っても過言では無いくらいに、同国と言論弾圧とは密接な関係にあり、そろそろ、「言論弾圧発祥の地は支那かも知れない」という学説が飛び出してきてもよさそうと思える程な訳ですが、その支那畜が、またぞろ、その徹底した基地外ぶりを遺憾なく発揮されている模様です。

中国政府、「国境なき記者団」のホームページを数時間で閉鎖

【5月31日 AFP】報道の自由を掲げて活動するNGO「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」は30日、同団体の中国語のホームページが、中国政府のネット警察によって数時間で追跡され、アクセス不能となった発表した。

「国境なき記者団」がAFPへの声明で明らかにしたところによると、同団体はホームページ(www.rsf-chinese.org)を今月3日に開設したが、中国国内で直ちにアクセスが不可能となったという。

 3週間後、ホームページを別のアドレスに移動し状況を確認したところ、数時間で再びアクセスすることができなくなった。同団体は「5月25日、別のインターネットサービスプロバイダーにホームページを移動したが、数時間後、われわれの推測では5-8時間以内には中国国内でのアクセスが不可能となった」と語る。

 また声明によると、中国のネット警察は好ましくないサイトを発見するため、攻撃的なサイトやポルノサイトを検索するための検出器を使用しているとされ、「この結果、中国では数万件ものホームページが現在アクセス不能となっている」とも発表された。

 同団体はすでに中国政府を「インターネットの敵」と批判している。

 専門家によると、中国政府はインターネットの広域検閲システム開設へ向け、約3-4万人のネット警官を採用したと見られている。導入される検閲システムは「万里の長城(Great Wall)」になぞらえ「万里のファイアウォール(Great Firewall of China)」として知られている。(c)AFP

(2007年05月31日 AFPBB)


 流石と言うか何と言うか、自身にとって少しでも不利なものは、如何なる非難が発生する可能性が考慮されようとも、断固として潰しに掛かるその姿勢は、野蛮で下品な支那畜共産党の面目躍如と言うか、基地外染みた執念のようなものを感じます。

 我が国の腐れバカサヨクどもは、漏れなくが漏れなく、この基地外国家の支援者、支持者、或いは信者と言っても過言では無い訳ですが、左翼思想の根本にあるべきもの、即ち「自由」や「人権」といった概念に徹底して敵対し、それを踏み躙り続けるこの基地外を支持するような馬鹿が左翼を語り、それらを活動の前面に押し出すのは、思想やそれらの概念に対する冒涜だと言えるものです。

 発祥がコミンテルンやマルクス思想にあるが為に、未だに左翼と呼ばれる事の多い連中ですが、やはり、何をどう考えても、そんな連中を「左翼」と一括りにして呼ぶ事は、世界各国に数多い本当の「左翼」に対しての侮辱に他なりません。

 やはり、我が国に数多く生息するあの基地外どもは、「サヨク」或いは「売国奴」、若しくは「9条真理教信者」と呼称するのが正しいのではないかと思います。

 話の筋がずれたので元に戻して、この徹底した言論弾圧を繰り返す世界が生んだ最低最悪の人権弾圧国家ですが、当然の事ながら、我が国の基地外お花畑サヨク以外の人間の殆どはこの連中に何かしの嫌悪感を抱いており、日増しに、この連中に対する批判の声は大きくなってきています。

「中国を虐殺者と呼ぼう」と全米で一大キャンペーンが開始
ユダヤ人教会からイスラム、福音派、アムネスティなどが大連合組織

 「反日キャンペーン」なんぞ何処かへ吹き飛ばす、大々的な「反中国キャンペーン」が世界的規模で始まった。

「北京オリンピック=ダルフール虐殺」として、世界の一流紙に「意見広告」も掲載され始めている。

 ユダヤ人組織からイスラム教会の組織、エバンジュリカル、国際アムネスティなど数十の有力な団体が、連合を組んで「ダルフールを救え」という連携運動を組織化し(本部はワシントン)、北京オリンピックのボイコットを呼びかけているのである。

 「ダルフールの虐殺に手を貸すのは中国であり、世界がこれほどスーダン政府を非難しているにも関わらず、その政権に武器を供与し、貿易を拡大させている恥知らずな中国」という激烈な文章が並んでいる。(たとえば日本で簡単に入手できる英字紙『ヘラルド・トリビューン』、5月31日付け、7面の前面意見広告を参照されたい)。

 これほど大規模な中国非難キャンペーンは、89年天安門事件以来。しかも北京オリンピックを恥知らず、虐殺者の競技会などと定義し始めていて、今後の北京の対応が注目される。

 なお、この組織は浄財をひろく世界から募集している。一口25ドル、クレジットカーで支払う。50ドル、100ドル、200ドル、500ドル口がある。
https://secure.ga6.org/08/savedarfurcoalition

(2007年05月31日 宮崎正弘の国際ニュース・早読み)


 今回のこの支那畜共産党の暴挙も、それらに対する紅い貴族どもの危機感、焦燥感の表れであるとも取る事が出来るものであり、仮にそうでは無かったにしても、この連中が少しずつでも追い詰められて来ているという事だけは、確かな事実であると言えそうです。

 「あれだけ巨大で多民族が割拠する地域を統一しようと思うと、多少は強引で無理矢理でも、共産党のような連中が独裁政権を布くしか無い」などという論もよく聞かれますが、そもそも、あれだけ巨大で多民族が割拠する地域を、無理矢理に一つに統一する必要などがそもそも無いのであり、天の摂理に反し、そのような事をするからこそ、その歪みがこのような形で現れるだと言えるものです。

 我が国は、我が国にとって当面の、そして将来における安全保障における最大の問題であるこの国を、この世界的な潮流を利用して、早期に封じ込めに掛かり、出来るならば、分裂せしめる事が肝要であると言えます。

 今現在取り沙汰されている「日中友好」なるものは、基地外サヨクの譫言か大陸利権を貪る既得権者の戯れ言であり、我が国が取るべき方向性は、「日中断交」そして「支那畜の封じ込め」であるという事を、全ての日本人は認識して行動していくべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

2008世界大動乱の予兆―中国発暴落の足音が聞こえる
宮崎 正弘
並木書房 (2007/05)
売り上げランキング: 12025

中国利権のタブー
中国利権のタブー
posted with amazlet on 07.06.01
青木 直人
宝島社 (2007/04)
売り上げランキング: 65514
おすすめ度の平均: 5.0
5 「北京オリンピックを支援する議員の会」によって失われる日本の国益


PR情報
ドメイン、ホスティング、EC、集客、ぜーんぶヤフーにおまかせ!
あなたのネットライフをもっと便利に!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
金儲けしか頭にない各国の企業がチープレイバー目当てに餌を撒いたのが諸悪の根源なのです。

支那や朝鮮はただでさえ他国に迷惑な存在なのに、先進国の投資がやつらを増長させてしまいました。主犯は何と言っても日本の歴代政府や大企業ですが。
2007/06/01(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>支那や朝鮮はただでさえ他国に迷惑な存在なのに、先進国の投資がやつらを増長させてしまいました。主犯は何と言っても日本の歴代政府や大企業ですが。

同感です。

しかし、戦前に全く同じような事をやって、挙げ句に戦争に突入するしかなくなったという苦い経験がありながら、反省もせずに同じ事を繰り返す政治家や財界人は本当に阿呆ですね。
2007/06/02(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
最近 TV番組のなかで 地上波、衛星波とも 奸酷、虫獄の番組の垂れ流しがことに増えてきた。 日本で放送してるのに「吹き替え」すら成されずに 耳障りな言語が垂れ流されている。日本語のテロップを入れるだけで局側としては 楽に番組枠が埋められていいのだろうが、内容は「ステキなOO」国でしかなくマイナス~ネガティブなものは一切含まれてはいない。
これ等の「寒流,奸流」(漢流、韓流)番組に割く時間の10分の1でも 彼の国での日本に対する本音を現したTV番組を放映すれば大多数の日本人の認識は180度転回するだろうに。。
テレビ 新聞等のマスコミが世論を意図的にミスリードし捻じ曲げている現状を憂えます。
2007/06/02(土) | URL | 大清国属高麗国旗大極旗 #-[ 編集]
日清・日露戦争以降の大アジア主義者の亡霊がまだまだいっぱいいる。
マスゴミが変わることを期待しているひとがまだまだおりますが、
自分はもうそんなことは期待していません。

マスゴミは信用しない、利用する。 骨どころか骨の髄まで。

そして利用価値がなくなったら、ゴミの日にだせばいいだけです。
どうせ我々の味方ではないし、たんなる株式会社ですから。

2007/06/02(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>これ等の「寒流,奸流」(漢流、韓流)番組に割く時間の10分の1でも 彼の国での日本に対する本音を現したTV番組を放映すれば大多数の日本人の認識は180度転回するだろうに。。

大陸・半島利権を貪っているマスコミ屋としては、そんな事になっては困るといったところなのでしょうね。

どいつもこいつも売国を生業としている腐れですから。
2007/06/02(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>マスゴミは信用しない、利用する。 骨どころか骨の髄まで。

その通りだと思います。

日本人は、その為の技術を磨いていかなければなりませんね。
2007/06/02(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/765-f98d5583
 スーダン共和国は、面積250万平方km(日本の約7倍で、アフリカ大陸中最大)、人口3623万人の中堅国家である。アラブ人が75%、非アラブ民族が25%の構成。宗教はイスラム教スンニ派が中心。国内を白ナイル川と青ナイル川が流れ、合流してナイル川になるが、
2007/06/02(土) | 陸奥月旦抄
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」を転送します。「わたしは後藤新平の台湾施政を民主台湾の政治の土台にした」   李登輝前総統、後藤新平賞受賞記念スピーチで強調 6月1日午前、六本木の国際文化会館は早朝から異
2007/06/02(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN