FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 報道テロリストTBS

報道テロリストTBS
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今年に入ってから、朝日など目ではない程の凄まじい勢いで不祥事、というかほぼ犯罪に近い行為を繰り返している基地外反日毒電波放送局・TBSですが、またぞろ、マスコミ倫理云々以前に、まとまな思考の人間では考えられない程の碌でもない事を為出かしていた様子です。

遼クンに盗聴工作、TBS非常識取材

 TBSの「ハニカミ王子盗聴未遂」が発覚した。情報番組「ピンポン!」が大会前日3日、石川遼(15=東京・杉並学院高1年)の同伴競技者(43)に小型マイクを装着してのリポートを依頼していたことが5日、明らかになった。さらにこの日は同局の報道番組「イブニング5」が無断でヘリコプターを飛ばして石川のプレーを中断させた。盗聴依頼は同競技者に拒否され未遂に終わったが、度重なる非常識な取材を指摘されたTBS側は、8日に関東ゴルフ連盟(KGA)に謝罪することになった。石川は74でスコアを2つ落とし、通算3オーバーの8位で予選を突破した。

 石川の貴重なプレー中の「ナマ声」をとるために、TBSが前代未聞の盗聴行為を画策していた。情報番組「ピンポン!」の番組ディレクターが3日夕刻、石川と同組でプレーする広田文雄(43)の自宅(長野県須坂市)に、こっそり電話をかけていた。

 広田 3日午後に電話で「石川君の声をとるためにピンマイクをつけて、こちらが想定する質問をしてほしい。謝礼も払います」と伝えられました。もちろん断りました。私も競技者です。ばかにするにも程があります。

 関東アマは60年以上の伝統を誇る公式戦。早大ゴルフ部OBの広田はハンディキャップ9・9以内の規定をクリアして出場した。結果は116位で予選落ちしたが、選手を愚弄(ぐろう)する言動に怒りをあらわにした。「謝礼」は金銭の授受を禁じたアマ規定に抵触する可能性もあった。

 番組ディレクターの暴走は開幕後も続いた。初日の4日、今度はキャディーバッグを運ぶカートにマイクをセットするようKGAの加藤重正事務局長に要求した。「スタート直前に『これをカートに積んでほしい』と、マイクを手渡そうとしてきました。当然断りました」(加藤事務局長)。

 石川にとって初優勝した5月のマンシングウェアKSB杯以来の公式戦。この日の会場にはアマ大会空前の3800人もの観客が駆けつけた。貴重なプレー中の本人のコメントは全マスコミが狙っている。盗聴は未遂に終わったとはいえ、TBSの行為は常識を逸脱していた。

 TBSの暴挙は盗聴だけにとどまらなかった。報道番組「イブニング5」が、主催者に無断でプレー中のコース上空にヘリコプターを飛ばした。この日、石川が14番パー5で、2オン狙いのアドレスに入る直前、上空のヘリが低空飛行で急接近。爆音と風に石川はアドレスを外して「うるさいですね」と不満を訴えた。

 ゴルフのプレーをヘリコプターから撮影することは前代未聞。結局、騒音の中で石川は第2打をグリーン左の林に打ち込んだ。ナイスリカバリーでパーセーブしたものの、続く15番では3パットのボギー。12番のダブルボギー、13番のボギーから立ち直ろうとした矢先の「妨害行為」だった。

 石川は会見で「ヘリはそんなに気になりませんでしたよ。周りに『上を見るな』と言われましたけどね」と笑った。しかし、プロツアー関係者は「風向きも変わる。ツアーでは中継局でもラウンド中は飛ばさない。あり得ない話」と激怒。加藤氏も「TBSは初日にもヘリを無断で飛ばし抗議したばかり」と憤りを隠せなかった。

(2007年06月06日 日刊スポーツ)


 私は、ゴルフには然程の興味も無いし、この石川選手という人の事も余り知りませんが、少なくとも、今回のこのTBSの行動が、マスコミとしては勿論、単純に社会人としての常識を完全に逸脱した異常行為であるという事だけは理解出来ます。

 マスコミであるにしても何であるにしても、報道にフィルターが掛かったり、事実関係が上手く把握出来ていなかったり、意図せずルールを逸脱してしまう事がある程度は、人間がやっている事である以上、仕方がないと言える側面もありますが、このところのTBSの行動は最早そのような次元では無く、完全に報道という名を借りた犯罪行為・反社会行為に他ならないと言えるものです。

 尤も、この腐れ基地外反日毒電波放送局は、これまでも、筑紫哲也という言論テロリストを使い、巧みに法に触れないようにはそうした行為を繰り返し来た訳ですが、このところの連中の行動は、先の不二家に対する捏造報道と言い、今回の石川選手に対する盗聴未遂、プレー妨害行為と言い、最早、絶対に容認すべきレベルでは無い次元に達していると言えるでしょう。

 我々は、我々自身の社会の最低限の秩序を維持する為にも、絶対に、この腐れ基地外反日毒電波放送局から放送権を取り上げ、叩き潰さねばならないと言えます。

 いや、もっと言うならば、このTBSを始めとするテレビ、そして新聞やその他媒体を含めた既存のマスコミ連中が増長する根本原因である、既存マスコミ業界のレジームそのものを叩き潰し、新たに再構築せねばならない次元に達しているとすら言えるでしょう。

 大体、このTBSや朝日新聞などの腐れマスコミどもは、反体制・反権力こそがマスコミの使命であるかの如くに装い、反政府的な言論は勿論の事、我が国が積み上げてきた歴史が作り上げた暗黙のルールや社会通念すらも「絶対悪」であると断じ、それらを盛んに攻撃しますが、そもそも、マスコミという存在もまた、一つの体制であり権力であると言えるものです。

 今回のものを含むTBSの一連の反社会的行動にしても、雑誌やスポーツ紙、WEB媒体という所謂「大マスコミ」というものに属しない媒体があったからこそ、こうして明るみに出て来ていますが、それらの媒体が機能せず、或いは、それらの媒体すらもが現在のマスコミのレジーム下に組み込まれてしまったとすれば、これらの悪事は、決して我々に報道される事無く、闇から闇へ葬り去られてしまう事になってしまいます。

 雑で適当な例で申し訳ないが、極端な話、そういう事態に陥ってしまえば、マスコミが誰か自分達にとって都合の悪い存在を、適当な捏造・歪曲された報道を繰り返して攻撃する事によって、完全に社会的に抹殺する事すら可能になると言えます。

 いや、マスコミの扇動によって世論が容易に動き、下らない品性の欠片も無いムーブメントが起こり得る我が国は、既に、そのような事態の入り口にあるとすら言えるのではないかと思えます。

 我々は、このような事態がこれ以上進んでしまう事を絶対に容認してはならず、絶対に、何が何でも、ここで食い止め、押し戻し、GHQや支那朝鮮が作り上げた反日工作期間と言っても過言では無い既存のマスコミから、我々の社会を取り戻さねばなりません。

 被害に遭われた不二家や石川選手には申し訳なく思いますが、我々は今回の出来事が明るみに出た事を千載一遇の機会と捉え、ここで一気に攻勢に出るべきだと言えます。

 この機会を逃し、既存の腐れ「大マスコミ」連中の増長をこれ以上許してしまえば、本当に、マスコミが支配するマスコミの為の社会が到来し、それを影で操る勢力、即ち米や中朝に祖国を乗っ取られてしまう事態に至る事は必定ではないかと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 5003
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 3747
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論


PR情報
ここでしか買えない新潮文庫の復刻版。ウェブの書斎のオンデマンド本!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
こんにちは。
誰かが止めないといけないTBSですが、当の総務省がTBSに天下りしているとあっては、もはや期待薄ではないでしょうか。
楽天による買収で問題が解決する訳でもなく、むしろ悪化する可能性があると思います。何かとんでもないスキャンダルや不祥事が生じるのを待つしかないという事でしょうか・・・!?
2007/06/06(水) | URL | ITS下田 #YPumrCao[ 編集]
今回もそうだけどTBSの行動はどうも韓国メディアの何でもあり取ったもん勝ちの取材行動パターンに似ているように見えるなあ。

あ、そうかTBSには在日韓国人採用枠ってのがあったっけ。

つまり韓国人DNAの暴走炸裂ってわけ?

普通局内のスポーツ担当部を通すはずだが?(他局はスポーツ担当部に掛け合ったら犯罪に成るって止められた?)

それをすっ飛ばすとは日本人の感覚では考えられませーん!

いや、わかっててやったと思いまーす!

それは在日韓国人が数多くいるTBSだからでーす!
2007/06/06(水) | URL | 我理礼於 #-[ 編集]
ほぼ毎日拝見させていただいています。確かに浪人さんがおっしゃられていることは理解できるのですが、どうも違うような気がします。われわれ一般国民が危惧すべきは、反体制反権力の左巻きおバカではなく(こんなもの無害です!)、同じTBSでいえば、情報番組のメインキャスターでありながら体制べったり発言を臆面も無く「繰り返す『みのもんた』やその取り巻きでしょう。浪人様が守られようとするのは我々とはかけ離れたところのある体制なのですか?
2007/06/06(水) | URL | ウルトラライト #-[ 編集]
日本のマスコミが愚かな行為を繰り返すのには絶望感を覚えます。しかしそれにかこつけて的外れな指摘をされる浪人様にもたいがい、へきへきします。一部のマスコミ・・・ジャーナリズムが反体制・反権力であることに何の問題があるのでしょう!?むしろ、大新聞の老オーナーが某保守政党の老大物議員とっベッタリ交際したり、情報番組のMCが時の総理と会食・歓談したりする方がおかしいでしょう。ジャーナリズムや報道に生きるものが体制や権力から一定の距離を置かないことは、悲劇以外の何物でもありません。
2007/06/06(水) | URL | ウルトラライト #-[ 編集]
 そうですかねえ?
 ジャーナリズムの定義には「体制・権力」から距離を置く事は含まれません。それは『報道の自由』の定義ではないのですか?少なくとも、『マスコミュニケーション論』という分野ではそういうことになっています。
 浪人さんが指摘したいのは、この『報道の自由』と『ジャーナリズムの義務』のどちらが優先されるかであって、体制や権力に付くとか離れるとかいう基準ではありませんよ。ウルトラライトさんは反体制がお好きなようですが、もしそれを望んでこのブログをご覧になっているのであれば、あなたの希望に沿う論点はここにはないと思います。
 そういう意味で、浪人さんの主張には的外れな指摘は殆んどありません。論理的な矛盾もありません。首尾一貫しております。どうぞ、ご安心を。
2007/06/06(水) | URL | あに #XvJ68fHQ[ 編集]
>当の総務省がTBSに天下りしているとあっては、もはや期待薄ではないでしょうか。

確かに、現状ではそうですね。

ただ、あくまで可能性の話ですが、世論全体がTBSの停波以外はあり得ないというくらいに盛り上がれば、事態は変わらないとも限らないと思っています。

>楽天による買収で問題が解決する訳でもなく、むしろ悪化する可能性があると思います。

何とも言えないところです。

これ以上に下があるのか、という疑問は残りますが、少なくとも良くなりはしないでしょうね。
2007/06/07(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>TBSには在日韓国人採用枠ってのがあったっけ。

朝鮮人そのものの存在もありますが、朱に交われば何とやらで、連中と同じ思考回路になっている日本人も多数いるのでしょうね。
2007/06/07(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私も、余りにも的外れな頓珍漢な批判には、いい加減辟易としています。

あにさんが分かり易く説明して下さっていて、それで十分かとも思うのですが、執筆責任者として、もう少し補足しておきますね。

それでは、体制・権力と反体制・反権力について3点ほど。

確かに、読売の老害のように権力にべったりというのは問題ありですが、それが駄目だから即ち「反体制」であるべきというのは、余りにも短絡的に過ぎます。

ジャーナリズムの使命は「反体制・反権力」である事では無く、ただ単純に真実を追究して事実を事実として伝える事です。

阿呆な「自称ジャーナリスト」が、「ジャーナリズム」は「反権力」であるべきと騒ぐのは、その道程において、結果として「反権力」になる事が多い事を逆手にとった一種のポーズであり、そこに重点を置き、固執する事は、パラドックス的に「ジャーナリズム」を阻害する事になり得ます。

「ジャーナリズム」に関わらず、目的と手段を履き違えたところには、正解などは無いと言えるものです。

次に、あなたを含め、反体制をやたらと強調する人間は、反体制や反権力である事と反日・反国家である事を混同し過ぎています。

反体制である為に反国家的である必要は無いし、また逆に、愛国である為に政府や体制を擁護する必要も無いと言えます。

最後に、あなたは読売を体制派、そしてこのTBSや朝日を反体制派と見做しているようですが、それは大きな間違いでしょう。

もし、TBSを反体制派であると仮定するならば、それがこれだけ不祥事を連発しているのを、体制派が静観しているのは余りにも不可思議であるとは思いませんかね。

私が体制派、即ちこの場合の政府であったならば、直ちにTBSに対して徹底的な攻撃を始めるよう、党や省庁に対して命令します。

では、何故に政府はそのように動かないのか。

これは、一つ前の事にも繋がりますが、答えは、この連中は反日・反国家ではあるものの、反体制では無いという事です。

記者クラブなどに代表される特権を与えられた、立派な体制派な訳です。

ようするに、この連中の正体は、体制に保護されながら反体制というポーズを取り、スポンサーの創価や在日の為に反日工作をしているという極めて倒錯した存在だという事です。

では何故、そのような気持ちの悪い存在を、政府は容認しているのか。

口先だけのポーズでも、一応は反体制を語っているのならば、ここから先くらいは御自分で考えられてはと思います。

ついでですが、毎日見ているなどと、つまらない嘘は吐かなくて結構ですよ。

非常に不本意ながら、私がこのブログで述べているような論説は、現状では立派な反体制派と呼ばれるものです。

適当に1エントリーを斜め読みしただけなら兎も角、毎日見ていれば、そんな事は薄々は分かりそうなものです。

政府は阿呆だ間抜けだと発言し、安倍内閣の退陣を要求して、可能ならば政権交代を起こし、そこからの政界再編を望んでいるような「体制派」は、この世には存在しませんからね。
2007/06/07(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
言葉足らずの論説に、分かり易い補足、どうもありがとうございます。
2007/06/07(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>非常に不本意ながら、私がこのブログで述べている
>ような論説は、現状では立派な反体制派と呼ばれるものです。

  その通り。しかし、私は支持します。

  こちらのブログの良さを一言で表現すれば「是々非々に徹する」ことです。おそらく、浪人様にあっては、麻生や中川昭一であっても、ひとたび日本国民に害を及ぼすような兆候を見せれば、即座に取り上げ、変節を嘆き、手痛い批判を加えることでしょう。私も見習わなければならないところです。
  カテゴライズして反対派を叩く(こういう単細胞なブログは多数派と言ってもいい)のは楽ですが、何も発展しません。浪人さんが今後もその姿勢を貫いてくれるものと期待します。
2007/06/08(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>しかし、私は支持します。

ありがとうございます。

>麻生や中川昭一であっても、ひとたび日本国民に害を及ぼすような兆候を見せれば、即座に取り上げ、変節を嘆き、手痛い批判を加えることでしょう。

そんな事にはならないで欲しいとは思いますけどね。

ただ、中川昭一氏はまだ大丈夫そうですが、麻生氏は最近怪しい言動が増えてきたように思えます。

恐らく、次の政権を狙って、米国との距離を測っているのだと思いますが、策士策にに溺れるという可能性は十分にありますから、支持している人間も、注意しておかなければならないでしょうね。

かの故橋本元総理も、総理総裁になり、支那のハニートラップに引っ掛かる前までは、保守本流の超エリートであり、日本のエスタブリッシュメントの代表のような存在であったという事を、保守も右翼も記憶に留めておくべきだと思います。

>浪人さんが今後もその姿勢を貫いてくれるものと期待します。

そうありたいと思いますし、そうあれるよう努力していこうと思います。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/770-642ceafa
楽天に買収されることが余程困るということか、 TBS系列の全国のテレビ局27社が、楽天によるTBS株の買い増しに反対しているTBSに、大エールを送った。 それを伝える共同通信の記事 『TBSを系列27社が支持 楽天の株買い増し方針で』 (抜粋) 声明は、「
2007/06/06(水) | 加賀もんのブログ
 6月4日の天安門事件記念日にあわせて、来日した中国民主化運動のリーダーである魏京生氏が、成田で入国拒否を受け、入国できないでいます。 なぜ、安倍総理と麻生外相のもとで、このような事態が起こるのか。 
2007/06/06(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
遼クンに盗聴工作、TBS非常識取材石川の貴重なプレー中の「ナマ声」をとるために、TBSが前代未聞の盗聴行為を画策していた。情報番組「ピンポン!」の番組ディレクターが3日夕刻、石川と同組でプレーする広田文雄(43)の自宅(長野県須坂市)に、こっそり電話をか
「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさ...
2007/06/07(木) | ぼやきくっくり
TBSがハニカミ王子の声ほしさに、なんと盗聴取材を企てていたとは…。TBSの昼の情報番組「ピンポン!」のスタッフが、千葉県で開催中のゴルフの関東アマチュア選手権に出場している石川遼選手の声を録音しようと、大会前日の6月3日、同伴競技者に小型マイクの装着を依頼し..
 高校野球関連で噴出したスポーツ特待制度の是非についての問題ですが、アメリカの、この制度について触れた記事がありましたので、扱っておきます。 その記事は 『続きを読む』 のすぐ後に書きます。 ゴルフのハニカミ王子、石川遼選手の出場した試合での、 TB...
2007/06/07(木) | 月の静寂、星の歌
 先日終わったばかりの大相撲夏場所は、あまりにも酷い座布団乱舞で幕を閉じた。優勝候補筆頭だった朝青龍が大崩れしたから座布団が飛ぶのはある程度予想はしていたのだが、今場所は特に単なる憂さ晴らし的な座布団投げが目立った(朝青龍が勝った取組にも座布団が飛んでい
2007/06/09(土) | 相撲徒然語り