FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 人権ゴロと朝鮮人による日本侵略

人権ゴロと朝鮮人による日本侵略
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 インターネット上に出回っている噂が全て本当では無いにしても、他の在日外国人と比較すれば、ありとあらゆる部分において優遇され、特権を与えられている事は間違いない我が国の寄生虫、税金泥棒、病原体である在日朝鮮人。

 そんな病的なまでの嘘吐きで強欲な腐れ外道が、またぞろ、ちんけな理屈を持ち出して、新たな「在日特権」を獲得しようと躍起になっている模様です。

民団が推進「再入国許可制度の適用免除」運動

永住者は居住国へ帰る権利がある

 民団は、再入国許可制度を永住韓国人に適用することは自国(居住国)を出、再び自国(居住国)に戻る権利を侵害するものであるとして、日本政府及び国会に対して「出入国管理及び難民認定法(入管法)第26条による再入国許可制度」の適用から免除することを求め、6月1日から署名運動を開始した。日本も批准している「市民的政治的権利に関する国際規約」(自由権規約)第12条4項は「何人も自国に戻る権利を恣意的に奪われない」と定めている。同項の「自国」とは「自らの国籍国」のみでなく永住者の「定住国」をも含むと解釈されている。自由権規約の実施機関である規約人権委員会(HRC)は、かねてから日本に対し、永住韓国人らに関して入管法第26条の適用除去を強く勧告している。

■□
人権規約委の対日勧告

許可制除去 強く要請
「法相裁量は権利奪う可能性」


 自由権規約は第12条(移動・居住・出国および帰国の自由)第2項と第4項で、「すべての者は、いずれの国(自国を含む)からも自由に離れることができる」「何人も、自国に戻る権利を恣意的に奪われない」と定めている。ここにおける「自国」とは、単に「国籍国」だけでなく、定住し永住する外国人にとって「居住国」を意味する。

 HRCは、自由権規約の各締約国が規約を誠実に順守することを監視することを目的に、規約第28条にに基づいて77年に構成され、締約国政府報告書や第一選択議定書に基づく個人通報について審議を行っている。

 HRCは98年10月5日に日本政府の自由権規約国内実施状況に関する第4回報告書の審議を終え、日本に対する「最終見解」を採択した。その「主要な懸案事項および勧告」のひとつとして「入管法第26条」について次のように指摘している。

 「出入国管理及び難民認定法第26条は、再入国許可を得て出国した外国人のみが在留資格を喪失することなく日本に戻ることを許可され、そのような許可の付与は完全に法務大臣の裁量であることを規定している。この法律に基づき、第2世代、第3世代の日本への永住者、日本に生活基盤のある外国人は、出国及び再入国の権利を剥奪される可能性がある。

 委員会は、この規定は、規約第12条2及び4に適合しないと考える。委員会は、締約国(日本)に対し、『自国』という文言は、『自らの国籍国』とは同義ではないということを注意喚起する。

 委員会は、従って、締約国に対し、日本で出生した韓国・朝鮮出身の人々のような永住者に関して、出国前に再入国の許可を得る必要性をその法律から除去することを強く要請する。

 委員会は、政府に対し、これらの最終見解を基礎に行動を起こし、第5回報告の準備に際してこれらを考慮に入れることを要請する。また、委員会は、締約国がその国内法を規約に完全に沿ったものとするために、その法律の見直し及び適切な改正を行うことを継続するよう勧告する」

 このようにHRCは、在日永住者らに再入国許可申請を課し、法務大臣の裁量で不許可にできる入管法第26条は規約違反であると明示し、「見直し及び適切な改正」を勧告している。

 HRCはまた、99年10月18日に採択した自由権規約第12条に関する「一般的意見」で「『自国』の範囲は『国籍国』という概念より広く、国籍所有者だけでなく、当該国と特別なつながりなどがあり、ただの外国人だとは見なされない個人を含むものであるから、締約国の定期報告書には永住者の居住国に帰る権利に関する情報が含まれなければならない」と明記した。

 こうしてHRCは、規約第12条の「自国」は「国籍国」という概念より広く、在日の2世、3世、4世などの永住者が日本へ戻る権利を認めたものであるとの見解を繰り返し明らかにしている。

日弁連も「是正」提言

 一方、日本弁護士連合会は、第4回日本政府報告書に対するHRCの「最終見解」発表に先立ち、98年9月に報告書を発表。その中で、再入国の許否が法務大臣の自由裁量であることを批判、「出入国管理法上の再入国許可制度を在日韓国・朝鮮人などの永住者に適用することは、規約第12条が保障する自国を離れ、自国に戻る権利を侵害するものであるので、これを直ちに是正すべきである」と日本政府に提言している。

(2007年06月06日 民団新聞)


 まず、そもそもの話な訳ですが、在日朝鮮人にあるのは「永住権」では無く、あくまで「永住許可」であるという事を、この朝鮮人どもは長く自分の足で立つ事もせず、寄生し、依存し続けてきたが為に忘れていると言えます。

 この、人権委員会なる人権ゴロの言っている事に筋が通っているか否かよりも、まず、何故に自分達寄生虫ごときに、そのような「許可」が降りているのかという事を、カプサイシンでぶっ壊れた頭で少しは考えてから発言しないから、多くの日本人は在日に対して怒りを感じ、嫌悪するのだという事を、いい加減に少しは理解して頂かねばなりません。

 そして、この人権ゴロの言っている事に筋が通っていると仮定しても、最終決定権は我が国にあるのであり、そういう権利を持っているにしても、その権利の対価としての義務を一切果たそうともせず、その「自国」と定義される対象に対して貢献するどころか仇ばかり為しているような連中の再入国を認める義務など、絶対にありはしないと断言出来るものです。

 大体、在日が一人減ればその分だけ、一般のごく真面目に生きている日本人の財政的負担は軽くなり、精神的苦痛は少なくなり、日本社会は明るく活気付くという事実も踏まえず、寄生虫ごときのみの言い分を鵜呑みにして、勝手気儘な戯れ言をほざいている人権委員会とは、一体何の為に存在するのかという話です。

 偉そうにも「人権委員会」だなどと名乗っているのならば、そういう異常精神の寄生虫の手前勝手な我が儘によって阻害されている、ごく一般の日本人の人権についても少しは考えやがれという話です。

 戦後、経済的・財政的理由から我が国に密入国してきた分際で、自身の行動を正当化する為だけに「強制連行」だなどとありもしなかった事実を吹聴し、我らが父祖の名誉を傷つけ、何食わぬ顔で我が国の富を喰い漁っている寄生虫によって阻害されている日本人の人権の事も考えず、何が「人権委員会」だという話です。

 最早、我々日本人は、「人権委員会」だの何だのという御大層な名前に騙され、強欲で恥知らずな寄生虫の手前勝手な我が儘を、絶対にこれ以上許してはならないと言えます。

 この在日朝鮮人どもに与えられている「特別永住許可」の根拠である南北朝鮮戦争も事実上終結している今、これ以上に過大な権利をこの寄生虫どもが要求するのであれば、直ぐ様、その「許可」を取り消して祖国へ送還する事を政府・外務省に対して要求していかなねばなりません。

 これ以上、中途半端な似非ヒューマニズムから、寄生虫どもの我が儘を許し認める事の方が、余程に真の意味での「人権」を蔑ろにする行為であり、祖国に対する裏切りであり、それを育んで来た父祖に対する冒涜であるという事を、全ての日本人は自覚するべきであると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

在日の地図 ~大韓棄民国物語
山野 車輪
海王社 (2006/10/24)
売り上げランキング: 53384
おすすめ度の平均: 4.0
1 で?だから何?
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』
野村 旗守 宮島 理 李策 呉 智英 浅川 晃広
宝島社 (2006/05/23)
売り上げランキング: 8693
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
ドメイン、ホスティング、EC、集客、ぜーんぶヤフーにおまかせ!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
これがTBSの新入社員(南朝鮮人)
がぞう→http://homepage2.nifty.com/oshaka-nikki/gazou/TBS%20chong.jpg
そーす→http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=90&corner=9

彼らの母国も二度目の国家破産寸前ですし、最近の在日はやけに余裕がないようだ。
浪人さんのサイトにも嫌がらせをするヒトモドキがふえてきましたね。
きっとヒトモドキにとっては、「つうこんのいちげき」なのでしょう。
2007/06/07(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
 昨日は、体制・反体制で物事を測る、日刊ゲンダイのような古典的な意見の書き込みを見て、むしろ新鮮な気持ち(笑)でした。

 しかし、なぜに日弁連という組織は曲がりなりにも弁護士の集まりでありながら、こうも日本語を解せなくなっているのでしょうか。浪人さんが
>在日朝鮮人にあるのは「永住権」では無く、あくまで「永住許可」である
とおっしゃるように、日本の法律には『永住権』という規定は存在しないんですね。あるのは『永住許可を「受ける」こと』であり、更に在日に限っては「特別」永住許可なんです。つまり、「許可」は本人の法令順守の態度いかんでいつでも取り消せるということです。ですから、在日にとって日本は『永住者の「定住国」』には該当しないんです。
 彼らの常套手段である「騙し」技はもっとあります。「永住」する権利を、「永遠(に許可更新しなくていい)」の権利にすり替えている点です。しかも、再入国制度には最長3年の「数次許可」があり、これを受けてしまえば期間内に何回でも出入りが可能なので、「自国に戻る権利を侵害するもの」などというは相当に悪意に満ちた拡大解釈でしょう。
 そもそも、日本人が犯罪に巻き込まれた場合、戸籍をはじめ当局の捜査対象になるものはいくらでもあって人物特定がしやすい反面、在日には戸籍はないわ、住民票はないわ、指紋押捺もない。あるのは外国人登録証のみ。それが再入国許可さえもなくなってしまうと、在日による犯罪の人物特定が更に困難になります。(実は再入国許可申請は、本国のパスポート更新による新しいパスポート番号の報告という、とっても大切な役割を負っているんです)
 実は私の奥さんも外国人(ベトナム)で、つい最近永住許可が出たばかりですが、外国人は住ませてもらっているのであり、間違っても住んでやっているわけではないのは、自分の家族や自分自身について語る際にも然るべき感覚だと思います。

 「在日特権の廃止」の公約一点だけとっても、来たるべき参院選では『風』を吹かせなければならないと感じています。
2007/06/08(金) | URL | あに #XvJ68fHQ[ 編集]
  人権や平等という理念は、時限爆弾のようなもので、一度仕掛けると何十年、何百年あとになってその国を破壊するのです。現在のイスラム系移民だらけのEUがそうですし、朝鮮人やカルト宗教が跋扈する日本もそうです。

  なぜそうなるのか。そもそも「人権」とか「平等」とかいう観念が唱えられた背景を考えてみればわかることなんです。

  啓蒙思想家が生まれた時代というのは、富裕市民が好き勝手にやりたいけれどやれなかった欲求不満の時代でした。国王や貴族や教会のような保守勢力が、土地に土着して文化伝統を支配していたからです。啓蒙思想はこういうものを「遅れている」「古くさい」「人間的でない」として攻撃しました。
  そして、それはフランス革命という成果を挙げました。ヨーロッパ最強の保守勢力であったブルボン王朝を滅亡させることに成功したのです。それに続くナポレオンの欧州席巻で、近代国家の理念がヨーロッパに行き渡りました。富裕市民が「財産権」や「契約自由の原則」というものを逆手にとって、好き勝手やれる時代が来たのです。
  その富裕市民が、どういう人種の人間達だったか、もう言わなくてもおわかりでしょう。彼らが大手を振って歩けるようになったのも「信教の自由」のおかげなんです。そのおかげでゲットーから出て、金で土地や人間を買い漁ることができるようになったのですから。

  このようなウツクシイ理念に国家を破壊されないためには、多数派が、きちんとした土着の文化伝統を保ち続けるしかありません。しかし、それもどこまで持つか・・・。自分は皇室や伊勢神宮
がやられたら、もう日本は終わりだとおもっております。
2007/06/08(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>彼らの母国も二度目の国家破産寸前ですし、最近の在日はやけに余裕がないようだ。

確かに、あれだけ救いが無い状態というのも、かなり珍しい状態ですね。

正直、今現在持ち堪えているだけでも奇跡的に感じます。

>浪人さんのサイトにも嫌がらせをするヒトモドキがふえてきましたね。

それでも、ウチはまだマシなようです。

出来れば、これ以上酷くなって欲しくはないですけどね。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>昨日は、体制・反体制で物事を測る、日刊ゲンダイのような古典的な意見の書き込みを見て、むしろ新鮮な気持ち(笑)でした。

日刊ゲンダイ、確かに思考パターンとしては同じですね(笑)。

>しかし、なぜに日弁連という組織は曲がりなりにも弁護士の集まりでありながら、こうも日本語を解せなくなっているのでしょうか。

弁護士の使命というものを、根本的に勘違いしているのが多いのでしょうね。

ある意味、悪徳に近いような拝金主義の弁護士の方がまだマシなのかも知れない程、反権力というのに酔っている似非人権主義者が多く、その派閥が日弁連を支配しているという最悪の構図が原因ではないかと思います。

>外国人は住ませてもらっているのであり、間違っても住んでやっているわけではないのは、自分の家族や自分自身について語る際にも然るべき感覚だと思います。

朝鮮人にその感覚は無いでしょうね。

何しろ、礼儀においては右に出る者は居ないなどと、とんでもないブラックジョークを真顔で言える連中ですから。

>「在日特権の廃止」の公約一点だけとっても、来たるべき参院選では『風』を吹かせなければならないと感じています。

同感です。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>人権や平等という理念は、時限爆弾のようなもので、一度仕掛けると何十年、何百年あとになってその国を破壊するのです。

そういう側面がある事は否めないでしょうね。

今更、王侯貴族の時代に戻るなどという事は出来ないし、また、戻る必要も無いとは思いますが、ろろさんが仰るような背景があった事だけは、理解し踏まえておく必要があると思います。

そういう事を理解しないで、人権や平等を「至上の価値観」と勘違いした結果が、サヨクという「成れの果て」なのでしょうね。

>自分は皇室や伊勢神宮がやられたら、もう日本は終わりだとおもっております。

私もそう思います。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/771-18e7fea5
日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長   藤田 達男 ●カナダ・トロント在住の中国系画家、劉溢氏の油絵『北京‐2008』は、東アジア情勢を巡る日・米・露・中・台の五者関係を暗喩しているのではないか、という議論が華人系ネ
2007/06/08(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN