FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 李登輝氏の靖国参拝に思う

李登輝氏の靖国参拝に思う
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、台湾の李登輝元総統が、九段の靖国神社への参拝を遂に実現されました。

李登輝氏が靖国参拝 戦死の実兄しのぶ

 来日中の李登輝前台湾総統(84)は7日午前10時すぎ、亡兄の李登欽氏が「岩里武則」の日本名で合祀(ごうし)されている東京・九段の靖国神社を初参拝した。

 クリスチャンである李登輝氏は政治、歴史、宗教を切り離し、フィリピンで戦死した兄を持つ私人として、実兄の英霊に一礼した。

 李氏は到着殿から曾文恵夫人らを伴って内部に入り、靖国神社側によると「(本殿で)昇殿参拝をした。遺族として参拝された」という。また、同行した作家の曽野綾子さんによると、李氏は靖国側の指示に従い、おはらいを受けた後に本殿で一礼した。

 参拝には、日本側からは曽野さんの夫、三浦朱門さん、西村真悟・衆院議員らが同行。台湾側から台湾独立建国連盟の黄昭堂主席らが付き添った。

 李氏は参拝を前に宿泊先のホテルで記者会見し、「靖国神社に参ります。62年間、会ったことのない兄を靖国神社で合祀し、遺霊を守ってくれることに感謝してきます。これは個人的な立場であり、政治的にも歴史的にも(関連づけて)考えないでください」と目頭を押さえて、実兄を思う弟の気持ちを訴えた。

(2007年06月07日 産経新聞)


 当然の事ながら、実兄の英霊を慰霊するという人間として普通の行動を理解出来ない蛮族集団、北京の中国共産党は、この李登輝氏の行動を受け、直ぐ様、不愉快極まりない反応を示した様子。

中国、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を

 中国外務省の姜ユ報道官は7日北京での定例記者会見で、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を示しました。

台湾独立を企んでいる李登輝氏は、7日午前、フィリピンで戦死した兄を偲ぶことを口実に、東京の靖国神社を参拝しました。午前10時過ぎ、李登輝氏は妻と共に靖国神社に到着し、40分かけて本殿を参拝しました。

 これについて、姜ユ報道官は、「日本での行動から、李登輝氏が企んでいることはわかるだろう」と指摘しました。

 世論は、「李登輝氏は靖国神社を参拝して、台湾独立を企む下心を見せた」と指摘しています。2001年に、李登輝氏は日本の首相による靖国神社参拝を支持したことから、世論に「日本の軍国主義に洗脳された民族の堕落者」と厳しく非難されたことがあります。(翻訳:姜平)

(2007年06月07日 中国国際報道局)


 まあ、支那畜野郎のこのような反応は何時もの事であり、今更、目くじらを立てて怒り散らす程の事でも無いのかも知れませんが、それにしても情けないのは、これら一連の出来事に対して、一切の主体的な反応を示せない我が国政府・外務省であると言えるものです。

 「元総統であるとは言え、今現在の李登輝氏はあくまで一私人であり、彼が犯罪者やテロリストで無い以上、我が国が入国を拒む理由は何一つ無い。また、日本国では国籍を問わず移動の自由が保障されており、李登輝氏が何処へ赴こうとも、明らかな立入禁止の場所を除けば政府として口を挟むような事は出来ないし、するつもりも無い。これ以上に中国が我が国に対して何かを要求したりする事は内政干渉であり、許される事では無い」

 必要以上に政治的な問題を絡ませなくとも、たったこれだけの事を主権国家としての立場で表明すれば良いだけの話であると言えます。

 にも関わらず、阿呆でヘタレの政府が為した事と言えば、日本国としての立場からでは無く、ただ単純に支那畜への言い訳として李登輝氏が「私人」である事に言及しただけで、それ以上の事は殆ど何も言えていないというのが現状だと言えるでしょう。

 だからこそ支那畜は、そういう弱腰を見越した上で、こういう事を大上段に構えて偉そうにのたまわっているのだと言えます。

 また、逆に、現在では一私人であるにしても、台湾という国の元国家元首として、政治的影響力が十分以上にあると政府として認識しているのであれば、来日に際しても、支那畜生が如何に文句を垂れてこようが、それなりの待遇で出迎えるのが筋だと言えます。

 そして、そのような人物が、例え兄への慰霊の為であるにしても、日本国の英霊が眠る靖国神社に参拝して下さったのならば、政府として、日本国民の代表である内閣総理大臣として、李氏に対して感謝の言葉を述べるのが筋であると言えます。

 今回の「靖国神社に参ります。62年間、会ったことのない兄を靖国神社で合祀し、遺霊を守ってくれることに感謝してきます。これは個人的な立場であり、政治的にも歴史的にも(関連づけて)考えないでください」という旨の李氏の言葉は、本来ならば、そういう言葉を受けた上での返答として受け取るべきものだったと言えるでしょう。

 そういった事など何もしない癖に、そういう待遇を受けるどころか、反日メディアに付け回されて好き勝手に書かれている李氏に過剰に気を遣わせて、そういう言葉を先に言わせるという事が、余りにも国家として情けないとしか言い様が無いものです。

 真面目に、そんな糞ボケがよくも「徳育」だの「美しい国」だのと、寝惚けた事を恥じらいも無く口に出来るものだと感心してしまう程だと言えます。

 人間として当然の礼儀も支那畜様が怖くて示せない超弩級のヘタレが教える徳育、そして、それによって作られる美しい国。

 極めて性質の悪いブラックジョークにしか聞こえないのは、私だけでは無いものと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは
李 登輝
小学館 (2006/04)
売り上げランキング: 1144
おすすめ度の平均: 4.5
4 「武士道」雑感或いは解説
4 中国との関係についても
5 品格のある日本人の必読書

ニッポン人なら読んでおきたい靖国神社の本
別冊宝島編集部
宝島社 (2005/08/09)
売り上げランキング: 146635
おすすめ度の平均: 5.0
5 ニュートラルな記述がよい
5 中立的で、意外といい本


PR情報
無料サービス満載のお得なレンタルサーバー
中古車探すならカーセンサーnet
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ようやく靖国参拝できるような環境に日本が変わってきたと前向きに受け止めたいところですが

『李登輝友の会(http://www.ritouki.jp/)』から引用ですが

『中尊寺は、李氏の訪日直前に訪れた中国の仏教関係団体から「李登輝氏を特別扱いしたら、今後の仏教交流は中止する」との圧力を受け入れ、当初の歓迎予定を全てキャンセル。一般客と同じ扱いにすることを関係者側に通告した。李氏一行の到着に際して、中尊寺側は出迎えを一切控えた。』

まったく情けない限りですな
2007/06/08(金) | URL | うにょ大佐 #-[ 編集]
>人間として当然の礼儀も支那畜様が怖くて示せない超弩級のヘタレ

「庶民の王者」には会いに行くけど靖国神社には参拝しない。

首相の相互訪問の原則を破ってまで、シナに出向いても、靖国神社には参拝しない。

日本のフリーターを放置して、シナ人留学生の受け入れを推進。

残業代無し。労災消滅法案を推進。

シナ・財界の下僕ですな。ホンマ。
2007/06/08(金) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
ネット右翼、馬鹿保守にとって一番痛いところですよね。すなわち、教育をカイカクしろと言いながら「なんのために」や「誰がどう」という議論をしないことです。

まあ、安倍というのはその程度の人物で、小泉の真似をして「何かぶっ壊せるものはないかな」と探したら、教育業界だったというだけなんでしょう。

だいいち、彼は口では愛国だの美しいだの言いながら、やってることは対外的には「にわか強硬発言」と、その直後の「過剰な謝罪」ばかりです。彼が戦う政治家たりえているのは、国内の労働者や中間層に対してだけで、実態はイジメそのもの。こんな人間の提唱するキョーイクカイカクを信用する親がいるんでしょうか。そんなのはケンポーカイセーとかいう覚せい剤でラリっているキ〇ガイだけです。

李登輝さんが胸を張って自慢できた日本の姿は、そこにはありません。
2007/06/08(金) | URL | ろろ #-[ 編集]
>浪人様
今回のエントリー、全面的に賛同致します。
きっとバッサリやってくれると思ってました。

今回の件で改めて確信したのはやはり、安倍総理が
「首相就任前にするはずだった李登輝氏との会談を
ドタキャンした」事と、「訪中を成功させる為に、
靖国参拝を控える密約を結んだ」というのは本当
だったのだな、という事ですね。

しかし青森の脱北者の韓国移送といい、政府や外務省は
責任と面倒を避ける為なら、ここまで素早く行動出来る
のだな、と変な感心をしてしまいました。
2007/06/08(金) | URL | きこり #-[ 編集]
浪人さんが仰る通り、「人間として当然」の事を李元総統閣下はされただけです。支那の下僕に成り下がっている我国の国賊議員共は、これを見ても「恥」とすら感じないんでしょうね。

そういえば大東亜戦争末期の「北のひめゆり」で有名な9人の女性達も靖国神社に祀られていますよね。
私は初めてこの話を知った時、自然と涙がこぼれた記憶があります。

自国の為に戦われ、英霊となられた方々が祀られている靖国神社に、支那朝鮮が五月蝿いという理由で参拝しないクズ議員。前から思っていましたが本当に万死に値すると思います。
2007/06/08(金) | URL | スサノオ #-[ 編集]
中尊寺の行動は、本当に情けない限りです。

仏門に入った人間が、権力、それも外国の権力の脅しに屈してそのような真似をするなど、本当に言語道断です。

>ようやく靖国参拝できるような環境に日本が変わってきたと前向きに受け止めたいところですが

残念ながら、まだまだそのような環境では無いと思います。

前首相は、確かに参拝しただけマシですし、8月15日の参拝それ自体は評価しますが、「何故、参拝するのか」というのを、魂の部分で示せなかったのは致命的だったという事でしょうね。

尤も、初めから無いものは示しようも無い訳ですが、それでも、もしここを示せていれば、劇的に状況が変わった可能性は高いと思います。

そして、安倍氏を支持した保守や右翼は、その部分を安倍氏に期待した訳ですが、ものの見事に裏切られた。

そこに気付いた人間はどんどんと安倍支持を撤回していっている訳ですが、気付けない阿呆と最初からそんな事関係無い似非だけが、未だに安倍ちゃんマンセーをしている。

これが現状といったところですかね。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>シナ・財界の下僕ですな。ホンマ。

全くその通りだと思います。

ちなみに、どうでもいい事ではあるのですが、恐らく、名前欄とタイトル欄を間違えられたのだと思いますが、名前欄を空白にしてしまうと、名前が
<丶`∀´>
になってしまいます。

お茶目な悪戯心な訳ですが、気を付けて頂ければと思います。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>まあ、安倍というのはその程度の人物で、小泉の真似をして「何かぶっ壊せるものはないかな」と探したら、教育業界だったというだけなんでしょう。

でしょうね。

>彼は口では愛国だの美しいだの言いながら、やってることは対外的には「にわか強硬発言」と、その直後の「過剰な謝罪」ばかりです。

全くその通りだと思います。

あれは恐らく、謝る前振りとしての「強硬発言」なのでしょうね。

最初は「頭がイタい」だけかと思っていたのですが、ここまで連発されると、最早、そうとしか思えないものがあります。

>李登輝さんが胸を張って自慢できた日本の姿は、そこにはありません。

全くの同感です。

実に嘆かわしいばかりではありますが。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>今回の件で改めて確信したのはやはり、安倍総理が「首相就任前にするはずだった李登輝氏との会談をドタキャンした」事と、「訪中を成功させる為に、靖国参拝を控える密約を結んだ」というのは本当だったのだな、という事ですね。

私もそう思います。

安倍ちゃんマンセー信者の人は、安倍氏を特亜に対する強硬派と言い張りますが、就任以来の何処をどう切っても、完全に親中派以外の何者でもありませんしね。

韓国に対しても、どう考えてもまともな対応はしていませんし、唯一の売りである対北朝鮮にしても、余りにも腑に落ちない点が多すぎます。

「安倍発言」を単独で見れば、安倍ちゃんマンセー信者の言う事も間違ってないとも言えますが、他国の首脳や外交部の言動、今現在の北朝鮮の状態を見れば、「安倍発言」は完全にポーズ以外の何物でもありません。

そんな「主張する外交」で造られる美しい国。

これまた、素晴らしいブラックジョークですね。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>支那の下僕に成り下がっている我国の国賊議員共は、これを見ても「恥」とすら感じないんでしょうね。

こんな連中を当選させない為にも、最低でも比例代表制という制度だけは絶対に無くす必要がありますね。

民主主義社会を続けていく以上、如何なる制度下であっても、弊害として少数の害悪が国政に入り込むリスクは常にありますが、そういう輩を必要以上に増殖させる危険性に充ち満ちた制度は、早急に無くさないと本当に危険だと思います。
2007/06/08(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/772-4560571e
イチイチうるさいな…  李登輝氏、靖国参拝へ=中国政府の反発必至                      時事ドットコムより引用>来日中の李登輝前台湾総統は7日午前、記者団に対し、靖国神社を参拝すると言明した。李氏を「台湾独立勢力」の代表的人物と
2007/06/08(金) | ☆独断雑記 XYZ
何言ってるんだか…  中国、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を    ?  CRI onlineより引用>中国外務省の姜ユ報道官は7日北京での定例記者会見で、日本が李登輝氏の来日を許可したことに改めて強い不満を示しました。 >台湾独立を企
2007/06/08(金) | ☆独断雑記 XYZ
 初夏の日本を訪れ、芭蕉の「奥の細道」を探訪された李登輝氏。離日前に、令兄の祀られる靖国神社を参拝された。懐かしい亡兄の英霊に親しくご挨拶されて、李登輝氏の思いは如何許りであったろうか。同氏念願の靖国参拝を、私は心から慶賀する。 産経新聞によれば、李登輝
2007/06/09(土) | 陸奥月旦抄