FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 政府、メディアの支那畜報道から考える

政府、メディアの支那畜報道から考える
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 支那畜人民共和国にて生産された製品が、人体にとって危険極まりないものである事は、既に、ほぼ全ての日本国民が認識している事であると思われます、またしても、新たに、その支那畜人民共和国にて凄まじい事が行われていた事が明らかになった模様です。

回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道

 【北京=佐伯聡士】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。

 中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。

 同紙によると、規定では、紙ナプキンにはいかなる回収紙も使ってはならないが、実際には、低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。製紙工場に10年勤めた男性は、「原料の中には、使用済みの生理用ナプキンや病院が廃棄したガーゼもある」と証言。恐ろしいのは色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたという。

 低価格のつまようじも、状況は同じ。海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出されたという。これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明。また、使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもあるという。

(2007年06月10日 読売新聞)


 言葉も出ない程に圧倒的。

 既に、モラルだの何だのの次元では無く、頭の捻子が漏れなく全て飛んでいるとしか思えぬ所業であると言えるでしょう。

 エイズウィルスが、人体の外で感染力を維持したまま生存出来るのかどうかという問題は置いておくにしても、そんなものが検出されるような代物を、製品として出荷し、商品として代金を得て売り捌くという神経自体が異常である事など、まともな人間ならば考えるまでも無い事だと言えます。

 こんなものを安全であると強弁し、安全性に不安があると報道する事は消費者の不安を無用に煽る行為だから止めるべきだと主張しているのが中国共産党という連中であり、そういう連中による愚民化政策の下に支配されている国が中華人民共和国という国であるという事を、政府もマスコミも国民に対してもっと積極的に知らせなければならないと言えます。

 しかし、非常に残念な事ながら、阿呆の政府は「日中友好」などという絵空事の実現に夢中になるあまり、現実として目の前にあるこれらの問題を極力矮小化しようとし、マスコミも、朝日・日経あたりを筆頭として、これらの出来事を極力隠蔽する為、殆ど歪曲に近い報道を繰り返しているというのが現実だと言えるものです。

 読売や産経は、前者に比すればまだ比較的まともに報道しているとは言えますが、こちらはこちらで、支那畜の報道はしていても、米国、例えば狂牛病肉に関する報道などに関しては、前者と同類と言っても差し支えのない歪曲報道を繰り返していると言えます。

 また、支那畜の悪行を報道しているとは言っても、その根本的原因である中国共産党という大虐殺者集団の本質、連中の狂った為政、それにより日々刻々と悪化している支那の状況などには踏み込んでおらず、報道機関としての使命を果たしているとまでは言い難いものです。

 この状況下において、我々一般の国民が出来得る事はと言えば、出来るだけ幅広い情報を自分自身で集め、それらを比較する事によって事実と虚偽を選別し、可能な限り真実に近づく努力をし続ける事のみであると言えます。

 これは、口にするだけならば然程に難しい事では無いように感じられますが、極端な話、これを極限にまで突き詰めたものが諜報活動、つまりはスパイの仕事であるという事を踏まえれば、これを本気で毎日実践し続ける事は限りなく難しい事であると認識出来るのではないかと思います。

 プロの諜報員でさえ、読み違え、自己の生命はおろか祖国さえも危機に陥れてしまう事がある程だとなれば、尚更、その難易度の高さが理解出来るものだと言えます。

 しかし、政府や各省庁の深いところにまで、支那や朝鮮、更には米国の息が掛かった売国奴が侵入している我が国においては、ごく一般の国民一人一人が、プロの諜報員なみの「情報リテラシー」を身に付けない事には、亡国を免れる事が出来ない程の状況に追い込まれていると言えるものです。

 支那という国の脅威は、単純な軍事力によるそれだけで無く、先に騒がれていた食品、更には今回報道されている生活雑貨などの分野において、ある意味では核兵器などよりも恐ろしい次元で目前に迫って来ているものであるという事を、国民一人一人が強く自覚せねばなりません。

 政府やマスコミが一定以上の信頼すらもおけない存在と堕している以上、我々一般の国民は、自分自身で自己の身を守れるだけの力を身に付ける以外、日本国の滅亡を免れる術は既に無いと言えます。

 そして、「情報リテラシー」、即ち正しい情報と誤った情報を正しく選別し、状況を正しく読んで行動出来る力こそが、今最も求められている力なのではないかと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/10/26)
売り上げランキング: 9151
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー
森 達也
理論社 (2006/12)
売り上げランキング: 8062
おすすめ度の平均: 5.0
5 10代、20代の若い人たちにぜひ! と、おすすめしたい一冊
5 考えることの大切さ
5 テレビのチカラ!


PR情報
検索結果で上位表示させるための簡単な方法
ニ ッ ポ ン ダ ン デ ィ ?
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
支那は水不足・環境汚染・疫病の蔓延で必ず崩壊しますので、売国議員が支那に援助できないように監視しましょう。
支那のマーケットは米国や欧州の白人どもに喜んでくれてやりましょう。
支那の人口は多いですが、その大多数は字の読み書きもろくにできない貧乏人です。
ですから支那人の頭の中には契約の概念が全く無いことを、白人どもに体で理解させてやりましょう。
これですこしは白人どもも懲りるだろう。
あと13億のマーケットなどとぬかしている評論家は、支那からカネをもらってそういうことを口にしている非国民です。
彼らにだまされてなけなしの財産を失わないようにしましょう。
2007/06/10(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
仰る通りだと思います。

支那の利権などは全て白人に呉れてやり、我が国は支那とは基本的に関わらないようにするのが一番です。

支那のマーケットで儲けようなどと企んでいる暇があるのなら、どのようにして支那という脅威をあの大陸に封じ込めておくか、台湾とも連携して、きっちりと考えておくべきですね。
2007/06/11(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
  メディアが支那に対して異常なまでに好意的なのにも関わらず、このようなニュースが出始めた辺り、報道されない恐るべき事態が山ほど隠れているということなのでしょう。安倍政権が支那への圧力を強めている、というのは、ネット右翼の妄想に過ぎません。
  まあ、いずれにしろ支那崩壊のとばっちりを受けないように、かの国とのチャンネルを細くする、すなわち「鎖国政策」を導入すべきでしょう。894年の遣唐使廃止や、1689年の唐人屋敷建設のようなことをするのです。チャンネルが細くなるだけですから、能天気な馬鹿が持ち出す「国際協調」にも反しません。また、日本は死活的資源を支那から輸入していない(石炭くらいだが、これもオーストラリアの方が割合が大きい)ので「国際分業・相互依存」を喧伝するグローバリストの批判も当たりません。

  支那相手に鎖国するには、まず国際電話をつながりにくくし(ケーブルが切断したとか、理由はいくらでもつけられる)、日支間の航空機の便数を制限することから始めればいいでしょう。現状は利便がよすぎます。だから、変なウイルスが日本に貼ってきてしまうし、毒野菜や汚染つまようじの「商談」が成立してしまうのです。もしこれが実行されれば、面白いことになるでしょう。あれほど日本を小日本とか日本鬼子などと呼ばわっていたのに、「電話を早く復旧させて下さい」などと頭を下げてくるのですから。
  しかし、問題になるのは、前者が総務省、後者が国土交通省という、売国系の大臣をトップに据えた有害官庁の管轄だということです。
  次にもし麻生氏が首相になるなら、この二つの部署にどんな人材を据えるかによって方向性が見えるはずです。3代続けて創価学会員が国土交通省を牛耳ったら、私は反麻生派に回るつもりです。
2007/06/11(月) | URL | ろろ #-[ 編集]
成る程。

とても良い戦法だと思います。

問題は、仰るように総務省と国交省が売国大臣の管轄だという事ですね。

ただ、恐らく、総務省の方は何とかなると思うのですが、仮に、麻生氏が総理の座を射止めたとしても、国交省から創価を引き離すのは、限りなく難しいのではないかと思います。

道路公団が民営化されたと言っても、いや寧ろ、中途半端に民営化された公団の利権は恐らくかなり大きなものとなっており、2代続けて国交相を担っている創価の連中は、そこにかなりの利権構造を完成させている筈だと推測されます。

それをみすみす手放す可能性などはほぼ皆無で、これを画策しているという事が連中の耳に入っただけで、自民党の媚創価の連中にかなりの圧力を掛けてくる筈だと考えられます。

党内に絶対的な基盤を持っている人間なら兎も角、お世辞にも大派閥とは呼べない弱小派閥の長である麻生氏がこれを撥ね付ける事は恐らく不可能で、仮にそのような行動に出たとしても、その為の闘争だけで無駄なエネルギーを大量に消費し、内閣の推進力を失ってしまう結果となる可能性は大だからです。

その戦術を実現させる為には、まず、公明党潰しを実現させる必要があるでしょうね。

次期総理に誰がなるにしても、全てはそこを実現しない事には前には進まないように思われます。
2007/06/11(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/774-0f981c69
  私は猛烈に腹が立っています。以下のニュースのせいです。<子供公費負担>誕生から高校卒業1600万円 総務省試算http://www.excite.co.jp/News/politics/20070610030000/20070610M10.118.html--------以下引用--------  子供の誕生から高校卒業
2007/06/11(月) | 日々是勉強
回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果..
食品や薬品に対する安全性に疑問符が打たれている中国で、今度はリサイクルに対する意識の薄さが問われています。中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとにした中国の有力紙「南方週末」の報道によると、中国では規定に反するリサイクルが行われ、レストランな