FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 売国奴は限りなく

売国奴は限りなく
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

東シナ海ガス田試掘、認めぬ意向 二階経産相

 二階経産相は14日、和歌山県日高町で開いた「一日経済産業省」であいさつし、中国と協議中の東シナ海のガス田問題について「日本も試掘をして元気にやったらいいと言いたい人もいるが、私はその道を取らない。内弁慶のことを言っても仕方がない。もっとねばり強く解決して両国の発展につなげていく」と述べ、試掘を認めない考えを明らかにした。

 経産省はすでに、東シナ海の中国との中間線の日本側海域で帝国石油に試掘権を付与しており、手続き上は帝国石油から試掘の申請があれば試掘を認めることになる。経産相の発言は、申請があった場合でも、帝国石油との協議の中で試掘を認めない方針を示したものだ。

 東シナ海のガス田をめぐっては、日本側は中国が生産の準備を進めている「春暁」(日本名「白樺」)など、中間線をまたぐガス田での共同開発を提案しているが、今月の非公式の局長級協議でも進展は見られていない。
(2006年01月14日23時04分 asahi.com)
高村元外相、首相の靖国参拝を批判

 自民党の高村正彦元外相は18日、CS放送「朝日ニュースター」の収録で、小泉首相の靖国神社参拝について、「戦争美化の気持ちがないことはわかるが、外国の誤解を解くことが大変。なぜ反対するかわからない、ではすまない話だ。日本の政治家として配慮して頂きたい」と批判した。加藤紘一元幹事長も同番組で、「靖国問題と、それに端を発する日中問題は単に『心の中の問題』で片づけられない」と批判した。

 高村氏は「靖国参拝を総裁選のテーマにしたのは元々、小泉総理。橋本氏と争ったとき、橋本氏が争点にするのを避けて言葉を濁したのに対し、小泉さんは参拝の姿勢を明確にし、票が小泉さんに大きく流れる要素になった。心の問題を政治の問題にしたのは小泉総理だった」と指摘した。
(2006年01月18日23時22分 asahi.com)

 何故この国には、潰せども潰せども真夏の蚊のごとく、売国奴の方々が沸いて出てくるのでしょうか。

 社民共産のごとき、共産国家の工作機関ならばともかく、日本の与党自民党の閣僚に、このような反乱分子が存在していることが、腹立たしくもあり、悲しくもあります。

 口を開けば、「中国様中国様」とおよそ自由と民主主義の国である日本とは、相容れないであろう言論統制人権弾圧国家のご機嫌を伺い、日本を貶め、およそ必要ないであろう反省を促し、根拠のない贖罪意識を植え付けようとする。

 そんなに中国が好きなのであれば、勝手にピースボートにでも乗って中国に行けばいいと思うのですが、ご自身は弾圧されるのが嫌らしく、決して居心地のいい日本から出て行こうとはしてくれません。

 ありもしない旧日本軍の蛮行を声高に叫び、現在眼前で起こっている中共のチベット弾圧を見過ごし、自国の領土領海が侵されても、侵略者に気を使いペコペコと頭を下げ、堂々と内政干渉してきている外国の意見に賛同の声を上げる。

 何故このような馬鹿が選挙に受かるのか、私には甚だ疑問なのですが、馬鹿を支援する大馬鹿がまだかなりの数存在するというのが、悲しい現実といった所なのでしょうか。

 日本国民の皆さん、もう傍観者でいるのはやめにしましょう。

 これ以上極悪なマルキストの侵略を許してはいけない。

 声を上げて闘うことをはじめましょう。

 自由と平和とは自らの手で勝ち取るものです。

 ほんの小さな声であろうとも、叫び続ければ必ず大きな力となっていきます。

 我々一人一人の小さな行動が、やがて大きな運動となり、世界の日本を創りあげる力になっていくのです。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

日本を貶(おとし)める人々
渡部 昇一 新田 均 八木 秀次
PHP研究所 (2004/01/22)
売り上げランキング: 38,435




  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/78-fb1f1e85
高村元外相、首相の靖国参拝を批判2006年01月18日23時22分 自民党の高村正彦元外相は18日、CS放送「朝日ニュースター」の収録で、小泉首相の靖国神社参拝について、「戦争美化の気持ちがないことはわかるが、外国の誤解を解くことが大変。なぜ反対するかわからない、で