FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 韓国王の誕生

韓国王の誕生
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 民主的な選挙で選ばれた大統領と基本的に世襲が多い国王とは全く異なる存在である。

 そのような事我が国では小学生でも知っている事であり、わざわざ差異を並べ立てて説明をするまでも無い事な訳ですが、やはりと言うか、どうにも、この人達は理解していなかった様子です。

盧大統領側近が「大統領の口を封じる憲法」を批判

【釜山19日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の最側近で、「参与政府評価フォーラム」の常任執行委員長を務める安熙正(アン・ヒジョン)氏が19日、中央選挙管理委員会が前日に盧大統領の発言を選挙中立義務違反と決定したことに対し、「大統領の発言と口を封じるとはどの国の憲法の発想なのか」と選管を非難した。

 安委員長は同日、釜山での講演を通じ、「国の王であり、家の家長になるべき大統領が連日、選管から警告を受けている」と切り出し、憲法でも大統領の政党所属は否定されておらず、大統領が政治的な発言をしない道理はないため、政治的中立という言葉は成立しないと指摘した。その上で、国政指標を守ろうとする大統領の正当な発言権まで奪うことは選管の正当な権利なのかを問いたいと主張した。

 また、大統領と選管は同じ憲法機関とは言えず、権力の正当性は選出職からだけ出ると前置きし、選管が任命職だからと無条件でひざまずけというわけではないが、今回の決定は行政首都法を数人の憲法裁判官がひっくりかえした時と同じだと批判した。

 安委員長は特に、独裁政権で国家権力の下手人役をした任命職の公務員が、民主化されたので権力を恐れないでいると非難し、選管が大衆の前で政治活動までしながら言論権力のご機嫌を伺いながら機関を運営してはならないと述べた。

 さらに、国民によって選出されていない権力が、国民を恐れずに自分勝手にしているのではないかとし、任命職の公務員は国民の拍手を受けて調子に乗ってはならず、検察総長、選管、憲法裁など任命職の機関は忠実でなくてはならないとの持論を展開した。

 その上で、大統領の中立義務とは、国家機関を動員して特定政党の落選運動をしたり特定政党を推したりすべきではないということだと主張した。

(2007年06月20日 聯合ニュース)


 まあ今更な事ではある訳ですが、改めて強く思ったのは、こんな連中と友好関係を結ぶ事など本当に不可能だし、仮にその余地が何処かにあるにしても、そんなものを結ぶメリットは何一つ無いという事です。

 絶対王政が悪いという訳では無く、独裁制にしても場合によっては有効である事は認められるものであり、それ自体を批判するつもりなどは毛頭無い訳ですが、こうも法律にしても体制にしても恣意的に自分勝手に解釈するような連中となど、関わり合う事自体が有害だと言えるものです。

 まあ、もともと朝鮮人とはこういう連中なのであり、今まで縁を切らなかった我が国にも責任はある訳ではありますが、それにしても、先のイカれた遡及法の採用といい、ここ最近のこの連中は、余りにも狂い過ぎていると言えます。

 こんな出鱈目な理屈が許されるくらいならば、初代大統領が決定されたその時点で、その後の命運は既に決定したと言っても過言では無いものであり、そもそも、大統領制を採用する意味すらも無くなると言えるでしょう。

 大体、百歩譲って「大統領は国王で国の家長」というこの朝鮮人のトンデモ説を認めるにしても、それでも、「大統領の発言と口を封じるとはどの国の憲法の発想なのか」という発想はおかしいと言えるものです。

 憲法の役割とは、国民の権利を保障する事、国柄、国の有り様を示す事、そして、絶対的なものになりがちな権力に対して、一定の縛りを掛けるものな訳ですから。

 まあ、もう正直、本当にこんな完全に民主主義の意味も糞も理解出来ず、制度も何も半世紀以上も運用しておきながら理解出来ていない「成熟した民主国家(笑)」とは、さっさと縁を切って袂を分かつべきだと言えます。

 結局、何かDNAレベルでの大変革でも起こらない限り、この連中は永遠にこのままという事であり、我が国と何らかの理念・価値観を共有出来るようになる事は、200%あり得ない事だと言えるでしょうから。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

韓国人につけるクスリ 2打!
中岡 龍馬
オークラ出版 (2006/07/31)
売り上げランキング: 35191
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録
坂 眞
飛鳥新社 (2006/12/28)
売り上げランキング: 20391
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

署名はこちらから


PR情報
日本最大の求人情報!楽天仕事市場 / 全国の求人総合サイト
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
  もちろん、一つ目は「法治国家」という観念を理解できていないことです。

  もうひとつは、ここ。

>国の王であり、家の家長になるべき大統領

  どうやら、こいつらの認識によると、「国の王」や「家長」は、何をやってもとがめられることがない絶対的存在のようです。
  日本も家父長制度があり、それなりに厳格(言い換えれば鬱陶しい)なものだったようですが、それでもここまで勘違いしている馬鹿はいなかったでしょう。

  李氏朝鮮の両班を見ればわかるように、あの国では上に立てば立つほど自堕落になり、下の者から収奪することが生業になります。だから、こういう認識が権力者のデフォルトなのかもしれませんね。
  そういう意識を持たず、曲がりなりにも国家の存立に向けて奉仕する人間だったのがパクチョンヒであり、それも日本帝国陸軍の残滓だというのが皮肉なところです。
2007/06/21(木) | URL | ろろ #-[ 編集]
>もちろん、一つ目は「法治国家」という観念を理解できていないことです。

冷静に考えると、元弁護士が法治国家の概念を理解出来ていないって、とんでもなく恐ろしいですね。

>日本も家父長制度があり、それなりに厳格(言い換えれば鬱陶しい)なものだったようですが、それでもここまで勘違いしている馬鹿はいなかったでしょう。

勘違いしている馬鹿は勿論居ましたが、基本的に日本の家長制度は、権限も大きいかわりに責任はそれ以上に重大ですからね。

勘違いしている馬鹿にしても、自分がその責任から逃げているという事実だけは認識出来ていましたので、ここまで勘違いする素地が無かったという事でしょう。
2007/06/21(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
今の代頭梁も 前の大統領を 追い落として政権に就いた訳だ。前の大統領が 自分の党を支持し 反対党を攻撃する「政治的意見」を重ねたとしたら、この側近らは 認めただろうか?
 いつでも自分の立つ位置によって 意見をコロコロと変える 二枚舌~三枚舌が 半島人だ。法律というものは たとえ 悪法であっても施行されている間は遵守しなければならないものだ。 そういえば 過去に 日帝に協力的だった人々の財産を取り上げるという 素晴らしい法律も 最近できた「放置コッカ」でしたネ・・・・・・・・・
2007/06/22(金) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
問題は韓国だけじゃなく、世界中がこの方向に進んでるってことでしょうか。事実に基づかずに他国を裁く立法府とか、資金洗浄や核実験をやった国に安易に妥協する行政府とか、動物愛護のためなら人間でも殺す連中とか、死刑阻止のために腐った屁理屈を並べる弁護士とかね。自分が法の下僕だということを忘れて、法を支配していると勘違いしている奴ら。
2007/06/22(金) | URL | 友衛 #EBUSheBA[ 編集]
まあ、期せずしてダブルスタンダードに陥ってしまう事は、人間には往々にしてある訳ですが、これだけ堂々と、一片の恥じらいも無く誇らしげに披露出来るのは朝鮮人くらいのものでしょう。

法治主義が理解出来ないのは、戦前は日本が、その前は清帝国が、そして今は米国がそのお膳立てを全てしてやり、自分達で四苦八苦した事が無いという部分も大いに影響しているのだと思いますが、それを差し引いても、余りにも酷すぎますね。

連中は、一度、一から自分達だけで国を作り直すところから、何百年かかってでもやり直すべきです。

例え、その道程で滅んでしまう可能性の方が遙かに大きいにしても。

朝鮮以外の殆どの国は、皆そういう道を歩んできた、そして今も歩いている訳ですから。
2007/06/22(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
仰る通りかと思います。

我が国も、一度立ち止まってじっくりと考えるべきでしょうね。

あくまで「国民の代表」に過ぎない内閣総理大臣が、「最高権力者」を自分で名乗っているようでは、「目くそ鼻くそ」と言われても言い返す事も出来ませんし。
2007/06/22(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/786-f1fd47b6
 「米下院の下衆が、26日に”いわゆる従軍慰安婦問題”で日本に公式謝罪を求める決議案を採決する」のに先だって、「ネット有志による河野談話の白紙撤回を求める署名運動」が行われています。 ご存じだとは思いますが
2007/06/21(木) | 子供達の未来