FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 毒電波フロム北朝鮮

毒電波フロム北朝鮮
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 全てが嘘と捏造で塗り固められた痴情の楽園・北朝鮮。

 そんな素敵な国際社会のゴミが、何やら愉快な嘘を世界に発信しようとしている模様です。

北朝鮮「2003年に日本が北朝鮮女性を拉致」

 北朝鮮は26日、日本が2003年10月18日に北朝鮮女性のト・チュジさん(58)を拉致したと主張した。

 在北京・北朝鮮大使館は26日午前9時(現地時間)、北朝鮮大使館で国内外のメディアを対象に共同記者会見を行い、日本が4年前にト・チュジさんを拉致したと発表した。

 この会見にはトさんも同席した。この会見でトさんは「2003年10月に豆満江で悪い人たちにジープに乗せられ、在瀋陽日本国総領事館を通じて、日本へ強制拉致された」「3年7カ月間日本で生活したが、今月21日に日本を脱出して、現在は在北京・北朝鮮大使館で保護を受けている」と主張した。

 この日トさんは記者団の質問に一切答えず、北朝鮮映画『民族と運命』の主題歌を歌いながら会見場を後にした。

 トさんは1949年10月28日に神奈川県川崎市でト・サンダルさんの三女として生まれ、1960年に帰国船に乗って北朝鮮に入国したという。

(2007年06月26日 朝鮮日報)


 最早、長々と御託を並べる必要も無いでしょう。

 これが「朝鮮」です。

 こんな、銀河系の果てまで探し回っても代わりが存在しない程の基地外が主張しているのが「強制連行」であり「従軍慰安婦」であり「野蛮な日帝による弾圧」な訳です。

 真剣に、こんな連中をまともに相手にしている人間の方が頭がおかしい、イカれているのであり、まともな人間ならば、この一事だけでも、朝鮮人などという連中をまともに相手にする事が如何に馬鹿らしい事か理解出来ようというものです。

 まあ、調べるまでも無く、こんなものは嘘と分かる訳ではありますが、我が国には北朝鮮シンパの基地外が多数存在しており、放っておくと無い事まで有った事にされる危険性がある為、一応調べてみると、案の定、嘘でした。

北「日本4年前に北朝鮮女性強制拉致」

 (北京=連合ニュース) コン・ヨンソク特派員 = 26日、北朝鮮は、日本が4年前の003年10月18日、北朝鮮女性ト・チュジ58)氏を無理やり拉致したと主張した。

 週中北韓大使館は、この日の午前 9時(現地時刻)北京市内の北韓大使館でト氏を陪席させた内外信の合同記者会見で語った。

 彼女は 「何日後中国宣揚(瀋陽) 駐在日本総領事館を通じて日本に行った」「2003年11月21日から日本で腰を据えて生活した」と語っている。

 ト氏は1949年10月28日、日本神奈川県川岐でト・サンダル氏の三女として生まれたが、1960年に親と一緒に第48次北送船に乗って北朝鮮に帰国した。

 彼女は 「3年7ヶ月の間日本に住みながら感じたことは、幼い時暮した日本とはあまり変わったということ」「故郷を尋ねたがなじまなかった」と語った。

 彼女は「毎日新聞に殺人事件、息子が父母を殺して老いた老人が数ヶ月目に発見された事件が載っているのを見て独身生活を送る私の将来が心配なった」と語っている。

 ト氏は日本を脱出した同期と関連、「日本当局者たちが『子供を連れて脱出出来なかったのか』と言った時、子供達がいる祖国に帰るべきと思った」と説明した。

 彼女は「子供達が北朝鮮で幸せに生活しているという便りを聞き、早く子供達を見に行きたいという思いで一杯になった」「毎日睡眠薬とお酒で夜をあかした」と語った。

 ト氏は記者会見を終わりに、北朝鮮芸術映画「民族と運命」の主題歌を歌って過去の暴露記者会見で万歳三唱をした時とは違う姿を見せた。

 これと関連した記者会見で北朝鮮専門家たちは、六者協議再開を控えて拉北者問題解決を立てている日本との交渉で出端をくじく為だと分析している。

(2007年06月26日 NAVERニュース)


 簡単に要約すると、「貧しさに耐えかねて子供を見捨てて脱北し、日本に亡命したものの、勘違いで思い込んでいた程に裕福な生活は送れず、それなら子供のいる北朝鮮の方が良いと思い帰る事にした→こんな事になったのも全て日本が悪い→ウリは拉致されたニダ」と。

 5歳児の方が、もう少しまともな論理を構築出来そうです。

 これを聞けば、まともな人間ならば、在日どもの言っているところの「強制連行」なるものが何であるのか、実に明快に理解出来ようというものです。

 阿呆の米国は、この基地外どもに扇動されて「謝罪要求決議案」を外交委で可決させた模様ですが、10年もしない内に、阿呆に乗せられた超弩級の阿呆として歴史に名を刻む事となるでしょう。

慰安婦決議案、米下院外交委で可決=来月本会議採択へ-謝罪要求、安倍政権に痛手

 【ワシントン26日時事】米下院外交委員会は26日(日本時間27日未明)、第2次大戦中の従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案を賛成39、反対2の大差で可決した。決議案への支持は共和、民主両党に広がっており、7月中に本会議で採択される公算が大きくなった。法的拘束力はないが、採択回避を求めてきた安倍政権には外交上の痛手となりそうだ。

 決議案は日系のマイク・ホンダ議員(民主)が1月末に提出。旧日本軍が若い女性を「性的奴隷」にしたと非難した上で、日本政府に公式かつ明確な謝罪のほか、教育の徹底などを求めている。採決前にラントス外交委員長らの提案で一部修正され、「首相が公式の謝罪声明を出せば、これまでの声明の誠意について繰り返される疑問の解決に役立つ」との文言が盛り込まれた。

(2007年06月27日 時事通信)


 まあ、米国の阿呆どもには別の狙いもあるのであろう事は確かですが、その狙いとやらも、今回の基地外鮮人の勝手な馬鹿な行動により、芽を潰される事となるでしょう。

 まさに、アホでマヌケなアメリカ白人

 「呪うのならば、朝鮮人なんかと一時的にでも手を結ぼうとした己の短慮と浅慮を呪うべきだ」と、同盟国として優しい言葉を掛けてやるのも吉かと思います。

 まあ、まだ外交委を通過しただけの話であり、本会議で採択されるかどうかまでは分かりませんが、されようとされまいとに関わらず、今回の北朝鮮の馬鹿な自爆特攻により、長期的には我が国に有利な風向きとなってきた可能性は高いと言えます。

 厳しい戦いである事は間違いありませんが、少なくとも、最も味方にしてはいけない連中が敵であるという事だけは、不幸中の幸いであると言えるのかも知れません。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします


中学生にも分かる慰安婦・南京問題
西村 幸祐
オークラ出版 (2007/06)
売り上げランキング: 10633

署名はこちらから


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
リピーター続出!税理士からの即回答!インターネット税務相談
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
亜米利加幕府はイラクやアフガン相手に精一杯で、支那相手に軍事力を行使する余裕がありません。
亜米利加幕府からしたら運がいいことに、江沢民(支那・上海閥)の頃とは違って、
コキントウ(支那・北京閥)と金正日(金氏朝鮮)は、めちゃくちゃ仲が悪いことが判明しました。
そこで亜米利加幕府の中の人は、外交政策で支那を封じ込めるための包囲網をつくることにしました。
亜米利加幕府は、表向きは金氏朝鮮と仲が悪いことになっておりますので、
水面下で「壷売屋さん」を経由して金氏朝鮮と「対支那」で手を組むことにしました。
飯島酋長(南朝鮮)は亜米利加幕府ほか4カ国から放置プレイをくらっています。
しょせん南朝鮮なんかメインプレイヤーではありません。
プーチン(ロシア・元KGB)は「台本ありの米朝落語なんか見てらんねえ」といわんばかりに、
対支那包囲網に加わらないだけでなく金氏朝鮮に経済制裁をしました。
日本国内では、支那で信者を増やしたい「庶民の王者」が総理大臣にこう言いました。
「国民は総理が拉致問題を解決することを支持してるんですよ」
「金氏朝鮮相手にへたれな行動をとるべきではありません」
総理大臣はこの悪魔のささやきを真に受けてしまいました。
亜米利加幕府の対支那包囲網に加わらないことにしたのです。
それを知った亜米利加幕府は、仕返しといわんばかりに「慰安婦決議案」カードを切りました。

日本国民の反応です。
「マイク・ヒュンダイは河野談話を根拠にしたそうだ」
「じゃあ河野談話を撤回させよう」
「ついでに紅の傭兵も血祭りにあげよう」
「支那をぶっ潰せば北の金王朝も巻き添えくって崩壊するのにね」
「やっぱり慰安婦問題で土下座した安倍は米搗きバッタだな」
「自民党にも支那にこびへつらう売国奴がいっぱいいるよ」
こうして自民党は参議院通常選挙で議席を減らしましたとさ。

2007/06/27(水) | URL | おしゃか #-[ 編集]
  すごい。やはりこの種族は大陸にいると素質が完全開花しますね。

>記者団の質問に一切答えず、北朝鮮映画
>『民族と運命』の主題歌を歌いながら
>会見場を後にした。

  この一文だけで、脳髄がやられました。北朝鮮製のかくせ○ざいで頭がラリってるんじゃないでしょうか。

>ト・サンダル

  オヤジの名前が名前だけに、履き古した草履のように捨てられたようですね。

  しかし、50歳過ぎた朝鮮人女性をわざわざ拉致してくる日本という国、本当に物好きですね。実在すればですが。
  ああ、真面目にコメントしたいのですが、とてもできません(笑)。

>痴情の楽園・北朝鮮。

>これが「朝鮮」です。

  これぞ浪人節炸裂ですね(笑)。このところますます振るっているようで、頼もしい限りです。

  また、楽しませていただきます。それでは。
2007/06/27(水) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
素晴らしい。

流石です。

問題は、この局面で我が国がどのように対処していくか、という事ですが、現政権が全くアテにならない以上、参院選の結果、更にはその後に予測される解散総選挙の結果を待たねばなりませんね。

時間的に際どいところですが、事件のキープレイヤーが「北朝鮮」というのは不幸中の幸いかも知れません。

余裕があるとは言えませんが、少なくとも、これからも度々、今回のような朝鮮式馬鹿騒ぎを起こしてくれるでしょうから、その分だけは時間や好機を得る事が出来る筈です。
2007/06/28(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>ああ、真面目にコメントしたいのですが、とてもできません(笑)。

朝鮮人を「考えて」はいけません。

「感じる」のです(笑)。
2007/06/28(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/794-262ee141
こういう与太話を信じる馬鹿がいたらお目にかかりたい。 日本が2003年に北朝鮮人を拉致したのだというのである。 その会見を伝える朝鮮日報の記事 『北朝鮮「2003年に日本が北朝鮮女性を拉致」』 北朝鮮は26日、日本が2003年10月18日に北朝鮮女性のト・チュジさん(58)
2007/06/27(水) | 加賀もんのブログ
脱北者ト・チュジ氏は北京の北朝鮮大使館で記者会見をし「誘拐され日本に連れて行かれた。監禁されているような状態だった。」と語ったそうだ。 拉致事件の対抗手段として脱北者を使うとはいかにも北朝鮮らしい。 彼女は当分の間は北朝鮮の宣伝塔として優遇されるんだろ
2007/06/27(水) | 島谷的舞録゛