FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 「慰安婦問題」の元凶の戯言

「慰安婦問題」の元凶の戯言
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今現在巻き起こっている、所謂「従軍慰安婦問題」の大本となる原因が何かと言えば、全ては「朝日新聞」なる反日新聞社の捏造記事であると言えるものです。

 昨日、米外交委を通過し、来月にも米下院で採択されようとしている「対日謝罪要求決議案」が根拠としている「河野談話」にしても、この反日妄言新聞社の捏造記事が無ければ、そもそも存在しなかった可能性が大きいと言えます。

 そんな、火を付け、煽り、大火事とさせた犯行の当事者が、またぞろ他人面で偉そうに講釈を垂れている模様です。

慰安婦決議―首相は深刻さを認識せよ

 米下院の外交委員会が、旧日本軍の慰安婦問題についての決議案を可決した。39対2の圧倒的多数だった。7月にも本会議で採択される見通しだ。

 日本が過去の過ちを反省していないと、米議会が国際社会の面前で糾弾している。その意味は重い。

 私たちは、首相の靖国神社参拝や慰安婦など歴史認識がからむ問題に、政治家が正面から取り組むべきだと主張してきた。戦前の行動や価値観を正当化するかのような言動は、日本の国際的な信用にもかかわることだからだ。

 それがこんな事態に立ち至ったことに、やりきれない思いである。日本がそんな国と見られているのかと思うと残念であり、恥ずかしい。

 決議案に疑問がないわけではない。歴代首相が元慰安婦におわびの手紙を出してきたことが触れられていないし、軍の関与を認めて政府として謝罪した河野談話の位置づけも不十分だ。

 しかし、決議案にあるように、河野談話を批判したり、教科書の記述を改めたりする動きがあったのは事実だ。慰安婦の残酷さを非難する決議案のメッセージは、真摯(しんし)に受け止める必要がある。

 今回、決議案が採択の方向となったことについて、戦術的な失敗が指摘されている。今月、ワシントン・ポスト紙に決議案に反論する意見広告が掲載された。それが、沈静化していた問題に再び火をつけたという批判だ。

 確かに、40人あまりの与野党の国会議員とともに、安倍首相のブレーンの外交評論家まで名を連ね、決議案を「現実の意図的な歪曲(わいきょく)」などと批判した全面広告は異様だった。4月の初訪米でおわびを述べた首相の言葉は台無しになったと言えるだろう。

 だが、問題の本質は、自らの歴史の過ちにきちんと向き合えない日本の政治自体にある。

 安倍首相は「米議会ではたくさんの決議がされている。そういう中の一つ」「コメントするつもりはない」と述べた。とんでもないことだ。日本に重大な疑念と非難が向けられているのである。河野談話やアジア女性基金などの取り組みを説明し、改めて認識を語るべきだ。

 首相は日米同盟の土台として「共通の価値観」を強調する。だが、決議案はその価値観にかかわる問題であることを、首相は分かっていないのではないか。

 日本は戦後、自由と人権を重んじる民主主義国として再生し、侵略と植民地支配などの過去を深く反省した。「過去の反省」が揺らいでいる印象を与えれば、価値観への疑念を招く。

 小泉前首相の靖国参拝以来、日本の歴史への取り組みに対する国際社会の目は厳しい。日本の民主主義は大丈夫なのか。今回の決議案はその警告として受け止めるべきである。

(2007年06月28日 朝日新聞社説)


 よくもまあ、全ての元凶の分際で、自らの責任には一切触れる事も無く、これだけ居丈高に説教臭い言葉を羅列出来るものであると感心してしまう程だと言えます。

 あたかも、ジャック・ザ・リパーに人命の尊さを説かれているような錯覚に陥りそうになる程です。

 全ての原因を作り出し、それを支那朝鮮までご注進に行き、騒ぎ立てるように煽るだけ煽り、捏造が発覚しても謝罪も訂正も行わず、未だのうのうと「ジャーナリスト」を気取っている朝日新聞。

 この後、この問題がどのように発展していこうとも、この根性の腐りきった自称「ジャーナリスト」の大陸プロパガンダ機関だけは、きっちりと責任を取らせて吊し上げるべきだと言えるものです。

 世論の中には、己の残虐非道さを棚に上げて、大上段から対日非難決議を採決しようとしているアメ公に対し、「原子爆弾投下に対する謝罪要求決議」「東京大虐殺に対する謝罪要求決議」などを我が国でも採決すべきとの声がありますが、まずその前に、「慰安婦・南京に関する捏造報道に対する謝罪要求決議」をこの反日妄言新聞に対して出すべきだと言えるでしょう。

 また、同時に、過去・現在・未来に及ぶ全ての日本人に対する名誉毀損、靖国神社に対する宗教弾圧行為、支那朝鮮を煽った事による外観誘致などに関しても、司法に対して訴えていく必要があると言えます。

 更には、今現在では存在していませんが、「スパイ防止法」が目出度く制定された暁には、この件でもこの連中を追求していかねばならないと言えるでしょう。

 そして、朝日新聞が常日頃から主張しているように、これらの件に関して、過去・現在において関与した人間、ようするに善朝日新聞社社員には、子々孫々に至るまで日本国、そして日本国民に対して謝罪を続けて貰わねばなりません。

 我が国には、支那や朝鮮のように過去の事に関して何時までも口喧しく騒ぎ立てる文化はありませんが、この新聞社が巻き起こした事柄を教訓とし、未来において類似した出来事を二度と起こさぬよう、この連中の名だけはきっちりと歴史に刻んでおく必要があると言えるものです。

 その為にもまず、我々は、一応はこの連中の捏造記事を肯定した形となっている件の「河野談話」なる代物を、是が非にでも政府に撤回させる必要性があります。

 その上で初めて、我々は、この新聞社の罪と責任を追及し、米国、支那朝鮮からの言い掛かりを撥ね付け、そして、我らが父祖の名誉を回復するに至る事が出来ると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします


「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 1744

署名はこちらから


PR情報
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 昨日 米外交委の決議通過を受けて 夕方のニュースでテレ朝系だった( ? )かが 「だから あった事をいつまでも認めようとしないその態度がこういう決議になるんです」などとコメントしていた。2分間も扱っただろうか?  その後、何処かの祭りで 「歩き暴走族」なるヤンキー集団がお祭りを乱しているという「小ネタ」には 延々と5分以上も放送していた。事件の重要性の比重という物が 在るだろ。それとも あまり長く扱うと薮蛇なので サラッと受け流したのだろうか?
 テレビのニュースでは いずれも 詳しい経緯は 一切ナシ、大漢土民国の策謀については 何も触れてはいなかった。

大体 この糞しつこい「ホンダ議員」というヤカラは「日本人」系なのだろうか? それとも、朝鮮在日が アメリカに行っても未だ日本名を名乗っているのか?知っているお方が居たら教えて欲しいものだ。確か 妻が朝鮮で 在米チョンの支援で議員に成ってるらしい事は 何処かで読んだが・・・・
2007/06/28(木) | URL | 参詣大好き #-[ 編集]
靖国神社参拝、慰安婦問題、教科書問題における小泉安倍批判は、ただの目くらましですね。

本当に小泉安倍を批判したいなら、なぜ郵政民営化や三角合併解禁など一連の経済政策や、ホワイトカラー・エグゼンプションなどの労働政策、いかさまの痴呆分権などを批判しないのか。そう考えると、結論は一つしかありません。


「朝日こそ小泉安倍政権とグルである」


対立しているふりをしているだけで、グローバリゼーション推進というレベルではキッチリ手を組んでいますね。

ネット右翼や自称保守はそんなことも知らず、今回の社説にもしっかり踊らされることでしょう。彼らは立派な「朝日ファン」です(実際問題、購読しているのでは?)
2007/06/28(木) | URL | ろろ #-[ 編集]
朝鮮中国米国および日本のマスコミの知能指数が低いのは今に始まったことではないですが
安倍首相が事実を知りながら「河野談話」を継承するなんて言ったのは致命傷でしたね
これさえなければ河野談話の撤回を首相自身が口にすることで反撃できたのに
民主党が河野談話撤回を与党に迫る、とかやってくれたらなぁ~(お花畑)


2007/06/28(木) | URL | うにょ大佐 #-[ 編集]
>「朝日」の朝鮮読みを教えて

チョンイルシンムンです。

>大体 この糞しつこい「ホンダ議員」というヤカラは「日本人」系なのだろうか?

日系人というのが本当かどうかまでは分かりませんが、此奴の支援団体が支那朝鮮系の反日団体で占められているのは事実のようです。

尤も、この決議案が今年に入ってから急に取り沙汰されて来たのはそれだけでは無く、米政府、そして米議会の思惑が複雑に絡んでおり、このマイク・ホンダなる男の背景だけを追っていても、裏側までは見えては来ないでしょう。
2007/06/29(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
確かに、仰る可能性は十分以上にあると思うのですが、私見では、少なくともこのアカピーだけは、単なる白痴ではないかと思えます。

例えば、ご指摘されている「グローバリゼーション」ですが、これを推進する為に「規制緩和」を進めれば、社会の中に「格差」が広がっていくのは必然だと言えます。

主要5紙と呼ばれる新聞は、アカピー以外も、この経済格差の拡大を非難こそしている訳ですが、この事を十分に承知している為、論理の整合性を保とうと四苦八苦している様が文章からも読み取れます。

しかし、このアカピーだけは、一方でグローバリゼーションの推進、その為の規制緩和を手放しで絶賛しながら、その一方で僅かな格差の拡大も問題だとでも言いたげな主張を展開しています。

どうにも、規制緩和と経済格差の関係を正確に把握していないように思えるものです。

当選の事ですが、政府はその事を十分に認識しているので、御用新聞である産経や日経にはしきりに自己責任論を説かせています。

ここから推測するに、この2者は阿呆の売国奴という点では同類でも、派閥の違う売国奴では無いかというのが私の考えです。

取り敢えずで分類すると、産経・読売が自民「自称」右系、日経が自民「自称」左系、毎日が創価系、朝日が民主・社民系となるのではないかと思います。

勿論、あくまで大まかな分類なので、その内部でも色々な派閥がいたり、部分的に協力していたりはするとは思いますが、大体こんな感じではないかと思う次第です。
2007/06/29(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>安倍首相が事実を知りながら「河野談話」を継承するなんて言ったのは致命傷でしたね

恐らく、と言うか確実に故意犯ですよ、安倍くんは。

「性奴隷など居なかった」と論点を定めて反論せず、サヨクのロジックである「狭義」「広義」という言葉をわざわざ持ち出している事からも明白です。

なので、「河野談話の撤回を首相自身が口にすることで反撃」などするつもりは、端からから無かったと見るべきです。

ナショナリズムを煽って権力を手にし、それを使って積極的に売国政策を推進する。

これが安倍政権の正体です。

なので、私は彼を「日本の盧武鉉」と呼びます。
2007/06/29(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/795-158f4162
米下院で慰安婦決議案が可決されました。以下、関連ニュースを引用します。■米下院委、慰安婦問題で決議案可決http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3595806.html動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 R
2007/06/28(木) | 新・へっぽこ時事放談
 「日本政府は……歴史的な責任を公式に認め、謝罪し、受け入れるべきだ」  米下院の外交委員会が、旧日本軍の慰安婦問題についての決議案を可決した。39対2の圧倒的多数だった。7月にも本会議で採択される見通しだ。  
2007/06/28(木) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
さて、米下院が、慰安婦問題に対する議案を、賛成多数で可決したが、米国が、この問題を取り扱うこと自体が間違っているのは、今までにも説明をしてきた。では、なぜ、これほどまでに我々右傾の思想を持った有志達が、祖先の名誉や、大東亜戦争での秤を平衡に保った史実、そ
2007/06/28(木) | 憂国、喝!
昨日のエントリーでは,“事実を争わない”ことは“認めた”ことになり,後でとんでもないことにつながることが往々にしてあると書きましたが,今回はそのことについて。
2007/06/29(金) | D.D.のたわごと
右派・反「反日」系のブログや2ちゃんで叩かれている売国系メディア・朝日,毎日。ネットでは不買運動が声高に訴えられておりますが実売部数はいったいどれくらいなんでしょう?
2007/06/29(金) | D.D.のたわごと
一日遅れだが。朝日の社説は酷い。物凄く汚い「論点ずらし」をしている。アメリカ下院の従軍慰安婦(捏造された造語)非難決議案について、「慰安婦=売春婦」という「事実」があるのに、そこを論じないで、「河野談話を批判する事実があった。異様だった」と、...
またしても、訳のわからない論理が世界を席巻しています。26日午後(日本時間27日未明)、米下院外交委員会で旧日本軍の「従軍慰安婦問題」について、日本に公式な謝罪を求める決議案の修正案が、賛成39、反対2という賛成多数で採択されました。この議決を
いま日本は、アメリカの‘忠犬ポチ’などと揶揄されていますが、残念ながら今の日本は、愛玩犬のようにかわいい存在などではありません。‘忠犬ポチ’と呼ばれるくらいならまだマシな方で、現在の日本は完全な‘クンタ・キンテ’と化しています。クンタ・キン
夏の参議院選挙に向けて、舛添要一自民党参院政審会長が調子にノっています。テレビに出るたびに、「前回の参議院選挙で、 自民党は2100万票を獲得して、 そのうち、 160万票が私に対する支持票でした」と悦に入っています。一体、どこの誰なのでしょ