FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 喚く棄民

喚く棄民
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 我が国の寄生虫、権利ばかりを要求して一つの義務も果たそうとしない人間の屑、その本質が見抜かれて本国である半島に住まう同胞からすらも忌み嫌われている「在日朝鮮人」。

 そんな素敵な棄民連中が、またぞろ、新たな権利を求めて喚き始めている模様です。

外国人も民生委員に 大阪・生野区、国に要望

 民生委員と児童委員の国籍条項を撤廃し、外国人も登用できるようにする規制改革を、大阪市生野区と民間団体などが1日までに国に要望した。将来の特区を目指している。

 生野区は在日韓国・朝鮮人を中心に、外国人登録者が住民の約4分の1を占める。

 生野区や民間の福祉団体などでつくる「生野区地域福祉アクションプラン策定委員会」が要望書を提出。「外国人も地域福祉に貢献できる環境をつくることで、きめ細かな福祉サービスや相互理解の増進に役立つ」としている。

 民生委員法に基づき、民生委員や児童委員は「市町村議会議員の選挙権を持つ」ことが必要とされている。2004年に滋賀県米原町(現米原市)が全国での規制緩和を国に求めたが、認められなかった。

 委員会のメンバーで特定非営利活動法人(NPO法人)「コリアNGOセンター」の金光敏事務局長は「特色ある地域の取り組みを国は柔軟に受け入れてほしい」と話している。

(2007年07月01日 神戸新聞)


 慎み、弁え、その他一切の日本人的な道徳観の欠片も持ち合わせていない事は勿論、それらを理解しようとする努力すらもした痕跡が見えない。

 「多民族共生」「多文化共生」なる理念など、元々不可能で出鱈目、諍いの元にしかならない美麗字句で飾られた火種でしか無い訳ですが、百歩譲ってそれらを進める方向性を検討するにしても、少なくとも「こいつら」、日本的なるものを理解しようともせず己の主張だけを叫び続ける寄生虫どもだけは、その対象外であると言えるものです。

 「よって却下」で終わらせたいところな訳ですが、それにしても、この大阪・生野市、住民の約4分の1が外国人とは、実に凄まじい状態であるとしか言えないものです。

 想像するまでも無く、この4分の1の外国人の殆ど大半、約90%超程度は件の「在日朝鮮人」であろうと考えられるものであり、この有様では、生野市が朝鮮に占領される寸前であると言っても過言では無いと言えるでしょう。

 また、この生野市以外にも、特に関西・九州方面には似たような惨状にある都市が多数ある事は打ち消しようの無い事実であり、ここで一歩でも譲歩してしまえば、矢継ぎ早にそれら他の都市の寄生虫どもも同様の要求をしてくる事は確実であり、西日本=日本国内朝鮮自治区となってしまう危険性も十分以上にあると言えるものです。

 大体からして、まあ、名前で分かりそうなものではありますが、この要求をしている委員会のメンバー、金光敏とやらは朝鮮人であり、そんな人間がこのような要求を堂々と出してくる事自体、朝鮮人による日本の一都市に対する占領を認めろと言っているに等しいものです。

金光敏(キム・グアンミン)

1971年大阪市生まれ、在日3世
大阪市立大学大学院創造都市研究科卒
民族教育促進協議会事務局長代行、民族教育文化センター事務局長などを経て現在、(特活)コリアNGOセンター事務局長。ほか、行政委員なども務める。

(http://korea-ngo.org/jinken/8profile_kimguangmin.htm)


 実際のところ、民生委員などには大した権限がある訳では無い事は確かな訳ではありますが、一つ譲ってしまえば十も百も要求してくるのが朝鮮人であるという事を、我が国国民は十分以上にその経験で思い知っている筈の事です。

 また、大した権限は無いと言えども、民生委員の職務は、
  • 住民の生活状態を必要に応じて適切に把握しておくこと

  • 援助を必要とする者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと

  • 援助を必要とする者が福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供その他の援助を行うこと

  • 社会福祉を目的とする事業を経営する者又は社会福祉に関する活動を行う者と密接に連携し、その事業又は活動を支援すること

  • 福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること

(Wikipediaより引用)

とあり、現在でも十分に問題になっている所謂「在日特権」を、更に助長させる恐れは十分以上にあり得ると言えるものです。

 日本国の主権者はあくまで「日本国民」なのであり、「在日朝鮮人」なる連中はあくまで「寄生虫」、最大限良く言って「居候」に過ぎないという事を、いい加減に連中に思い知らせなければならないと言えます。

 日本国が日本人のものであるという事を守る為にも、我々日本国民は一秒でも早く彼奴等「在日朝鮮人」を巣である朝鮮半島へと送り返さねばならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

在日・強制連行の神話
鄭 大均
文藝春秋 (2004/06/22)
売り上げランキング: 11934
おすすめ度の平均: 4.5
5 どの立場の人にも読んでほしい
4 「在日・強制連行」は捏造。実態は「自主的移民」
5 目覚めよ、大韓民国

嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル
桜井 誠
晋遊舎 (2005/12)
売り上げランキング: 68619
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

署名はこちらから


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
▽【注目】 モデルルームオープン情報
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
やっぱりこいつらは国外追放しかないわ。
われわれも南朝鮮企業の製品を不買の対象にするなどできることからしましょう。
今月(もう7月です)の選挙では、南朝鮮にこびへつらう議員に投票しないようにしましょう。
前にコメントしたとおり、南朝鮮は雑魚その1にすぎません。
はっきりいって、北朝鮮(雑魚その2)より格が下です。
あとはクソな政治屋を注意しながら監視していけば、今年中には南朝鮮の中央銀行が借金を返せなくなります。
これを機に逆襲していきましょう。
2007/07/01(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
 在日朝鮮人達の多くは 戦前~朝鮮戦争時の混乱期に 日本に不法入国した「物」が殆どで 彼等の云う「強制連行」による物は 殆ど居ない。現在でも、観光や就学を目的に来日した中国人が不法に残留し犯罪の増加を来しているが 在日朝鮮人も全く同じで 唯、「永く居る」だけだ。
 かつて、どの様な人々が 不法に朝鮮から日本に入国してきたか?自国に生活の場がなく 一旗挙げようとより豊かな生活を夢見て・・・つまり自国では 虐げられたり、貧しいかった連中や犯罪者が来たのではないか。「白丁」と呼ばれる様な最下層の連中が多い事は容易に想像できる。だから 連中は 自国には帰りずらいのだ。身分制度が 日本より強く残る朝鮮では 戻っても居場所が無いのであろう。 朝鮮側にしても 最下層や犯罪者の子孫が帰国しても良い事は何もないのだ。在日はイソップ童話の「コウモリ」なのだ。鳥でも獣でもない存在・・・どちらからも 要らない存在なのだ。

 公務員に採用したら 仲間の利益を図り日本の不利益を来たすのは明白だろう。役所に勤めれば さまざまの情報に触れられる。その情報の漏洩を起こしたりする事も有り得る。
 民生委員は「生活保護」の採択に直結する大きな権限を持っている訳で さぞかし、仲間の権利獲得に努力する事だろう。
2007/07/01(日) | URL | KOREA~困った #-[ 編集]
図々しいにも程がある、元々は不法入国の犯罪人の分際でよく言えたもんだ。こーゆーヤツラのふざけた言動を許しているのは真の歴史を知らない日本国民だ--バカな政治家や売国政治やを選んでいるのは結局は国民だから。マスゴミもただの情報やに成り下がってるし---後はもうこの様なネットで少しづつでもマトモな声を上げてゆくしかないのかも--と思う。
2007/07/02(月) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
仰る通り、国外追放するしか無いですね。

まずは、おしゃかさんが仰るように韓国利権ズブズブの腐れ売国議員をきっちりと監視して、韓国への金の流れを停止させ、破産させてしまいましょう。

本国からの売国議員へのキャッシュバックさえ無くなれば、連中が急速に力を失っていく事は目に見えています。
2007/07/02(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>彼等の云う「強制連行」による物は 殆ど居ない。

殆どではありません。

ゼロです。

「強制連行」と「徴用」は全く違います。

>在日はイソップ童話の「コウモリ」なのだ。鳥でも獣でもない存在・・・どちらからも 要らない存在なのだ。

その通りだと思います。

そして、連中もそれを分かっているからこそ、過度なまでに被害者面をして、我が国に居座ろうとしているのでしょう。

クソサヨクどもが分かっていないのは、これは所詮「甘え」に過ぎないという事です。

そうして際限なく甘やかした結果が、今のように自分達の足で立つ事も出来ない、立とうともしない「ヒトモドキ」の大量生産な訳です。

連中を本当に思い遣るのならば、それこそ「強制的」にでも帰国させてやるのが本当の「思い遣り」というものなのです。
2007/07/02(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>こーゆーヤツラのふざけた言動を許しているのは真の歴史を知らない日本国民だ--バカな政治家や売国政治やを選んでいるのは結局は国民だから。

同意です。

最初から気付いていた、声を上げていた人間も含めて、全ての日本人にも責任の一端はあると言えるでしょうね。

>後はもうこの様なネットで少しづつでもマトモな声を上げてゆくしかないのかも--と思う。

どこまで出来るのかは未知数ですが、やるしか無いでしょうね。

政党もマスコミも政治団体も殆どが墜ちてしまっている今、ここしか戦場らしきものは残されていませんから。
2007/07/02(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/799-d12d9084
夏の参議院選挙に向けて、舛添要一自民党参院政審会長が調子にノっています。自身が司会を務めるテレビ番組で、「前回の参議院選挙で、 自民党は2100万票を獲得して、 そのうち、 160万票が私に対する支持票でした」と悦に入っていました。一体、どこ
  ●「自民党は野党よりましだ」と思っている人々へという記事の続きです。  さて、前編では、自民党も民主党もグローバリストと親和性があり、どちらに勝たせても危険であるということを申し上げました。そのうえで、参議院選挙でどのように投票すればよいのか、私の考
2007/07/02(月) | 日々是勉強