FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 妄想大国の暴走 狂気のナショナリズムを考える

妄想大国の暴走 狂気のナショナリズムを考える
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

韓国本物軍艦 海自を“迎撃” 国防省 映画撮影に協力 「韓半島」
 【ソウル21日原田正隆】韓国近海へ出動した日本の海上自衛隊を迎撃するため韓国海軍が緊急出動―。韓国で六月公開予定の大作映画に登場する物騒な仮想シーンの制作に韓国国防省が協力、本物の軍艦や戦闘機の撮影を許可したことが分かった。韓国メディアは「外交摩擦の火種になりかねない商業映画を国防省が支援するのは初めて」と伝えており、日韓間で物議をかもしそうだ。

 この映画は、「シルミド」など数々のヒット作で知られるカン・ウソク監督が制作中の「韓半島」。制作費百億ウオン(約十一億円)とされ、南北統一を前に朝鮮半島で起きる危機や日本の脅威などが描かれるという。

 問題のシーンは、「朝鮮半島での鉄道敷設権を主張する日本がイージス艦などを韓国近海に大挙派遣」との情報を得た韓国側が駆逐艦などを緊急出動させる、というもの。

 駆逐艦と高速艇の撮影は二月初めに行うが、戦闘機の出動場面は既に撮り終えた。海自艦船の出動を含め、スペクタクルシーンのほとんどはコンピューターグラフィックス(CG)で制作するという。

 映画・テレビドラマ撮影に対する協力について韓国国防省は「周辺国との外交的摩擦を起こす素地がある作品には支援しない」と指針で規定。今回のような作品への協力は例がないという。

 同省は「外交通商省など関係省庁と協議を重ねた結果、当該シーンは仮想である上、攻撃や戦闘の場面を描くわけでもないので最小限の範囲での協力を決めた」と説明しているが、一部メディアは「国防省が韓日『日本海海戦』を援護射撃」などと刺激的に報道。「国防省の異例の協力の背景には、領土・歴史問題をめぐる韓国政府の対日強硬姿勢が反映されている」(日韓関係専門家)との観測も浮上している。
(06/01/22 西日本新聞)

 半島の人というのは、本当に頭がおかしいらしい。

 口で日韓友好を叫びながら、このようなお花畑全開の反日妄想映画を、国家ぐるみで作製しようとしている。

 常識的に考えれば、間接的な同盟国とも言える国家を敵として描かれている、仮想戦記映画に国防省が協力、支援するなどという暴挙に出るなどということは、ありえない事と思われます。

 このような道徳心の欠片もない国が提唱する歴史認識などというものが、いかに虚構と妄想に基づいたものであるかなどという事は、チンパンジー程度の知能があれば理解できることです。

 盧武鉉のごとき、学級委員すらも務まりそうもない人間を国家元首に添え、千年の時を掛けても返しきれぬほどの日米に対する恩義を忘却し、感情の赴くまま極悪な独裁国家の支援に走る。

 韓流などという三流以下の虚構に踊らされている知能障害者は、いい加減にこの国家を模したカルト集団の危険性を認識し、道徳心もなく、礼儀もない潜在的テロリストを支援する事をやめてもらいたい。

 安物のナショナリズムに酔いしれ、亡国への道を一直線に突き進む憐れな国家韓国

 しかし、ここで同情し支援したところで、三日もしないうちに恩を忘れ、自省することなく、同じような過ちを幾万回でも繰り返すであろう事は目に見えています。

 彼らがカルト集団から本物の国家へと進化する為に必要なものは、現実を認識する力、他者に頼る事無く自らの手によって苦難を乗り越える力なのです。

 本当に彼らのことを思うのならば、日本は彼らに一切干渉してはいけません。

 このまま亡国への道を突き進むか、現状の狂気に気付き真の国家への道を歩みはじめるのか。

 どちらを選択するにしろ、決定権は彼ら自身に選択させるべきであると私は考えます。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ



    
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/80-84067c86
【芸能】韓国国防省、映画「韓半島」撮影協力、自衛隊との海戦場面に軍艦・戦闘機投入か[01/19] 国防省が韓日武力衝突という仮想のシナリオを扱った映画「韓半島」(カン・ウソク監督) 撮影に大々的な支援射撃に出る。 韓日外交紛争など論争のたねになりかねない商業映画に
2006/01/22(日) | ADON-K@戯れ言
 大韓民国に生きとし生けるもの全ての歴史観を支えると言っても良い韓国の『歴史教科書』。教科書の内容には時の権力者などの意向が反映されるため、思想信条が大きく違う勢力が政権
ネタに困っていたら、お隣さんが提供してくれました(笑)--------------------以下引用--------------------韓国本物軍艦 海自を“迎撃” 国防省 映画撮影に協力 「韓半島」【ソウル
2006/01/22(日) | 軍曹の戦争映画の薦め