FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 大虐殺五輪への陛下の出席に断固の反対を

大虐殺五輪への陛下の出席に断固の反対を
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 無数のダルフール人の血を吸い上げながら、日々無謀なる開催に向かっている支那畜生ホストによる北京五輪、正式名称「ジェノサイドオリンピック」ですが、またしても、その血と阿鼻叫喚の祭典に我らの陛下を招聘しようと、虐殺者集団が画策している模様です。

天皇陛下出席に期待感 北京五輪開会式で組織委

【北京9日共同】2008年北京五輪組織委員会の☆効愚執行副会長は9日午前、北京市内で日本の記者団と会見し、来年の北京五輪開会式への天皇陛下の出席に期待感を示した。

 同氏は「日本の天皇陛下が貴賓として招かれれば心から歓迎する」と表明。「組織委員会として天皇陛下を招待する資格はないが、中国政府から招かれるのであれば、(われわれは)準備の仕事に全力を挙げていきたい」と述べた。

(2007年07月09日 共同通信)


 政府、そして外務省に1ミリグラムの脳味噌と、僅かでも祖国を想う心があるのであれば、断固として、曖昧な態度など一切捨てて拒否の態度を示すべきであると言えます。

 前回の訪中、97年当時の腐れ江沢民のような、基地外染みた高圧的な態度こそ、諸々の都合から取りはしないとは思われますが、それでも、この支那畜野郎からの誘いが、極めて低俗で下劣な政治的意図からである事など、想像するまでも無い事だと言えるものです。

 また、あのような巫山戯きった腐れた態度を示さないにしても、陛下の訪中を共産党の大陸支配の為の権威の為、つまるところ、我が国が朝貢外交でもしているように喧伝するのに利用するであろう事も透けて見えるというものです。

 このような巫山戯た目論見そのものも異常に腹立たしい事だと言えますが、それ以上に、陛下をこのような低俗で下劣な政治的行動に巻き込むような真似は、日本国として、日本国民として断固として拒否せねばならないと言えるでしょう。

 また、それが無いと仮定するにしても、大地は腐敗し、大気は黄砂で汚染され、水源から化学物質混じりの水が湧出するような「死の大陸」に陛下に出向いて頂くような事は、それ自体が国家にとっての自殺行為に他ならないと言えるものです。

 ついぞ先日も、我々の常識を遙かに逸脱した、狂気としか思えないような出来事が起きた「死と狂気と殺戮の大陸」に。

恐怖のゴキブリ“テロ”?100kgって…、身の毛もよだつ超大量発生―四川省

2007年7月7日、四川省ラン中市の公務員宿舎でゴキブリが大量発生した。地元のマスコミが駆けつけた時、すでに薬剤散布により死んだゴキブリが片付けられているところだったが、集められたその死骸は優に100kgを超えていた。もはや何匹発生したなどと想像がつくレベルではないのだ。

発生直後の様子についてある住民は「もう戦場としか言いようがありません。まさに、び~っしり、思い出しただけでも身の毛がよだつ」と話す。「殺虫剤を撒いたのでほとんどがどこかに逃げてしまい、死骸はほんの一部」という。じゃあ、残りはどこへ消えた?

同市は連日の大雨に加えて気温が上昇し、湿度が高い状態が続いていた。どうやら宿舎のゴミ収集所がゴキブリとネズミの温床になっていたようだ。2年ほど前から発生が確認されていたが、まさか突然、これほど大量発生するとは住民たちも思わなかったという。

警察や疾病予防センターをも動かす騒動となり、薬剤が散布され、集められたゴキブリの“山”は焼却処分された。(翻訳・編集/WF)

(2007年07月 Record China)


 言うまでも無い事ですが、こんなものは「ほんの序の口」であり、あの大陸では、こんな出来事など可愛く見えるような悲惨な出来事が、あたかも当たり前の日常であるかの如く日々起こっています。

 本来ならば、こんな「死の大陸」における「虐殺者集団」による「血と殺戮の祭典」など、断固としてボイコットするべきと言えるものなのであり、そんなモノに陛下を招聘しようとしている事自体に、国家として、国民として怒りの声を上げるべきだと言えるものです。

 これ以上に支那畜が増長し、しつこく陛下の訪中を要求してくるのならば、本気で、支那畜生の「ジェノサイドオリンピック」をボイコットする事を検討し始めるべきだと言えます。

 その程度の事も出来ないのであれば、御大層に政府などが存在する意義など、殆ど無いに等しくなると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法
山本 秀也
草思社 (2004/03/30)
売り上げランキング: 90124
おすすめ度の平均: 4.5
4 共産主義の矛盾、都市と農村の格差問題
5 いわゆる「反中本」とは一線を劃す良書
4 読み物としても良い出来

中国の「反日」は終わらない (徳間文庫 (こ29-8))
黄 文雄
徳間書店 (2007/07)
売り上げランキング: 26519

署名はこちらから


PR情報
あなたのネットライフをもっと便利に!
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
 正確な数は判りませんが 大体の数なら判ります。「 13億匹 」です。60年代の中頃までは 5億匹くらいと云われていましたが 1970中頃には 7億匹・・・

 なんとか ゴキブリの増加を抑制しようと当局もいろいろ苦心したらしいのですが、なにせ、相手は虫のなかでも もっとも性質(タチ)の悪いゴキブリの事です。努力も虚しく5~6年毎に 「1億匹」ずつ繁殖し続け 8億匹・・10億匹・・12億匹・・・ いまや 13億匹と云われていますが 衛生局もハッキリした「 数 」は把握出来ていません。今、衛生局では 現在、殺虫剤を空中散布して 駆除に努めていますが あまり効果は無い様で 風下に迷惑をお掛けしています。

 15億匹~20億匹も夢では有りません。周りに住む人にとってはまさに「 悪夢 」です。増えすぎた害虫は スキマを見つけては他所へ潜り込んで来ます。

「 世界の4人に一人は中国人 」がスローガンです。

「 民主党 」は このゴキブリをほんの「 1000万匹 」ほど日本に受け入れようとしています。 国際化です。
2007/07/10(火) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
  新手の食糧増産ですね。

  髪の毛から醤油を作ったり、塩が足りないから亜硝酸塩を使っ(て7歳児が死亡し)たりしている国ですから、このくらいは想定の範囲内です。
  一事は調査をかねて中国旅行も考えましたが、もう絶対やめます。口に入れるものでは朝鮮の方がいくぶんましかもしれないと思うようにさえなりました。
2007/07/10(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
一部 誤りが有りました。訂正です。

 「 今、衛生局では 現在、」  ダブりです。済みません。

 「殺虫剤を散布」・・・・「 殺中剤 」が正しいデス。
2007/07/10(火) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
お次はゴキブリを使った製品が作られるんだろうな・・・
2007/07/10(火) | URL | うにょ大佐 #-[ 編集]
ゴキブリがいくら増えても、人の住めない沙漠と禿山にはなりません。
イナゴは目にみえる範囲の植物を全て食い荒らしますが、支那大陸の外へはいきません。
しかし、支那人は自国はもちろんのこと、よその国でも迷惑をかけまくる生きものです。
よって、ゴキブリ>>>イナゴ>>>(超えられない壁)>>>支那人

天皇陛下をあの魔大陸へ行かせてはいけません。
間違いなく陛下のお体に悪影響が出ます。
よって支那の要求は却下する、これが国民の義務です。
2007/07/10(火) | URL | おしゃか #-[ 編集]
素直に「成る程」と思ったのですが、おしゃかさん曰く、

>ゴキブリがいくら増えても、人の住めない沙漠と禿山にはなりません。
イナゴは目にみえる範囲の植物を全て食い荒らしますが、支那大陸の外へはいきません。
>しかし、支那人は自国はもちろんのこと、よその国でも迷惑をかけまくる生きものです。
>よって、ゴキブリ>>>イナゴ>>>(超えられない壁)>>>支那人

との事だそうです。

まあ、どちらにしても、

>「 民主党 」は このゴキブリをほんの「 1000万匹 」ほど日本に受け入れようとしています。 国際化です。

という事態になっているのは現実ですので、最悪の事態である事には変わりありませんね。

ちなみに、自民党も、基地外経団連に唆されてか、或いは支那畜のハニーに引っ掛かってか、同じような「死の計画」を画策しています。

やはり、日本を守る為には「新風」の議席を地道に伸ばしていくしか無いと思われます。
2007/07/10(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>新手の食糧増産ですね。

連中なら、きっと食うでしょうね。

以前、何処かで、水質汚染で謎の大量死をした魚を、嬉しそうに抱えている支那人の写真を見たので、まず間違いないと思います。

>一事は調査をかねて中国旅行も考えましたが、もう絶対やめます。口に入れるものでは朝鮮の方がいくぶんましかもしれないと思うようにさえなりました。

止めた方が無難なのでしょうね。

どう考えても、リスクが高すぎますから。
2007/07/10(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
発見されて批判された時に、「中国のゴキブリは安全アル」とか言ってくれたら完璧ですね。

...本当に言いそうなところが怖いところです。
2007/07/10(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>しかし、支那人は自国はもちろんのこと、よその国でも迷惑をかけまくる生きものです。

ゴキブリ並の繁殖力と、イナゴ並の破壊力を併せ持った最悪の虫という訳ですね。

真面目に、朝鮮人が可愛く見える程の凄まじさです。

>よって支那の要求は却下する、これが国民の義務です。

その通りです。

絶対に阻止しましょう。
2007/07/10(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
今モンゴル訪問に売国奴河野洋平が随行しています。
皇室破壊をもくろむ女帝論者や売国奴と言われる議員は北京オリンピックを成功させる国会議員の会とやらのメンバーと重なります。
宮内庁も外務省の出先機関となり皇太子妃主治医はレインボーブリッジ小杉との関係をサンデー毎日にすっぱ抜かれ、詐欺まがいのことに手を染めているとの話もあり、皇太子殿下周辺の空気が非常に危険だと感じます。今回のモンゴル訪問時に来年北京オリンピックに両陛下ではなく皇太子殿下をご招待するという策を練って、両陛下を政治利用して訪中させたような怪しい計画もあるように感じます。今の東宮周辺は他の皇族の方も頭を悩ませるほどの怪しい人間があまりに多いです。今回のモンゴル訪問後いったい何が起きるのか、危機意識を持って見守っています。今のままの東宮をそのままスライドで天皇にすることこそ本当に日本の危機だと感じます。
2007/07/11(水) | URL | 江戸前 #P0/eB2wY[ 編集]
皇太子殿下の周辺は、確かに危険な人物が多いですね。

何とかする必要はあると思います。

しかし、それ以上に問題なのは、自称「天皇主義者」でさえも、一体何が問題なのか理解出来ていない事、また、理解している人間でも、その全てを把握しきれていない事だと思います。

ここを解決出来なければ、皇太子殿下の抱える問題を何とか解決出来たとしても、同じような事が繰り返される可能性は大です。
2007/07/11(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/809-f7142667
現在の日本は、アメリカ主導の市場原理主義に基づいて、新自由主義経済路線をまっしぐらに突き進んでいます。事の発端は、前内閣総理大臣である小泉純一郎と、2001年に小泉の抜擢で、民間人から入閣を果たした竹中平蔵のご両人…。彼らは、新自由主義こそ
  ここ最近、私は「グローバリスト」という概念をよく取り上げます。  しつこいようですがグローバリストというのは、「利益の極大化を実現するために、国内への影響を顧みず、海外に積極的に進出し、もしくは国家間の枠組みを取り払おうとする個人や団体」のことです。
2007/07/11(水) | 日々是勉強
増税、増税、増税…、政府の人間は、如何に国民から多くの税金を吸い上げるか、そのことばかりに腐心しているようです。税金を徴収する目的は主に3つ。1.軍事、国防、裁判、警察、公共事業などの  公共サービスの費用を調達する。2.社会的弱者の
やっぱり我慢がなりません。哲学者の中島義道氏は、誰も耳を傾けない「公園での歩きタバコは止めましょう」という公共アナウンスがうるさくて我慢ならず、担当官庁や警察に苦情をぶつけたといいますが、私は政治家の無神経な言葉遣いが耳について我慢ならず許す
‘キューマ危機’によって、日本人の原爆に対するスタンスが変わってきている事実が伺えます。宮崎哲弥氏も言及したように、私自身も学校教育の場では、「アメリカによる原爆投下は仕方なかった」と刷り込まれてきました。アメリカによる核兵器使用を正当化
松岡農相自殺や年金問題、キューマ危機などが立て続けに起こったことで、参議院選挙へ向けて、いま民主党への期待が高まっています。私自身もこのブログの中で、これまで繰り返し「支持はしていないし、 大いなる欺瞞に満ちた政党だけれども、 自民党の専横
参議院選挙に向けて、各党とも政策アピールが強まってきました。自民・民主両党における政策マニフェストの大枠を見てみましょう。まず、自民党の公約。1.「年金制度」を信頼できるものに再構築すること。2.「公務員制度改革」を断行すること。
2006年11月8日の中間選挙の結果を受けて、辞任されはしましたが、私はどうしてもこの人間を許すことができません。その人物の名は、ドナルド・ヘンリー・ラムズフェルド、アメリカ合衆国の政治家です。彼は、フォード政権とパパブッシュ政権下でも国防長官