FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 脱北者≠棄民説

脱北者≠棄民説
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 以前の記事で触れた、「日本に拉致された」などと訳の分からない事を喚き散らしていたト・チュジという名の基地外鮮人なのですが、どうにも、「謝罪と賠償」を求める事が趣味なだけの、単なる典型的な鮮人では無いような気配です。

日朝接近で儲かるのは名古屋?

このコラムでは、北朝鮮情勢について度々取り上げてきている。なぜなら、「北朝鮮」は東アジア全体のマーケットに対して、良くも悪くも影響を与える壮大な「仕掛け」ともいえる国家だからだ。その背後には、米国、中国、韓国、ロシア、東南アジア諸国などと並び、欧州、とりわけドイツ語圏の諸国がいる。

「まさか?」と思われるかもしれない。しかし、たとえばスイスで次のような新聞記事が最近出た。7月1日付『ノイエ・チューリッヒャー・ツァィトゥング』の「初心者のための北朝鮮入門:帰国」という記事だ。

北朝鮮から逃れ、日本など各国に移り住んだ人々のことを「脱北者」という。その一人であり、わざわざ東京に「脱出」してきたはずのト・チュジさんという脱北者(女性)が、去る6月26日、こともあろうに中国・北京の北朝鮮大使館で記者会見を行った。「日本で暮らすのはつらい。北朝鮮に帰る」というのである。

これだけでも驚きのニュースだが、この記事ではさらに衝撃の事実が語られている。ト・チュジさんは元来、中国に脱出した兄と会うためだけに「脱北」したのであって、日本に行くつもりではなかったのだという。

普段は「脱北者」に関する情報を日本で売りさばいては生活している兄。彼は「逃避行をフィルムに収めればカネになる」と考え、妹を日本へと「逃亡」させた。―――要するに、すべてが「お芝居」だったというのである。仮にこれが真実であったならば、日本でこれまで何度も騒がれてきた「脱北者」騒動とはいったい何なのかということになる。ましてや、そうした「脱北者」が事実上暮らすのを温存している中国当局の「立ち位置」も気になるところだ。ましてや、なぜスイス勢がこんなことまで知っているのか?

(元外交官・原田武夫の「国際政治経済塾より」)


 WEB上には元ソースが発見出来なかった為、正確な事までは分かりかねるところですが、確かに、如何に「基地外」が朝鮮人のデフォルトであるにしても、あの自称「拉致被害者」の基地外鮮人は、余りにも度を超しているとしか思えないものです。

 しかし、もし仮に、あれらの奇行の全て、いや半分でも「お芝居」であったとするならば、全てに納得は行かないにしても、ほんの少しは理に適うと言えます。

 何故に、あんな幼児でも5秒で嘘と分かる嘘を堂々と並べ立てたのか、何故に、記者会見の最後で北朝鮮芸術映画「民族と運命」の主題歌を歌ったのか、そして、何故に、脱北した筈のあの基地外を、北朝鮮がすんなりと受け入れたのか。

 「お芝居」だったからこそ、整合性があると他者が思えるような理由など存在せず、朝鮮人特有の性質の許すままに口を回してあのような意味不明な理由の羅列となり、「お芝居」だったからこそ、最後にエンディングとして歌を歌い、「お芝居」だったからこそ、すんなりと帰国を許された。

 まだまだ十分に、我々の常識では理解の範疇を超えてはいますが、相手が朝鮮人である事を考慮に入れれば、「無きにしも非ず」という感がしないでも無いと言えるでしょう。

 原田氏は、更にこう続けています。

失われた「名古屋・平壌チャーター便」

マネーの世界の「常識」を知っていると、実はこれらの問いに対する答えは簡単に出てくる。

北朝鮮が最もカネを預けているのはスイスだという情報がある。後継者問題も含め、プライベート・バンク業務を「お家芸」とするスイスが、実際には北朝鮮情勢の黒幕である可能性は高い。だからこそ、彼らは何も知らない日本人では想像もつかないような情報を持っており、「ここぞ」というタイミングで出してくるのだろう。

それでは、なぜ今が「その時」にあたるのか?―――この「脱北者」問題一つとっても、要するに関係者の自作自演だったということになれば、もはや「問題」ではなくなってくる。「人権抑圧」「極度の貧困」といった脱北者問題の背景事情までもが疑われてくる。むしろ、「北朝鮮とは、実は壮大な演劇のような国であって、テレビに映し出されているものとは違うのではないか」ということなろう。

(元外交官・原田武夫の「国際政治経済塾より」)


 流石に、全ての「脱北者」が実は「演者」に過ぎず、北朝鮮は「貧困」も「弾圧」も無い「普通の国」という論は極論にしか思えず、同意は示し難いとしか言えません。

 もし、そうだとするならば、あれ程までに支援に固執する必要は無かったと言えるでしょう。

 大体、今現在においても、北朝鮮はこのような事を要求しています。

北赤十字「有効期限過ぎた薬でもいいから送ってくれ」

北朝鮮赤十字会が切ない手紙を韓国側に送ってきた。薬品が足りないから有効期限が過ぎて廃棄する薬でもいいから送ってくれという内容だ(写真)

ムン・ギョンテ韓国製薬協会副会長は北朝鮮赤十字会が2月、平和問題研究所を通じて薬品支援を依頼する建議書を送ってきた事実を10日、公開した。ムン副会長は「北側は有効期限が 6カ月、1年ほどすぎた医薬品でもいいから送ってくれ、有効期限が過ぎた医薬品を使って生じた問題は、北側がすべて責任を負うと言ってきた」と紹介した。北朝鮮赤十字会は建議書で「北朝鮮にたくさん入ってくる中国の薬は我々の体質にあまり会わない上、偽物が多くて困っている」とし「韓国で製造した医薬品なら我々にとってとても貴重な薬品」だと強調した。赤十字界は抗生物質、結核の薬、肺炎の薬、風邪薬、消化剤が特に必要だと伝えてきた。

製薬協会は北側の事情は分かるが、有効期限の過ぎた薬品は送らないとしている。ムン副会長は「北側がすべての責任を負うと言っても医学的に問題が起こることがある薬品を送るわけにはいかない」と話した。また「特定薬だけ健保を適用する新しい薬代金策定制度の施行で全般的に薬品生産が減り、北朝鮮に送る薬品が減らないかと心配している。国内生産医薬品の1%(1000億ウォン相当)を北朝鮮に送る運動を繰り広げて行かなければならない」と付け加えた。

北朝鮮は風邪薬や整腸剤のような基礎的医薬品さえ不足している状況だ。韓国製薬協会支援で2005年に設立した薬品工場は水と電気不足でまともに稼働できていない。昨年10月には1日3錠ずつ10日薬を飲めば治るしょう紅熱が流行ったが、薬品がなくてかなり多くの高齢者や子供が命を失ったと伝えられた。製薬協会は毎年50億ウォン規模の薬品を北朝鮮側に送っているが、かなり不足した状況だ。

北朝鮮は2001年11月にも狂牛病の危険がある牛肉をドイツから輸入した。当時ドイツは狂牛病問題で牛肉市場が不安になると北朝鮮に1万8000トンの牛肉を支援することに決めた。市民団体は狂牛病の危険を心配したが、食糧難だった北朝鮮はドイツの牛肉を受け入れた。

中央日報は年初「2007課題7」を通じて北朝鮮の子供の身長を3センチ高くしようと提案した。経済力と福祉格差のために発生した南北間の体格の違いをこれ以上放っておいてはいけないという趣旨だった。パク・スンヨン・ソウル大教授が北朝鮮を脱出した子供、青少年1193人を調査した結果によると、10歳の北朝鮮男子と女子の身長は韓国の子供の平均より6.6センチ、4.4センチ小さかった。

(2007年07月11日 中央日報)


 流石に、これだけの巨大な規模で嘘を吐き通すことなど、幾ら朝鮮人でも、幾ら米政府が絡んでいたとしても、流石に不可能だろうとしか思えません。

 まだ、「9・11陰謀説」の方がリアリティがあるというものです。

 しかし、少なくとも、もしも、この情報が真実であったならば、「貧困」と「弾圧」から逃れて来たとされる「脱北者」の中に、そうでは無い者が紛れている事となるのは間違い無いと言えます。

 その中に、金正日からの何らかの指令を受けた人間が居ないなどとは、60余年の仮初の平和に呆けている日本人でも、流石に思う事は出来ないというものです。

 そして、最悪な事に、そのような棄民擬きのスパイを受け入れるという条文を、政府・自民党、そして民主党の超絶的売国奴どもは、例の「北朝鮮人権法案」の中に入れているという事です。

 何処までが本当で、何処からが嘘なのかを的確に判断する程の能力は流石に無く、また、それだけの材料も無い訳ですが、これらの事から推測出来るのは、北朝鮮問題というものは、我々が考えている以上に最悪の状態である可能性が高いという事でしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「NO」と言える国家―奪われ続ける日本の国富
原田 武夫
ビジネス社 (2006/06)
売り上げランキング: 72586
おすすめ度の平均: 5.0
5 グローバルスタンダードの背後にある国家の支配階級
5 what are you doing the rest of your life?

北朝鮮なんでも大図鑑―金正日将軍様生誕65周年記念

オークラ出版 (2007/03)
売り上げランキング: 110647
おすすめ度の平均: 5.0
5 「地上の楽園」の現実
5 貴重な資料を楽しく学べる(?)一冊!
5 万歳ー!

署名はこちらから


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
リピーター続出!税理士からの即回答!インターネット税務相談
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/12(木) | | #[ 編集]
北の貧乏人は食い物を捜し求めているのが現状であります。
よって脱北ができるのは、ある程度余裕のあるひとたちでしょう。
それに朝鮮名物には、「泣き女」というものがあります。
「泣き女」とは、カネをもらって葬式などでワンワン泣く演技をすることを職業とする女性達です。
儒教の戒律では、親の葬式では大声出して泣かなければいけないのだそうです。
明日から新風のポスター貼りを手伝いますので、コメントできなくなるかもしれませんが、ごかんべん願います。

2007/07/12(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>北の貧乏人は食い物を捜し求めているのが現状であります。
>よって脱北ができるのは、ある程度余裕のあるひとたちでしょう

成る程、理が通っています。

そうすると、やはり、全てとは言わないものの、あの中に金正日から何らかの指令を受けている人間が居ると考えた方が自然です。

となると、以前のあの脱北家族は、やはり当然の事ながら北の工作員だったと考えて間違いないでしょうね。
2007/07/13(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/812-22cf3cc2