FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 四千年の歴史を集積したスーパージョーク

四千年の歴史を集積したスーパージョーク
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 何が切っ掛けであったかは、既に忘却の彼方に置き忘れてきてしまいましたが、ここ最近、急激に、現代国際社会に残る唯一の魔大陸、支那畜人民共和国製の製品、特に食品に対する批判の声が高まってきています。

 まあ、ちょっとした電化製品が多少凡雑な造りで故障し易い程度の事なら兎も角、生命に直結する食料品に人間を死に至らしめる量の毒物が混入していたとあれば、これは極めて当たり前の事であり、寧ろ、反応が遅過ぎた感さえあると言えるでしょう。

 そんな、日々高まる支那畜産の食料品への批判の声を受け、これまでは「中国製品は安全アル」の一点張りであった支那畜共産党の大虐殺者集団どもも多少は憂慮を感じたのか、ほんの、本当にほんの少しだけですが、譲歩の姿勢を見せた模様です。

中国、輸出食品の品質の安全確保を表明

 中国国家品質監督検験検疫総局輸出食品安全局の李元平局長は14日、北京で、「中国は輸出食品の品質への監督、管理を絶えず強化し、安全を確保していく」と表明しました。

 最近、一部の輸出食品の「品質問題」が起きたことに対し、李元平局長は、「一部の食品の不合格をもって、すべての中国食品が安全でない、とは言えない。中国の輸出食品の合格率は99%以上に達しており、食品ではたいへん高い合格率である」と説明しました。

 李元平局長はさらに、「中国は一連の完備した管理制度で輸出食品の安全を確保している。輸出食品の栽培・養殖基地に対して、検査検疫の登録制度を実施し、審査を受け条件が認められてから、初めて輸出食品の栽培・養殖基地に指定され、メーカーに原料を提供することができる」と強調しました。(翻訳:王小燕)

(2007年07月14日 中国国際放送局)


 まあ、譲歩したとか言いましても、所詮は「本家嘘吐き」の朝鮮と並ぶ「元祖嘘吐き」の支那人な訳で、適当なお為ごかしを並べただけである事は、一目して理解出来るというものです。

 そもそもからして、仮に「99%の合格率」という嘘を信用するにしても、それであれだけ問題が多発するという事は、検査態勢そのもの、或いは検査基準そのものに問題があるという事に繋がります。

 まあ、どうせ支那畜の事だけに、「検査された物」の合格率は99%以上でも、殆ど大半以上は「検査すらしていない」というオチであろう事は容易に想像が付く訳ですが、どちらにしても、生半可な事で現状が改善される可能性はまず無いだろうと言えるものです。

 大体、またもや「そもそもの話」になる訳ですが、検査態勢を本当に強化したところで、我々と魔大陸の住人とでは、「安全」と感じる基準が天と地程離れているという問題があります。

洞庭湖のネズミ、すでに食べられていた!ゲテモノ闇市場で追跡調査―広東省広州市

2007年7月15日付けの報道によると、湖南省洞庭湖周辺で農作物を食い荒らし大問題になっている20億匹のネズミの一部がすでに広東省広州市のゲテモノ闇市場で売られていることが判明した。

ネット界でも「ネズミは殺さず広東へ運んで食べよう」という提案がされ、大騒ぎになったこの20億匹のネズミ。すでに広州市内のレストランで料理として出されているとの情報を得た記者が調査したところ、これが事実であると確認された。

記者は湖南省からネズミを売りにきた男性との接触に成功。男性によるとネズミ収穫時期は冬なのだが、今年は洞庭湖のネズミのおかげで夏でも良く獲れると説明。なぜ広州市に持ち込むのかとの問いに「広州人は金持ちだし、ゲテモノ好きだからね。言い値で買ってくれるよ」と答えた。ちなみにネズミ500gが20元(320円)以上で売れるとのこと。

この闇市場では洞庭湖の田ネズミのほかに、山ネズミ、センザンコウ、イノシシ、そしてSARSの原因といわれたハクビシンまで売られていた。(翻訳・編集/本郷智子)

(2007年07月 Record China)


 こういう事が現実に行われているのが、現代に残る最後の秘境である支那畜人民共和国であり、こういう事をする事に何の疑念も感じないのが、魔大陸に居住する支那人という魔族よりも厄介な連中な訳です。

 常日頃の生活環境から、毒物や細菌に対して異常なまでの抵抗力を持つ支那人は平気なのかも知れませんが、それ以外の殆どの国に住まう普通の人間が、食用に生産された訳でも無い、それも異常発生した野生のネズミなどを口にすれば、かなりの高い確率で病気に冒される危険性があるというものです。

 ちなみに、その魔大陸ですらも、広東省疾病抑制センターが「ネズミは体内に寄生虫や病原菌を持っているので決して食べないように」と警告を発しています。

 それでも気にも留めないのが支那人という人種であり、危険性を感知出来ないのが支那人という人種である事が理解出来れば、連中がこの感覚のままで検査態勢を強化したところで、何の意味も無い事などは想像するまでも無い事だと言えるでしょう。

 真面目に、新種のウイルスの蔓延や、奇妙な伝染病を蔓延させたく無いのであれば、早急に、この思考の根本的な部分が狂っている連中との交易を停止するよう、阿呆の政府に要求していかなければなりません。

 最低限、食料品の輸入だけでも差し止めなければ、そう遠くない未来にとんでも無い事が起こるのは自明だと言えるものです。

 一応、「検査態勢を強化する」と発表した手前か、それなりのパフォーマンスだけはしてはいる様子です。

危機一髪!2トンもの無許可食品出荷直前に摘発!―北京市

2007年7月12日、北京にある豊台商工分局食品科と長辛店商工所の法律執行員が留霞峪村内の黒涼粉(緑豆の粉で作ったところてんのような食品)を無許可で製造していた工場を摘発した。

現場は出荷街待ちの黒涼粉が2トン以上あった。職員は間もなくトラックで搬送しようとしているところだった。

法律執行員が現場に入ったとき、現場には2トン以上もの黒涼粉が積み上げられていた。法律執行員が来ても工場の職員たちは傍若無人に作業を継続していた。(翻訳/編集・YO)

(2007年07月 Record China)


 しかしながら、上記したような「根本的な感覚の違い」が理解出来れば、仮に、これが「単なるパフォーマンス」では無く本気の取り組みであると極めて好意的に解釈したとしても、一切、何の意味も無い事であるのは考えるまでも無い事だと言えます。

 「日中断交」の声は、単なる排他的な意識から来るようなものでは決して無く、「生きたい」という生物にとっての当然にして細やかな「祈り」の感情から来るものだという事を、全ての日本人は理解せねばなりません。

 ありとあらゆる、全方位から、この支那畜魔人どもの脅威に備えて初めて、我々の生命の安全と自由は保障される事になるのだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

マンガでわかる中国100の悪行
東亜細亜問題研究会 餅町 ツル
晋遊舎 (2006/11)
売り上げランキング: 3399
おすすめ度の平均: 4.5
5 中国共産党の闇、そして汚染される食料品
5 朝日新聞と慰安婦問題
4 良い本ではあるが、聊か偏執的

中国瓦解―こうして中国は自滅する
宮崎 正弘
阪急コミュニケーションズ (2006/02)
売り上げランキング: 145764

署名はこちらから


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
ニ ッ ポ ン ダ ン デ ィ ?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
  こういうニュースも出てきています。

前薬品監督局長の死刑執行=異例対応、腐敗に厳罰-中国
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007071000521

--------以下引用--------
 新華社電によると、649万元(約1億円)のわいろを受領したほか、偽薬を承認したとして死刑判決を受けた中国の鄭篠萸・前国家食品薬品監督管理局長(62)の刑が10日午前、北京で執行された。
 北京市高級人民法院(高裁)は6月22日、鄭被告を死刑とした5月末の1審判決を支持し、同被告の控訴を棄却していた。中国は2審制のため、最高人民法院(最高裁)の承認を得て、異例のスピード執行となった。
--------引用以上--------

  おそらく、今度は食品関係や、衛生当局の責任者が死刑になります。そして、1年間に500人くらい死刑に処して「我が国は安全対策に万全を期しています」などと言うんでしょう。
  
  オリンピック、本気でやばくなってきましたね。
2007/07/15(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>前薬品監督局長の死刑執行=異例対応、腐敗に厳罰-中国

流石は支那畜大センセーと言ったところですね。

仰るように、これから暫くの間、無闇矢鱈に死刑が繰り返される事となるのでしょう。

それどころか、今現在の共産党の内部事情を考慮に入れると、この騒ぎを利用して、敵対勢力を粛正しようという動きに出る可能性もあります。

また、あの魔大陸に、無数の死骸の山が築かれる事となるかも知れません。

我が国も、早めに五輪ボイコットの可能性について言及しておかないと、特亜馬鹿3国とアフリカ諸国だけのオリンピックに参加して、死亡フラグを立てられる事となる危険性は大です。
2007/07/15(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ねずみとして中国内で食されてるだけならいいです
が、これが牛肉偽装のようになんらかの食材に混入
して使われて、それが国内に流入している可能性が
あるんじゃないかと、それが心配です。
2007/07/16(月) | URL | ぽんた #-[ 編集]
>これが牛肉偽装のようになんらかの食材に混入して使われて、それが国内に流入している可能性があるんじゃないかと、それが心配です。

可能性は高そうな気がします。

あと、仮にされてなくても、そういうモノを喰って未知のウィルスに感染した支那人が来日し、散蒔いていく可能性も無いとは言えません。

もう、あの魔大陸とは、さっさと国交を破棄すべきですね。
2007/07/16(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/815-48dd52e3
安倍晋三か? 小沢一郎か?-これが参議院選挙の焦点だ?(日本政策研究センターHP) 年金問題や、閣僚の不祥事・不適切発言が続出し、参議院選挙は安倍政権にとって非常に厳しい選挙になるだろうと言われている。だが、一方
2007/07/15(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
安倍晋三か? 小沢一郎か?-これが参議院選挙の焦点だ?(日本製作研究センターHP)安倍政権発足以来の評価、野党との政策の違いなどを日本政策研究センターの伊藤哲夫所長に聞く企画の第2回。今回は、安倍政権の外交面の評価
2007/07/16(月) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
[ネズミ]20億匹、しっかり自国で消費して下さい正直言ってどう突っ込んだらいいのかわかりませんが...  まあね、気持ちとしてはわかるんだけど、もっと酷いことになってるようですね。 捕って食った食わないって話もさることながら、地方政府が供与した殺鼠剤はとんと
[ネズミ]20億匹、しっかり自国で消費して下さい正直言ってどう突っ込んだらいいのかわかりませんが...  まあね、気持ちとしてはわかるんだけど、もっと酷いことになってるようですね。 捕って食った食わないって話もさることながら、地方政府が供与した殺鼠剤はとんと