FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 足掻く寄生虫

足掻く寄生虫
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 弱者の名を騙り、一般の国民が支払った税金から多大なる恩恵を受け、殆ど自助努力をする事も無く温々と暮らしを営んできた歴史上最低最悪の寄生虫、在日韓国朝鮮人。

 ここ数年、ようやくにして、その下劣なる本性が世間様の知るところとなり、当然の如く批判の声が高まって来ている訳ですが、そんな現状を何とか切り抜け、再び弱者利権の中で甘えて暮らそうと、実に下劣で低俗な企みを続けている模様です。

「国家、民族超えて」 コリア系学校が説明会

 来春に大阪府茨木市で開校予定の中高一貫コリア系インターナショナルスクール「コリア国際学園」(理事長予定者・姜尚中東大教授)の説明会が15日、都内で開かれ、子どもの入学を検討する父母や教育関係者ら約40人が集まった。

 理事の一人で作家の梁石日氏は「在日(韓国・朝鮮人)の歴史は通算で100年近い。これからは、国家や民族を超えていく必要がある」と学園設立の趣旨を説明した。

 日本には在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の民族学校や、主に韓国籍の生徒が通う韓国学校があるが、学園関係者は「既存の民族学校などとも共存共栄したい。新しい選択肢として考えてほしい」と話している。

 同学園は入学者の国籍は問わず、韓国語、日本語、英語の3カ国語の教育を重視。大学受験への対応も考え、公立の中高校の約1・3倍の授業時間を確保、各種学校での運営を目指すという。

(2007年07月15日 西日本新聞)


 真面目に、国家や民族の壁を越えたいというのであれば、このような糞下らないコミュニティを新設するのでは無く、既存の朝鮮学校や韓国学校などと呼ばれるものも取り壊し、一般の、ごく普通の日本国の学校に進むようにさせるのが筋だと言えるものです。

 「入学者の国籍は問わない」などとありますが、「コリア国際学園」などという名が付いている学校に、一部の基地外人権屋以外の人間の子弟が通う筈が無く、このような行動は寧ろ、民族や国家の壁を築いている事に他ならないと言えるでしょう。

 まあ、結局、何故に今時分にこのような行動に出るかと言えば、拉致問題やら何やらで既存の朝鮮人系の学校が肩身が狭くなって来てしまった事に窮屈さを感じ、その状況を打破する為の悪足掻きに過ぎないと言えるものです。

 入学者の国籍を問わないとしているところも、「ウリは門戸を開けているニダ。チョパーリが勝手に来ないだけニダ。やっぱり、チョパーリは差別主義者ニダ」とか嬉しそうに騒ぎたいだけの為の措置であり、来る筈が無い事などは重々承知した上での故意犯だと思われるものです。

 取り敢えず、現時点で言える事はと言えば、ここで少しでも甘い顔を見せれば、この寄生虫どもは再び増長し、何ぞの理由を作って喚き出す事は確実であるという事です。

 事実、この寄生虫どもは、戦後、そういう手段の一点張りで、我が国を蝕んできたと言えるものです。

 重要な事は、連中が如何に努力する振り、譲歩する振りをしようとも、決してそれに惑わされる事無く、「在日は住処である半島へ帰るべき」と言い続ける事だと言えます。

 その事をほんの僅かでも怠った瞬間、その隙間を縫って連中は進入し、新たなる弱者利権を作り出してしまうのです。

 もうすぐ、恐らく確実に韓国経済は破綻し、大量の朝鮮人流民が発生する事となります。

 その時に、「在日韓国朝鮮人」と呼ばれる類の寄生虫を、更に大量に流入させたりする事を防ぐ為にも、我々は、決してここで気を抜いてはいけないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』
野村 旗守 宮島 理 李策 呉 智英 浅川 晃広
宝島社 (2006/05/23)
売り上げランキング: 15580
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖
三橋 貴明
彩図社 (2007/06)
売り上げランキング: 322

署名はこちらから


PR情報
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さん、こんにちは。
人権屋でさえも、この学校に子弟を入れるようなことはしないでしょうね。その意味で「基地外」がつくのは正解だと思います。
日教組バリバリの教員の子弟の多くが公立ではなく私立に行っております。東京など都市部なら分かりますが、田舎でもそうです。
自分の子供には偏った教育をさせたくないが、他人の子供はどうでも良いという自分勝手な日教組教員が多いようです。
人権屋も同じ穴のムジナですから、行動原理は同じでしょうね。
在日全員まとめて、人権屋とともに半島に送り返したいものです。
2007/07/16(月) | URL | ナルト #v9aamH/k[ 編集]
お約束ですがHP見ると「各種学校」申請予定ってあるんで一条校じゃないですね。
中高一貫で国籍問わずと言いますが、日本人が義務教育である中学校に行かずに「各種学校」に行くのって法的にOKなんですかね?
まぁ、そんなアホな日本人がいないと思うし、いたとしても知ったことではありませんが(笑)
2007/07/16(月) | URL | うにょ大佐 #-[ 編集]
>人権屋でさえも、この学校に子弟を入れるようなことはしないでしょうね。

民主・社民型の人権屋は絶対にそうでしょうね。

彼らは、あくまで弱者を哀れむ強者でいたいタイプですから。

>自分の子供には偏った教育をさせたくないが、他人の子供はどうでも良いという自分勝手な日教組教員が多いようです。

まあ、自分勝手で無ければ、生徒にとっての晴れの式典を自分のイデオロギーの為に妨害したりは出来ませんからね。

実に連中らしい行動と言えるのかも知れません。

>人権屋も同じ穴のムジナですから、行動原理は同じでしょうね。

元祖人権屋の土井某さんは、あれだけ朝鮮人を擁護しておきながら、自分が朝鮮人呼ばわりされたら「名誉毀損」だと言って起訴騒ぎ起こしてましたしね。

結局、連中にとっても「人権」なんてものは、そんなものだという事なのでしょうね。
2007/07/16(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>中高一貫で国籍問わずと言いますが、日本人が義務教育である中学校に行かずに「各種学校」に行くのって法的にOKなんですかね?

余り詳しくは無いですが、恐らくアウトな筈なので、中高一貫となるのは「朝鮮人」だけとなるのではないでしょうか。

まあ、高校からだけでも、わざわざ「各種学校」、それも何か特殊な事を教えてくれる訳でも無いとろに進学する変人は、そうはいないと思いますが。

>まぁ、そんなアホな日本人がいないと思うし、いたとしても知ったことではありませんが(笑)

まあ、それがFAでしょうね。
2007/07/16(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ひさしぶりのカキコ。
南朝鮮の破産後に日本にやってくる鮮人の大半は密入国者。
となるとまっさきにやらねばならぬことは、鮮人の密入国を水際で食い止めること。
次に鮮人を有無をいわさず国外追放にすること。
最後にそれが可能となるよう、新風から議員を当選させること。
瀬戸さんは外国人犯罪の専門家です。
当選したらきっと我々の期待にこたえてくれるでしょう。
2007/07/16(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>まっさきにやらねばならぬことは、鮮人の密入国を水際で食い止めること。

密入国者も勿論ですが、例の「ノービザ入国」も何とかしておかないと、そこに幾ら気を配っても、普通のルートから大量に侵入してくる恐れがあります。

韓国が破産するその前に、この犯罪者受け入れ法と言っても過言では無い措置を、外務省に止めさせる必要がありますね。
2007/07/17(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/816-24f381ad
安倍晋三か?小沢一郎か?-これが参議院選挙の焦点だ?安倍政権発足以来の評価、野党との政策の違いなどを日本政策研究センターの伊藤哲夫所長に聞く企画の最終回。今回は、安倍首相の指導力や、北朝鮮への圧力路線を疑問視
2007/07/16(月) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 昨日7月16日の産経紙社説は、参院選についての連載で憲法問題を取り挙げていたが、年金紛失問題、事務費問題など選挙戦の焦点がマスコミや野党によって一方的に偏り、ために安倍政権に対する批判オンリーとなっている中、現在
2007/07/17(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
今回の国連通信は、とても興味深く大事な内容です。世界家族政策フォーラムというものが、毎年開催されているということを、私は初めて知りました。ここでは、貴重な内容が報告されたり論議されているようです。
2007/07/17(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN