FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → パラオより愛を込めて

パラオより愛を込めて
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 小林よしのり氏の新刊、「ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム」に記載されていた、パラオのクニオ・ナカムラ元大統領との対談が非常に興味深かったので、一部テキスト化してみました。

―今は、政治に関わる仕事はしないんですか?

時々、アメリカとの条約が切れる時などに頼まれて、新しい条約の交渉に行ったりはします。今やってるのは、IWC(国際捕鯨委員会)のパラオ政府代表で、日本と鯨の会社をやっています。

鯨はパラオの海からある程度獲っても大丈夫です。獲りすぎはいけませんが。毎年会議があって、2004年の会議に行ったら、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドがすごく反対していて、なぜパラオは反対しないのかと言われた。

一度、オーストラリアの代表と激しく議論した。彼の意見では、鯨は、ホエール・ウォッチングするものだ。それなのにパラオや日本は鯨肉を食う。かわいそう、と言う。僕は「おまえたち、カンガルー食べてるじゃないか!カンガルー食べてる者が何言うんだ」と。

それで会議にはチェアマンが一人いて、みんなの前に僕とオーストラリア代表が呼び出された。

ああいう世界中の国々が集まる大きな会議には、国の大きさは関係ない。国に住んでいる人たちの心の広さというのはある。自分が正解と思ったらがんばって訴えていく。負けないで。

―捕鯨問題では、日本の水産庁に小松さんという人を知っていますが・・・

はい、はい。僕の友達。もう辞めたけど。他のところに行って。森下という先生、今、IWCにいる。

―パラオへの移住者は沖縄の人が多かったけど、その沖縄も、米軍基地を置く代償としての援助漬けで、県民の活力が失われてきたように感じます。沖縄戦による恨みもあって、若者のアイデンティティーがゆらいでいるようなので、これ(沖縄論)を描いたんです。

過去の事を忘れてはいけません。現在のパラオも、文化や習慣よりもお金というようになってきている。大統領も、タクシードライバーも、酋長たちも、みんな「お金」になってきた。

社会とか国というものは、人が集まって作るものだから、変わっていくところはいくら反対しようがしまいが、どうせいずれは変わっていく。でも大事なのは、そこに住む人たちが自分たちの変化をコントロールしていかないと問題が起こる。これをどうやってコントロールするかというと、やっぱり法律。それは国民が決める。

パラオは小さくて人も少ない国ですね。パラオの文化や歴史を全部一気に変えることは一日もかからない。

以前、政府の仕事をしていた時は、自分が中にいたわけですから、変化の早さにあまり気付かなかった。しかし今、政府の仕事を終えて外側から見ていると、変化がすごく早く見える。

5年後に、もう一度パラオをいらっしゃい。5年後にはたぶん、パラオが中国か、フィリピン街みたいになっているでしょう。

いろんな商売をしている外国人が、今どんどん入ってきている。そうち本当のパラオ人はどの人か、わからなくなる。ハワイと同じようになる。バランスを取ることなくこのまま発達していけば元々のネイティブの習慣は消えていくでしょう。今すごく心配していることです。

―グローバリゼーションの問題ですね。

YES!グローバリゼーション。10年前は、中国の品物、なかった。今、みんな made in Chaina!パラオで商品がよく売れて外貨は儲かっていると思ったら、本当はパラオから外国へ出ているわけですよね。

経済の戦争は、鉄砲の戦争よりももっとひどい!そうだろう?経済の戦争は、国の中、段々お金がなくなる。生活できなくなる。グローバリゼーションで、将来、国の習慣もなくなる。

この前、大統領と話した時、パラオはパラオの人の国ですって言ったの。そうだろう?経済もパラオの人の、経済にしないとダメです。習慣も、パラオの人の習慣!どうしてパラオという国があるのかといったら、パラオの独自な習慣があるから!パラオの習慣がなくなったら何が残る、パラオに?パラオはどんな国になる?そうだろう?

―まったくです。やっぱり、それぞれの国のオリジナリティがあって・・・

YES!経済の土台を作る。習慣の土台がなかったらダメ。それがなければ、どっかに国を売った方がいいよ。

―経済にしろ、民主主義にしろ、土台になるのはその国の伝統なり、歴史、習慣なんですよね。

That idea! So good! Goodだよ。パラオの大統領になった方がいいよ。

ホント、心配しているよ、僕の国。子供も孫もいるんだから。小さい国だから、この缶のジュース、つぶすのは簡単。中身少ないから。パラオは2万人だよ。

もし、このままいけば5年後は、経済の力は他の国の人のものになる。議員も酋長もタクシードライバーも若者も、経済の恐さに気づかなきゃいけない。

―全く同感します。

山は下から支えられている。山の頂上の金持ちだけでは困ることになる!

―日本も一部の金持ちと多くの貧乏人の二極化が進んでいるんです。国がビジョンを出さずに、民にまかせれば市場がひとりでに国をつくってくれると思っている。富が独占され、富が流出し、習慣は破壊され国の実体はなくなるのに・・・

パラオに古くから言われていることわざに、「Yesterday, today are sail the tomorrow」というのがある。アウトリガーのカヌーは過去を帆に受けて、未来へ進む。昨日と今日がなかったら、カヌーは進んで行けない。

―いい言葉ですね。今日は本当に勉強になりました。

(ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズムより)


 ああだこうだと論評を付け加える必要などは、何も無いでしょう。

 グローバリゼーションなどと言えば聞こえは良い訳ですが、それは詰まるところ、どんなに綺麗事で装飾したとしても、富の流出であり、歴史・文化・習慣の破壊に他ならないと言えるものです。

 ナカムラ元大統領が「どうしてパラオという国があるのかといったら、パラオの独自な習慣があるから!パラオの習慣がなくなったら何が残る、パラオに?パラオはどんな国になる?そうだろう?」と言っている言葉を、我が国の自称保守言論人、自称保守政治家、そして、それを支持している人間は、もう一度よく考えてみるべきだと言えます。

 「どうして日本という国があるのか」「日本の習慣がなくなったら何が残るのか」そして、「それを果たして日本と呼べるのか」と。

 互いに対等の立場で、納得いくまで徹底的に話し合い、完全に合意を形成した上でならば、経済に共通のルールを作る事は別に構わない事ではあります。

 しかし、今現在進められている「構造改革」という名の日本国の米国化は、「年次改革要望書」という米国の一方的な意志に基づいた押し付けの共通ルールな訳です。

 これは、経済という形を採った「侵略戦争」であると断じられるものです。

 現行憲法を、米国による押し付け憲法だから変えるべきだと主張している自称保守が、この完全な米国による押し付けルールに一言の異言も呈さないのは完全な矛盾であり、GHQ御製の奴隷憲法をありがたがっている基地外サヨクと何ら変わらない精神構造だと言えるでしょう。

 今、我が国は、米国による経済の侵略戦争によりその富を奪われ、その習慣を破壊され、その歴史と伝統に唾を吐きかけられている状況であると言えます。

 これを有り難がる馬鹿など、断じて「保守」などと呼べる代物では無く、盧武鉉クラスの超絶的な大馬鹿野郎か、或いは、完全に日本人としての精神と気概を破壊された米国の奴隷かのどちらかだとしか思えないものです。

 参院選の投票日の当日の朝ゆえに、敢えて固有名詞は伏せさせて頂きますが、これを喜び勇んで推進する馬鹿は決して保守清流の期待の星などでは無いし、これに何の疑問も呈さず、それどころか、この実態を国民に隠したまま進めようとする馬鹿政党を保守政党などとは、断じて認められない。

 その馬鹿政党の馬鹿党首は、馬鹿なりに一応は仕事らしきものをして、女系天皇を認めようとする狂った皇室典範の改正を阻止はしたようですが、ナカムラ元大統領が「グローバリゼーションで、将来、国の習慣もなくなる」と語っているように、この馬鹿の政策を推し進めた先にあるのは日本の習慣や伝統の破壊であり、それは結局、皇室の破壊に直結する事だと言えるでしょう。

 目前の御為倒しに目を奪われ、馬鹿の馬鹿による馬鹿な売国に間接的にでも手を貸す事は、その馬鹿よりももっと馬鹿な売国奴の一味だと白状しているだけの事だと自認するべきだと言えます。

 人間は反省し、過ちを改めるからこそ人間なのであり、反省だけなら猿でも出来るし、反省さえ出来ないなら猿以下の生命体に過ぎない。

 私は、我が国が人間が住んでいる国なのだと信じたいと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム
小林 よしのり
小学館 (2007/06/14)
売り上げランキング: 519
おすすめ度の平均: 4.5
5 パトリなきナショナリズム
1 命を粗末に扱うカルト内閣
5 ザ・樹海

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論
小林 よしのり
小学館 (2007/07/11)
売り上げランキング: 138
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人でよかったと思える。そして危機感も感じる。
5 「攘夷」って凄いです。
5 たくさんの人に読んでもらいたい。

署名はこちらから


PR情報
ここでしか買えない新潮文庫の復刻版。ウェブの書斎のオンデマンド本!
▽【注目】 モデルルームオープン情報
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
読後すっきりしましたよ。相変わらず貴君は筋を曲げませんね。

外国人は外国の利益を図る。経済と政治と文化は密接に関連しています。経済で他国に敗北しながら、脈々と文化伝統が営まれる…そんなのは絵空事です。

ひょっとしたら保守期待の星などと評される閣下は、そのことが分からない無邪気な方だったのかも知れません。

日本人の誇りなどと言いながら、メイドインチャイナの宝庫であるコンビニや100円ショップを多用しているコメント愛国者や、「経済はよくわからないから」と構造改革やホワイトカラー・エグゼンプションから逃げ続ける馬鹿保守ブロガーが、自分達の分身として保守期待の星を崇拝したのもわかる気がしますね。

保守期待の星と彼の信者たちは、きっと天罰を受けるでしょう。彼らが愚民愚民と散々コケにし、いたわることを忘れた「日本を下から支えている山の裾野」の反逆によって、ね。
2007/07/29(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
今の自民党は、経済の面から見れば似非保守にすぎない。
他の既成政党もグローバリストの集まりにすぎない。
経済の面から見れば、保守とよべるのは新風だけ。

経済の面から色分けすると、こんな感じかな。
保守・反グローバリズム(愛国)
自由・グローバリズム(売国)

経済がわからなければ米国を知ることなんかできないんだが、
これが理解できる人はどうやらあんまり多くないみたい。

知らなくても「知らない」と言える人はまだいいが、
知らないくせに知ったかぶりをする奴らは、
戦前の大アジア主義者と同じ。

瀬戸さんは「もう朝鮮半島や支那大陸にはかかわるべきでは
ない」と私(おしゃか)にいってくれたので安心できます。
それに農業を基本とした環境問題にはとても詳しいです。
どうみてもグローバリストにはなりようがない。


2007/07/29(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>瀬戸さん

彼は平和党の「自然主義経済」にも理解を示すほどですからね。グローバリストの手のひらの上で踊っている似非保守でないのは明らかですよ。やはり、毎週末農業に携わっているのが大きいのでしょうね。

いやあ、ここでさっき比例区で「誰に」投票したか書けないのはつらいですなぁ(笑)
2007/07/29(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
日本をギリギリのところで支えているのは、山の裾野にいる沢山の日本人です。

そんな事は当たり前な訳ですが、何故か、保守を名乗っている人間がこれを理解出来ず、確信犯的、或いは故意犯的に自民党による「山の裾野」への清野作戦を絶賛しています。

山の頂点のそのまた頂点にいる自称「権力の頂点」様が、自衛隊を合憲化して国防を強化しようといっているところに、騙されてしまい、引っ込みがつかなくなっているのでしょう。

幾ら国防力を高めたところで、「守るべき者」が無い軍隊になど何の意味も無いし、そもそも、自衛隊員が守りたいのは「日本国」そして「日本国民」な訳であり、ユダヤ大資本様の経済植民地や米国様の保護属領でも支那朝鮮の奴隷人民でも無いのですけどね。
2007/07/29(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>知らなくても「知らない」と言える人はまだいいが、知らないくせに知ったかぶりをする奴らは、戦前の大アジア主義者と同じ。

まあ、私も経済が得意分野な訳では無いので、余り偉そうな事は言えない訳ですが、政治なんかを主題にしたブログをやっていると、必ず打ち当たる壁な訳で、勉強くらいはすべきでしょうね。

それをしないなら、結局、国防を何も学ぼうともしないで「平和」を語っている頭の愉快なサヨクと変わらない訳ですから。

>瀬戸さんは「もう朝鮮半島や支那大陸にはかかわるべきではない」と私(おしゃか)にいってくれたので安心できます。それに農業を基本とした環境問題にはとても詳しいです。どうみてもグローバリストにはなりようがない。

瀬戸さんには、大いに期待していますよ。

保守気取りの戦後レジーム内閣に、是非とも強力な一撃を打ち噛まして頂きたい。

農業の部分でも、実践されているというのは、実に心強い部分です。

歴史を経験で補強した人間に、机上の空論はあり得ませんからね。
2007/07/29(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。


2007/07/30(月) | URL | タイムブログランキング #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/830-59b6c86b
  参議院選挙が終了しましたので、簡単に結果を振り返っておきます。自民、歴史的大敗 民主躍進、初の参院第1党http://www.asahi.com/politics/update/0729/TKY200707290263.html--------以下引用-
2007/07/30(月) | 日々是勉強