FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 参院選、所感

参院選、所感
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、29日、第21回参議院議員選挙の投開票が行われ、我等が新風は、無念にも議席を獲得する事が出来ませんでした。

 しかし、私を含めた17万以上(比例票)もの票を得た事は、確かな真実であり、必ずや、明日に、そして次の選挙へと繋がるものであると信じたいと思います。

 勝手連の中の更に勝手な行動しか取らない不肖の身ではありますが、新風に1票を投じて下さった皆様に、厚く御礼申し上げます。



 さて、話は変わる訳ですが、大方の予測通り、安倍自民党は、まさに歴史的惨敗と呼ぶに相応しい圧倒的な敗北と相成った模様です。

与党惨敗・過半数割れ、民主第1党に…安倍政権に打撃

 第21回参院選は29日、投開票が行われた。

 安倍首相が率いる自民党は焦点の1人区で相次いで敗れ、比例選でも改選議席を大きく下回り、30議席台の歴史的惨敗を喫した。公明党も振るわず、自公両党の連立与党は、非改選議席を含め参院の過半数を初めて割り込んだ。

 民主党は選挙区、比例ともに自民党を大きく上回り、初めて参院の第1党となった。安倍首相は29日夜、引き続き政権を担う意向を表明し、人心一新のため内閣改造と自民党役員人事を行う考えを示した。参院議長は民主党から選ばれる公算だ。民主党は参院で主導権を握って政権を揺さぶり、早期の衆院解散・総選挙に追い込みたいとしている。与野党の議席が参院で逆転したことで、政府・与党の国会運営は一段と難しくなりそうだ。

 自民党は、宇野政権下の1989年の参院選で、リクルート事件などが響き36議席にとどまって以来の惨敗となった。参院での議席は、55年の結党以来初めて非改選を含めて80議席台となり、参院での第1党の座を失った。

 選挙区選(改選定数73)は、29の1人区で、自民党が6勝23敗と大きく負け越した。過去の参院選で圧倒的に強かった山形や鳥取、島根、愛媛、宮崎などで民主党や野党系無所属候補などに競り負けた。

 象徴的だったのは、四国で自民党候補が全敗し、岡山で自民党の片山参院幹事長が民主党新人に敗れたことだ。東北も1人区では全敗し、これまで「金城湯池」とされた選挙区の多くを落としたことが自民党の惨敗を決定づけた。

 今回の結果は、年金記録漏れ問題や閣僚の不祥事に対する政権の対応について、有権者の不信感が高まったためと見られる。景気回復が遅れている地方が多く、公共事業の削減などへの反発があったことなども自民党に不利に働いた。

 読売新聞社などの出口調査では、1人区を含めて全国的に、自民支持層が自民党から離反する傾向がうかがえた。

 これに対し、民主党躍進の原動力は、1人区で政府・与党批判票の受け皿となったことだ。民主党の小沢代表は昨年来、1人区を重点的に回り、社民党や国民新党との共闘態勢を整えた。民主党は、農家の「戸別所得補償制度」など農村向けの政策を打ち出して支持を広げ、自民党を抜き去った。

 複数区では、自民党は複数の候補者を擁立した千葉と東京で2議席獲得に失敗し、都市部での退潮も目立った。民主党は積極的に候補者を立て、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知の5選挙区で2議席を獲得した。公明党は5選挙区に候補を擁立したが、埼玉、神奈川、愛知では敗れた。共産、社民両党は選挙区で全敗した。

 選挙区選の女性当選者は過去最多の14人となった。

 比例選(改選定数48)でも自民党は過去最低だった98年と同数の14議席となり、公明党も伸び悩んだ。民主党は過去最多となり、20議席台に乗せた。共産党は比例の改選4議席の獲得を目指した。社民党は2議席で改選議席を下回った。国民新党は1議席を獲得し、新党日本も田中康夫代表が議席を得た。

(2007年07月30日 読売新聞)


 自民党支持者の間では、マスコミの明らかな身贔屓の所為だとの声が上がっていますが、今回のこの結果は、それ以前の問題であり、あれだけ、全てが安倍政権の所為では無いにしても、実質的増税に障害者切り捨て、社保庁の不祥事、更には相次ぐ官僚のスキャンダルと来れば、至極当然の結果、寧ろ、これでも甘っちょろいくらいだと言えます。

 加えて、参院選勝利後には消費税の増税を匂わせ、棚上げになっていたホワイトカラー・エグゼンプション法案も進めていく気配を匂わせれば、負けて当然、勝てると少しでも考えている方が頭がどうかしていると言える程です。

 昨日のエントリーにおいて取り上げた、パラオのナカムラ元大統領のインタビューでもありましたが、社会という山を支えているのは裾野に居る大多数の庶民なのであり、この庶民の生活を出鱈目なくらいに打ち毀そうとしている政党を、壊されようとしている庶民が支持する理由など、何処にも見当たらないというものです。

 更に、安倍晋三「権力の頂点」内閣総理大臣閣下は、保守層からの圧倒的な支持を取り付けて内閣総理大臣職を得たにも関わらず、保守層が強く望んでいた「靖国神社」への参拝を、支那畜風情との外交の為という極めて矮小な理由で蔑ろにし、更には村山談話・河野談話という日本建国史上最低最悪の与太話をあっさり踏襲し、自らを引き揚げてくれた層に唾を吐きかける真似をした訳です。

 ここでも庶民は、この男は、口先では調子の良い事を並べはするが、決して約束を果たそうとはしない、実に軽薄な男であると思った事でしょう。

 更に、何とか汚名を挽回しようと、米国において採択されようとしている「慰安婦謝罪決議案」に対して、最初こそ勇ましく立ち向かった訳ですが、3日も持たずにヘタレ、慰安婦問題には何の関係も無いブッシュ米大統領にヘコヘコと頭を下げた挙げ句、慰安婦問題と呼ばれていたものを「日本軍の性奴隷問題」にまでグレードアップさせて下さった訳です。

 一部の信者を除く、全ての日本国民は、こう思った事でしょう。

 「誰か、このゴミを止めろ」と。

 そうして、困り果てた挙げ句に、選挙中にも関わらず、このような馬鹿な発言を、本人では無いにしろする訳です。

与党敗北は北朝鮮に誤ったメッセージと塩崎官房長官

 塩崎恭久官房長官は24日午前の記者会見で、北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」が安倍政権退陣論を展開していることについて、「安倍政権は(北朝鮮による)拉致問題、核開発・保有の問題について一貫して妥協のない姿勢を貫いた。選挙によって誤ったメッセージを送らないようにするためにも国民の理解を得るべく、きょうも総理は地方(遊説)に出ている」と述べた。

 また、参院選の位置づけに関し、「参院選は基本的に政権選択の選挙ではないと位置づけられてきた。今回も同じだ」と指摘した。

(2007年07月24日 産経新聞)


 その北朝鮮相手には、殆ど何も出来ない分際で、選挙に負けそうだからと国民を恫喝とは、実に恐れ入る「保守清流内閣」です。

 この時点で、国民の大半以上は、「絶対に与党にだけは入れない」と思った事でしょう。

 そして、これだけ明確な国民の審判が下ったにも関わらず、この「保守期待の星」である「権力の頂点」内閣総理大臣閣下は、まだこんな事をほざいておられます。

首相が続投の意向表明、中川幹事長は辞表提出

 安倍首相(自民党総裁)は29日夜、テレビ各局の報道番組に相次いで出演し、「惨敗の責任は私にある」としながらも、「私の国づくりは、まだスタートしたばかりだ。改革を進め、首相として責任を果たしていかなければならない」と述べ、引き続き政権を担う意向を表明した。

 一方、参院選を陣頭指揮した自民党の中川幹事長は、首相に辞表を提出した。首相は受理したうえで、事態収拾に当たるため、当面、幹事長にとどまるよう指示した。

 青木参院議員会長も退任する意向を示した。

 首相は内閣改造について、29日夜のテレビ番組で、「この結果を受け止めながら、よく考えたい。挙党態勢と適材適所の観点から考えたい」と述べた。内閣改造の時期を巡っては、政府・与党内に、9月に任期切れを迎える自民党役員人事に合わせて行うべきだとの意見と、選挙後できるだけ早期に実施すべきだとの意見が出ている。

 内閣改造・自民党役員人事では、政権浮揚につながる人材の登用や、新たな政策課題、党の立て直しがカギを握る。自民党内から挙党態勢を求める声が強まるのは確実で、人選の難航も予想される。

 今後の国会運営について、首相は「民主党とよく協力し議論をし、民主党の主張でも取り入れるべき点は取り入れる」と述べた。衆院の解散・総選挙に関しては「まだ2年近く任期が残っている。早期に解散するつもりはない」と語った。

 首相の続投表明を受け、自民党内では、町村派、丹羽・古賀派、伊吹派、二階派、麻生派の各派閥会長が、これを支持する考えを表明した。党内の幅広い支持を得られる有力な「ポスト安倍」候補が見あたらない事情が背景にある。

 しかし、首相の求心力低下は避けられず、厳しい政権運営を迫られそうだ。

 一方、公明党の太田代表は「小泉・安倍改革路線は必ずしも否定されたものではない」と述べ、今後も安倍政権を支えていく意向を示した。首相は30日午後、太田氏と会談し、公明党との協力関係を確認する。

(2007年07月30日 読売新聞)


 言うまでも無い事ですが、今回の選挙はあくまで参院選であり、衆院選のような「政権選択」の選挙とは言えないものです。

 しかしながら、政党支持率では然程の差は無かったにも関わらず、これだけの差が付いたという事は、即ち、政権交代云々は別にしても、取り敢えず、安倍政権というものには「NO」であると国民が言っているに等しい事だと言えるものです。

 阿呆の「権力の頂点」内閣総理大臣閣下はもう良いとして、自民党議員、そして自民党の支持者は、もう一度良く考えてみるべきだと言えます。

 この超絶的な阿呆を、そのまま「権力の頂点」に据えておく事が、2年後の衆院選にどのような影響を齎すのか、という事を。

 そして、衆院選で敗北するという事は、一体どういう事であるのか、という事を。

 私は、反安倍の立場ではありますが、別に小沢政権だの管政権だの鳩山政権だのは望んではおらず、寧ろ、そんなものは御免被りたいところです。

 阿呆を擁護する余り、落し所を間違えると、本当にとんでも無い結果を招く事になるとだけ、忠告しておきたいと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
宮崎 学 近代の深層研究会
同時代社 (2006/09)
売り上げランキング: 75826

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論
小林 よしのり
小学館 (2007/07/11)
売り上げランキング: 94
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人でよかったと思える。そして危機感も感じる。
5 「攘夷」って凄いです。
5 たくさんの人に読んでもらいたい。


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
  国民新党は現状維持をしたものの、共産党が議席減、新風に至っては「ネットの力」が天候に容易に左右されることを示した結果となりました。
  川田龍平が当選したのは示唆に富んでいます。つまり、若者に支持されること、ボランティアをとにかく集めること、そして地方議員などの応援を頼むこと、この辺が彼の当選につながっていました。
  新風は、なにしろ地方議員がいないのが苦しいですね・・・。これは、相当な茨の道になりそうだというのが正直な実感です。

  一番まずいなと思ったのは、東京でボス格の保坂が落ちて丸川が当選したことです。自民党の支持層が「都会の浮動票」だということは明々白々になったのですが、日本に住民票がない人間を当選させてしまうほど、東京はのんきだということも又事実です。
  すでにグローバリゼーションとの戦いに晒されている地方との意識の差は、今後どんどんどんどん拡大しそうです。当然、メディアは東京にあるわけで・・・。

  あと、安倍政権は、やばい法案を通すためだけに存在する「汚物処理班」になるかもしれません。共謀罪、ホワイトカラーエグゼンプション、そして消費税増税・・・この三つを通すためだけに、安倍を使い、そのあと小泉が悠々と復活、というのが自民党のシナリオではないでしょうか。
  それで2010年を迎えるくらいには、売国も完了、あとは中国様の侵略を待つだけということになる気もします。これを食い止めるべく、自民党内の真の保守派に期待したいですね。
2007/07/30(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
新風は30万くらいいくかと思ってましたが残念な結果でしたね
是非問題点を洗い出して次回につなげて欲しいですね

安倍さんが参院選の結果を受けて辞任できるほどの恥を持ち合わせている人間であったならば、もう少しまともな負け方をしていたでしょうね。
中途半端なスタンス、強行採決連発、問題閣僚と法案の内容や年金問題以前の政治力の無さでしたね。
ひっこんで自身の再チャレンジ支援策でどこかの企業にでも再チャレンジした方が今後のためでしょう

2007/07/30(月) | URL | うにょ大佐 #-[ 編集]
浪人さん、お久しぶりです。

今回の選挙、予想以上に自民が負けましたね。

私は今回の参院選の本当の争点は、民主党が保守陣営と旧社民党の連中とに別れるキッカケ作りではなかろうかと思います。

まず難しい事とは承知していますが、これによって保守二大政党制に近い状態になれば、今回の参院選は結果的に非常に意味のある選挙戦だった。と言えるのではないでしょうか・・・。勿論自民党の方も「生きた化石」が沢山いるので、問題は山済みですがね。

それにしても一番納得がいかないのは、相原久美子なる自治労局次長が民主比例でトップ当選を果たしている事です。一応、年金問題が争点の筈なのに、その諸悪の根源が、組織票が有るとはいえトップ当選。

なんだか気が抜けてしまいました・・・。
2007/07/30(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
旧社民党ではなく旧社会党
2007/07/30(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
>新風に至っては「ネットの力」が天候に容易に左右されることを示した結果となりました。

当選出来なかったのは、非常に無念な訳ですが、これで、逆に課題が浮き彫りになった事は、却って良かったと言えるかも知れません。

仰るように、「ネットの力」というものが天候に大きく左右されたのは、敗因の一つではある訳ですが、これは、あれだけ演説やら何やらで頑張ったにも関わらず、「庶民」の心には何も響かなかった、という事を示唆しています。

特に、それが良い悪いは別にして、「年金」が争点になっているにも関わらず、その「年金」に対する考えを強く述べられなかったのは、途轍もなく大きいと思います。

「年金」をマニフェストの中心に持ってくるような事をするのは、大衆迎合の馬鹿政党のする事かも知れませんが、せめて、新風ならこうする、新風ならこうなる、というビジョンくらいは示すべきであったかと思います。

何れにしても、今のままでは、単なるイデオロギー政党だとしか思われない政党となりかねませんし、それでは、仮に何時か議席を手に出来たとしても、長く国会に議席を確保し続けるのは困難です。

プラスワンが必要だと思います。

>日本に住民票がない人間を当選させてしまうほど、東京はのんきだということも又事実です。

良くも悪くも、それが東京という「地方」なのだという事を受け入れ、それに沿って戦略を構築していくしか無いでしょうね。

>あと、安倍政権は、やばい法案を通すためだけに存在する「汚物処理班」になるかもしれません。

可能性はありますね。

ただ、もっとやばいシナリオになる可能性も出て来ました。

「毒吐きてっく」さんのところで見掛けたのですが、青山とかいう電波芸者が、衆院解散を勧めるような言動をしていたらしいのです。

今、この流れで、安倍晋三という御輿を担いだまま、解散しての総選挙になだれ込めばどういう事になるか、言わずもがなお分かりになると思います。

タイトル欄に、「私が肩を持つとダメなのかな」とお書きになられてますが、最悪の場合、最低限のバランスと秩序を守る為には、無茶を覚悟で安倍自民党を擁護する側に回らねばならなくなる可能性があります。

まあ、流石の安倍晋三内閣総理大臣閣下も、そこまでは阿呆では無いとは思いますが、周りの太鼓持どもも青山某と同レベルですし、売国メディアも騒ぎ出すでしょうから、油断は出来ない状況と言えます。

>自民党内の真の保守派に期待したいですね。

まあ、さんざん反自民をしてきた訳ではありますが、衛藤晟一氏が国政に復帰されたのは喜ばしいですね。

自民党参院も、片山くんが落選して、青木くんが参院幹事長職を辞した事で、良識を取り戻す可能性はあります。

阿呆の執行部が身動きとれない状態にある内に、何とか自浄作用が働いて欲しいところですね。
2007/07/31(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>是非問題点を洗い出して次回につなげて欲しいですね

安倍ちゃんが、周りの電波芸者や太鼓持に乗せられて暴挙にさえ出なければ、次は2年後です。

時間はたっぷりある訳ですから、大いに期待したいところです。

>安倍さんが参院選の結果を受けて辞任できるほどの恥を持ち合わせている人間であったならば、もう少しまともな負け方をしていたでしょうね。

そう思います。

自民党の支持者こそが、早く彼を退陣させないと、本当にとんでもない事になる可能性は大です。

今回の大敗は、民主党が素晴らしかった訳でも何でも無く、ただ単純に安倍晋三という総理に国民が「NO」を突き付けた結果な訳ですから。
2007/07/31(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
お久しぶりです。

>まず難しい事とは承知していますが、これによって保守二大政党制に近い状態になれば、今回の参院選は結果的に非常に意味のある選挙戦だった。と言えるのではないでしょうか・・・。

期待したいところですが、某宮城の恥のようなのがトップ当選している内は、中々難しいかと思います。

ああいうのが、その得票を減らす傾向になっていけば、或いは突破口が開かれる可能性はあるのでは、と思います。

>それにしても一番納得がいかないのは、相原久美子なる自治労局次長が民主比例でトップ当選を果たしている事です。

まあ、投票率が上がらなければ、組織票が威力を振るうのは仕方のない事ですからね。

ただ、にも関わらず、自民党は勿論の事、公明党が議席を減らしているというのは、非常に示唆に富んでいる出来事だと思います。

非常に小さな出来事ではある訳ですが、ここには、非常に大きな可能性が潜んでいるように思います。

これで、投票率が上がれば、公明党を更に追い込める可能性は十分にある、という事ですから。
2007/07/31(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
いわれているとうりです、造反組みを意図も簡単に戻した(これはいろいろな考え方はあると思うが時期的に早すぎた)靖国には行かない 河野官房長官談話追認 村山談話追認こうくればだれだってへたれだと思ってしまう、政治は愚民政治(私もその一人だろうが)はっきり強烈に印象に残るものそれが執拗だ。教育三法 国民投票法 公務員改革(社保庁解体)とやっているのにこれに反対した勢力(自治労、日教組)これに投票したらどうなるかをあまり言っていないように感じた、作戦ミスというよりはじめからへたれていたように思う。
2007/07/31(火) | URL | 佐助 #-[ 編集]
 安倍首相は アメリカの慰安婦決議に 充分な反論・説明をせず、中・韓の反日謀略を国民に 説明して特亜に反撃しうる折角の機会を失した。
 靖国参拝でも 曖昧な態度で お茶を濁し、右寄り勢力の期待を裏切った。
 自民・新風以外は 全て 左寄り勢力という状況の中では もっと「右」の姿勢を貫けば 支持も得られるのに 曖昧な中道姿勢で 支持を失ったのだ。
 国民の多くは「衆愚」に過ぎず 目先の、今だけの利益に釣られての投票しか 期待出来ない。今回の選挙の最大の争点の「年金問題」は 馬鹿な国民を釣る格好のアイテムだったと云える。ここでも消えた年金番号の 最大の責任は 自治労職員のコンピューター導入反対闘争に因る職務怠慢のハズで 今 自治労が支持しているのは どの政党か? を明らかにすれば 反論出来たのにしなかった。

 選挙は オセロゲームのようにいかに 「隅」~ポイントを抑えきるか・・・で決まる。今回の参院選では すべてを失した。。 大敗は当然である。 
2007/07/31(火) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
ヘタレな部分というのは、確かに大きいですが、外に対してはそこまでヘタレで融和的にも関わらず、内に対しては徹底的に弾圧した、というのが最大の理由でしょう。

そして、そこから目を背けさせる為、北朝鮮という敵の存在を執拗にアピールし、ナショナリズムを煽ろうとする訳ですが、煽るだけで実質的な解決への手段を何一つ打とうともしないのでは、何時までもそれに騙されている程に国民は馬鹿ではありません。

安倍支持者やチームセコウが如何に煽ろうとも、「安倍では北朝鮮問題は解決出来ない」というのは、既に国民的なコンセンサスになりつつあると言えるでしょうね。

教育三法案や公務員制度改革、国民投票法にしても、その必要性は殆どの国民が感じているところですが、最低限の民主主義的な手続きも無視して、中身の部分も殆ど詰める事無く強引に通して欲しいとは、誰も思ってはいない訳です。

更に、それらの法案の中身が実はスカスカだという事も、一部の熱狂的支持者を除く殆どの国民は、薄々感づいています。

況や、法案の中身を吟味している人間などは、「作った意味があるのか?」と疑問に思っている事でしょう。

纏めると、国民に対する弾圧的な姿勢を改める事、民主主義的な手続きをきちんと踏む事、成果を急ぐのでは無く、本当に未来に繋がる法案を作る事。

これが出来なければ、自民党は本当にこのまま没落してくでしょうね。
2007/08/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
自治労への攻撃は、寧ろ、逆効果だったと思います。

公務員の責任が重大であるのは論を俟たないところですが、それをコントロールするのは行政の最大の仕事の一つな訳で、自治労の悪行を並べ立てれば並べ立てる程、「では、何故に自民党はそれを見過ごしてきたのか」というところに行き着きますから。

敢えて言うなら、公務員のコントロールが出来ていなかった非を素直に認め、それを国民に真摯に謝罪し、「このような仕組みを作って二度とこのような事は無いようにするので、もう一度機会を与えて下さい」と訴えかける事が、日本人の民族性から考えると、一番の良策だったと言えるでしょう。

へらへら笑いながら、「改革か逆行か」なんて言っている時点で、大敗は見えていたようなものです。

殆どの国民は、その姿を見て、「こいつ、何にも反省してないな」と感じたでしょうから。
2007/08/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/831-40ed50c1
参院選で注目していた、ネットの影響だけど、ほとんど影響力がなかった結果となった。これについて検討してみたい。
2007/07/30(月) | 日比野庵 本館
 今回の参議院選挙は民主党60人、自民党37人の当選で、与党が完敗した。詳しい分析をしているブログもあるが、年金問題と政治資金問題、それに閣僚達の不規則発言が加わって、不信感に溢れた国民が自民党へお灸を据えたのだろう。行き場を失った不満票が定見の無い政党
2007/08/02(木) | 陸奥月旦抄
 私は、先の参議院選挙に当たって、 「共産党」 「国民新党」 「維新政党・新風」  の三党を強力に推薦していました。目的はもちろん、グローバリスト(外資と経団連)の犬である自民党と、外国人勢力と結
2007/08/02(木) | 日々是勉強
安倍政権に対する方々からの批判は、ここ最近のボルテージの上がり方といい、いくらなんでもちょっとやり過ぎなんじゃないか。そういう疑問を抱いてきました。
2007/08/05(日) | 途転の力学