FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → The Press Who Sold the World

The Press Who Sold the World
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 売国奴が全国津々浦々まで蔓延っている我が国・日本。

 その中でも、トップクラスの売国集団と言えばマスコミの連中、そして、そのマスコミの中でも更にトップを独走しているのが朝日・毎日の最低最悪のツートップな訳ですが、そんな極悪ツートップを二番手集団から窺っている売国のホープ、日本経済新聞が、この度、我が国だけでは飽き足らす、他人様の国まで勝手に売国しようとしていた模様です。

件名:「台湾の声」【抗議!】政府見解も歪曲する日経の媚中反台報道を許すな!
政府見解も歪曲する日経の媚中反台報道に抗議を!


台湾の声編集部


日経は7月24日、以下のような報道を行った。



台湾の国連加盟、支持せず・外務省報道官

外務省の坂場三男外務報道官は24日の記者会見で、台湾の陳水扁総統が台湾名で国連加盟申請を提出したことについて「国家であることを加盟要件とする国連への台湾加盟は支持できない」と述べ、日本政府として台湾の国連加盟に反対する立場を明らかにした。

中台関係に関しては「当事者間の直接対話で平和的解決が図られる必要がある」として、「1つの中国」の原則に基づく中台当局間による対話の再開を求めた。

(2007年07月24日 日経新聞)



日本政府は台湾を国家と承認していないことから、その国連加盟は「支持できない」と言ったのだが、日経は「台湾の国連加盟に反対する立場を明らかにした」と報じた。

日本は国家承認しなくても、台湾は国家である。日本に台湾の加盟を反対する権限はあるのか。

そこで外務省に確認したところ、「外交政策上、言葉には使い分けがある。反対するとはいっていない」とのことだ。

さらに日経は、「『1つの中国』の原則に基づく中台当局間による対話の再開を求めた」と報じたが、これは台湾に対し、「『1つの中国』の原則(台湾は中国の一部)を受け入れろ」と要求するものだ。そのような内政干渉まがいの要求を行う権限は日本にあるのか。

これも外務省に確認したところ、「日本は『一つの中国の原則』など採用していない。そのようなことは言うはずがない」と強調した。

ちなみに日本の「一つの中国」の政策は、中国政府としては中華人民共和国しか承認しないというものにすぎず、中国の「一つの中国」の原則とはまったく違う。

日経の記事は明らかに中国の希望通りに書き換えられたものというしかない。

そこで7月30日、以上の事を日経新聞の『応答センター』に伝え、誤報の訂正を要求した。

最初は記事の正当性を主張した担当者も最後は何も反論できなくなり、「書いた記者に伝える」といって、電話を切ってしまった。

ちなみに、「日経は人民日報と提携していますね」と聞いたら、相手は途端に動揺し、「それは聞いていない」と誤魔化していた。

中国の主張に基づき、外務省の見解を歪めて報道する日経新聞に抗議を!

■日本経済新聞

webmaster@nikkei.co.jp

東京本社  03-3270-0251
大阪本社  06-943-7111
西部支社  092-473-3300
名古屋支社 052-322-2561
札幌支社  011-281-3211

※本編集部は、この問題でさらに調査を継続します。

(台湾の声 2007年07月30日配信分より)


 所謂「チャイナスクール」と呼ばれる連中の悪行を知っている者としては、あの糞外務省が、またぞろそんな糞下らない事を言いやがったのか、と反応してしまいがちなところな訳ですが、そうでは無く、完全な日経新聞の歪曲報道であったとの事です。

 それどころか、害無省だの何だのと呼ばれている外務省は、少なくとも今回に限っては、「日中友好」だなどという下らない国策を進める政府方針の範囲内で、精一杯の「まともな言動」を吐いていたという事が、この記事からは読み取る事が出来ます。

 如何に、無数と言っても過言では無い程の前科があるとは言え、多少なりとも疑う事もせず外務省を犯人扱いしてしまった事に関しては、深く反省せねばならないと思います。

 しかし、それにしても余りにも酷いのが、外務省のそういう世間的なイメージを上手く利用しながら、20世紀、そして21世紀を通して最悪にして最凶の大虐殺者集団である中国共産党の連中の言い分を世間に垂れ流し、事情を良く知らない人間全てを洗脳しようと試みた日経新聞だと言えます。

 この腐れ外道は、我がの国を支那朝鮮の鬼畜供に二束三文で叩き売るだけでは飽き足らず、他人様の国までもを、中国共産党の殺人鬼どもから銭を受け取って売り払おうとしていやがった訳です。

 ここまで来ると、ただ存在しているというその現実だけでも、十二分以上に国辱レベルであると言っても過言では無いでしょう。

 我々は、そろそろ真剣に、この便所の落書き以下の反日電波の撒き散らし機関の処分を考えていかねばならないと言えます。

 特に、今回の日経、新聞界の極悪ツートップ朝日・毎日、放送局、というより反日電波塔といった方が正しいと思えるTBSは、出来るだけ早期に、滞る事無く、徹底的に、跡形もなく潰しておかなければ、我が国は勿論、今回のように他人様の国にまで迷惑を掛け、日本の恥を撒き散らす可能性は非常に高いと思われるものです。

 「アジア外交、アジア外交」と常日頃からのたまわりながら、日本にとって東アジアで唯一まともに交流を持てる国である台湾を侮辱し攻撃したというだけでも、少なくともこの日経新聞を取り潰す理由として十分以上だろうと考えられるものです。

 大体からして、戦前にしても、過剰な程に一般庶民を煽れるだけ煽り、軍部や政府を後に引けない状態に追い込んだのは新聞、マスコミ連中であり、戦前・戦後一貫して、我が国を狂わせてきたのは、この連中による部分が大きい事は論を俟ちません。

 近現代社会においては、マスコミという存在自体は必要なものではありますが、少なくとも、そのマスコミとしての使命を殆ど果たす事も無く、奇妙な特権意識ばかりが肥大し、自らのイデオロギーを垂れ流す事しかしなくなった物は不必要だと言えます。

 我が国は、これらの機能を果たす努力すら放棄したゴミは一掃し、もう一度、ゼロベースでマスコミという存在を構築していく必要性に迫られていると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「反日マスコミ」の真実 (OAK MOOK―撃論ムック (126))
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 14638
おすすめ度の平均: 5.0
5 共同、NHK、朝日の反日スプリンクラー
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 6056
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 悪質な多事争論

署名はこちらから


PR情報
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
寝ても覚めても流れ続ける民主党CM.
TVCM料はこちら
http://www.trend-review.net/blog/2006/11/000088.html
ディスカウントしたって100億以上だろう。金の出所は?
2007/08/01(水) | URL | yokunaiwai #-[ 編集]
>ディスカウントしたって100億以上だろう。金の出所は?

まあ、金の出所がハッキリしている政党など、腐れカルトを母体に持つ公明党しか無い訳ですが、仰る通り、民主党のCMが流れる頻度はかなり高いですね。

突っ込んで調べる価値は、あるかも知れません。
2007/08/02(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/832-407ffb58
参院選で、歴史的な惨敗を喫した安倍晋三総裁ですが、内閣総理大臣というポストについては、「続投」の意向を表明しました。選挙日翌日の30日に行った記者会見では、「景気回復を本物にし、 国民に実感してもらうことが私の使命であり、 責任だと決意してい
エマニュエル・レヴィナスという フランスのユダヤ人哲学者がいます。彼は、現象学の方法を用いて、独自の倫理哲学を体系化しました。そんな彼の膨大な著作群に、以下のような記述が登場します。「理性は独りである。 その意味で、 認識は世界のな
いちいち相手にするのも疲れるのですが、曲がりなりにも、一定割合の信任を得て国会議員になった人間なのですから、やはり涼しく見過ごすわけにはいきません。「バカにつける薬はなし」と、現自民党執行部をさんざんコケ下ろしている自民党政策審議会長の桝添要一
さて今回は、自民党参議院政策審議会長を勤める桝添要一のおバカ発言を徹底追及する続編です。私が何故これほどまでに彼の言動にこだわるかというと、青木幹雄参院議員会長が参院選惨敗の責任を取って辞任し、片山虎之助参院幹事長が落選したことで、自動的に参院
参議院選挙後の臨時国会が8月7日に召集されました。虎を退治した姫、タレント弁護士、ヤンキー先生など、多彩な顔ぶれが国会議事堂に初登庁したわけですが、大敗を喫した与党自民党は、前回衆院選で沸いたチルドレンフィーバーの時とは大違い…。続投の意思を