FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ未分類 → 髑髏星条旗事件について

髑髏星条旗事件について
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 暫く忙しくて、碌すっぽ他人様のブログにも目を通せず、全く気付いていなかった訳ですが、新風連の国旗事件で、何かとんでも無い事になっているみたいですね。

星条旗問題についての見解を表明する!

《表明!》

 以前、米国での従軍慰安婦謝罪決議に対する抗議活動において、新風連協賛ブロガー・柳生すばるさんが星条旗にドクロマークなどを描いた旗を持参して米国大使館前に赴き、また、その画像を当サイトに掲載しました。
 この件につきまして内外から様々なご意見を頂きました。新風連事務局の見解を表明致します。
 適切と言える行動ではありませんでしたが―、

「大した問題じゃない!!」

―というのが当方の見解です。
 ご指摘頂きました画像等につきましては、既に削除済みであり、これを以って問題終了と考えております。また、この星条旗問題を以って、新風連を解散すべきとも思いません。

 ただし、今回の反省点を生かして、熱烈な愛国者であり人生においても先輩である妖面さんや柳生さんらと共に、在るべき国民運動に邁進したいと考えております。

新風連 事務局

(新しい風を求めてNET連合より)


 いや、まあ正直、選挙中だからと言って、積極的に取り上げようともしなかった人間が言うのも何なのですが、流石に、これは無いだろう、と。

 面白がってこれ幸いと騒いでた反日サヨクが多数居た事も事実ではある訳ですが、この行動に対して苦言を呈してくれていた方は、こういう行動が神風連の為にはならない、延いては、新風の為にならないという思いから、わざわざ時間を割いてまでコメントしたりしてくれていた訳で、その苦言も、殆どは至極真っ当なものだった訳です。

 別に、土下座して謝罪しろ、などと朝鮮チックな事を言ったり、柳生氏を除名しろ、などと居丈高な事を言うつもりは毛頭ありませんが、せめて、「不快感を感じた方々には申し訳ありません。もう二度と、このような事は無いようにします」くらいの事は言うのが筋というものでは無いのですかね。

 で、まあ、当然の如く、この「大した問題じゃない!!」という態度に対して、それはおかしいだろう、とコメント欄が炎上していた訳ですが、これに対する態度も、流石におかしいだろう、と言わざるを得ないものばかりです。

 まあ、読む限り、事務局としては「こういう見解」を改めるつもりは無いようなので、取り敢えず、瀬戸さんが見解を出されるのを待つ事にします。

 最後に、マレーシアの元上院議員、ラジャー・ダノ・ノンチック氏による詩を引用しておきます。

 あの行動、そしてこの見解が正しいと思っている日本人は、これを読んで、もう一回考えて欲しいと思います。

日本人よありがとう

かつて 日本人は
清らかで美しかった
かつて 日本人は
親切でこころ豊かだった
アジアの国の誰にでも
自分のことのように
一生懸命つくしてくれた

何千万人もの 人のなかには
少しは 変な人もいたし
おこりんぼや わがままな人もいた
自分の考えを おしつけて
いばってばかりいる人だって 
いなかったわけじゃない

でも その頃の日本人は
そんな少しの いやなことや
不愉快さを越えて
おおらかで まじめで
希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は
自分たち日本人のことを
悪者だと思いこまされた
学校でも ジャーナリズムも
そうだとしか教えなかったから
まじめに
自分たちの父祖や先輩は
悪いことばかりした残酷無情な
ひどい人たちだったと 思っているようだ

だから アジアの国に行ったら
ひたすら ペコペコあやまって
私たちはそんなことはいたしませんと
言えばよいと思っている

そのくせ 経済力がついてきて
技術が向上してくると
自分の国や自分までが
えらいと思うようになってきて
うわべや 口先では
済まなかった悪かったと言いながら
ひとりよがりの
自分本位の えらそうな態度をする
そんな
今の日本人が 心配だ

本当に どうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を知っているわたしたちは
今は いつも 歯がゆくて
くやしい思いがする

自分のことや
自分の会社の利益ばかり考えて
こせこせと
身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人は
これが本当の日本人なのだろうか

自分たちだけで 集まっては
自分たちだけの たのしみや
ぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを
さげすんだ眼でみたり
バカにしたりする

こんな ひとたちと
本当に仲よくしてゆけるだろうか
どうして
どうして日本人は
こんなになってしまったんだ

1989年4月 クアラルンプールにて

日本人よありがとう―マレーシアはこうして独立した より


 直接的に今回のような事を戒めている訳ではありませんが、方向性に多少の違いがあるだけで、ノンチック氏の言う「そんな日本人」と、今回の新風連の行動は、殆ど同じようなものだと思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
蔡 焜燦
小学館 (2001/08)
売り上げランキング: 1466
おすすめ度の平均: 5.0
5 私達は自信を持ってもいいのかも知れない。
5 本書出版への流れ
5 日本人元来の「公」美徳精神の再評価

トオサンの桜 散りゆく台湾の中の日本
平野 久美子
小学館 (2007/01/30)
売り上げランキング: 66000
おすすめ度の平均: 5.0
4 台湾に残る、本家が失ってしまった日本人精神
5 落涙
5 世代を超えて、是非読んでいただきたい!


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/836-1c6e9d8b
お手数ですがフレームに対応していないブラウザをお使いの方はこちらへお願いします.
お手数ですがフレームに対応していないブラウザをお使いの方はこちらへお願いします.
お手数ですがフレームに対応していないブラウザをお使いの方はこちらへお願いします.
お手数ですがフレームに対応していないブラウザをお使いの方はこちらへお願いします.