FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → くたばれ北京2008

くたばれ北京2008
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 地球上に誕生した生態系を有りと有らゆる方法で破壊し、真実を伝えようとするジャーナリストを投獄して某朝日新聞のような変更捏造何でもありの基地外邪亜那罹栖徒を跋扈させ、今尚チベットや東トルキスタンにおいて民族浄化を継続している市場最低最悪の悪の帝国。

 そんな中華人民共和国にて五輪が開催されようとしている現実に対し、反対の声を上げるのは人間として、生物として当然の義務であり権利であると言えます。

 しかしながら、我が国の自称「ジャーナリスト」の腐れマスコミ連中は、そのような支那の暗部には極力目を瞑り、朝日は勿論の事、読売、産経、各テレビ局まで全てが全て、右へ倣えで「北京五輪」の開催は既定の事実であるかのように伝えている訳ですが、世界の、我が国のものよりは遙かにまともなジャーナリスト達は、この巫山戯た流れと断固として戦っている模様です。

国境なき記者団:パリで記者会見、北京五輪ボイコット活動開始

 【大紀元日本8月10日】8月7日午後、「国境なき記者団」はパリ市政府付近セーヌ川に架かるアルコル橋(Pont d’Arcike)で記者会見を開き、北京から帰国したばかりの秘書長ロバート・メナード氏は「6年前に中国当局がオリンピック主催権を取得したときに約束したことは、6年が経っても何の変革がなく、依然として政治自由、宗教信仰自由、労働組合を作る自由がなく、100人以上の記者およびインターネット異議人士を含む千人以上が投獄されている現状だ」とし、中共は国際社会を騙したと指摘した。メナード氏は8月9日にアテネで人権聖火リレー活動が開始することを知り、活動の意向を同調し、同様な活動は多く行うべきだとの見解を示した。
「国境なき記者団」秘書長のロバート・メナード氏

メナード氏は記者たちに対して、8月6日にオリンピック委員会北京総本部前で記者会見を開いたことおよびデモ活動の状況を報告した。

 同氏は「夜中の2時ころに、我々が宿泊した北京市のホテルに十数人の警察が現れ、実際は警察の人数はこれよりももっと多く、我々の活動についての説明を求めた。警察はさらに、我々の身元証明書、書類、Tシャツ、ポスターおよびチラシを捜査し、メディアとの連絡方法、連絡した記者たちの氏名について明かすように求められた。勿論、我々は一切答えなかった。我々が2度と抗議するために、中国に来ないことを保証する書類に署名を強いられた。我々は勿論、その書類にも署名はしなかった。結局、3時間にわたって揉めた末、警察らは我々をホテルから追い出し、空港へ強制的に連行した。」と経過を語った。

 また、「我々は幾千万人も監禁されている状況下、まったくの政治自由、労働組合を作る自由、信仰自由のない状況の下に、大会のスタジオでオリンピック精神、オリンピック規約に定められている人の尊厳を祝うことはできない。人の尊厳とは他人を尊重することである。我々は中国人を非難してない、我々は北京五輪を反対していない、我々は非難するのが中国の刑務所であり、中国に自由がないことを非難し反対しているのだ」と主張した。

 さらに、同氏は、北京五輪開催するまで後1年があるとし、全世界の各国政府、国際オリンピック委員会、五輪開催の共催者、スポーツ選手たちに対して、中国の人権改善を促すために、この機会を利用し、中国政府に圧力をかけるよう呼びかけた。メナード氏はさらに、同団体はこれから先の1年において、世界各界に対して絶えずに呼びかけと、人権情勢を改善する活動へ展開し、決して、五輪を世界最大の刑務所(人権迫害国)で開催されることは許さないと強調した。

 *人権聖火リレー、素晴らしい提案

 メナード氏は人権聖火リレーについて、「オリンピック聖火はオリンピック精神を象徴するもので、オリンピック精神は自由と尊厳を指す。他人を尊重することだ。人権を守る人士、自由のために奮闘するすべての人士が真のオリンピック精神の代表だ。人権聖火は非常に素晴らしい提案だ」と語った。

 手錠で繋がった五つの輪にデザインされたマークは、100平方メートルの横断幕にプリントされ、アルコル橋に掛けたほかに、団体関係者たちは自転車に展示用看板を立てて、パリの主要道路を走り宣伝する活動を行っている。(大紀元・王泓)

(2007年08月10日 大紀元時報)


 しかしまあ、何時も何時も「人権」「平等」「自由」と口を開けば綺麗事を並べている我が国クソマスコミ諸氏は、それら全てを行動によって否定しているこの中華人民共和国に対して何も言えない事に関して、少しは情けないとか恥ずかしいとか思わないのでしょうか。

 全世界の全マスコミが、中華人民共和国を恐れる余り、同じような愚かしい行動を選択しているなら未だしも、このように、他国のマスコミは多少なりとも行動に移しています。

 ようするに、困難こそ多々あるものの、やろうと思えば出来るという事です。

 そして、それを自己決定により行わないという事は、詰まるところ、その普段掲げている御題目である「自由」や「人権」や「平等」といった概念を暗に否定し、放棄していると言ってすら過言では無いと言えるでしょう。

 で、そんな気概も覚悟も欠片程にも無いような連中が偉そうに、大上段から、己を信じて、国を信じて、家族の為、民族の為、そして天皇陛下の為に散っていった英霊の方々が眠っておられる靖国神社に対して、無知で無恥なままで批判をしているのですから、怒りを通り越して阿呆らしさすら感じる程だというものです。

 どんな思想を持とうが、どんな信条を持とうが、憲法においてそれらの自由が認められている我が国においては自由ではある訳ですが、せめて、それを掲げるだけの最低限の筋くらいは示してはどうかと思えるものです。

 まあ、使い終わった便所紙程の価値しか無い我が国のクソマスコミ諸氏への所感はこの辺にしておくとして、阿呆の晋三くんはその空っぽの頭で、何一つ考える事も無くボイコットの可能性を否定してしまった北京五輪、正式名称「ジェノサイド五輪」への批判は日増しに大きくなっており、開催の中止に追い込むのは難しいにしても、何かの、最初の切っ掛けにはなる可能性を帯びてきた感が出て来ました。

 阿呆の晋三くんが一言の下に否定してしまった以上、日本国としてこの潮流に乗る事は難しいとは言えますが、せめて、民間からだけでも、この非人道国家への批判という歴史の必然の流れに加わり、日々膨張し続けている支那へのコントルアタックとする必要があると言えるでしょう。
Beijing 2008

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

東トルキスタン共和国研究―中国のイスラムと民族問題
王 柯
東京大学出版会 (1995/12)
売り上げランキング: 608153
おすすめ度の平均: 3.0
2 東トルキスタンは東トルキスタン人の東トルキスタンである
4 今なお色褪せない研究論文
3 ウイグル人に書いてほしかった

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)
売り上げランキング: 26114
おすすめ度の平均: 4.5
3 この日本語タイトルはひどい!
5 次は日本
4 チベット民族の悲劇

署名はこちらから


PR情報
【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
この西洋人たちは、支那共産党が基本的人権を尊重したり、
言論の自由を保障したりすると本気で信じているのでしょうか。
まともな日本人からすれば、絶対にありえないんですがね。
でもまともでない日本人も結構いるからなあ。
朝日新聞とかNHKとかその他もろもろと。

西洋人どもは、まず漢字の読み書きから勉強すること。
最低限これができないと支那のことは理解できないでしょう。

最近の浪人さんは画像貼りにこっているんですか。
自分のサイトから使ってもいいですよ。
支那の画像はたくさんありますから。
2007/08/11(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
「チャイナロビー『河野洋平』」2-1(H19.3.17)
http://www.youtube.com/watch?v=yJIJ2V67VP8

「中国利権に寄生する『衆議院議長』河野洋平の正体」5-1(H19.3.26)
http://www.youtube.com/watch?v=mmNFaAtfQVk

「中国の対日戦略と中国社会の現状」3-1(H19.4.20)
http://www.youtube.com/watch?v=271UlGV5tjU

中国政府はNHKの国際放送を全部止めた
http://www.youtube.com/watch?v=fABsFgREtwc
2007/08/12(日) | URL | 打倒売国奴 #b4jxZAz.[ 編集]
>この西洋人たちは、支那共産党が基本的人権を尊重したり、言論の自由を保障したりすると本気で信じているのでしょうか。

どうなのでしょうね。

大東亜戦争時の英米の蒋介石政権への入れ込みようなどから考えると、本気で思っているのかも知れませんね。

米国など、あのファシスト蒋介石政権を、「アジアにおける民主主義のホープ」などと阿呆な事を言っていた訳ですから。

>最低限これができないと支那のことは理解できないでしょう。

漢字を使っている我々日本人でさえも、台湾人から言わせれば支那を何も理解していないに等しいとの事ですからね。

まして、肩に「変態」とかの漢字のタトゥーを入れて喜んでいる西欧人には、理解の遙か彼方にある存在だと言えそうです。

>自分のサイトから使ってもいいですよ。支那の画像はたくさんありますから

ありがとうございます。

是非とも使わせて頂きます。
2007/08/12(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
YouTubeは、非常に役立つツールですね。

ただ、少し残念なのは、これが、チャンネル桜の有料視聴に入会者の増加に余り繋がってなさそうな事ですかね。

チャンネル桜も経営が中々苦しいみたいですので、これらの映像を見て良かったという人がいたら、是非とも入会して欲しいものですね。

http://www.so-tv.jp/main/top.do
2007/08/12(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
我が国の報道文化の未熟さを常々感じます。報じる側にしても、受け取る側にしても。戦前は政府・軍部に奉仕し、戦後はソ連、中国と言う新たな権力者に仕え、そして批判しても怒らない政府を叩いて権力と「闘っている」気分になっている。我が国にはまだ強く正しいジャーナリズムが育成されていないのではないかと感じます。そうなる契機がなかったですね。
2007/08/12(日) | URL | 台独支持者 #-[ 編集]
まあ、世界のジャーナリズムとて、然程に褒められた物では無い訳ですが、その中でも、我が国のものが飛び抜けて酷いものである事だけは確かでしょうね。

ちなみに、ご存知の事とは思いますが、台湾のマスコミも、相当に大陸寄りなマスゴミっぷりをしています。

それだけ、支那の諜報戦略が優れているという事か、或いは、日台の両国民がお人好し過ぎるのか、研究してみる価値があるかも知れませんね。
2007/08/13(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/845-8e59b9b5
日本(というより安倍さん)に対する海外メディアの風当たりの強さについては、これまで当ブログでも何度か取り上げてまいりました。
2007/08/11(土) | 途転の力学
 北京五輪まで後1年を切り、様々な問題が指摘されている。主催国中共では、付け焼刃的に国民の公徳心や民度向上を画策するが、笑止千万、幾ら専制国家であってもそれらの短期間育成は難しい。 支那の大都市では、飲料水確保や食品安全性が話題になり、大気汚染が酷すぎて
2007/08/11(土) | 陸奥月旦抄
史上で最も悲惨な記憶を刻み続ける広島は6日に、長崎は9日に、それぞれ62回目の原爆の日を迎えました。実は、私はこの‘原爆’という言葉遣いが大嫌いです。遣い方を間違えていると言い換えてもいいかもしれません。というのも、この‘原爆’という
写真:共同通信 ワシントンポスト紙が10日付けの社説で「中国の人権活動家への弾圧がオリンピックを汚している」と、強烈に中国を批判したニュースが読売新聞で報じられているので、元の社説を訳してみました。 これは恐
2007/08/11(土) | Red Fox
さて今回は、「ルーズベルトとトルーマンは 何故広島と長崎に核兵器を使用できたのか」の真相に迫る第2編です。繰り返しますが、私が知っている血の通った人間ならば、たとえ生物化学的な実験データを収集したいからとはいえ、日常生活を送っている何十万にも
さてさて今回は、「ルーズベルトとトルーマンが 何故広島と長崎に核兵器を使用できたのか」の真相に迫る第3編(完結編)です。第2編の前回でもご紹介した通り、アメリカ合衆国の歴史上、ワスプ(White Anglo-Saxon Protestantの頭文字をとった略語)出身でなか
いつもご購読頂き、誠にありがとうございます。特に、過去3回に及ぶ「プロテスタント論」に、温かい応援コメントを書き込んで下さった方々、つまり、ktnpoさん、ゴルゴさん、松吉さん、タイセー・高村さん、see21さん、とりぷりこんぼさん、三日坊主さん、とい
安倍晋三首相は8月15日、就任後初の終戦記念日を迎えるに至りました。首相就任後およそ11ヶ月の間、自己の政治信条に反する形で中国・韓国との関係に配慮し、靖国神社への参拝を控え、さらには、参拝そのものについての言及を曖昧にしています。元々安倍
北京でオリンピックが開かれるまで、あと一年を切りました。
2007/08/15(水) | 途転の力学
共○主義は、退屈な日常に飽き飽きしたあなたに、スリル満点の世界を味合わせてくれます。【PR】メディアが教えてくれない本当のことを知りたいあなたへ共○主義は、伝統的な価値観と信仰を破壊してくれ
実は、今回のブログでは、前回お約束した「‘野営哲学者’流靖国問題考察」を展開するつもりでしたが、昨日夜にふと目にしたNHK番組があまりに驚かされたものですから、靖国談義に入る前に、この番組に対する突っ込みに場を割きたいと思います。私が驚かされ
  ||| 中国がペンタゴンのメールをハッキング |||中国人民軍がペンタゴンのネットワークに侵入、ゲイツ長官のメールをハッキングファイナンシャルタイムズ紙が報道、中国側全面否定・ペンタゴンはノーコメント先週来予告していたロッド・ノードランドのトラボラ再訪記「
2007/09/05(水) | 米流時評