FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北東アジアの歴史よりも中朝韓の頭の構造が特殊

北東アジアの歴史よりも中朝韓の頭の構造が特殊
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

歴史研究への米参加拒否 中国「北東アジアは特殊」

 中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した日米中3カ国による歴史共同研究について「北東アジアの歴史は特殊性がある」として事実上拒否する姿勢を示した。

 報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。

 中国は昨年11月の中韓首脳会談などを通じ、歴史問題で韓国と連携し日本に対処する姿勢を強めている。日韓の同盟国である米国が歴史問題に介入、歴史問題で北朝鮮も含めた北東アジアの「対日統一戦線」が乱されることへの懸念が米国参加拒否の背景とみられる。

 ゼーリック副長官は北京の米国大使館で記者会見し、温家宝首相らとの一連の会談で日中関係について協議したことを確認。日中両国関係には「明らかにある程度の緊張が存在する」とする一方、「両国には、広範囲に共通利益を有しているとの認識もある」と強調し、米国として良好な日米中3カ国の関係に向け努力したいと述べた。

 孔局長はまた、最近、日中韓の学者が教科書の共同制作などを通じ「有益な試みを行っているのは喜ばしい」とした上で、日中韓3カ国が積極的に歴史研究で協力すべきだとの立場を強調した。

 ゼーリック副長官は昨年9月の講演で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝など歴史認識問題で対立する日中関係打開のため、日米中3カ国の歴史学者による歴史共同研究の開始を提案。日本を訪問していた23日にも3カ国が歴史学者らによる対話を始めるよう提起していた。
(01/24 19:01 産経新聞)

 そりゃまあ、これだけ捏造と歪曲に満ち溢れた歴史を、「特殊」以外の言葉で表現するのは難しいとは思いますが、そもそもそんな物を作り出し、世界に広め、真実としてしまおうという特定アジア諸国の首脳の脳構造の方が特殊だと思うのは、私だけなのでしょうか。

 公平な歴史認識を共有する為に、第三国が研究に関与した方が良い事くらい、常識的な思考が出来る人間なら分かりそうなものですが、「まとも」な思考の出来る国家の歴史研究への介入は、嘘・捏造の歴史認識を日本及び世界に広めたい特定アジアにとっては、限りなく都合が悪いらしく、意味不明の詭弁をもってしてでも阻止したいらしいです。

 そもそも、近代史における歴史認識については、第二次世界大戦で敵国であった米国は、日本とは対立する意見を発する可能性が高いものと考えられ、本来ならば日本が介入に反対の意思を表明する事はありえても、連合国側の一員であったはずの中国が拒否する事などあり得ないはずです。

 この一件からも、特定アジアの主張する「歴史認識」が、どれだけ捏造と歪曲に満ち溢れた電波小説なのか容易に想像できるのですが、我が国にもこの電波小説を妄信し、布教しようとする馬鹿が存在しているのですから、実に困ったものです。

 歴史に「認識」も何もなく、歴史とは真実以外の何者であってもなりません。

 妙な贖罪意識から、無理を受け入れ道理を引っ込めるのは、愚者以外の何者でもありません。

 残された歴史資料を基にし、きちんと検証された「正しい歴史」を知る事が、我々の取るべき唯一の正しい道であると私は思います。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書
東条 由布子
ワック (2005/08)
売り上げランキング: 282


  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/85-90b393f8
■「日米中の歴史共同研究を」 米副長官が学者対話提案 来日中のゼーリック米国務副長官は23日、在日米大使館で一部記者団と会見、小泉純一郎首相の靖国神社参拝などをめぐり日本と中国が歴史認識で対立している状況の打開に向け、日本と中国、米国の3カ国が歴史学者ら
産経新聞(共同通信)歴史研究への米参加拒否 中国「北東アジアは特殊」