FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 事大するウリナラ

事大するウリナラ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 猛烈な勢いで破滅へ向かって突き進んでいる大韓民国経済、別名「ハゲタカの餌場」ですが、確実に迫り拠って来ている破綻に感じ取り、頭のキムチな朝鮮人なりに備え始めた様子です。

東亜日報、「日本統治時代、韓国は近代化」 多角的に見直す論評

 【ソウル=黒田勝弘】「日帝時代は暗鬱(あんうつ)な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった」-韓国が「日帝時代」と称される日本支配から解放された記念日の15日、韓国の有力紙・東亜日報が最近の韓国の学者のこんな主張を紹介しながら、日本統治時代の歴史を多角的に見直す必要性を強調する論評を掲載した。

 「日帝時代の再構成」と題するこの論評は洪賛植論説委員の手になる。「学界の日帝時代研究が新しい段階に入りつつある」とし、韓国で「植民地近代化論」として活発な1930年代研究などを紹介するとともに、解放記念日である「8・15光復節」は「日本に対する怒りを噴出し、過去を“他人のせい”にして終わるのではなく、歴史から教訓と知恵を学び、再び国を奪われないよう省察の日にしなければならない」と、日本非難より反省を強調している。

 論評は最近、学者、研究者の間で従来の「収奪論」に対抗し「近代化論」の成果が相次いで発表されているとし、たとえば日本統治時代の1910~45年の経済指標の分析から「年平均の経済成長率3.7%は当時の先進国の1%より高く、人口も1633万人(10年)から2430万人(40年)に増えるなど(従来の貧困説とは逆に)経済事情はよかったという証拠が出され、収奪論で過去を認識してきた人びとを当惑させている」と指摘している。

 また20~30年代の韓国(朝鮮)の新聞、雑誌の調査、分析から、韓国に近代文明が導入され韓国人が近代化、都市化によって変化する様子を調べ「日帝時代は必ずしも暗くなかった」とする学者の研究成果も紹介した。

 論評は「歴史の真実はおそらく“収奪論”と“植民地近代化論”の間のどこかに位置するのだろうが、最近の(両者の)論争はわれわれが忘れたがっている歴史に対する関心を取り戻すのに意味がある」としている。

 韓国ではメディアや政治・外交が依然、慰安婦問題や抗日独立運動などを素材に“暗黒の日帝時代”を強調している半面、若手の学者、研究者を中心に近年、歴史を多様、多角的に見ようという動きが出ている

(2007年08月15日 産経新聞)


 少し歴史に詳しい人間ならば「何を今更」と思う程度の内容な訳ですが、恐愕すべきは、このような当たり前の事を、あのウリナラマンセーの朝鮮人どもが言い始めている事、そして、それを、ウリナラマンセー以外は自主規制で有名な朝鮮メディアが掲載していた事だと言えます。

 このような内容の事を、東南アジアの何処かの国が言い始めているのならば、「ようやく日本の事が正しい評価がなされて来たな」と普通に思う事なのですが、何しろ、相手はあの朝鮮人どもであり、裏を感じるなという方が無茶な注文だと言えるものです。

 そして、何よりも忘れてはならないのは、表立って報道こそされていないものの、韓国経済は実質上、破綻寸前であるという事です。

関連エントリー:
韓国、破滅へのラットレース
ハゲタカVSウリナラ
南朝鮮は二度死ぬ(You Only Live Twice)

 その破綻が目前に迫ってきた今、急に手の平を返したように「日帝時代は暗鬱な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった」などとキムチどもが言い出し始めた理由など、ただ一つしか無いと言えます。

 要するに、「ウリはもうすぐ困った事になるから、イルボン様は可哀想なウリを助けて欲しいニダ」という事です。

 「ウリはイルボン様が掛けてくれた恩義を忘れてはいないニダ。今までの反日は、ちょっとした反抗期ニダ。ウリの心はイルボン様一筋ニダよ」と言うとる訳です。

 これ程にあからさまではありませんが、このような事も起こっています。

やっと脱日本 韓国大統領8・15演説

 【ソウル=黒田勝弘】韓国の盧武鉉大統領は15日、日本からの独立記念日である「光復節」記念式典で演説し、民族の残る課題として「南北分断の克服」を挙げ、近く行われる金正日総書記との南北首脳会談では「朝鮮半島の平和体制の樹立」や「南北の理解、信頼の増進による南北経済共同体の建設」などが話し合われるだろう述べた。

 演説内容は南北関係がほとんどで、日本との過去の歴史など対日関係には全く触れなかった。

 盧大統領は「北朝鮮も変化しつつある。6カ国協議の進展で北朝鮮の核問題も解決の道ができつつある」としたうえで「今回の南北首脳会談は南北の共存、共栄を目指すもので、これは6カ国協議の進展と今後の東北アジア多者関係の発展にも寄与するだろうと」と述べた。

 盧大統領は昨年の演説では靖国神社問題や領土問題、教科書、慰安婦問題など過去がらみの問題に触れ日本に解決を求めたが、今年は過去には触れず、各国情勢の中で「日本は戦後体制から脱し普通の国家になることを目指している」と述べるにとどまった。

(2007年08月15日 産経新聞)


 怪しいにも程があると言えるでしょう。

 まあ、敢えて言う必要も無いとは思いますが、絶対に騙されてはなりません。

 こうして「憐れなウリナラ」を演じて事大し、同情した者から吸血鬼のように財貨を吸い取り、援助してくれた者が弱ったら瞬時に裏切り、新たな強者に事大して生き延びてきたのが朝鮮という国家風蛮族集落であり、朝鮮人という寄生虫であるという事を、我々は決して忘れてはならないのです。

 これは、ただ単純に「生きる為の反日」から「生きる為の親日」へと方向性を一時的にシフトしただけの話であり、連中のその腐りきった性根が改善の兆しを見せた訳でも、連中が今までの行動を悔い改め始めた訳でも何でも無いと言えるものです。

 我々が目指すべきは、あくまで「日韓断交」ただ一つだけであるという事を、日本国民は肝に銘じておく必要があると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖
三橋 貴明
彩図社 (2007/06)
売り上げランキング: 3850
おすすめ度の平均: 4.0
4 理路整然と韓国経済のおそるべき実態を解説
5 親切な悪意
5 単なる嫌韓本と思っていたら

韓国人につけるクスリ 2打!
中岡 龍馬
オークラ出版 (2006/07/31)
売り上げランキング: 34910
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題
5 本当に「過去を直視」すべきは朝日新聞
5 とんまッコリアへようこそ

署名はこちらから


PR情報
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本文にある黒田氏はいかにも韓国を批判しているようですが、実際はあちらと癒着しているのでしょう。本当に対決しているなら、もっと朝鮮人に真剣に攻撃されて、長い間韓国にいられるはずがありませんからね。2ちゃんねるでやたら持て囃されているのも奇妙です。

ネタ元が親米ポチの広報紙サンケイというのも怪しさ満点ですね。

そもそも、日韓の国交回復に最も大きく絡んだのは、アホ晋三にもつながる岸信介でした。国交回復に大きな役割を果たした日韓協力委員会には、岸だけでなく、椎名悦三郎や瀬島龍三(瀬島がいるということは、当然中曽根も噛んでいるはず)のような満州人脈がほぼフルメンバーで参加しています。しかも、国交回復の相手方は「朴正煕」、これまた満州経験のある陸軍出身者です。

これに統一教会やフジサンケイグループが絡んで、今に至る清和会の売国人脈が形成されたとみて間違いないでしょう。大陸に日本の富や人命を蕩尽し、国家主権は米国に丸投げするという、売国グローバリスト勢力です。

2007/08/16(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
黒田氏は多分、最初から親韓で、その事を隠しているつもりも偽っているつもりも全く無かったのだと思います。

批判にしても、所謂「嫌韓厨」のように、「取り敢えずチョン氏ね」というものでは無く、「韓国の発展の為には、そのような事は止めた方が良いのではないか」「韓国の為には、こうした方が良いのではないか」という論調でしたしね。

2ちゃんねるでの氏への絶賛にしても、殆どは、内容をきちんと読まずに、取り敢えず「韓国批判GJ」という感じのものが多かったですし。

なので、あくまで私個人の所感ではありますが、黒田氏には所謂「悪意的」なものは余り無いのではないかと思っています。

ただ、
>ネタ元が親米ポチの広報紙サンケイというのも怪しさ満点ですね。
というご意見には激しく同意するところですが。

>これに統一教会やフジサンケイグループが絡んで、今に至る清和会の売国人脈が形成されたとみて間違いないでしょう。

同意です。

そして、今現在では、これに創価学会も絡んでいると考えるべきでしょうね。
2007/08/17(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
黒田氏のスタンスは、言われてみればそうですね。

>これに創価学会も絡んでいる

冷戦終結を期に統一教会から提携を持ち掛けたのでしょうね。文鮮明とキムイルソンがピョンヤンで会談したタイミングがそのへんですから、創価が北の代理人と考えると、ピタリと符合しますね。

そもそも南北朝鮮の対立すら、中共やソ連を欺くための偽装だったのではないかという気がします。あれだけ長期間パチンコが野放しになっていたのも、日本側から北への間接的支援と考えると理解できるんですね。

どうも、その辺の仕掛けは「満州」を経由して、アメリカ黙認のもと岸や椎名や福田といった戦前からの革新官僚の生き残りが用意してきたような気がするんです。そうすると、田中角栄の日中国交回復というのは、岸・福田一派に対する面当てだったと考えれば、すごくスッキリ理解できるんです。つまり、角栄は中国との関係を梃子に福田一派のバックにいるアメリカの影響力を排除しにかかったと…。結果的には中曽根に乗っとられてしまい、失敗に終わりましたがね。

満州組のその後と日韓国交回復、秋以降暇になったらその辺を追いかけてみたいと思います。時間はかかりそうですが…。
2007/08/17(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>田中角栄の日中国交回復というのは、岸・福田一派に対する面当てだったと考えれば、すごくスッキリ理解できるんです。つまり、角栄は中国との関係を梃子に福田一派のバックにいるアメリカの影響力を排除しにかかったと…。

面白い見方ですし、確かにそうならスッキリと胸に落ちます。

>満州組のその後と日韓国交回復、秋以降暇になったらその辺を追いかけてみたいと思います。時間はかかりそうですが…。

時間は掛かるでしょうね。

岸や福田父は、晋三くんとは違って頭の方は鋭いですから、晋三くんみたいにそこいらかしこに分かり易い証拠は残してないでしょうから。

しかし、そこを追求しようと思うのならば、阿呆が前面に立っている今は最大のチャンスなのかも知れませんね。

最近、森元首相が、晋三くんが首相になるのに異常に拒否感を示していた理由が、非常に良く分かってきました。
2007/08/17(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/853-6ce6cfb6
  先ほどからFC2ブログ全体にアクセスしにくい状況が続いていました。このブログのみならず、「復活z!三輪のレッドアラート!」さんや、「或る浪人の手記」さんといった、FC2ブログ仲間の方々のページが全て 
2007/08/16(木) | 日々是勉強
  最近ものすごく気になっていたことがあるので、簡単な記事にまとめておきたいと思います。驚くべき犠牲の精神 韓国人女性、解放の機会譲る http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070824/kra070824000.htm
2007/08/25(土) | 日々是勉強