FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 鬱苦死忌国の鬱苦死忌成長経済

鬱苦死忌国の鬱苦死忌成長経済
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 小泉・安倍路線の「コーゾーカイカク」により、右肩上がりで成長を続けているらしい鬱苦死忌国の鬱苦死忌成長経済ですが、大方の識者の予測通りの展開を迎えている様子です。

日経平均大幅続落、終値は327円安の1万6148円

 16日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落。終値は前日比327円12銭(1.99%)安の1万6148円49銭で、連日で年初来安値を更新した。2006年11月29日(1万6076円20銭)以来の安い水準となる。信用不安を背景に世界的に株式相場が調整色を強めるなか、15日の米株安を嫌気した売りが先行。国内外の機関投資家などによる主力株への見切り売りが加速し、全面安の展開になった。円相場が一時1ドル=115円台まで上昇したことも嫌気され、後場寄り付き直後には下げ幅を600円超に拡大、1万6000円の大台を割り込む場面もあった。ただ、その後は押し目買いや売り方の買い戻しで急速に下げ渋って引けた。東証1部の売買代金は概算で3兆8960億円(速報ベース)だった。〔NQN〕

(2007年08月16日 日経新聞)


 真面目な話、株価が安値を付ける事自体は、限りなく複雑な要素が絡む事である故、別段悪い事では無いと言えるものです。

 況して、一概に政府に責任を押し付ける事は出来ないと言えるでしょう。

 問題の要点は、ただ単純に株価が安値を付けているという事で無く、安倍政権の発足以来、我が国の市場が限りなく不安定な状態へと向かい続けている事だと言えます。

 前回の安崩れを起こした時は支那発、そして今回の値崩れにしても、日本の市場や上場している企業に大きな不安要素が発生した訳では無く、米国の「サブプライムローン」の焦げ付きから端を発したものです。

 自由市場経済である以上、そういう海外での出来事や相場の影響を受ける事自体は避け得ない事ではある訳ですが、直接的な大きな不安要素が発生した訳でも無いのに、そういう海外での出来事にここまでの大きな影響を受け大きな上げ下げの現象を起こすという事は、どれだけ足下がしっかりした経済が築けていないかの証左であると言えるものです。

 内需を蔑ろにして輸出企業を優遇し、せっかく築かれていた国内産業の為の垣根を破壊し尽くし、グローバリズムという「米国的なるもの」へと国内経済を溶解させていった結果が、今現在の、限りなく不安定な、海外市場や相場に影響を受け過ぎる鬱苦死忌市場経済だと言えるでしょう。

 阿呆で間抜けで救いようの無いサヨクマスコミは、よく「日本は孤立している」という決め台詞を乱発する訳ですが、ここから、はっきりと見えてきたものは、今現在の日本が抱えている最大の問題点は、寧ろ「孤立出来ていない」事だと言えます。

 世界第2位のGDPを誇る我が日本国の経済が、国際的な潮流の中に不用意に溶解して行く事無く、きちんと「孤立」を保てていれば、例えば今回のような問題で米市場が大きく傾いたとしても、ある程度の影響できちんと持ち堪え、ここまでの不安定な状態には陥らなかったと言えます。

 そして、今回のこの米国初の株価の暴落は、世界中の市場に致命的となりかねない程の悪影響を散蒔いている訳ですが、一時的にでも米市場に成り代わって国際市場を牽引し、このような最悪の状態を回避する事に繋がり得た可能性もあると言えます。

 阿呆が、バブルで調子に乗っている米国に何も考えずに追従し、一から十まで米国様の仰る通りに「コーゾーカイカク」を押し進めていった結果が、この惨状だと言えるものです。

 我が国は、例え今からでも、阿呆な政府の阿呆な「コーゾーカイカク」という名の日本国の溶解作業にNOの意志を示し、独自の文化や習慣を根とした「孤立した経済」を目指すべきだと言えます。

 孤立、一人の足の地に足を付けてこそ、本当の意味での連帯も出来るのだという事を、阿呆で間抜けな「コーゾーカイカク派」は勿論、全ての日本国民は気付くべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 49823
おすすめ度の平均: 4.0
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社 (2006/05/24)
売り上げランキング: 5396
おすすめ度の平均: 4.5
5 郵政民営化と改革という甘い言葉に騙されないために。
5 「国民のために信念を貫く「本当の政治家」による「郵政」徹底抗戦宣言の書」
1 郵政民営化の本当のところ

署名はこちらから


PR情報
初期設定費用無料!格安レンタルサーバーCsideNet
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
今回の株安の原因は、アメリカのサブプライム・ローンが原因ですね。
まあ、アメリカも日本の不動産バブルを後追いしてただけだと。
サブプライム・ローンなんか、ほんと住専そのものだからなあ。
地獄の番犬ケルベロス君の子会社も倒産しちゃったし。
あとイギリスの不動産バブルも崩壊寸前ですぜ。
日本経済はウリナラと違って体力があるから、
被害を最小限にくいとめることができるはずなんです。
問題は安倍が馬鹿なことをやりそうだということ、この一点のみです。
経済に関する問題解決方法は、今日の浪人さんのエントリーに書いてあります。
2007/08/17(金) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>日本経済はウリナラと違って体力があるから、被害を最小限にくいとめることができるはずなんです。

仰る通りです。

本来ならば、ここまでの被害を受ける事さえ無かった筈なのです。

これで潰れるような事はまず無い筈ですが、阿呆のせいで徐徐にとは言え体力を目減りさせられている事は確かです。

流石に、ウリナラのような事にはならないと思いますが、これ以上の悪化を防ぐ為にも、阿呆の阿呆による国債金融資本も為の経済政策を、一刻も早く止めねばなりません。
2007/08/17(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/854-4a0a4c99
日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長   藤田 達男 既に御覧になった方もおられると思うが、二階堂ドットコムの8/9小論「安倍首相は靖国参拝をする必要がある」http://www.nikaidou.com/2007/08/post_4
2007/08/17(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第2篇です。ところで、そもそも何故多くの論者の間では政治問題とされている「靖国問題」を哲学的な観点から掘り下げなければならないのでしょか?理由はたった一つ。「靖国問題」とは本来、政治
さて今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第3篇です。外界は記録的な猛暑に見舞われていますし、ここは一つ静かな心持で部屋に篭り、パソコンと向き合いながら、私と一緒に「靖国問題」の本質をじっくり考えてみるというのは如何でしょうか…?
  ネットの世界でいやに人気のある政治家がいます。麻生太郎外務大臣です。  保守期待の星(笑)があまりにもひどい失態を演じているので、グローバリスト御用達(※)の新聞が、麻生氏を宣伝し始めたようです。
2007/08/19(日) | 日々是勉強
さてさて今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第4篇です。もう一度前提を確認しておきますと、哲学的な観点から「靖国問題」を問うということは、靖国神社を靖国神社たらしめている‘より本来的なもの’とは何かを明らかにする試みでした。
さてさてさてさて、今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第5篇です。もう一度、前回のブログの末尾で触れた大前提を確認しておきましょう。 靖国神社とは一見すると 古来より綿々と受け継がれてきた神道の伝統の脈略に 属しているように
いよいよ、今回は、「靖国問題」を、哲学的な観点から考察する第6篇(完結篇)です。これまでにご紹介してきた靖国論のポイントを整理しておきましょう。 <ポイント1> 靖国神社の本殿に祀られている「祭神」は、 神話に登場する神や天皇などではな