FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → Loveletter From China

Loveletter From China
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 東京、築地にある朝日新聞本社と言えば、言論機関などとは真っ赤な嘘で、北京、中国共産党の工作機関であるというのは、今更説明を要さないところですが、そこから、素晴らしい声明が出されたようなので、ここで紹介させて頂こうと思います。
首相の訪印―価値観外交のすれ違い

 米国とインド、それに豪州。自由と民主主義という価値観を共有するこれらの国と連携して事に当たる。それが安倍首相が唱える価値観外交である。

 首相にとって、インド訪問はその実践と言えるものだった。だが、価値観を共にする相手であっても、国益の違いを乗り越えるのは容易でないことを思い知らされたのではないか。

 「自然界に畏(おそ)れを抱く点にかけて、日本人とインド人には共通の何かがあると思わないではいられません」

 安倍首相はインド国会での演説でこう述べ、自らが提唱する「美しい星50」への賛同を求めた。地球の温暖化を防ぐため、温室効果ガスの排出を2050年までに今の半分に減らす構想である。

 温暖化防止が世界共通の課題であることには、インドも異論はない。シン首相は京都議定書後の枠組み作りへの参加を「真剣に考慮する」と応じた。

 ただし、インドにとっては経済をさらに成長させて貧困層を減らすことが、温暖化防止と並ぶ重要課題である、と付け加えることも忘れなかった。

 いま温室効果ガスの削減義務のないインドのような途上国に、今後どのような義務を負ってもらうのか。具体策に踏み込もうとすれば、難しい交渉になることを予感させる会談でもあった。

 国益の違いをさらに強く印象づけたのは、米印の核協定問題である。

 インドは核不拡散条約に未加盟のまま核実験を強行した。ところが、米国は査察を条件に民生用の原子力技術や核燃料を提供する協定に合意した。フランスやロシアも追随し、インドを核不拡散の例外扱いにする動きが広がっている。

 首脳会談でインド側は米印協定への支持を求めた。これに対し、安倍首相は「唯一の被爆国として核不拡散体制への影響を注意深く検討する」と述べるにとどまり、態度を保留した。

 理解しがたい対応である。被爆国の首相がこんなあいまいな態度を取っていいはずがない。大切な友人であっても、言うべきことは言う。核不拡散問題では譲歩できない、と明確に伝える。それが日本の役割ではないか。

 そもそも安倍首相の価値観外交は、中国包囲という色彩を帯びている。

 03年度以降、インドは中国に代わって円借款の最大の受け取り国になった。価値観外交の展開に伴って、援助額はさらに膨らんだ。

 しかし、日本にとって中国が持つ重みは、インドとは比べものにならない。在留邦人でみれば、中国が10万人を上回るのに対し、インドは2000人ほどだ。相互依存の度合いが全く異なるのだ。

 中国を牽制するテコにインドを使うような外交は見透かされる。インドにしても中国との交流を深めており、利用されることに甘んじるような国ではない。

 価値観を声高に唱えるような一本調子の外交は考え直した方がいい。


(2007年08月24日 朝日新聞)

 別に、「安倍外交」などは評価も何もしてない訳ではありますが、そんな問題以前に、いやはや素晴らしい出来の中国共産党員の作文だと感心せざるを得ない出来です。

 ようするに、ここで朝日新聞サマの言いたい事はと言えば、赤く強調した部分に要約される訳で、その前までの部分は、要するに単なるインドの悪口です。

 支那との外交の重要性を語るならば、通常は、支那の良いところを褒める、支那との交易によって得られるであろう日本の国益を強調する、など、要するに支那との外交によるメリットを中心に語るものだと言えるのですが、ここには、そのような物は一切ありません。

 もう、何か、中国共産党外交部報道官あたりの演説を聴いているような錯覚すら覚える程です。

 まあ、阿呆の向う側の世界におられる朝日新聞の社説子、及び、それを裏からコントロールしておられる人外魔境の王に一言言っておくならば、こんなもの読んで「やっぱりチュウゴクとの外交は大切だ」なんて思う超絶的など阿呆など、流石に殆ど死滅していると思います。

 地球温暖化の原因とされている環境問題にしても、インドよりも支那畜大センセーの方が一枚も二枚も上手であるのは周知の事実。

 核の問題にしても、支那畜大センセーも核兵器を持ち、更に、それを搭載したミサイルの照準を我が国に合わせている可能性まである、というか合わせている事間違いなし。

 更には、最近、こんなに危険な事まで始めた始末。

 真紅に染まったサヨクの残党でも、「流石にこれはねぇだろう」と思う事受け合いです。

 報道の中立性とか何とかの建前など完全に無視した、最近目にした社説の中でも、一二を争う面白さ。

 深夜に、中国共産党の指令を受けて、一人カリカリとこんな馬鹿作文を真面目な顔して書いていた人間が存在すると想像しただけで、面白過ぎて腹が痛くなってきます。

 まあ、ここまで散々嗤わせて貰って、こんな事言うのも何なのですが、さっさと潰れて下さいね。


人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

朝日新聞のトンデモ読者投稿
朝南 政昭
晋遊舎 (2007/04)
売り上げランキング: 8350
おすすめ度の平均: 4.5
5 朝日の検閲入り読者投稿
5 あの朝日にしてこの読者あり
5 こりゃどうにも

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)
小林 よしのり 井沢 元彦
小学館 (1999/11)
売り上げランキング: 63577
おすすめ度の平均: 4.5
5 進歩なき"進歩派"新聞
5 朝日は日本を蝕み、日本の崩壊をくわだてる獅子身中の虫です。
1 逃れられぬ風化。


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
これ程まで嘘吐きで恥知らずで傲慢で卑怯な連中が、社会的影響力と資金力と新聞社と言う看板をぶら下げて、今日も売国放談嘘八百をぶん撒きながらのうのうと生きていける国、何て自由で開放的で大らかで素晴しいんでしょう。社会に適合性が無い私ごときは唯唯羨み妬み腐るばかりです。日本罠腫主義人罠狂倭国マンセー
2007/08/24(金) | URL | 火天大有 #-[ 編集]
天罰は下りますよ。

支那畜人民共和国のバブルの崩壊も迫ってきてますしね。

ハゲタカどもは、本当に血も涙も無い奴等です。

連中、北京五輪まで待つ気も無いようです。
2007/08/24(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
えっと……
ままならない時世と茹だる様な暑さに当てられて
本音がポロリと出てしまったのでしょうか……

確かに在留邦人の数は比べるべくもないけど、インドは何十年前のこと未だにグダグダ言ってこないし、金たかって来ないしなあ……
2007/08/27(月) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
ポロリと言うか、モロですけどね(笑)。

まあ、朝日新聞だけに、おかしい事を言っている事にすら気付いていないというのがオチかと思います。

>確かに在留邦人の数は比べるべくもないけど、インドは何十年前のこと未だにグダグダ言ってこないし、金たかって来ないしなあ……

同感です。
2007/08/28(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/866-6d0f54dd
 23日の産経紙によれば、プッシュ米大統領は退役軍人への演説において、イラク、アフガニスタンでの対テロ戦継続を訴えるに当って、「対日戦勝」の歴史を引いたとの記事があった。度々、ブッシュ大統領は「対日戦勝」の歴史
2007/08/24(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN