FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ皇室 → がんばれ国士・平沼赳夫

がんばれ国士・平沼赳夫
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

保守系の議員懇談会、皇室典範改正案の国会提出に反対

 超党派の保守系国会議員がつくる「日本会議国会議員懇談会」(会長=平沼赳夫・元経済産業相)は26日午前、国会内で総会を開き、政府が女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案を今国会に提出する方針を示していることに関し、「拙速な国会提出に反対する」などとする決議を採択した。

 総会には、自民党35人、民主党5人など44人の国会議員が出席した。

 これに関連し、小泉首相は同日午前の衆院予算委員会で、「(今国会に改正案を)提出する予定で準備を進めている」と述べた。
(2006年1月26日12時17分 読売新聞)

 何故、日本という国家にとってこれほど重要な問題を、徹底的な議論をする事もなく決めようとするのでしょうか?

 皇室典範の改正は郵政民営化の様な、一法案ではなく日本という国家の根幹を揺るがす重大な問題です。

 国民、そして皇族の方々の意見を十分に聞き、必要十分以上の議論を重ねた上で国会提出に至るのならまだしも、一部の自称有識者の猿知恵で進めていいような問題ではありません。

 この問題においては、自民民主ともに党としては、当てにならない以上、平沼氏を中心とする「日本会議国会議員懇談会」に最後の望みを賭ける他ありません。

 良心的保守最後の牙城である平沼氏が、郵政民営化ごとき些事で自民党を離れられたことは、皇室典範改正案国会提出阻止において大きなマイナス材料ではあります。

 しかし、微力とはいえ我々国民も力添えする事で、人権擁護法案の時のごとく今回の一件も阻止出来得るものだと強く信じます。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

新国家論 - まっとうな日本を創るために
平沼 赳夫
中央公論新社 (2005/07/11)
売り上げランキング: 36,516




  
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
こんばんは。

皇室典範改正問題は、本当に日本の根幹を揺るがしかねない大問題なのに、議論がなされないというより、意図的に議論を封じ込められているようですね。この宮内庁発で共産党作成の皇統断絶のシナリオを何とか阻止しないと…。日々不安で安心できません。
平沼議員には私も期待していますし、応援メールも送りました。こういった議員の存在は有難いですが、先の郵政民営化法案の時に自民党を離れた方が多いのが残念です。
人権擁護法案の方もまだ安心はできませんが、今のところ動きはなさそうなので、この改正法案阻止に少しでもお役に立ちたいと考えています。
2006/01/28(土) | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
私も法案提出前に十分な議論が必要だと思います。
養子について、また旧宮家の皇籍復帰について、議論がほとんどなされないまま「それは無理」と決め付けた有識者会議は信頼することができません。
2006/01/28(土) | URL | ねこねこ #A1Po/B9U[ 編集]
>ハハサウルスさん

利権政治家の排除の巻き添えで、良心的保守勢力まで自民党を離れる破目に陥ってしまった事は、とても残念な事です。

しかし、彼らのほとんどは、郵政法案に徹底反対した人でも、除名ではなく離党勧告までの処分に終わっている事から、今国会への提出を阻止できれば、彼らの復党、そして皇室典範改正案の廃案という、シナリオが見えてくるのではないかと思います。

>ねこねこさん

有識者会議のメンバーは、Web上で書かれているように、非常にきな臭い人間たちばかりです。

彼らが、赤いテロリスト団体の刺客であることを、一般の人達に知らしめる事が出来れば、改正案反対に回る人が大幅に増え、廃案に持ち込める可能性も高くなって来るように思います。
2006/01/28(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/87-83841ef4
 本日の読売新聞に、中曽根元首相が、皇室典範の今国会での改悪について、明確な反対意見を表明された(下の写真はその一部。トップ面から2面につながる記事だ)。とても良いことだ。 中曽根氏と小泉現首相は、官僚出と党人派の違いこそあれ、党内基盤が弱く支持率頼み..
 今日は旧暦十二月二十八日、御用仕舞い、門松飾り。師走、水沢氷りつめる。 本日より四回に渡って「正論」平成十八年二月号に掲載された林道義はやしみちよし元東京女子大学教授の「『皇室典範有識者会議』とフェミニズムの共振波動が日本を揺るがす 改正報告書に仕組..
2006/01/31(火) | 悪の教典楽天市場店