FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 朝日と支那のゴールデンコンビによる華麗なツインシュート

朝日と支那のゴールデンコンビによる華麗なツインシュート
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 支那から世界に輸出される「毒」が、日々刻々と深刻な問題になってきており、世界中で一勢の「チャイナバッシング」さえ始まりかねない状況の中、これまでのように「チュウゴク製品は安全アル」の阿呆の一手では流石に通用しない事を悟られてきた中国共産党のお偉方。

 そんな窮地に追い込まれた中国共産党のお偉方が、事態を打破して状況を改善すべく、次なる素晴らしい戦術を思い付かれ、実行に移しておられる模様です。
中国食品の「毒」は日本から来た

朝日新聞社の週刊誌「AERA」最新号は「中国の『毒』は日本から」というタイトルの記事を掲載した。記事は、日本は中国の食品安全問題に対して、逃れようのない責任を負うと指摘。「商社マン、養鰻業者、養蜂業者は、中国の農薬も抗生物質も、みな日本から来たと証言する」「相次ぐ『中国食品の問題』の中で、問題があるのは中国だけではない」と書いている。

「クロラムフェニコールにストレプトスリシンを加えるような強い副作用を持つ抗生物質の配合を中国に教えたのは誰だ?日本だ」――。最近の中国食品騒動を前にこう話すのは、日中両国の養蜂業に精通する健康食品会社「ジャパンローヤルゼリー」の山口喜久二会長(64)。山口会長は1990年代初め、まだ汚染されていない天然の蜜源を求めて青海省の高原地帯に至り、そこから農薬や抗生物質に汚染されていない高級蜂蜜を持ち帰り、日本で大成功を収めた。

山口会長は「中国の養蜂業者が抗生物質を使用する理由を問うのなら、その原因は品質を無視して、容赦なく値切るだけの日本の商社にある」と語る。山口会長によると、日本の商社は品質よりも生産高を重視する。中国の養蜂業者は彼らの要求を満たすため、あらゆる方法を尽くしてミツバチを働かせるしかなく、ミツバチが過労で病気になる可能性が高まったのだ。日本の商社と農薬生産企業が1980年代後半に中国に持ち込んだ、さまざまな抗生物質が登場したのは、この時だ。

結核治療薬のストレプトスリシンは聴覚障害をもたらしやすく、クロラムフェニコールは血液成分を破壊するおそれがある。日本ではこうした極端な副作用を持つ薬物が広く知られ、畜産業や養蜂業での使用はすでに禁止されている。恐ろしいことに、中国では今なおこうした薬品が使用されているのだ。

山口会長は「もし日本の商社が品質に応じた値段で中国の食品を買うのなら、質朴な中国の農民は彼らの要求に沿って懸命に働くに違いない。だが日本の商社は、価格を中国国内の流通価格の7割、ひどいケースでは5割にまで抑えるので、中国の養蜂業者は積極性を失った。どんなに良い商品を生産しても、狂ったように値切られるだけなので、中国の養蜂業者の品質管理意識は希薄になってしまったのだ」と語る。

もともと中国の養蜂業は、抗生物質とはまったく無縁だったのに、日本の抗生物質が1990年代から急速に蔓延し始めた。こうした食品が、現在はね返って、日本人の食卓の安全を脅かしていることは、この上ない風刺だ。

山口会長は、すべての過程を振り返り「これは現地の養蜂業者が異口同音に言うこと。抗生物質が日本で使用を禁止された時、なお大量の在庫を抱えていた日本の企業と商社は、非常に安い価格で抗生物質を中国に持ち込んだ。中国にしてみれば、抗生物質の使用方法も、抗生物質自体も、みな日本から来たのだ。それなのになぜ日本は、今なおあれこれ騒いでいるのだ?」と語る。(編集NA)

(2007年08月28日 人民日報)

 何か、何処かの美しい珊瑚礁に傷を付けた新聞社が好きそうな話だなと思えば、やはり、このような下らない入れ知恵を支那畜様にされたのは、朝日新聞系列の雑誌「AERA」で、中国共産党の機関誌である人民日報サマは、全面的に此奴を参考にされているご様子です。

 朝日新聞が火を付け、朝日新聞が煽り、特定アジアが火事となり、両者が揃って「日本の火消し」を求める。

 実に見事な、既に「様式美」の域に達していると言っても過言では無い何時ものパターンな訳ですが、10年前なら未だしも、未だにこのような手法が通用すると思っているところが、朝日新聞とその親方である中国共産党の知性の限界なのでしょう。

 しかし、如何に「こんな下らない戦術」に引っ掛かる日本人は極端に減少したとは言え、このような言い訳を散蒔き続けられる事は風評を大きく傷つけ、日本の国益を大きく損なうというものです。

 大体、百万歩譲ってこの「AERA」の報道が事実であるにしても、「毒を毒」と認識すれば使用を中止するのがまともな神経を持つ人間の行動であり、こんなもの、言い訳にも何もならないと言えるものです。

 況して、国民に毒を散蒔きたく無いと考えた国家が、支那畜製の製品の輸入を差し止めする理由には決してなり得ないと言えます。

 本来ならば、駐支大使館が即座に人民日報に対して抗議すると同時に、政府としても、これまで朝日新聞が巻き起こした事件(珊瑚事件、吉田清治事件、「中国の旅」事件.etc)を根拠として、朝日新聞社に対して報道の根拠を求めていくべきだと思える訳ですが、駐支大使館と言えば「外務省の屑」である「チャイナスクール」の掃き溜めであり、現在の政府は政府で、政府を挙げて「北京五輪を支援」しているような屑政府なので、まともに行動を起こす可能性は限りなく低いと考えられるものです。

 何時もの話ではある訳ですが、やはり、我々国民自身が、草の根からでも声を上げていき、朝日新聞社と中国共産党の阿呆どもによる「華麗なコラボレート」を叩き潰さねばりません。

 朝日新聞社は「言論機関・報道機関」を装った「反日プロパガンダ団体」であり、中華人民共和国という国は、未だにこういう風習の残る、我々とは決して相容れない存在であるという事を、我々は日本人の共通知識として広め、反日を生業とする屑どもと戦い抜く覚悟をせねばならないと言えるでしょう。


人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店 (2005/11)
売り上げランキング: 133856
おすすめ度の平均: 4.5
4 中国との関わりが避けられない中で自己防衛のための知識
5 卑しき隣人の正体

日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる
高山 正之
テーミス (2007/04)
売り上げランキング: 5026
おすすめ度の平均: 5.0
5 朝日新聞のジャーナリストってどんな人かと思って・・・
5 高山先生がまたやってくれた!
5 日本人の勇気と気高さ


PR情報
今なら無料体験版30日使い放題!No.1会計ソフト「弥生会計」
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー

チュウゴクの毒は日本が原因と強弁される山口さんとその会社のご紹介
チュウゴクの毒は日本が原因と強弁される山口さん
  • 2000年:山口喜久二、中国・雲南農業大学客員教授に就任 。中国の養蜂学発展のため雲南農業大学に「山口喜久二奨学基金」を設立。研究開発の拠点、ジェーアールジェー製薬株式会社設立。豪華客船【飛鳥】にて第14回JRJミリオンメンバーズインビテーションセミナーを実施。

  • 2001年:JRJ技術研究棟(宮城県加美郡中新田町)完成。JRJファミリーVISAカード発行。中国・青海省菜の花蜜源に視察団派遣。糖衣粒製品のシュガーレス化実施。「JRJニューデラックスローヤルゼリー」「JRJニューローヤルバランス」「JRJエンリッチシャンプー」、「JRJエンリッチコンディショナー」発売。

  • 2002年:雲南省農業大学・山口喜久二ローヤルゼリー科学研究室「蜂学楼」完成。ホッケー男子日本代表チームのオフィシャルサプライヤーとなる。「薬蜜」の名称を商標登録。JRJ公式ホームページを開設。「JRJ一石二鳥」発売。

  • 2003年:山口喜久二、雲南農業大学・碩士研究生指導教授の称号授与。中国養蜂学会・名誉顧問に就任。NPO蜂医研究会が活動を開始(山口喜久二理事長)。「薬蜂本舗」事業が発表される。「日中蜂医学術シンポジウム」開催。「JRJローヤルオニオンスキン」発売。ジャパンローヤルゼリー株式会社に商号変更。

  • 2004年:山口喜久二、中国蜂産品協会顧問に就任。薬蜜本舗1号店(横浜中華街)オープン。「ドクターケビンコラーゲン」ドリンク発売。中国・青海省門源菜の花蜜源にJRJファミリー視察団派遣。中国自家養蜂・成都世紀蜂業有限公司開業。山口喜久ニ、中国青海省門源県政府から経済顧問に指命される。カーレース、フォーミュラーニッポンの冠スポンサーになる。「第2回日中蜂医学学術セミナー」開催。

  • 2005年:中国養蜂家・抗生物質防止シンポジウム(中国・四川省 蒲江/雲南省 昆明)。NPO蜂医研究会主催「第3回 蜂医学術シンポジウム」に協賛(東京)。中国青海省・門源菜の花蜜源視察団派遣。

  • 2006年:「JRJスプリウムローヤルゼリー紅景天」発売。JRJのローヤルゼリー製品がJACT(日本代替・相補・伝統医療連合会議)の認定商品に認められる。中国青海省・門源菜の花蜜源視察団派遣。薬蜜本舗店オープン(沖縄プラザハウス店/鹿児島店)

連絡先♪
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル17階
〒163-0517 TEL:03-3345-2888

(ジャパンローヤルゼリー株式会社ウェブサイトより)

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
火薬を発明したのは支那だ(らしい)火薬が世界中に広がった為に、戦争の規模と被害は加速度的に広がり、火薬が出来る前の何万倍にも成った。支那人と政府はその責任を感じて、全世界に謝罪し全世界の議会から非難決議を受けこの世に火薬がある限り賠償を続けなければ成らない。何故ならば支那人が火薬を創らなければその応用である爆弾も地雷も機雷も魚雷もミサイルも手榴弾も、、、、、、
2007/08/28(火) | URL | 火天大有 #-[ 編集]
>火薬を発明したのは支那だ(らしい)

突火愴ですね。

確か、南宋時代で、世界で最初というのは「ウリナラ起源」と違って本当だったと思います。

>支那人が火薬を創らなければその応用である爆弾も地雷も機雷も魚雷もミサイルも手榴弾も

まあ、本当にそういう話の流れになったら、「それは我の知った事では無いアル」と言い始めるでしょう。

こんなのでは無く、本当に支那に責任が完全にあると立証出来るような事でも、そういう風に強弁出来る人達ですから。
2007/08/29(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
 確か 去年だったと思うが日本のハチミツ業者が中国奥地で盆地一面が菜の花畑になるほど養蜂に力を入れてきてその地方は養蜂で大いに潤った、毎年行われる菜の花祭り(ハッキリとは覚えていませんが・・)に彼の日本人養蜂家が呼ばれて栄誉を受けたうんぬん・・の番組が有った。其の時、演台に上がって感謝の辞を述べたのはこの社長だったのかもしれない。とにかく盆地一面が見渡す限り菜の花に埋め尽くされ 最近では観光名所にもなっているらしい。
 その養蜂家が この社長だとしたら 極めて中国寄りの発言しか出ない筈だろう。大もうけさせて戴いたのだから。。。。
2007/08/29(水) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
 ジャパンローヤルゼリーのホームページを開いたら 青海省の一面の菜の花畑と会長の顔、、、多分この会長だったと思います。地元の名士・党の幹部の謝辞を受けていました。(多分)恩人・名誉市民扱いでした。
2007/08/29(水) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
情報ありがとうございます。

番組の方は分かりかねますが、私もその会社のサイトで面白いものを発見したところですので、追記の部分に載せておきます♪
2007/08/29(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/874-2b44a7dc