FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Dejavu

Dejavu
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 賭けゴルフに愛人疑惑と、当選早々モラルのモの字も持ち合わせていない御仁である事が次々と明らかになってきた「さくらパパ」こと横峰良朗氏ですが、この度、それすらもどうでも良い事に思える程の「朝鮮チック」な行動に出られた模様です。
「元愛人に脅迫された」良郎氏が会見

 週刊誌「週刊新潮」で“不倫&賭けゴルフ疑惑”が報じられた“さくらパパ”こと民主党の横峯良郎参院議員(47)が28日、都内で釈明会見を行った。女性との愛人関係と、過去に少額の賭けゴルフをした事実を認め「投票していただいた方々にはご迷惑をおかけし、おわびを申し上げます」と陳謝。一方で「女性に脅迫されていた」ことを明かし、集まった報道陣に怒りをぶちまけるなど大荒れの会見となった。

 会見の冒頭、約150人の報道陣の前で頭を下げ、当選後間もない時期のスキャンダル騒動について謝罪した横峯氏。女性について「昨年、お付き合いしていました」と認め、賭けゴルフに関しては「10年以上前、鹿児島にいたときに、友達と5000円ぐらいの少額の賭けゴルフはやった」と説明した。

 高額の賭けゴルフや酒の席での行き過ぎた行為など、そのほかの報道については真っ向から否定。女性に慰謝料名目で500万円の支払いを不当に要求されていたことを明かし、恐喝行為を知りながら女性の言うがままに報道され名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と女性に対し、東京地裁に5500万円の損害賠償と謝罪文の掲載を求める訴訟を起こしたことを明らかにした。

 訴状によると、女性は金銭の支払いに応じない場合「週刊誌などのマスコミに言います」と恐喝してきたという。

 横峯氏が神妙にしていたのは、同席した谷澤忠彦弁護士が訴訟の経緯を説明していた時まで。質疑応答になると一転“ブチ切れ”。質問する記者やリポーターに「朝からマンションの前にカメラを構えてインターホンで聞いてましたね」「おたくですね、(さくらアカデミーの)子どもに電話したのは」などと、顔を真っ赤にしながら反論。「何一つ私に確認もとらないで、週刊新潮の記事のまま報道するのか」「ありもしないことを報道されたら、気の弱い人なら自殺してますよ!」と一連の報道に対して不満をぶちまけた。

 エキサイトしすぎて、弁護士が「怒るな、けんかする場じゃない」と何度もなだめたが、怒りは収まらず、最後は弁護士も「もうええわ、こんな会見」とさじを投げる場面も。

 家族への説明については「ちゃんと言いました。恐喝されていると」。娘で女子プロゴルファーの横峯さくら(21)は「(裁判を)とことんやれと言っている」とした。今後、恐喝行為に対して「刑事告発も検討している」(谷澤弁護士)といい、騒動は泥沼化の様相を呈している。

 ▼週刊新潮編集部のコメント 横峯議員の提訴については、まだ訴状が届いていませんが、本誌記事に掲載したとおり、横峯議員は本誌の取材に対し、愛人問題や賭けゴルフの件などを大筋で認め、反省の弁を述べておりました。にもかかわらず、なぜ前言を翻し、突然の提訴に至ったのか、理解に苦しみます。

 また、横峯議員の賭けゴルフ問題については、今週発売される「週刊新潮」において、再び記事を掲載します。横峯議員は先週末、賭けゴルフをした相手を呼び出し、口止めを依頼するという卑劣な工作を行っていました。つまり現職の国会議員が、犯罪行為の証拠隠滅を図った上で、メディアを相手に訴訟を起こしたわけであり、その非常識で悪質きわまりない行動は、完全に議員失格であると考えています。

(2007年08月29日 スポーツニッポン)


 まあ、何と言いますか、実に、品性を保とうとする意志すらも見られない、とてもでは無いが国会議員として国民の代表としておく事が許されるとは思えない出来だと言えるでしょう。

 新潮社も言っているように、発覚当初は疑惑の大筋を認め、反省の弁を語っていた訳ですから、この弁護士センセーに唆され、この問題を有耶無耶に出来ると確信し、調子に乗っているのかも知れません。

 まあ、何にしても、明らかに「法やモラルに抵触する事」を犯しておきながら、その行為を反省して謝罪するどころか、開き直って「大した問題じゃない!!」かのように語り、それに対して追求するような声を全て敵視し、挙句の果てには「法的措置」も辞さないなどと言い出すなど、真っ当な日本人のする事では無いと言えるでしょう。

 まかり間違っても、政治を語る人間、政治に携わる人間が取るべき態度では無い事だけは確かです。

 過ちを犯したならば、真摯に反省して謝罪する。

 それは、基地外支那朝鮮のような、歪曲された事実に基づいて「謝罪しろ」と要求しているような連中に屈して頭を下げる事とは、全くベクトルが違う話だと言えるものです。

 尤も、今回問題を起こした横峰良朗氏は参議院議員という立場であり、それだけで済まされるような立場では無く、辞職するのが筋だとは言えますが。

 しかし、それ以外の人間でも、やってしまった事は仕方がないにしても、その「やってしまった事」が間違いであったならば、それに対して真摯に反省して謝罪の意を述べるのが、真っ当な日本人としての当然の行動だと言えるものです。

 それが出来てこそ、「我々日本は支那朝鮮とは違い云々」という言葉にも説得力が出てくるのでは無いかと、愚人なりに思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは (小学館文庫)
李 登輝
小学館 (2006/04)
売り上げランキング: 14649
おすすめ度の平均: 4.5
5 戦後の日本が失った「武士道」を解く語る
4 「武士道」雑感或いは解説
4 中国との関係についても

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
蔡 焜燦
小学館 (2001/08)
売り上げランキング: 1833
おすすめ度の平均: 5.0
5 私達は自信を持ってもいいのかも知れない。
5 本書出版への流れ
5 日本人元来の「公」美徳精神の再評価


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
バブルの頃はまだ10代だったけど、ゴルフやる人を見て思っていたこと。
「ああいう大人にだけは絶対にならないようにしよう」
マナーは守らないわ、賭けゴルフはするわ、
19番ホールとかいって聞くに堪えない話はするわ、などなど。
おかげさまでゴルフがまともなスポーツだと思わなくなってしまいましたよ。
そういえば自分と同世代の人たちも見ても、ゴルフを毛嫌いしている人たちが多いですね。
まあ、死ぬまでゴルフをすることはないでしょう。

横峯には「品性下劣」の言葉がふさわしいです。
2007/08/29(水) | URL | おしゃか #-[ 編集]
  これは、歩く公序良俗違反ですね・・・もう議員やめろよ。恥ずかしいから。

  こいつに比例で投票した奴と、丸川珠代に投票した東京選挙区の有権者には、見る目がありませんね。しかし、ここまでひどいタレント候補も初めて見ました。
2007/08/30(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>マナーは守らないわ、賭けゴルフはするわ、19番ホールとかいって聞くに堪えない話はするわ、などなど。

何処の「オトナ」も一緒ですね。

まあ、しかし、ごくごく一部ではありますが、真面目にゴルフをしている人間もいる事はいますから、別にゴルフ自体をどうこう言うつもりは無いのですが、個人的には、私も余り好きでは無いです。

>横峯には「品性下劣」の言葉がふさわしいです。

ですね。
2007/08/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>こいつに比例で投票した奴と、丸川珠代に投票した東京選挙区の有権者には、見る目がありませんね。

まあ、仕方ない側面もある訳ですが、それにしても、仰る2人は特別酷いですからね。

散々、口だけのタレント議員が何もしないのを見てきた癖に、一向に反省しないのは問題大です。

基本的には真面目に働いている公務員を叩くより、こういうのの方が遙かに税金の無駄遣いなんですけどね。

>しかし、ここまでひどいタレント候補も初めて見ました。

いえいえ、ミンス党には「オーハシキョセン」さんという凄いのが、過去にいたじゃないですかw

捨民党には、「タジマヨーコ」さんというのが居ましたし。

スキャンダルこそ起こしてはいませんが、手前の都合で勝手に辞める無責任さは、なかなか普通の人には真似出来ないレベルです。
2007/08/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/876-20c68f8f