FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 奪われる北方領土

奪われる北方領土
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 北方領土が我が国固有の領土である事は論を俟たないところではある訳ですが、我が国の政治家が2島返還だ3島返還だととろくさい事を議論している間に、我が国の外務省が何一つまともな手段を講じる事無く手を拱いている間に、狡猾な露国は着々と実効支配を強化している模様です。
北方領土に北朝鮮労働者 ロシア統治 既成事実化を強化?

国後島で働く北朝鮮の労働者 【ユジノサハリンスク(ロシア極東サハリン州)=津野慶】ロシア政府が今年から大規模な開発計画に着手した北方領土の建設現場で、北朝鮮人など外国人労働者が働いていることが一日、分かった。北方四島では労働力が慢性的に不足し、これを補うために今後、ロシアのビザ(査証)で働く外国人労働者が増える可能性があり、ロシアの実効支配を既成事実化する動きが強まりそうだ。

 北朝鮮の労働者が働いているのは、国後島古釜布(ふるかまっぷ)の裁判所の建設現場。住民によると、二十代半ばから四十歳ぐらいの男性約十五人が、七月初めから、ロシア人の現場監督のもとで作業し、外壁の仕上げや内装工事に従事している。まじめで熱心な仕事ぶりで、評判はいいという。

 国後島などを管轄する南クリール地区行政府によると、同島の建設工事現場ではこのほか、キルギス、モルドバなど旧ソ連諸国や、中国からの労働者が働いている。イーゴリ・コーワリ地区長は「ロシア人は島で働きたがらないので、外国人労働者は必要。正規のビザで働いているので問題はない」と話す。

 同島の外国人労働者は少なくとも数十人に上るとみられる。

 北方領土で外国人労働者が働いているとの情報について、日本外務省は「そのような話は確認されていない」としている。

 経済の回復に伴い、国後島以外でも、こうした動きは広がりつつある。住民の話では、択捉島では、建設現場にモルドバやタジキスタンから労働者が来ている。色丹島では、学校の建設現場でキルギス人が働いていたほか、鉄くず輸出のために韓国人が頻繁に訪問。飲食店で働く中国人もおり、外国人は確実に増えている。

(2007年09月02日 東京新聞)

 しかしまあ、我が国の盆暗政府に盆暗外務省とは違い、流石はプーチン大統領と言うべきか、その手際の良さもさる事ながら、敢えて、「朝鮮人」を使っているというところも凄まじいまでの見事な戦術であると言うべきでしょう。

 現状においては、北方領土の返還の為の交渉に応じるつもりなどは毛頭無いだろうとは思われますが、もし、何らかの事態の変移が起こり、そういう交渉をせざるを得なくなったとしても、この「返還するのならば、この『外国人労働者』も一緒に受け入れろ」と露国に要求された時、我が国の世論がどのような反応を起こすか、という事まで、計算に入れているとしか思えないものです。

 ただの「外国人労働者」であるならば、それくらいの条件など受け入れるべきだという世論の声が高まるのは予測するまでも無い事と言えますが、何しろ、その受け入れなければならない「外国人労働者」が支那人と朝鮮人という不逞外国人の代表格と言える存在です。

 しかも、我が国は、在日朝鮮人という人類史上最悪クラスの寄生虫には、戦後60余年に渡り、思い出すだけで腸が煮え繰り返る程の被害を受け続けています。

 この連中を受け入れなければ「北方領土」が返還されないとなった時、我が国の世論がどのようになるか。

 「返還はされるべき」という芯の部分には揺るぎが無いにしても、恐らく、凄まじい程に大きく揺さぶられ、下手をすれば、真っ二つに分断させられてしまう恐れさえあると言えます。

 「それでも、強行な露国が返還を思い止まらない内に返還させるべき」という層と、「これ以上の在日朝鮮人の受け入れは避けるべきで、ここを回避出来るよう、交渉をもう少し続けるべき」という層とに。

 こうなれば、露国からすればしめた物であり、そうやって我が国の世論が分断されている内に、更に実効支配の既成事実を強化し、交渉の余地など何も無いように持って行く事も可能となります。

 また、そうなれば、「我々が返還を持ち掛けた時、日本はそれに応じなかった」という言い分を作らせる事にもなると言えます。

 今現在、政府や外務省が、曲り形にも領土問題にそれなりの取り組みを見せているのは、国民の間にそういう世論が広まってきたからであり、ここに何らかの迷いが生じれば、またぞろ、ほんの十数年前のように、領土問題に何の関心も示さなくなっていく危険性は十分にあると言えます。

 こういう民主主義国家のウィークポイントと言える点を突いてくるのは、露国が曲り形にも民主主義を取り入れた結果だろうと言えますが、それは即ち、交渉相手としての露国が、あのソビエト連邦よりも更に厄介な相手となった事の証明でもあると言えるものです。

 ついでに言うならば、露国がこの朝鮮人らに作らせている物が「裁判所」であるというのも、実に何と言うか、皮肉にして大きなポイントであると言えるでしょう。

 そうして、実効支配の既成事実を強化し、我が国に北方領土の返還を諦めさせた後、この外国人労働者には帰国の達しを出し、それに従わない者には適当な因縁を付けて、その作らせた「裁判所」で裁き、強制帰国、或いは監獄にでも打ち込めば良い訳ですから。

 まともな民主主義国家では考え難い事ではありますが、あくまで「なんちゃって民主主義国家」である露国ならば、その程度の事は朝飯前であると言えるものです。

 今更の事ながら、我が国は、実に、本当に厄介な連中に回りを取り囲まれ、その連中との厄介事を無数に抱えているという、最悪の状況にあると言えるでしょう。

 この連中とまともにやり合えるだけの力量と胆力を持った政治家や外交官。

 そういった人材を、たとえ今からでも、国民総出で育てていかなければ、我が国の存在が、この地球上から消え失せてしまう日も本当に訪れかねないと憂慮されるところです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

プーチニズム 報道されないロシアの現実
アンナ・ポリトコフスカヤ 鍛原 多惠子
NHK出版 (2005/06/25)
売り上げランキング: 6192
おすすめ度の平均: 5.0
5 ロシアはおそロシア
5 知る必要がある本
5 論より事例情報。ロシアの現状がリアリティをもって伝わってくる。

北方領土「特命交渉」
鈴木 宗男 佐藤 優
講談社 (2006/09)
売り上げランキング: 18567
おすすめ度の平均: 5.0
5 外交のダイナミズムが分かります
4 国民は真実を知りたがっている
5 どんなスパイ小説よりおもしろいかも。


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
未経験者でも豊富な無料講座でIT業界へステップアップ!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
いつまでも話し合いで解決しないのは、ロシアの根底に、”日本が怒っても恐くない”というのがあるからですかね?
核武装するなりなんなりして、ロシアに圧力を掛けるのが得策ではないかと。
いずれにしても、軍事的背景が大きく響いていると思います。
もしくは、ロシアの不当性を世界に訴えていくとか。

まあ、軍備強化は難しいでしょう。
如何せん、日本国内には敵が多すぎます。
まずは、日本国内に浸透しているサヨクを一掃しなければ。
奴等は、話し合など通用しない相手もいるということを知りません。
2007/09/02(日) | URL | G #-[ 編集]
日本人としての自覚の薄い国民がこれ以上増えれば国家としての機能不全により北方領土も本土も周辺国にお譲りする事になるでしょう。

日本人の自覚を取り戻して貰う為に戦後各県に開校された国立駅弁大学を日本人大学として再生させ付属の小・中・高と共に地方の日本人再生の拠点をつくる事が急がれる。

2007/09/02(日) | URL | みのやん #-[ 編集]
>いつまでも話し合いで解決しないのは、ロシアの根底に、”日本が怒っても恐くない”というのがあるからですかね?

それも、あるでしょうね。

あとは、日本国内の意見でさえ、「2島先行返還」だの「面積を半分にして返還」だの「いや、全島一括返還以外は認めない」だのと、意見が統一出来ていないというのが、露が我が国を舐める原因になっていると思います。

「国内の意見も纏まってない連中と、まともに話し合いなんて阿呆らしくて出来るか」と思っている、という事ですね。

>奴等は、話し合など通用しない相手もいるということを知りません。

散々、連中が毛嫌いするネットウヨクと話し合いが出来ずに決裂しているのに、何故に支那朝鮮や露国とは話し合いが出来ると思えるのでしょうね(笑)。

実に不思議です。
2007/09/02(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>日本人としての自覚の薄い国民がこれ以上増えれば国家としての機能不全により北方領土も本土も周辺国にお譲りする事になるでしょう。

そうですね。

それと、政府やメディアも、毎年の北方領土の日には、何らかのアクションを示すなどして、もっと国民にアピールするべきですね。

まあ、売国マスコミや阿呆の政府に来たいしても、無駄に終わる可能性は大なのでしょうけど・・・
2007/09/02(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/881-244d35d1
本日31日の産経紙によると、中国系実業家ノーマン・シュー氏が米民主党のヒラリー・クリントンやオバマ上院議員ら有力議員に対して多額の献金疑惑が浮上、同実業家が違法な迂回献金の疑惑や犯罪歴も判明し、民主党議員は献金の返金
2007/09/02(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN