FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → キムチなキチ弁連

キムチなキチ弁連
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 日弁連と言えば、日本で最もキムチに汚染されている組織の一つ、日本で最も基地外の多い組織の一つとして既に有名であり、光市の事件などで「そもそも人道の敵」という事が明らかになっている組織ですが、その日弁連の会長殿が、心の故郷であるキムチの国で、何やら香ばしい演説をされてきたそうです。
「過去史 お詫び… 平和憲法9条死守」
平山日本弁護士連合会会長、ソウル訪問で明らかにする


 日本の弁護士の全国団体である日本弁護士連合会(日弁連)会長が、過去の歴史に対して韓国人に心より謝罪する、という意志を伝えた事が、一歩遅れて確認された。

 日弁連はまた、日本が憲法改正を通じて軍費を拡張し、再武装しようとする動きに強く反発、平和憲法9条を死守する事に全力を注いでおり、日本の代表的知識人団体のこのような動きに関心が集まっている。

 平山正剛(73)日弁連会長は、去る1~2日にソウルで開かれた大韓弁護士協会(会長李進講)との第21回定例交流会に参加、「日本人の一人として、過去史に対して韓国人にお詫びの意志を伝える」と発言したと参加者が伝えた。大韓弁協関係者は、「平山会長は2日にかけて開かれた公式行事毎に、過去史への謝罪を重ねて強調した」と付け加えた。

 平山日弁連会長はまた、「昨年、日弁連会長選挙において、平和憲法9条守護など、憲法の平和理念を守る、という公約を掲げて当選した」「日本の弁護士は平和憲法9条を守る為、あらゆる努力を惜しまない」という意志を何度も強調した事が明らかになっている。

 平山会長が韓日弁護士団体定例交流会において、弁護士協会の懸案代わりに日本政府の立場と反する政治的主張を重ねて明らかとした事は異例的だと言える。第二次世界大戦当時、兄を失った事を知られる平山会長は、普段から「強者が武力で支配する世の中は危険だ」という所信を明らかにしていた事も知らされた。

 彼はまた、「誰かが強要したのでは無く、国民が最善の選択として憲法を作ったなら100年の間は改正してはいけない」と強調するなど、法律家として憲法の意味を教示する先頭に立ってきた。彼は、日本の知識人社会の元老級であり、「体験的平和主義者」を自認して過去史を謝罪し、平和憲法守護を公然と明らかにする数少ない人物だ。

 最近、改憲路線を標榜した安倍政権が、政治的危機にあったが、次期総理にも改憲論者である民主党の小沢一郎代表が浮かび上がるなど、日本の政界は改憲を先行させた右派一色だ。

(2007年09月05日 文化日報)

 まあ、日弁連の会長であろうが何であろうが、個人的にどんな思想を持とうがそれは勝手ではある訳ですが、その考えを外国で、あたかも日本人の代表であるかのような顔をして表明し、その思想の政治的達成の為に外国勢力の助力を得ようという行動が、どれだけルールを逸脱したものであるのか、何故にこの「ヘーワ主義者」どもには分からんのでしょうか。

 ついでに言うならば、弁護士とはあくまで国会が定めた法の中で、依頼人の利益を守る為に活動する職業であり、改憲・護憲に関わるような「政治勢力」になりたいのであれば選挙に立候補して政治家となるべきだし、政治の方向性を決める事に関与したいのであれば、そこで更なる努力をして閣僚となるべきだと言えます。

 まあ、勿論、意見を言う自由はある訳ではありますが、日弁連という組織は政治団体として集まっているのでは無く、弁護士の活動を監督する為の団体でしかあり得ない訳です。

 それでも、任意加入の団体であるのなら、そういう団体の長として意見表明する事も構わないと言えますが、ご存知のように、日弁連は任意加入では無く、弁護士として活動する人間はここに加入しなければ活動する事すら出来ないという団体です。

 そういう団体の長が、一応は選挙で選ばれたにしても、個人の政治的思想をあたかも団体全体、延いては弁護し全員の総意であるかのように表明する事は、果たして正しい事だと言えるでしょうか。

 まあ、この御仁が選挙で当選しているという事から、所謂「右派」と呼ばれる思想の持ち主が団体の中でマイノリティである事は間違いないかとは思われますが、これは、弁護士として活動する為に仕方なくこの団体に加入している違う考え方の人間に対する「思想信条の自由」の侵害だとすら言えるものです。

 ここでもまた、この御仁は、護憲を謳いながら「思想信条の自由」という憲法の精神を破るという法曹として考えられないルール違反を犯していると言えるでしょう。

 護憲を謳うのならば、最低限、現行憲法の精神に則って活動する。

 政治活動に外国勢力を不用意に引き込まない。

 この程度の最低限のモラルやルールも守れない人間が代表を続けるようでは、弁護士という業界の未来もそうは明るくは無いと、カシコイセンセー方に忠告しておきたいと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「自虐史観」の病理 (文春文庫)
藤岡 信勝
文藝春秋 (2000/10)
売り上げランキング: 309214
おすすめ度の平均: 3.5
5 当然の帰結
1 病人のたわごと。「自虐史観」よりこわい破壊史観
5 自虐史観派の実態

反日に勝つ「昭和史の常識」
渡部 昇一
ワック (2006/01)
売り上げランキング: 165159
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本解体を目論む反日勢力による恫喝や扇動に動じない気概
5 東京裁判史観や自虐史観から「開放」されよう。


PR情報
ここでしか買えない新潮文庫の復刻版。ウェブの書斎のオンデマンド本!
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
戦前、帝国大学出の革新官僚にはマルクス主義のシンパが多かったようです。

戦後になると、憲法の人権思想を丸呑みにした法曹関係者がたくさん排出されました。死刑制度反対で醜態を晒している光市強姦殺人事件の弁護団など典型です。

そして今はどうなのかと言うと、東大の卒業生に人気なのは「外資系コンサルタント」なのだそうです。また、法曹になるために必須の法科大学院では、アメリカのロースクールと同じようにケースメソッド(判例法主義の解釈を学ぶ方法)が多用されています。まあ、早い話が「グローバルスタンダード」に毒されているわけです。

このように、我が国のオツム(主に記憶力)のよろしい連中は、外国人に有利なフォーマットの習得に勤しんで来たというのが現状です。エリートほど祖国に対する愛情(ネット右翼的な愛国心とは違う)が薄く、反日傾向になるのも無理はありません。

日本は遅れているから外国人の言うことを聞いて近代化しなければ…という、明治維新の作り出したトラウマが今でも尾を引いているのだと思います。国体に合ったアカデミズム、国家主義を超えた真の保守思想が必要ですね。
2007/09/07(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
まずは、ろろさんの書き込みの中にある、「排出」は本来ならば「輩出」だと思うのですが、こういう連中の場合は「排出」のほうが良いのでしょうな。
話は変わって日弁連は任意加入ではなく、加入しないと弁護士やることが出来ないって、そうなってくると、橋下さんのような手合いは、除名になってしまうということもありうるのでしょうか。
このような団体はなんか江戸時代の株仲間みたいに感じられます。
2007/09/07(金) | URL | DUCE #-[ 編集]
>日本は遅れているから外国人の言うことを聞いて近代化しなければ…という、明治維新の作り出したトラウマが今でも尾を引いているのだと思います。

それでも、明治勃興期は「それを国の為に活かすのだ」という気概があった訳ですが、今はそんな気はゼロですからね。

問題が改善されるどころか、より一層酷くなってきていると思えます。

>国体に合ったアカデミズム、国家主義を超えた真の保守思想が必要ですね。

「愛国心」の基礎になるべき「愛郷心」の決定的な不足。

この辺がキーポイントだと思えます。

「道州制」による「地方という概念」の解体をこのまま進めてしまえば、本当に悲惨な事になるのは目に見えています。

何とかせねばなりませんね。
2007/09/08(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>株仲間

近いものはありますね。

所属しないと、資格試験を通過しているにも関わらず、一切の「弁護士活動」そのものが出来ないという点で、もう一段あこぎなように思いますが。

>除名になってしまうということもありうるのでしょうか。

除名までは多分出来ないとは思いますが、多分、相応の嫌がらせはあるでしょうね。

まあ、橋本氏がどうなろうと別に構いはしないところですが、そういう陰湿な体質は何とかならんもんかとは思います。
2007/09/08(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/890-083316af
  公共料金を支払いに入ったコンビニエンスストアーで、こんな雑誌が売られているのを見つけました。  この画像を見て、何か感じ取れることはないでしょうか?  私が思ったことは二つあります。
2007/09/08(土) | 日々是勉強