FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → チャイナフリーを求めて三千里

チャイナフリーを求めて三千里
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、世界に毒を拡散する支那に対し、EUが「ある意味宣戦布告」した事をお伝えしたばかりな訳ですが、これに続き、WHOも遂に「チュウゴク製品」は人類にとって害悪である事を認識し始め、警告を発している模様です。
中国に機構改革を提言 食品安全問題でWHO

 世界保健機関(WHO)のヤーゲル・シュラント食品安全部長は13日、北京で開催中の「食の安全」の国際会議で、中国に対し、安全性向上のための法律整備や行政機構の改革を提言した。

 同部長は「農場から食卓まで」食品の生産、流通の全過程をカバーする法律が必要だと強調。消費者の健康や権利の保護を重視するよう求めた。

 また中国政府内で「食の安全」問題は九つの担当部局にまたがり「たこつぼ化」していると指摘。機構改革や部局間の協力強化、全部局を網羅する法律が必要だとした。

 中国政府が「食品検査で99%は安全」と主張したことに関し「1%でも問題があれば何百万人もの病気を招きかねない」と警告、100%の安全を確保する意識が重要だと述べた。

 これに対し中国当局者は、年内にも新たな「食品安全法」を施行する考えを表明した。

(2007年09月13日 産経新聞)

 このWTOの当たり前の提言に対し、流石の支那畜もしおらしく「食品安全法」を施行するなどと発言している訳ですが、言うまでも無く、こんなものは絶対に、200%機能はしないと断言出来るものです。

 精々、この取り締まりに関わる役人の懐が、他の役人よりも余分に潤うだけだと言えるでしょう。

 そして、引き続き支那の凶悪な新種のバイオ兵器の世界への拡散は続き、我々一般の人間の健康と生命は、常にこの悪魔によって脅かされる事となる訳です。

 今回、WHOが支那畜に対して警告を発した事は、確かに大きな前進と言えるものではありますが、同時に、これがWHOを含む国際的な機関の限界であるという可能性も否定出来ないとも言えます。

 何しろ、1件や2件の話では無く、ほぼ無数に、そして世界のありとあらゆる地域、支那畜共和国の内部でさえも事故が頻発しているにも関わらず、これだけ時間を掛けて、ようやくにしてこの程度の事しか言えない訳です。

 これ以上、WHOや国連といった多くの国々の利益が複雑に絡み合っている機関に期待を掛けても、恐らく虚しく裏切られるだけである事は想像に難くは無いでしょう。

 しかし、何にしても、そんなWHOでさえも、今の「チュウゴク製品」は大変に危険であるとの認識を示した訳です。

 政府が少しでもまとまな頭をしているのならば、早急に、国民の生命と健康を維持出来るよう支那畜からの輸入を緊急停止する措置を講じるべきであると言えます。

 最低限、このWHOが提言している法律が施行され、機能するようになるまでは完全に輸入を停止し、施行後も、きちんと機能している事が完全に確認されるまでは、輸入の規模を極限まで縮小させると共に、水際での検査をこれまで以上に厳しくするべきだと言えます。

 真面目な話、銭の亡者である同友会を始めとする「財怪人」どもは、銭金に目を眩ませて「チュウゴクとの交易は大事」などと寝惚けた事を言っていますが、そんなもの、我が国には一切必要など無い事は明々白々だと言えるものです。

 阿呆みたいに外国の顔色を窺うのを止めにして、きちんと食糧自給率が上がるような政策を組み立て、農業に関わる人間の安定をある程度保障し、活力が溢れていくように仕向ける事さえ出来れば、そもそも食料の輸入そのものが不要だと言えるものです。

 「商」の分野においては、弊害も勿論大きいものの、競争というものは必要不可欠であり、活力の維持の為に必要なものであるとは言えます。

 しかし、人間の生命の基本部分である「食」を担っている「農」の分野においては、必要であるのは「競争」では無く「安定」であり、そこに携わる人間に「安定」を与えてこそ、収穫される作物の量や質にも「安定」が齎され、消費者の生活にも「安定」が齎されるのだと言えます。

 別に欧米流の文化を全て指定するつもりはありませんが、あれはあくまで「欧米の連中の文化」なのであり、況や、全てが全てに対してそれを強制するなど、阿呆の発想以外の何ものでもありません。

 大体、欧米でも、農業の分野にまで出鱈目極まりない、自民党が掲げるような「競争」を持ち込んでいるという話など、とんと聞いた事が無いというものです。

 阿呆な「何でも競争」という糞間抜けな発想から一日も早く卒業し、安定した農業を確立して、超弩級の殺人兵器である「チュウゴク製品」を市場から駆逐出来るよう、政府は一日も早く動き出すべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国野菜と日本の食卓―産地、流通、食の安全・安心
大島 一二
芦書房 (2007/04)
売り上げランキング: 228804



PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>新たな「食品安全法」

  こんな感じでしょう。

●違反が出たら、その店舗等の責任者は死刑に処する
●違反が出たら、その当時の行政担当者は死刑に処する
●製品は速やかに外国人の目に付かないところへ「回収」する

  なぜ食品が危険なものになるかという点については、おそらく全く触れないでしょう。


 「中国は 買わない 呼ばない 関わらない」

  
  日本人みんなの合い言葉にしたいですね。関連ありそうな過去記事をTBいたしました。よろしくお願いいたします。
2007/09/15(土) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>なぜ食品が危険なものになるかという点については、おそらく全く触れないでしょう。

でしょうね。

触れたら、そもそも輸出など絶対不可能という判定以外は下せませんから(笑)。

>中国は 買わない 呼ばない 関わらない

ですね。

取り敢えず、宮崎正弘先生や黄文雄先生の著書を広める事あたりからでも始めましょうか。
2007/09/15(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
浪人様
いつも 良い記事ありがとうございます。
この記事参考に・・記事をアップしリンクしましたので連絡いたします。

チャイナフリー がんばりましょう!!
2007/09/16(日) | URL | あきつ #GCA3nAmE[ 編集]
拙ブログの記事如きを参考にして頂いたとは、実に面映ゆいばかりです。

記事の引用・転載は基本的に自由とさせて貰ってますので、使えるようなところがありましたら、何時でもご自由にお使い下さいませ。

>チャイナフリー がんばりましょう!!

ええ、がんばりましょう。
2007/09/16(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/905-85b379cc
911選挙での大勝利で祝杯を挙げていたのは丁度2年前だった。その2年後に「小泉の後継たる安倍」が臨時国会開催にあたっての所信表明を行ってすぐに退陣を表明した。このタイミングは、自民党にも野党にも驚きだった
中国指導部は、ドイツ首相メルケル氏に強い不満を、それどころか怒りさえ感じているよ
2007/09/15(土) | 欧州より
  こういう話はネット右翼受けを狙っているようで嫌なのですが、旅行記の執筆が結構きついので、息抜きにいいかなと思い、書くことにしました。  私が注目しているのは「中国東北部」なので、当地のニュースをい
2007/09/15(土) | 日々是勉強
安倍総理の辞任表明にはいささか驚きました。いろいろ辞任の理由を考えてみましたが、政界のことはよく分かりません。一寸先は闇とも申します。これからしばらくは混乱が続くでしょう。しかしその混乱・カオスの中から新
2007/09/15(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 麻生総理誕生に期待-参院選敗北後の福田暫定内閣構想を阻んだ安倍氏の総理続投の決断さて、麻生内閣の夢ですが、あっと言う間に費えた様です。詳しくは後半で。(今の自民党は末期状態を通り越し
● チャイナフリーを求めて三千里 或る浪人の手記  さま に WHOが中国に食品
2007/09/16(日) | はらぺこ おばけ
2007年9月23日、メルケル首相は、ドイツ連邦政府首相としては初めて、正式に
2007/09/24(月) | 欧州より