或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 総裁選直前総まとめ「これが福田康夫だ」(テストに出るかも!?)

総裁選直前総まとめ「これが福田康夫だ」(テストに出るかも!?)
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

福田康夫を総理にさせない市民の会バナー

 本当に連日連夜、福田康夫なる腐れ売国奴を総理総裁職に就けない事だけに焦点を合わせて更新にてきた訳ですが、遂に明日、その結果が出ます。
福田・麻生両氏が最後の訴え、自民党総裁選あす投票

 23日に投開票が行われる自民党総裁選に立候補している福田康夫・元官房長官、麻生太郎幹事長の両候補は22日、最後の訴えに入った。

 30の都道府県連では、同日中に各3票の地方票の投票先が決まる予定だ。

 選挙戦は、福田氏が麻生派を除く8派閥の支持を受け、優位に進めている。福田氏は22日朝、自宅前で記者団に「自民党再生の手応えをつかんだか」と聞かれると、「いよいよと思う」と自信を見せた。

 これに対し、麻生氏は自宅前で「(福田氏に)より具体的な案を出してもらえると、討論しやすい。立候補届け出から1週間もたったので出てくるだろう」と述べ、福田氏の政策には具体性がないと批判した。

 両氏は同日昼、仙台市で党主催の街頭演説会に出席。福田氏は「子育てしやすい、女性が働ける男女共同参画社会を実現したい」と意気込み、麻生氏も「私は劣勢が伝えられるが、国会議員に皆さんの気持ちを直接訴えてほしい」と訴えた。

 両陣営では午前中から、選対幹部らが国会議員の支持動向の最終分析を進めた。

 両氏は22日午後、都内に戻り、福田氏は有楽町、麻生氏は新宿でそれぞれ最後の街頭演説を行う。

(2007年09月22日 読売新聞)

 明日の投票、そして結果が出るその前に、もう一度、福田康夫というゴミクズがどういうゴミクズで、どれ程までに総理総裁としての資格が無いのか、おさらいしておきましょう。

 まず、かれの父親は元内閣総理大臣の福田赳夫氏で、所謂「2世議員」に分類される議員です。

 まあ別に、そんな事はどうでも良い訳ですが、問題は、彼の父親、福田赳夫氏は、カルト宗教「統一協会」の集会でスピーチをした程の筋金入りのカルト右翼であり、また、中途半端に官僚的な事勿れ主義者であり、「ダッカ事件」において、「人命は地球より重い」と戯言をほざき犯人である日本赤軍の要求を聞き入れて「超法規的措置」として逮捕されていた赤軍メンバーを釈放、世界各国から「日本はテロまで輸出する」と言われる原因になった馬鹿だという事です。

 以下、資料を記しておきます。

カルト統一協会の文鮮明と握手する福田(父)
カルト統一協会の文鮮明と握手する福田(父)

統一協会系の集まりで挨拶する福田(父)
統一協会系の集まりで挨拶する福田(父)

右から)スピーチをする福田赳夫元首相、久保木修己・統一教会名誉会長、文鮮明(統一教会創始者)、韓鶴子(ハン・ハクジャ)女史(文鮮明師夫人)
(右から)スピーチをする福田赳夫元首相、久保木修己・統一教会名誉会長、文鮮明(統一教会創始者)、韓鶴子(ハン・ハクジャ)女史(文鮮明夫人)

「アジアに偉大な指導者現わる。その名は“文鮮明”である。私はこのことを伺いまして久しいのでありますが、今日は待ちに待ったその文鮮明先生と席を同じくし、かつ、ただいま文先生のご高邁なご教示にあずかりまして、本当に今日はいい日だなあ、いい晩だなあと、気が晴れ晴れとしたような気がいたします。(中略)今日は私が常々考えておった政治原理、そういうものを綺麗に整理させていただいたという気がするのであります。」(光言社「日本統一運動史」351~352頁)
ダッカ日航機ハイジャック事件

1977年9月28日、フランスのパリ、シャルル・ド・ゴール国際空港発東京国際空港(羽田)行きの日本航空機472便(DC-8-62型、JA8033、乗員14名、乗客137名、犯人グループ5名)が、経由地のインド、ボンベイ空港を離陸直後、拳銃、手榴弾等で武装した日本赤軍グループ5名によりハイジャックされた。

同機はバングラデシュのダッカ国際空港に強行着陸、犯人グループは人質の身代金としてアメリカドルで600万ドル(当時の為替レート〈1USドル≠約266円〉で約16億円)と、日本で服役及び勾留中の、メンバー・日本赤軍に加えようと目をつけた囚人(新左翼活動家や、「獄中闘争」を評価した一般刑事犯)9名の釈放を要求し、これが拒否された場合、または回答が無い場合は人質を順次殺害すると警告した。この際、アメリカ人の人質を先に殺害するという条件が付いており、今後の日本の対応にアメリカへの外交的配慮があったとする見方もある。

バングラデシュではこの事件中に、軍部中枢を含む政府首脳がこの事件の対応に追われている隙間を縫って軍事クーデターが発生するなど、現地は緊迫していた。日本国政府は議論の末、10月1日に福田赳夫首相(当時)が「人命は地球より重い」と述べて、身代金の支払い及び、超法規的措置としてメンバーなどの引き渡しを決断。身代金と、釈放に応じたメンバーなど6名(3名は拒否。内訳は、赤軍派系連合赤軍メンバー1名と、系列外の新左翼活動家2名)を日本航空特別機でダッカへ輸送した。

なお、検事総長と法務大臣はこの様な「違法措置」の施行に対して強硬に反発し、閣内不一致を恐れた福田は福田一法務大臣を更迭した。

10月2日、人質との交換が行われ、乗員乗客のうち118名が解放された。10月3日、残りの人質を乗せたままハイジャック機は離陸、クウェートとシリアのダマスカスを経て人質17名を解放、アルジェリアのダル・エル・ペイダ空港に着陸し、同国当局の管理下に置かれた。この時点で残りの乗客乗員も全員解放され、事件は終結した。

この事件における日本の対応は、一部諸外国から「日本はテロまで輸出するのか」などと非難を受けた。 そのため世界各国では、この様な事件に対処する為、対テロ特殊部隊の創設が進められた。

同年、日本政府は、この事件を教訓として、西ドイツの特殊部隊「GSG-9」(後述)を参考に、ハイジャック事件に対処する特殊部隊を創設した。この部隊は近年増設され、特殊急襲部隊(SAT)と呼ばれている。

(フリー百科事典『ウィキペディア』より)

 で、この彼の愚息殿は、「拉致は私の手で解決」と息巻いているらしいですが、テロリストに屈する事を「解決」とした立派な首相の愚息殿の「解決」がどのような解決となるのか、考えなくとも分かりそうなものですね。

 まあ、まともな解決では無いでしょう。

関連エントリー:
必死だなw福田康夫
福田康夫を総理にさせない市民の会バナー2

 しかし、親がロクデナシでも、まともに真面目に生きている立派な人は大勢いる訳ですから、これだけで福田康夫を判断するのは良くない事です。

 それでは、次に、彼の人柄を見ていきましょう。
家族」光文社
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 著 P318
ハツイはそのとき福田康夫官房長官に食ってかかった。
「こんな紙切れ一枚じゃなくて、ちゃんと全員のいるところで発表したらどうなんですか」
そのときの福田長官の言葉。いまも忘れられない。
うるさい!黙りなさい!あんたのところは生きているんでしょう
いったいこの人は何を考えているんだ。人の命をこんなにも軽く考えているのか。
そう思ったら、悔しくて悔しくてハツイは声を上げて泣いた。あの日以来、
「テレビに出てくるあの顔を見るのもいやになった」

奪還」新潮社 
蓮池透 著 P174
黙って聞きなさい。あなた方の家族は生きているのだから
福田官房長官はそう言って、両腕でわれわれを押さえつけるような仕草をしました。
まるで、なぜ自分たちに感謝しないのか、とでも言いたげな口ぶりでした。

 まあ、思い遣りとか人情の欠片もない、居丈高な人格だという事がよく分かりますね。

 しかし、これには彼なりの事情があった模様です。
福田氏の自民支部、朝鮮籍会長企業から20万円寄付

Yasuo Fukuda(China) 福田康夫・元官房長官(衆院群馬4区)が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が1996年と2003年、朝鮮籍の会長と韓国籍の親族が全株式を保有する群馬県高崎市のパチンコ店経営会社から計20万円の寄付を受けていたことが20日、同支部の政治資金収支報告書などでわかった。

 会長は05年に死去するまで在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の在日本朝鮮群馬県商工会の顧問などを務めていた。03年の寄付は、福田氏が小泉政権の官房長官時代で、小泉首相(当時)訪朝で北朝鮮が日本人拉致を認めた後だった。

 政治資金規正法は、外国人や外国人が株式の過半数を持つ企業から献金を受けることを原則禁じている。福田氏の事務所は「国籍を聞くのは失礼と思い、確認していなかった。他に同様の寄付がないか調べた上で、返金したい」と話している。違反には禁固などの罰則があるが、既に時効(3年)が成立している。

 収支報告書などによると、03年は衆院選があり、投開票日4日前の11月5日、10万円の寄付があった。96年も総選挙が行われた年で、10万円の寄付があった。同社は「寄付したかどうか確認できない」としている。

 参院選のあった2001年には、当時民主党参院議員だった角田義一氏の総合選挙対策本部に会長側から10万円の寄付があったことが判明しているが、政治資金収支報告書などには記載されていなかった。

(2007年09月21日 読売新聞)

 成る程、成る程。

 要するに、朝鮮玉入れ屋さんからお金を貰ったので、その恩返しの為に被害者の方々に冷たい態度を取り、その上、拉致被害者を北朝鮮に返すべき、だなどと主張された訳ですね。

 救いようが無い程に腐っているとは、こういう輩の事を言うのでしょうね。

関連エントリー:
パチンコマネーだ福田康夫
必死だなw福田康夫

 しかし、幾ら時効とは言え、外国企業から献金を受けていたという重大事件であるにも関わらず、「金と政治」と問題には厳しい筈のマスコミさん達は一向に「徹底追求」の姿勢を見せませんね。

 「説明責任」の「せの字」も口にしません。

 一体どういう事なのでしょうね♪

関連エントリー:
安倍殺しの真犯人

 「政治と金」の問題に触れましたので、もう1件、福田康夫というゴミクズが如何に「セーレンケッパク」であるか良く分かる事件を紹介しませう。
故福田元首相の遺産6000万円申告漏れ すでに修正申告

 故福田赳夫元首相の遺産をめぐり、遺族が東京国税局から約六千万円の申告漏れを指摘されていたことが四日、関係者の話で明らかになった。遺族は既に修正申告したと話している。

 一九九五年七月に九十歳で死去した福田元首相の課税対象遺産額は、当初、東京・世田谷区の自宅や選挙区だった群馬県高崎市の事務所の敷地などの不動産のほか、預金、株式、ゴルフ会員権、絵画など計約八億五千万円で、相続税額は約一億円と申告されていた。

 相続したのは、三枝夫人と、長男で衆院議員の福田康夫氏ら計八人。このうち夫人は、配偶者控除などで実質非課税。子供や孫たちは、株式売却などで相続税を納め、福田議員も一部、高崎市の土地を物納申請、現在手続きが進んでいる。

 しかし、その後の同国税局の税務調査で、福田元首相が所有していた土地の一部について、四、五千万円ほど低い評価額だったことが分かった。さらに、絵画も一、二千万円ほど安い評価額で申告されていた。

 このため、課税対象遺産額は計約九億一千万円となり、同国税局は当初申告との差額約六千万円の申告漏れを指摘した模様だ。

 福田議員は「事務所として使っていた土地を、担当者が一割ほど低く評価して申告したらしい。当局の指摘に従い修正申告して納税した」と話している。

(1997年08月05日 読売新聞)

 これが申告漏れらしいとの事です。

 どう見ても意図的な脱税にしか見えん訳ですが、兎に角、申告漏れらしいです。

 流石は、古い自民党を脱皮した「コーゾーカイカク派」だけあって、とてもクリーンですねw

 我々国民も見習わねばなりませんなぁwww

 最後に、そんな彼の正々堂々とした選挙戦への挑み方を紹介しておきませう。
自民党総裁選 福田氏VS.麻生氏 戦術も対照的

福田氏 「地方」引き締めに躍起

 「電話作戦の結果を20日21時までに報告してください」

 福田陣営は19日朝、福田氏が所属する町村派など8派の秘書会役員を自民党本部5階の選挙対策本部に招集した。

 テーブルには「麻生支持派の牙城」といわれる神奈川県の約4万人分の党員名簿。陣営事務局は、この名簿先を基にしらみつぶしに電話をかけ、麻生支持者が福田支持に覆るよう命じたのだ。

 議員票では圧倒的に優勢を誇るにもかかわらず、福田陣営が警戒心を解かないのは、麻生氏が地方票を大幅に伸ばす可能性を否定できないからだ。

 この傾向が現実のものとなり、23日の投開票日までに表面化すれば、衆参議員が「派閥談合による総裁選出は民意を反映していない」との批判を恐れ、固めたはずの票が麻生氏に流れかねない。平成13年の総裁選でも、小泉純一郎前首相が地方で圧倒的に支持を集め、下馬評を覆して地滑り的に勝利した。

 16日に党本部で行われた立会演説会は「麻生氏の圧勝だった」(閣僚経験者)との評価がある上、東京、大阪、高松の3市の街頭でも麻生氏はその人気ぶりを見せつけた。陣営関係者は「電話作戦を行うと、各都道府県連が独自に行う予備選挙では『すでに麻生氏に入れた』という返事が結構多い」と顔をしかめる。

 危機感を募らせた福田陣営は、8派の衆参議員を選挙区に戻して地方議員に対する「締め付け作戦」に転じた。都道府県連票を投じる代表者3人の携帯電話の番号も、陣営に報告させる。

 8派の強い意向を受け、党選挙管理委員会は都道府県連票の事前公表を控えるよう指示したほか、国会開会中であることを理由に平日の街頭演説を禁じるなどの措置を次々に決定。福田氏が所属する町村派では、都道府県票の動向を把握するために「衆参議員と都道府県連の投票用紙の色を変えるべきだ」との声も上がったが、さすがに却下された。

 こうした福田陣営による激しい締め付けに、町村派以外の7派からは「やりすぎではないか」との批判も出始めた。福田氏は山崎派など反主流派が擁立した候補なのに、フタを開ければ、小泉氏や安倍晋三首相の出身派閥である町村派が選対本部を実質的に運営していることへの反発もある。

 とはいえ、各派がどれだけ福田票をまとめるかが「忠誠心のバロメーター」となり、閣僚・党役員ポストの行方にも影響する。津島派は19日、幹部が手分けして、態度があいまいな議員から事情を聴取。それでも「15、16人の態度は把握できない」(津島派幹部)と、焦りを募らせている。

麻生氏 携帯駆使し“隠密作戦”

 「弾圧を受ければ受けるほど結束は強くなる。福田陣営は麻生氏の顔写真を踏み絵でもさせるつもりか」

 麻生陣営幹部はこううそぶく。

 包囲網を構築された麻生陣営は、表立った動きを極力控え、水面下で福田支持議員の切り崩しを展開している。麻生氏がクリスチャンであることにちなみ、「隠れキリシタン戦法」と名付けた。

 8派の包囲網を麻生氏は「古い自民党の談合体質」と激しく批判するが、監視の目は緩まない。18、19の両日、衆参議員の各事務所をあいさつ回りした際も、福田氏支持の議員の多くは留守だった。麻生氏はその場で自分の名刺に「ぜひ力を貸してください」と書き込み、支持を訴えたが、各事務所で拍手で迎えられた福田氏との扱いの違いは歴然としている。ある若手議員は「失礼とは思うが、麻生氏と接触したことがバレると派閥幹部に査問される」(若手)と打ち明ける。

 そこで麻生陣営が考えたのが、携帯電話と携帯メールを駆使する「IT戦術」だ。麻生陣営の議員らは携帯電話やメールで「麻生支持を鮮明にする必要はまったくない。投票だけは自分の信念を貫いてほしい」と訴えかけている。

 麻生氏は「選挙の顔になれる」という強みもフルに生かす。陣営は「衆院選は突然訪れる。そのとき福田首相で勝てるのか」と強調。麻生氏も声をかけた若手・中堅議員に「選挙区での応援」を約束し、議員心理を揺さぶることを忘れない。

 地方票獲得に向けては、フライングすれすれの戦術も展開。衆参議員や都道府県議には14日付であいさつ状を送付した。党選管が文書類の郵送を禁止したのは15日だったため、口頭注意だけで済んだが、町村派幹部は「文書送付は以前から禁止されている。確信犯だ」と怒りをぶちまける。

 「麻生氏が首相の追い落としを狙った」という陰謀説がイメージダウンのために流されていることにも、相手陣営の仕掛けに間違いないと神経をとがらせている。議員票が前回総裁選で得た69票を下回れば党内での影響力低下は免れないだけに、ぎりぎりの戦いを余儀なくされている。

(2007年09月20日 産経新聞)

関連エントリー:
パチンコマネーだ福田康夫
俺様ルールさえ守らない福田康夫

 しかし、流石にこの基地外染みた思想統制に対しては、地方の自民党からは批判の声が上がっている様子です。
吹くか“地方の風” 党本部に地方支部反発 自民総裁選

 23日の自民党総裁選を控え、党本部が都道府県連に出した通達が波紋を広げている。都道府県連が持つ3票の行方について、両院議員総会の投開票前に公表することを禁止したものだ。趣旨は「国会議員の投票に影響を与えないため」だが、一部が「われわれの独立を侵すもの」と反発、事実上の事前公表を明言している。「開票結果の保秘は保障できない」とする県連もあり、都道府県連の“開票ラッシュ”となる22日中に地方票の行方が明らかになる可能性が高まっている。(池田証志、峯匡孝)

 「地方の投票傾向に国会議員が影響されるなら、その国会議員が悪い。自分の信念をもってやればいいだけ」。事前公表禁止の通達について自民党神奈川県連幹事長の竹内英明県議は、こう切って捨てた。

 「県連は自民党のヒエラルキー下にはない。独立した都道府県連の集合体が自民党だ」。平成13年に予備選を呼びかけ、“地方の風”のきっかけ作った同県連には、小泉純一郎前首相を誕生させた自負がある。

 福岡県連の新宮松比古会長は「隠してもあまり意味がないこと。地方から影響を与えるからこそ公表すべきだ」と主張。国会議員票での劣勢が伝えられるなか、麻生太郎幹事長の地元として、“風”を吹かせたい思惑がある。

 茨城県連会長の山口武平県議も「普通の選挙でも支持や推薦を表明する。公選法でも禁じていないことをなんで強いるのか」。茨城県連は18日、役員一任で麻生氏に3票を投じることを決めた。

 これに対し、党選管は都道府県連に対し計3回に渡る指導を行い、国会議員にも注意を呼びかけた。京都府連は「われわれも組織の一員。事前公表を公言する県連には憤りを感じる」と、不快感を示す。多くは素直に「党本部の通達を守る」としているが、「一刻も早く党員に知らせた方がよい」と県連内で議論になったり、本部から直接注意を受けて事前公表を控えた県連もある。

 産経新聞の調べでは、47都道府県連中、すでに支持候補を事実上明らかにしていたり、事前公表を取る県連は、態度保留を含めても9つ。このままでは“風”は吹かない。

 しかも、13年の総裁選では、党員投票で1位の候補者に3票すべてを投票する「総取り」方式が採用されたが、今回は得票率に応じて3票を配分する「ドント」方式を採用する道府県連が27にのぼるため、地方票が両候補者に分散してしまう。

 苦境に立たされた麻生陣営の選対本部長、鳩山邦夫法相は「民意を反映させるために都道府県連に公表時期を任せるべきだ」と選管委員長の臼井日出男衆院議員に申し入れたものの、前向きな回答はなかったという。

 一方で、都道府県連で開票作業を行う選管委員は地元の議員や党員。北陸地方の県連は「開票結果が漏れないとは言い切れない」。別の県連も「他の県連の票が明らかになり始めたらうちも公表する」と打ち明ける。

 22日には、30道府県連が、党員投票や限定投票などの開票を行う。党関係者は「一部の県連で開票結果が明らかになれば、雪崩現象が起きるかもしれない」と地方票の行方に注目している。

(2007年09月21日 産経新聞)

 風は吹かないかも知れない。

 しかし、あなた方地方議員の一挙一動を国民はきちんと見詰めているという事を、よく肝に銘じておいて欲しいと思います。
福田康夫を総理にさせない市民の会バナー

 と、言うわけで、殆どが過去記事の使い回しではありますが、総裁選を振り返りながら「福田康夫」というゴミクズの実像に迫ろうとした訳ですが、大体お分かり頂けたかと思います。

 外国企業である朝鮮玉入れ屋から献金を受け取ったり、遺産の計算を適当に誤魔化して「申告漏れ」をしたりする程に「セーレンケッパク」で、拉致被害者に「黙れ」と居丈高に命令したり、拉致被害者を北朝鮮に返すべきと主張する程に「オモイヤリ」に溢れ、権力を振りかざして他派閥や地方議員にまで「思想統制」を強いる程に強い「リーダーシップ」に溢れた人物。

 それが福田康夫というゴミクズです。

 本当に、こんな正真正銘のゴミクズを党の看板、日本の行政の最高責任者である「内閣総理大臣」にしたならば、自民党は本当に、二度と浮かび上がれない程に深いところまで国民の手によって沈められる事を覚悟しておくべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

自民党総裁選 暗闘の歴史 (徳間文庫)
大下 英治
徳間書店 (2006/09)
売り上げランキング: 168749

自民党総裁選―権力に憑かれた亡者たち
奥島 貞雄
中央公論新社 (2006/08)
売り上げランキング: 50560
おすすめ度の平均: 2.0
2 前著の加筆版


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>本当に、こんな正真正銘のゴミクズを党の看板、日本の行政の最高責任者である「内閣総理大臣」にしたならば、自民党は本当に、二度と浮かび上がれない程に深いところまで国民の手によって沈められる事を覚悟しておくべきだと言えるでしょう。

私は、自民党がどうなろうとどうでも良いのです。
ただ、我国が「福田首相」によって特亜の属国になり、国内では、人権擁護法、女系天皇の容認、在日外国人地方参政権の容認、ネット規制等々によって、息の詰まるような社会になってしまうのではないかと懼れています。
2007/09/23(日) | URL | Ve #HfMzn2gY[ 編集]
私も、別に自民党がどうなろうが知った事ではありません。

自民党に向けて言っているのは、単なる忠告です。

まあ、聞き入れて貰えないようなので、そろそろ攻撃モードに切り替えなければならなそうですけどね。
2007/09/23(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
毎度、TBで恐縮です。

麻生太郎氏応援「もう理屈じゃなか!」
http://tafu.iza.ne.jp/blog/entry/308156/

>そろそろ攻撃モードに~

同感です。ふくだ、中川(女)、2Fへの実弾は昨年から用意済みですから。
2007/09/23(日) | URL | 藤田達男 #9K64Lzaw[ 編集]
浪人さん本当に毎日御苦労さまです。
でもおかげで戦後この方、国民が感じている閉塞感と矛盾感の原因が多くの方に見え始めていると思います。
まずは
1、何故福田に決まりそうなのか、何故福田を選ぼうとしているのか?誰も本当の事を答えない。
2、同じく麻生でなぜ駄目なのかも答えない
3、麻生潰しの為にはルールさえ変るが、何故ルールが変ったのかを答えない
4、浪人さんの様に邪魔な存在には影響力の多寡に関らず正体をみせず徹底的に攻撃する。例えば
4-1現在も続いているブログ全体の機能不調
4-2今まで愛国風のコメントを寄せていた人間の突然の表現の下劣化(初めてブログに訪れた人間にはそれだけで信用を落とします)若しくはコメントの投稿停止(多分ブロガーの皆さんには常連の応援コメントが突然来なくなると少しは精神的悪影響が出て路線転換に繋がるのかなと考えました)
最後に前回のエントリーから始まったコメント欄への怪しいエロサイトへの誘い広告の書き込みです。これだけでも一般人は引きます。
私なんぞは何か、この執拗な攻撃に特定国の臭いを感じますが。
でもそれだけ攻撃されると言う事は浪人さんのブログの内容に痛い真実が有って、それだけ邪魔な存在だと言う事ですね実に素晴しいです。
相変わらずダラダラと長くてすいませんでした。
2007/09/23(日) | URL | 火天大有 #-[ 編集]
河野太郎もそうだが、自分の父親の愚策が後に大変な事件を生んだり国益を損ねる原因になっていることを全く恥かしいとも改めようとも思わない神経が信じられない。福田→赤軍派ばら撒き→拉致事件  河野→ばら撒き・土下座→拉致解決遅れいまだに奪還できず→戦後60年以上たって平和国家を築いているのに世界中に日本は悪い国を喧伝工作させる 血税献上 
総連献金を伝えず親子2代の総理大臣が初めて誕生!とはしゃぐ偏向マスゴミは本当にうんざりだ。

>拉致問題を解決する
福田の解決とは恐らく非情にもご遺族であることを確認させて、国交正常化しようとするだけでは?麻生のように拉致被害者を日本に返すとは言っていない。「解決」=拉致被害者奪還という図はおしりかじり虫の頭にはないと思う。相手の嫌がることをしないというなら、日本に嫌がらせをする国をまず黙らせてみろと思う。できないだろうが。
皆が短命と言っているが意外とプライドの高さだけで居座り続ける悪寒がします。しかし何度もこいつの話を聞いても一体何が言いたいのか全くわからないし、麻生氏が最初に言っていた「若者には希望をお年寄りには安心を」というキャッチフレーズを思い切りパクッて、今テロ朝では麻生の掲げたキャッチフレーズと紹介されていた。酷すぎる。
昨日の新宿での北村弁護士のお話は非常に熱くて感動しました。
福田は宇野内閣より短命で終わりますように。

2007/09/23(日) | URL | ろびんそん #P0/eB2wY[ 編集]
TBありがとうございます。

以前の記事にも書いたのですが、完全にぶっ壊れたようで、TBが一切出来ません。

流石に、全てのTB返しをコメント欄でやるのは難しい(そもそもTBは自由でもコメントは解放してないところがある)ので、暫くの間は、TB返しさせて貰えません。

わざわざ、コメント欄でTB頂いているのに、非常に申し訳なく思います。

>ふくだ、中川(女)、2Fへの実弾は昨年から用意済みですから。

楽しみにしております。
2007/09/23(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>コメント欄への怪しいエロサイトへの誘い広告

これは、実は昔から結構あります。

小まめに消しているので、後が残ってないだけです。

まあ、特定国の仕業なのか、それとも暇人なのかは知りませんが、攻撃らしきものを受けてはいるようです。

ま、止めたかったら機動隊でも連れてこい、という話ですけどね♪

VANKでは役者不足ですw
2007/09/23(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>総連献金を伝えず親子2代の総理大臣が初めて誕生!とはしゃぐ偏向マスゴミは本当にうんざりだ。

まあ、それがマスコミクオリティですからね。

テレビニュースは基本的に信用しない、新聞は出来れば3紙以上、紙でもネットでもいいから確認する。

その上で、引っ掛かる所があったら調べる。

このくらいは常識としてしなければならない国になった、という事ですね。

>皆が短命と言っているが意外とプライドの高さだけで居座り続ける悪寒がします。

潰しますよ。

昔、航空機で戦艦を沈めるのは不可能だと思われていました。

しかし、我等の父祖はそれを覆しました。

同じ事が出来ない筈がありません。
2007/09/23(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/923-0d7be2e4
 選挙管理内閣とはいえ、福田内閣となれば、前回の自民党敗退をなんとか支えてきた「真正保守」は、自民党を懸命に応援しようとは思わないでしょう。となると、今度は、民主党「日教組」政権の誕生となります。 こうし
2007/09/23(日) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 高山正行氏の力作「情報鎖国・日本―新聞の犯罪」(廣済堂出版、2001)に北朝鮮に関する興味深い記述があり、北朝鮮を<ドラゴンの歯(不和の種)>と呼んでいる。中々面白い内容なので、同書63頁末尾から引用してみる。(以下部分引用)北朝鮮はアジア分断のドラゴ
2007/09/23(日) | 陸奥月旦抄
  外交や安全保障について様々なブログが主張を発信していますが、このブログが言いたいことの一つとしては、  「相互依存の強化は危険だ」  という主張があります。  ●「どうすれば日本は戦争をせずに済
2007/09/23(日) | 日々是勉強

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。