FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 福田ゴミクズ総裁に祝電が届いております。

福田ゴミクズ総裁に祝電が届いております。
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

福田内閣粉砕を皇祖皇宗に誓う市民の会バナー

 さて、民意に徹底的に背き、森・小泉という独裁者に媚びたい腐り果てた自民党議員の都合だけで誕生した福田康夫自民党総裁ですが、そんな密室で生まれたと言っても過言では無いゴミクズに、日本の行政の長がゴミクズであればゴミクズである程嬉しい特定諸国から慶びの言葉が届いています。

 まずは、反日の宗主国様であられる支那畜塵民狂我国からの祝辞です。
自民総裁に福田氏 中国「ハト派」強い関心

Yasuo Fukuda(China) 【北京=矢板明夫】中国の国営新華社通信は23日、自民党総裁選開票終了直後に福田康夫氏の当選を速報で伝えた。同通信は、東京特派員電の形で、総裁選の仕組みや首相指名までの日程、福田氏の公約や略歴などを次々と詳報し、強い関心を示した。

 中国の各メディアはこれまでに、日本のメディア報道を引用する形で、総裁選で福田氏有利だと報じてきた。1978年の日中平和友好条約を締結した福田赳夫元首相の長男である同氏を、日中関係を重視する「ハト派」と紹介するなど、好意的に伝えてきた。

 23日付の新華社電は、福田氏の人物評として「2004年5月に自らの年金未納問題で官房長官を辞職」と言及したうえで、「性格が温和で、政策も穏健なことで知られる」と紹介。同氏の政策について、内政は「財政改革と経済成長を維持し、地方経済の振興を図る」などとし、外交面では「国連重視、日米同盟重視、(日本が)アジアの一員として役割を果たすことを重要視している」と紹介している。

(2007年09月24日 産経新聞)

 続いては、反日の特攻隊長、南ニダーランドよりの祝辞です。
韓国「関係修復の好機」 福田総裁海外反応

 【ソウル=久保田るり子】韓国メディアは23日、福田康夫氏勝利を大きく報道した。福田氏のアジア重視路線や「靖国参拝はしない」との立場、対北政策では「穏健派」-などと紹介し、日韓関係修復の機会になると好意的に報じている。

 メディアは父、福田赳夫氏の「福田ドクトリン」までさかのぼって報道。東亜日報は23日付の社説で「本当に父の意思を志向するかどうかに、日本と東アジアの未来がかかっている」と、期待を表明した。日本政治に詳しい世宗研究所の陳昌洙副所長は「韓国は福田政権で日本の憲法改正は遠のくとみる。久々の融和派の登場で日韓、日朝関係改善への期待が強い。年末の韓国大統領選挙まで時間は少ないが、首脳のシャトル外交が復活する可能性もある」とみている。

(2007年09月23日 産経新聞)

 最後に、反日の裏番長、こロシア連邦よりの祝辞です。
露メディア「妥協できる政治家」 福田総裁海外反応

 【モスクワ=遠藤良介】北方領土を実効支配するロシアでは23日、国営イタル・タス通信が福田氏について「与党穏健派を代表する人物」「妥協のできる政治家と定評がある」などと速報で紹介。国営ロシア通信も「(福田氏は)一貫して近隣国との良好な関係を強める立場をとっている」「“軍国主義の”靖国神社への高官参拝に反対している」などと好意的に伝えた。

(2007年09月23日 産経新聞)

 尚、米国、台湾からも祝辞が届いておりますが、上記ご紹介の基地外諸国とは違い、基本的に何時でも少なくとも最初は好意的な言葉を届ける国ですので、敢えて割愛させて頂きます♪

 と、いう訳で、福田新総裁に特定諸国から届いた祝辞を一気に見ていった訳ですが、どいつもこいつも揃いも揃って、「福田なら俺達に譲歩する」という読みを隠しもせずに表現しているところが素晴らしいですね。

 まあ、福田という超絶的なヘタレの事勿れ主義者が徹底的に舐められている事もあると思いますが、彼が選出された先の総裁選で、民意というものが全く反映されず、国民の声を徹底的に殺して誕生した総裁である事も大きいと言えるでしょう。

 これなら、昔のように国民の声など意に介せず、宮沢喜一や橋本龍太郎の時代のように、自民党の独断で土下座外交を再開出来るかも知れない、と。

 いやぁ、こいつらも大概鬱陶しいですが、そんなこいつらを必要以上に調子に乗らせた自民党議員の皆様には、是非とも氏んで欲しいですね。

 ちなみに、その総裁選ですが、議員以外の一般の党員の投票では、福田の盆暗よりも麻生氏の方が票数で上回っていたみたいです。
自民党総裁選、党員投票では麻生氏が福田氏上回る

 23日の自民党総裁選では、141票の地方票の行方も大きな焦点となった。

 福田康夫・元官房長官が76票(53・9%)を獲得して麻生太郎幹事長の65票(46・1%)を上回ったが、大きな差はつかず、麻生氏の健闘の一因となった。全党員による投票を実施した35都道府県連の党員票の合計は、麻生氏がわずかに福田氏を上回っており、組織ごとの決定方法の違いが福田氏には有利に働いた。

 都道府県別では、福田氏が上位だったのは26道府県、麻生氏は21都府県だった。

 党員投票を実施した35都道府県に限ると、党員票の合計は、麻生氏が25万3692票(50・3%)で、福田氏の25万613票(49・7%)をわずかに上回った。ただ、勝敗は福田氏が18勝、麻生氏が17勝だった。

 この35都道府県連で福田氏が獲得した票数は54票、麻生氏は51票だった。上位が3票を総取りする配分方式をとったのは11都県連だけだったが、仮にすべてが総取り方式を採用したとしても、両氏が得た票数は同じだったことになる。

 福田氏は、幹部の協議や支部長らに限った投票などで投票先を決めた、残りの12県連で8勝した。特に広島、沖縄では、支部長らの投票結果に基づいてドント式で配分したにもかかわらず、3票を総取りした。

 これに対し、麻生氏は12県連で4勝しかできず、これが最終的な票数の差につながった。

 地域別に見ると、福田氏は中国地方で5戦全勝、北陸信越地方で4勝1敗と麻生氏に大差をつけ、他の地方でも着実に票を集めた。対する麻生氏は、地元の九州で5勝3敗、四国で3勝1敗、東北でも4勝2敗と勝ち越した。同時に、東京、神奈川、千葉や大阪、愛知を制するなど、都市部で強かった。

 35都道府県連の党員投票の投票率は全国平均で57・9%で、最も高かったのは徳島の69・0%だった。最も低かったのは、この中で唯一、郵送ではなく投票所を設けて直接投票を実施した熊本の25・9%だった。

 両氏の得票率の差が最も大きかったのは佐賀で、麻生氏が72・0%、福田氏が28・0%と倍以上の差を付けた。福田氏が麻生氏を得票率で最も引き離したのは石川で、福田氏の65・2%に対し、麻生氏は34・8%だった。

(2007年09月23日 読売新聞)

 この糞呆けどもは、一般の国民の声は勿論、己のところの党員の声さえも圧殺していた訳ですね。

 「キミ達の何処が『自由民主党』なの?」と問い掛けたい気持ちで一杯です。

 まあ、そういう訳で、一般の国民は勿論の事、党員からすらも殆ど望まれず、森・小泉という輩の都合、それに媚びたいヘタレ議員の都合だけで誕生し、殆どの一般国民からは一切祝福もされず、特定諸国から強く称賛されている福田総裁。

 何やら、民主党は「遅くとも来年の夏までに総選挙を」と要求している模様ですが、来年の夏まで、などと悠長な事を言っていないで、今すぐ、出来れば一ヶ月以内に解散総選挙をすべきです。

 今までに入ってきているありとあらゆる情報が、国民は福田政権を歓迎していない、と出ている訳ですから、それを問い掛ける意味でも当然の行動だと言えるでしょう。

 自民党は、一日も早くでは無く、一刻も早くでも無く、一秒でも早く解散して総選挙に臨むべきです。

 それが、国民を欺き、嘲り、その生活基盤を破壊した事に対する唯一の贖罪の方法だと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

新自由主義―その歴史的展開と現在
デヴィッド・ハーヴェイ 森田 成也
作品社 (2007/02)
売り上げランキング: 16647
おすすめ度の平均: 4.5
4 狙いを明らかにしたのはよいが、単なる批判ともいえる
5 新自由主義カルトから脱会するために
5 「新自由主義とは何か」を改めて考えるうえで

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 7541
おすすめ度の平均: 4.0
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!


PR情報
【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
特亜に褒めちぎられる政治家というだけで正体がわかるというものです。短命といわれますが恐らく来年の北京オリンピックまではなんとか政権維持させようとするでしょうし、今の民主は半分以上社民のようなものなので民主も福田だと戦いにくいといいながら、オリンピックまでに利権を貪ろうとする輩は同質でしょうから邪魔には入らない気がします。最悪ですが。とにかく特亜に有利な法案が通らないよう厳しく見ていかねばと思います。
昨日の自民党本部前への麻生応援団の皆様の実況スレを見ていたら目頭が熱くなりました。リアル電車男のような感じで、よくぞ控えめな日本人があそこまで麻生コールを・・何かはにかんだような感じも好感がもてました。直接行動にでた人がこんなにいるなら、出たいけど思いとどまった人はその数倍だろうと思いたい。今回は結果は暗黒入りですが「選別」はでき十分様々な背景が判断できたと思います。マスコミの情報や勝ち馬にのった議員などきちんと見極められた人達が増えたことを信じたいです。
日テレのタイゾー議員の覗き見はTBSのお家芸のようで実に下品。今朝インタビューで本人が麻生氏への投票を明らかにしていましたが、彼は嫌いですが彼なりに成長しているようにも感じます。
古賀だのハニ垣だのが登場しましたね。幹事長の伊吹氏がサプライズ人事ですと。単に文部大臣からはずし古賀色を薄めたかっただけのような気がしますが。あぁぁぁデスノートがあればと馬鹿なことを本気で考えてしまういい歳の自分が情け那須。
2007/09/24(月) | URL | ろびんそん #P0/eB2wY[ 編集]
>短命といわれますが恐らく来年の北京オリンピックまではなんとか政権維持させようとするでしょうし、

でも、逆に言うと、北京五輪の出鱈目さを騒ぐというのも、福田政権へのダメージに繋げる事が出来る、という事でもあります。

世界で最も非人道的な国による非人道的な催しであるという事を周知徹底出来れば、それを庇う福田政権への大打撃に繋げられます。

>よくぞ控えめな日本人があそこまで麻生コールを

賛否両論はあるみたいですが、福田では絶対に起こらなかった現象ではありますからね。

福田政権が如何に民意に添っていないか、という一つの証左ですね。

>彼は嫌いですが彼なりに成長しているようにも感じます。

コメント欄で教えて下さった人がいるのですが、どうも、「麻生太郎」では無く「山田太郎」と書いていた模様です。

何も成長していなかったみたいです。

>幹事長の伊吹氏がサプライズ人事ですと。

関連記事を上げましたので御覧下さいませ。
2007/09/24(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/926-be7919ce
日本会議広島地方議員懇談会月村 俊雄 広島市議 に聞く■プロフィールつきむら としお昭和17年東京都生まれ。早稲田大学政経学部経済学科卒。大学院時代、昭和41から46年までの五年間、海部俊樹衆議院議員の秘書を務める。
2007/09/24(月) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 安倍首相が辞任表明後、直ちに何時ものメンバーが恒例の密室協議、小泉政権以来影の薄かった派閥領袖もそれに同調する。注目されていた小泉元首相もこれに賛成したので安定感(?)のある老人・福田康夫氏が自民党後継総裁に指名された。自民総裁選 福田氏を選出 麻生氏
2007/09/24(月) | 陸奥月旦抄